WE演劇公式

ワタナベエンターテインメント制作の演劇公式アカウントです。

■『柔道少年』

【東京】2017年2月9日(木)~21日(火)ザ・スズナリ
【大阪】2017年2月24日(金)~26日(日)ABCホール
作:イ・ジェジュン、パク・キョンチャン
演出・上演台本:中屋敷法仁
出演:宮崎秋人、荒井敦史、三津谷亮、池岡亮介、桜井美南、小林正寛

宮崎・荒井・三津谷・池岡が運営する『柔道少年』公式ツイッター
皆様ぜひフォローしてください♪

@judo_boys






■WE舞台情報メールマガジン配信中!

ワタナベエンターテインメント舞台情報の最新情報を無料でお届けいたします。

登録は以下のメールアドレスに空メールをお送り下さい。



こちらのアドレスに空メール→ westage@we-mail.jp



テーマ:
『お気に召すまま』応援ありがとうございました。
制作スタッフKです。

東京からスタートし、Dステ初の山形・シベールアリーナ、そして「GARANTIDO」以来となる兵庫県立芸術文化センターでの全23公演。
本当にたくさんの方の笑顔にお会いすることができました。

9月1日から40日間の稽古を経て、兵庫でむかえた大千穐楽までの約3か月間、スタッフ・キャストが大切に育ててきた本作。
青木豪×Dステが贈る第三弾は、ただ笑えるだけじゃない、この時代を生きる皆様に一点の曇りもない喜劇を!
そして、人生で一番素敵なことは、恋すること、人を愛するトキメキだということを伝えたい!
そんな想いで取り組み、季節も夏から冬へ移り変わりました。

兵庫県立芸術文化センター前のイルミネーション。




ご来場・応援してくださる皆様の笑い声、あたたかい拍手に支えられ、Dステシェイクスピアの第三弾を飾るにふさわしい作品となることができました。




何十年も前にイギリスで観た『お気に召すまま』が忘れられなくて久しぶりに観に来たよ、というお客様に「当時と変わらない、本当に楽しかった!!」と言っていただけたこと。
山形初日の夜、スタッフキャストで訪れたご飯屋さんの店員さんが本当に観に来てくれたこと。
山形・兵庫の劇場の方に「良い作品をありがとう!」と言っていただけたこと。
初めてDステをご覧になったというお客様にも楽しんでいただけたこと。
いつも応援してくださる皆様と、劇場でお話しできたこと。
嬉しい感想もたくさんいただき、色々な出会いに恵まれた公演でした!

公演を終えて1週間・・・しみじみと感謝の気持ちでいっぱいです。


遅ればせながら、大千穐楽の様子をちょこっとお届けしたいと思います。
ラストシーンが終わり、ケルティックな音楽に載せたダンスカーテンコールを終え、皆さまからの惜しみない拍手をいただき、3度に亘るカーテンコール。




東京から毎公演、三上真史と柳下大が代表して作品への想いや皆様へのご挨拶を述べて参りましたが、最後は全公演分の想いを全員がひとりずつ。
抜粋してご紹介します。


まずは楽隊として物語に彩を与えてくれたDr.Bennieさん、西出和真さんが「感動しました!」と声をそろえ、
シルヴィアス役の大久保祥太郎は「幸せな気持ちで千穐楽をむかえることができて感謝。毎日新鮮に恋するをモットーにやっていました。」
タッチストーン役の牧田哲也は「東京、山形、兵庫とDステがいろいろなところで公演できるのがうれしい。ご来場いただきありがとうございました。」
マーテクスト/フィービー役の山田悠介は、「やりたくて仕方なかったフィービーの役ができて、出番も自ら増やし続け(笑)こんなにたくさん出られて楽しかったお芝居ははじめて。本当にハッピー!」



ル・ボー/オードリー役の遠藤雄弥は、「もうこの恰好ができないと思うとさみしい気持ち。家でもやろうかな(笑)」とふざけつつ「キャストだけでなくスタッフの皆さま含め、本当にいいチームでした」とスタッフへの感謝も。
チャールズ/ジェイクイズ役の加治将樹は、「皆様のおかげで楽しく演じることができた。ありがとうございました」
アダム/ウィリアム役の石田圭祐さんは「また25歳の役ができるよう頑張ります」と会場の笑いを誘い、
アミアンズ・ハイメン役の鈴木壮麻さんは「この空間で芝居ができたこと、何に感謝すればいいのだろう。演劇の神様に、スタッフの皆様に、お客様に、素敵な共演者に感謝します」幸せな言葉を。
前公爵/フレデリック公爵役の松尾貴史さんはご自身の地元・兵庫での公演に「昔から慣れ親しんだこの場所でフレデリックを演じるのが子供からの夢でした!うれしい限り!」と楽しい冗談(笑)。



オリヴァー/コリン役の三上真史は、「『お気に召すまま』は公演を重ねるたびに、そしてお客様によって毎回味わいのかわる作品で、生きた作品っていうのはこういうものなんだなと感じることができました」
シーリア役の西井幸人は「初シェイクスピアで、役で遊ぶ、思ったことをやってみようという想いで臨んでいましたが、みんなに生かされていることを毎回実感していました。忘れられない作品になった」
ロザリンド役の前山剛久は「毎日エピローグでお客様の笑顔をみるたびに、この作品が愛されていることを感じた。僕自身もみなさまに愛していただけるよう今後も全力で駆け抜けていきたい」



最後に、オーランドー役の柳下大は「生の芝居でしか伝えられないものを信じて僕たちは公演を続けています。今回は山形シベールアリーナ、兵庫県立芸術文化センターさんにお招きいただき、これまでご覧いただくことのなかった方にも観に来ていただくことができました。『お気に召すまま』は今日で終わりますが、今後もDステを宜しくお願いいたします!」と締め、
会場中の熱気も急上昇。

最後は加治が客席の青木豪さんを舞台上にお連れするというサプライズも!!

会場中が一体となった最高の大千穐楽となりました。


Dステは、2017年2月の次回作『柔道少年』にむかって、さらに進化してまいります。


『お気に召すまま』にたくさんの愛を注いでいただき、本当に本当に、ありがとうございました。
この作品が皆様にとって、末永く末永く、お気に召しますように。




★公演DVD2017年2月8日発売!
特典映像は稽古場メイキングや貴重な舞台裏などなど収録!
封入特典はカーテンコール時の衣裳の全キャスト集合写真ポストカード!
詳細はこちら



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「お気に召すまま」 の記事

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。