渡辺やよいの楽園

小説家であり漫画家の渡辺やよい。
小説とエッセイを書き、レディコミを描き、母であり、妻であり、社長でもある大忙しの著者の日常を描いた身辺雑記をお楽しみください。


テーマ:
 一日中、モニターをにらんで、必死で小説のゲラ戻しの原稿直しをする。
 あんまり夢中になって、夕方には目が落ちくぼんでまぶたがぴくぴく震えてくる。
 余りの疲労困憊に、子供たちが帰ってきて大騒ぎしているのが癇にさわり、いつもより怒ってしまいすごく反省する、夕飯を食べるとすぐ意識不明になってしまう。
 今日も1日モニターとにらめっこ。
今日がんばれたら、明日自分へのご褒美として「うさぎや」のどらやきを買ってくるんだ←甘いものばっか
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
 こんにちは。アメーバブックス編集部の担当・佐藤です。
 いつもこのブログを応援していただいてありがとうございます!

 ブログでお読みいただいていた小説『てっぺんまでもうすぐ』ですが、さらなる推敲をしていただくために、第2章の終わりまででこちらでの掲載は終了していただくことになりました。
 第1章から第2章までの今までの掲載分につきましても、推敲のため今月中にはブログから削除させていただきますので、申し訳ありませんがご了承くださいますようお願いいたします。
 そのかわり、『てっぺんまでもうすぐ』は6月頃、新たな装いで皆様のもとにお届けできる予定です。今、その時に向けて、渡辺やよいさんはじめ、スタッフがいろいろと動いております。
 これまでブログで楽しみにお読みいただいていたみなさまには本当に申し訳ありません。
 しばらくお待たせしてしまいますが、新しい形でこの小説に再会できる時をお待ちいただけましたら幸いです。
 このブログはこのまま続いていきますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
びすこに新しい車椅子が来た。
前のはもう2年近く使用し、ぼろぼろ、「車椅子のびすこ」で、少し印税が入ったので、前足に負担がかからないタイプのものを注文したのだ。
もう後ろ足をひきづることもなく、少し楽そうに歩くびすこ。
これからも、二人三脚で歩いていこう。

動物日記アニマルな日々も、どうぞ。
携帯で小説が読めます!
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
 昨日は、新宿ヒルトンホテルにて、官能作家睦月影郎さんの200冊突破記念パーティー。200冊である。早書きで有名な方で1週間で1冊書いてしまうことができる驚異の作家。官能小説は量が書けることが、書き続けることができる人がやはり生き残る。
 会場は盛況で、例のごとくあまり知り合いのいない私は、顔見知りの作家の内藤みかさんや安達遥さんたちを見つけてほっとする。隅っこで美味しいごちそうをぱくつく。
 なんたって、女装の大家ミルキーさんがいらしていて、どきどきしながら写真をお願いする。話しかけてみるととても気さくな方であった。
 最近は、こうした大勢のいるところへも出ていけるようになった。
 おととし去年は、精神状態が最悪で、人前に出ることが恐ろしくだるく、閉じこもってばかりいた。
 いまでも苦手なことには変わり無いものの、こうして出かけていけるほどには気持ちが上向いているということか。でも、名刺片手に営業しまくる、という荒技まではまだまだ無理。編集さんが大勢集まるこういうときこそチャンスかもしれないのだが。
 それでも、こういうところで少しづつ出会いがあり、縁ができ、なにか新しい局面が開けるかもしれない。
 200冊……気が遠くなる
 私も、もっと本を出したい。書きたい。書いたものを本にしたい。
「渡辺やよいでなきゃ」と、言われるように。
 まだ、これからだと。
動物日記アニマルな日々も、どうぞ。
携帯で小説が読めます!
http://bcafe.qw.to/
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
 3歳の娘、保育園ではトイレが完璧なのに、家に帰るとまったくだめで、何度「トイレは?」と聞いても「出ない!」と、いいつつ、いつのまにかおしっこもうんちももらしてしまう。父に盛大に叱られている。
 私は「したくなったら教えなきゃ」と、言い聞かせつつも、まあ、上の兄ちゃんも小学生だがまだおもらしするし、大人になるまでにおむつが取れればいいや、と、かなりいいかげんなスタンス。
 きっと娘は保育園では随分緊張してがんばっているんだろうなぁ、と、思う。
 ではせめて、家の中では気持ちを解放させて上げたい。家がやすらぎの場でないと、子供はとてもつらいだろう。逃げる場がないのだから。
 私は自分の家が好きだ。家は雑然として汚いしボロ屋。でも、どこに出かけても「ああ、はやく家にかえりたい」と、思う。子供にとって、そういう家にしたい。私が子供の頃、家は緊張の場で、私は学校でも家でも緊張して、どこにもやすらげる場がなかった。だからといって、外にうろつけるタイプでもなく、仕方なく心の中に自分の家を造って、その中に逃げ込みカギをかけて閉じこもっていた。口を使って自分の意志を伝える訓練をしなかった。おかげでなにを考えているのかわかりづらい子供になってしまった。頭の中では怒涛のように言葉がうずまくのに、口の端にはそれが登ってこない。苦しい。苦しい、その思いは、文字になった。

 今、やっぱりいろいろ言葉が頭の中で渦巻いている。苦しい。
 それを今はため込んで、発酵させようと思う。
 私には状況は今は冬の時期だ。春が来るというのに。
 しかし、とある人に言われる。
 
 冬の時期に沢山のわらじを作っておいて、
 春になったらそのわらじを履いて畑を耕す。
 日照りの夏は水をやるのに汗を流し、草を取る。
 ゆっくりやってきた秋に、収穫を祝う。
 やっぱり人生って、こんなもんだと思うよ。

 だから、今はせっせとわらじを編もう。
 来るべき春が来るために。

 しかし、子供の頃と違うのは、私には帰るべき家があるということだ。
 はやくおうちに帰りましょう。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
 今、ライターさんが私の回りの人たちをインタビュー取材してくださっているのだが、どうも、あまり誉める人がいないらしい……号泣
 特に身内になるほど、批判非難がきついらしい……滝汗
 すみません、すみません、人格者じゃないから。どっちかというと、つっこみどころ満載、というか、ボロでまくりで生きているというか、マゾ体質なので、サドしか集まってこないというか。いいんです、物書きなだから人格者じゃなくっても、ふんだ←強がり
 そもそもが、私はとっても文句がいいやすい人間らしい。
 どんなひどいこといわれてもたいていじっとうつむいて、反論もできずに聞いているのだ。自分に身に覚えのない非難でも、何だか最後まで拝聴してしまう。これでは、文句いわれ放題ではないの。怒って、席を立って帰る、ということをしない、なんでか我慢強く説教など聞いてしまうのだ。あんまり暴言を吐く人なんかには「うわあ、このひとどうしてこんなひどい言葉を考えついて人に言えるんだろう、すごいなぁ」などと、感動しているのだ。マゾです、マゾ以外、あり得ない。
 道歩いて行いても、いきなり見知らぬ人からいわれもない説教などくらうこともしばしば、それをまたいちいちご丁寧に聞いている私って……
 世の中には、攻撃する人とされる人しか存在しない。
 私は攻撃される方だ。されやすい体質だ。
 で、そういうたくさんの攻撃を、身のうちに全てため込んで、やがて程良く発酵させて、苦い酒の文字として吐き出すのだ。
 弱い人と見えて、実は一番たちの悪い強い人間なのかもしれない。
 
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
 昨日は、溜池ゴロー監督のAV現場に取材。
 夕方からの予定が、急きょ午後からになり、あわてて15分で夕飯のカレーを作って土砂降りの中、笹塚のスタジオに行く。取材の時は、たいてい夕飯時にかかるので、この間もカレーだったな。
 コンクリートむき出しのビルの地下3階での撮影。
 寒い。
 その寒い中、女優さんたちは裸で熱演。
 溜池氏は、気さくで元気のよい人、現場は明るく和気あいあいとしたムードである。
 2日ですべて撮りあげてしまうスピード、「でも1週間で4本撮ったこともあるから」と、溜池氏。
 撮影は私の好きなシリーズ「ベストフレンド3」。単体でも大人気の二人の女優さんの絡みとて、取材陣も多く、撮影の方も丁寧でこまやか。
 AV上では、グラマーな女優さんたち、実はものすごく小柄できゃしゃ。二人とも手のひらに乗るような可愛らしさ。
「ひとみちゃん、おっぱいおおきくなった?38キロ?」
「うーんと、40キロくらいかな」
 などと、同じ人類とは思えない恐ろしい会話。私それより10キロ以上重いです……毎日チョコレートむさぼって、大食らいしてたら、そりゃね。身体が商品の人は違います。
 最後に待望?の絡みのシーン。喘ぎ声なんかすごく色っぽく、生の迫力、見ているこっちも興奮しまくり。
 しかし、時間が来て、土砂降りの中駆け足で帰宅して、犬の散歩、子供たちとカレーを食らう、いきなりべたな日常である。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 最近、いろいろ仕事で精神的に疲れることが多く、いっそ書くことをやめてしまおうか、と、考える。
 特に現実的に食っていかないと、と、思うと、資格があるのだから地道に介護の仕事にでもついて日銭を稼ごうか、などとまで考える。
 労力に対価がともなわないと、なかなかやる気が起きないのだ。
 そういうところに、吾妻ひでおの「失踪日記」を読む。
 売れっ子漫画家が、締め切りの最中にふらりと酒を買いに行ったまま、忽然と失踪し、流浪してホームレス生活の果て水道管工事人になり、警察に保護されてやっと家に帰るも、今度はアルコール中毒患者になり、病院にはいる。
 すさまじい人生である。
 しかし、結局、彼は書いてしまうのだ。
 水道管工事にたづさわっているときでさえ、つい、業界誌に漫画の投稿などしてしまう。そのおかしさ。書くことに病み膿み疲れはてて、逃亡したのに、戻るとことは書くことなのだ。
 それは花輪和一の「刑務所の中」を読んだときにも思った。懲役刑になっても、それを書いてしまう。
 二人に言えることは、一見悲惨な状況下でも第3者の目を失わずに、後に面白い読み物に昇華してしまう、その、物書きのサガ、だ。
 サガだ。
 苦しいことも悲惨なことも、「あ、ネタかも」と、頭のどこかで冷静に思っている自分がいる。
 へたれの私は、すぐ、弱音を吐く。
「もうやだ、やめたい」
 そのたび、
「書くことをやめないで」
 と、いってくれる人がいる。
 
 書き続けられるだろうか。

 サガのない人たちにとっては、「なぜそこまでして生き恥をさらすのか?そこまでしてお金が欲しいのか?」としか思えない行為。
 サガです、と、言ってもわからない人にはわかるはずもない。

 対価が伴わなくても、書き続けられるか?
 そこまでのサガが、私にあるか?
 
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:
 と、いいますか、もう、悩むのもいいかげんうんざりであります。
 どん底まで来ると、もう、はいあがるだけだと信じて、しばらく密かに爪でも研いでいましょう。

動物日記アニマルな日々も、どうぞ。
携帯で小説が読めます!
http://bcafe.qw.to/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
息子とゲーセンにいって、クレーン落としゲームで大量のチョコレートを取ってくる。
またチョコレートかい!
高級チョコレートもいいけれど、こういうチープなチョコも意外にいけるのだ。
チロルチョコはすばらしい。

動物日記アニマルな日々も、どうぞ。
携帯で小説が読めます!
http://bcafe.qw.to/
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。