2017-03-05 19:28:58

居酒屋での禁煙。私の意見。

テーマ:政治活動

受動喫煙対策を強化する法案が今国会で可決される見通しです。

最終的にこの法案の内容がどう着地するのか、

心配されている方も多いのではないでしょうか?

 

私のラジオ番組にも、先日、次のようなご意見が届きました。

「小さな居酒屋を経営しています。

今回検討されている、飲食店は原則禁煙の方向、とても心配しています。

うちの店なんか、一杯入るとみんなタバコを吸われる常連たちばかり。

小さな店の事も考えてほしいです」

 

この方のご意見は私もよくわかります。

一方で、2020年東京オリンピックに向けて、

世界の潮流に従って“公共の場では禁煙”

という流れになっていることも理解できます。

 

実は私も、今から12年前に「禁煙居酒屋」を

大手居酒屋チェーン店では初めて挑戦したのですが、

1年足らずで撤退、つまり、「大失敗」してしまった経験があります。

 

そんな経験をもつ元経営者の政治家として、私は次のように考えています。

 

現実問題として、

10坪以下の飲食店で禁煙にしたら、

間違いなくお店は潰れます。

 

小さいお店であっても、

そこには雇用と納税があり、

そして、市民の憩いの場にもなっています。

 

そんなお店をすべて潰して良い訳がありません。

ですから、

10坪以下の飲食店では、

禁煙は対象外にするべきです。

10坪以下の飲食店はプライベートゾーンとして考えます。

 

次に、10~30坪のお店についてですが、

今はエアカーテンといった新しい技術があります。

ですから10~30坪のお店なら、

禁煙ゾーンはつくれます。

少し投資は必要となりますが、

エアカーテン等で分煙にするべきだと思います。

禁煙ゾーンの設置には国からの何らかの支援が

あってもいいと思います。

 

一方、30坪以上の飲食店は50~60席以上あり、

このようなお店は“公共の場”と言えると思います。

ですから、喫煙スペースを完全個室形式にするか、

または完全禁煙にするべきだと思います。

 

私自身、

健康を考えて数十年前に禁煙をしました。

 

もちろん、受動喫煙の健康被害は防ぐべきだと

思っておりますし、

東京オリンピックに向けての健康都市作りに賛成です。

 

ただ、何事も“バランス”が大切です。

“健康”とは、喫煙防止だけではありません。

 

お気に入りの小さな焼鳥屋で、

煙草をくゆらせながらお酒を飲むことは、

人によっては“ストレス解消”“心の健康増進”になっています。

 

そんなお店は、

雇用、納税、市民の憩いの場として、

“地域の健康”に寄与しているとも言えます。

 

そんなお店を潰してしまいかねない法案は、

バランスを欠いていると言わざるを得ません。

 

法案審議の過程で、

私なりの意見をぶつけたいと思っておりますが、

ブログ読者の皆様は、飲食店での受動喫煙防止に

ついてどうお考えでしょうか?

 

是非、お声をお寄せ下さい。

 

◎◎渡邉美樹の活動・その他の情報はこちらから是非ご覧下さい◎◎

【是非、いいね!や登録をお願いいたします】

渡邉美樹オフィシャルサイト:https://www.watanabemiki.net

メールマガジン登録:https://www.watanabemiki.net/mailmagazine/

(↑是非、ご登録をお願いいたします)

渡邉美樹公式LINE@

(↑是非、ご登録をお願いいたします)

公式Facebookページ:https://www.facebook.com/watanabemiki.official/

(↑是非、「いいね」をお願いいたします)

YouTube公式チャンネル:https://www.youtube.com/user/watanabemikioffice

(↑是非、「チャンネル登録」をお願いいたします)

5年後の日本を考える会:http://5nengo.jp/

5年後の日本を考える会FBページ:https://www.facebook.com/5nengo.official/

参議院議員「渡邉美樹」ご紹介ページ

自由民主党「渡邉美樹」ご紹介ページ

 

 

いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)

渡邊美樹さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントをする]

15 ■Re:Re:

>小区民さん
"コメントありがとうございます。
私は、10坪以下のお店は、一種の“プライベート空間”、つまり「自分の家にお客様をお招きする」と捉えてよいのではないかと思っております。
ですから「僕の家では煙草はどうぞお吸いください」「私の家では煙草はご遠慮ください」と店主が自由に決めて、それをお店の入り口に掲示すればよいと思っています。
もちろん、そのお店を利用されるかどうかはお客様の自由です。
このように、小さなバー、スナック、小料理屋、居酒屋、寿司屋、お好み焼店など、10坪以下の小規模飲食店の例外的位置づけが可能かどうか、探ってみたいと思っています。    ただ、私自身、日本中、いや世界中から煙草がなくなればいいと思っている一人であることはご理解ください。
この件については、また改めて発信したいと思います。渡邉美樹
"

14 ■Re:

>渡邊美樹さん

解放された空間での歩きタバコが論外ならば、小さな密閉された空間である小規模の居酒屋での禁煙に反対となるのは、どうしてなのでしょうか?

その様な居酒屋は、客も店員も受動喫煙を気にしない、全て喫煙者のみの場所になれば良いという事でしょうか?

御自身だけが、タバコの煙の影響を受ける状況ならば、喫煙者の権利はあって良いと思います。

どのような状況においても、受動喫煙をどう防ぐかを念頭に置いて、居酒屋の経営などの議論をして頂きたいです。

13 ■Re:タバコについて

>K.Kさん
コメントありがとうございます。今回多くの皆様からご意見を頂きました。路上喫煙防止の徹底も含めて。歩きタバコは論外ですね。私も同意見です。
渡邉美樹

12 ■Re:発言の根拠について

>たぶちさん
コメントありがとうございます。この件に関しては、また改めて発信させていただきます。

11 ■無題

小市民さんの仰る通り論点がズレています。受動喫煙対策は、喫煙者の権利ではなく、他の客や店員の受動喫煙を防ぐ事が目的です。千代田区の様に条例で路上喫煙に対する過料を科している所は機能していますが、その他の区では過料が科されない為機能していない様に、これまでは規制が緩かった為に法律が機能していなかった事が問題だと思います。

12年前に禁煙居酒屋で大失敗したとの事ですが、その内容や理由が述べられていないので、なんともコメント出来ませんが、その頃と違い今では多くの大手チェーンの飲食店が全面禁煙を行なっており、チェーン店以外でも禁煙になっている飲食店を見かける様になりましたが、その為に潰れたというニュースは聞いた事がありません。
むしろ非喫煙者や子供連れの人は、禁煙の店を探すのが、現在の風潮であり、喫煙可の店の方が潰れる流れになっているのではないでしょうか?

また、先進国の多くは既に飲食店の全面禁煙になっていますが、その為に小規模の飲食店が閉店に追い込まれているのでしょうか?

12年もの昔の経験ではなく、現在の風潮や世界の状況を基準にしてみては如何ですか?

10 ■無題

私も賛成です。実は私は生まれてから一度もタバコを吸った事はないのですが、小さなお店には小さな温かな良さがあると思っています。そういうお店を是非守ってあげてください。

9 ■無題

煙が出ない煙草は居酒屋ですって良いとすれば良いのではないでしょうか?外国は、煙なし煙草も禁煙なんでしょうか?

8 ■渡邊先生の仰る通り。

今回の件に関しては渡邊先生の意見に賛成です。
私も10年以上前にタバコを止めましたが
吸いたい人は吸えば良いと思っております。

そもそもこの国は
タバコを吸う人に対して厳し過ぎ。

他にもっと考えねばならぬ事があるのに
タバコを悪者にしてごまかしていますね。

ただ、歩きタバコとポイ捨ては
それなりのペナルティーを与えるべきだと思いますが。
渡邊先生、頑張って下さい!

7 ■論点がズレでいます。

喫煙は他人に危害を与える行為なので受動喫煙防止法で規制するのです。店が潰れるから危害行為を見逃してくれというのは,全く論点が異なります。
国会議員が公然とこのようなことを主張することに驚いています。
国会議員であれば,受動喫煙を防止してかつ小規模の店舗が潰れないような政策を真剣に考えてほしいです。

6 ■発言の根拠について

いつもお世話になっております!今回のブログでは、ご発言の根拠について質問があります。
「10坪以下の飲食店で禁煙にしたら、間違いなくお店は潰れます。」と書かれていますが、根拠があるのでしょうか?その根拠を知りたいのです。本当にそうだとしたら、困りますが、禁煙にした方が非喫煙者の客が増えるとの話もあり、本当に間違いなく潰れるのか分からないのです。何卒ご教授いただけますようお願い申し上げます。

5 ■タバコについて

私は、飲食店内の喫煙がいいか悪いかは
美樹さんにすべて任せるとして。。。
喫煙に関して
もっと大切なことがあると思ってます。
それは、歩きタバコです。
ベビーカーの赤ちゃんに歩きタバコの灰が
落ちたのを見たとき、
歩きタバコから落ちた灰が女性のバック内に
落ちて火が付いたという友人の話を
聞いたとき、
本当に危ないことだと感じました。
歩きタバコこそ、問題です。
厳しくするべきです。
美樹さんは、どう思いますか。

4 ■Re:無題

>とおるさん
コメントありがとうございます。意見、水曜日に議連(自由民主党受動喫煙防止議員連盟)で発言予定です。
渡邉美樹

3 ■Re:渡邉先生

>碧☆五黄土星~姫路の空から☆さん
コメントありがとうございます。意見、水曜日に議連(自由民主党受動喫煙防止議員連盟)で発言予定です。
渡邉美樹

2 ■無題

先駆けて禁煙居酒屋を実践したことは素晴らしいと思います。
今回一番影響がないのは現象維持かと思います。
次に影響が少ないのは、例外(喫煙所)をつくらない完全禁煙だと思います。例外を認めれば喫煙所をつくれる体力や場所がない中小の居酒屋が一方的に不利です。
だからと言って、広さ等で例外を作ればそこをついた居酒屋が作られます。
禁煙を進めるのであれば完全禁煙、分煙なしが理想です。

1 ■渡邉先生

全く意義なし。
仰る通りです!

これは喫煙者、非喫煙者問わず飲食業界、日本経済に大打撃を与える結果となります前に、今こそ市民団体、飲食業界が立ち上がらねばと思っております。
悪法にはアウト~~です。

何卒、参議院の先生方に宜しくお願い申し上げます。

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み