6月18日、19時より前田ホールにて行う「作曲家の祭典2016」についてのお知らせです。

岩代太郎氏、千住明氏、服部克久氏、宮川彬良氏、山下康介氏、私(50音順)の6人の作曲家それぞれが「愛」をキーワードにして本コンサートの為に書き上げたオーケストラ用の新曲を自身の指揮で演奏するというのが本コンサートの目玉の一つですが、私は、ようやく書き上げることが出来ました

私は、森林浴が好きなのですが、森への感謝と愛を込めて「森と大地への讃歌」というタイトルの作品を作曲しました。
様々な愛の旋律が次々と連なり、終盤では自然界の壮大な喜びに満ちた世界観を表現しています。

服部克久先生からの新曲も受け取りました。
先生ならではの美しい楽曲ですよ

他の出演者の方々、岩代太郎氏、千住明氏、宮川彬良氏、山下康介氏。いずれも超多忙な日本を代表する作曲家であり、オーケストラ楽曲を書き上げる十分な実力と才能をお持ちの面々。「愛」というキーワードから何を発想してどのような楽曲を書き上げるのか、私自身も楽しみでなりません。
何と言ってもこの6人が一堂に会してコンサートを行い、同一のテーマで新曲を書き上げ披露する事自体がレアな事だと思うのです。

オーケストラ楽曲ですから、再演は簡単に出来ませんし、CD化の予定も無いので当日の聴衆の方々の為に書いていると言っても過言ではないわけで、是非とも多くの方々にお越しいただき聞いていただきたいと心から願うのです。

これをお読みになった皆様、是非とも宣伝にご協力をお願い致します。そして是非、聞きにいらして下さい

コンサート詳細については、このブログの上部にあります本コンサートのチラシ用写真をクリックして下さい。