春の気分で(SAKURA VERT@LUPICIA)

テーマ:
職場の近所に、今年初めての梅が咲いた。
細く頼りないような枝の先にぽんぽんっと、
まるでコーン菓子のようにちいさく愛らしい桃色の花をつけている。
横断歩道のすぐそば。ちょうど信号を待って立ち止まる場所だ。
すっかりすり減って走るたびカタカタとなるサンダルの足を止め、
青信号もかまわず、思わず携帯写真を撮った。
お昼をいただいた帰り道、
太陽がちょうど高いところにあってひときわ鮮やかな1枚に。

初梅

春がもう、目に見えるところまで来ている。
そろそろ周囲でも花見の相談が聞こえ始めているところである。
春というだけで、こんなにも心が浮き立ってしまうのはなぜだろう。
草木の芽吹く季節。
冬から春へと衣を替えるように、
身の周りのさまざまなことが変化を迎えようとしている。


そういえば先日、3月のルピシアだよりとともに
送られてきたサンプルのお茶に、たしか春らしいものがあったと思い出した。
「SAKURA VERT(サクラ・ヴェール)」
緑茶をベースに、桜の葉をたっぷりとブレンドした香り高いお茶である。
ありがたいことに扱いやすいティーバックだ。
ひもをつまんで鼻先へ持ってゆくと、なんとも懐かしい桜餅の香り。
マグカップにお湯を注いでしばらく蒸らし、
ゆったりと引き上げると、桜の葉を思わせる深い緑色になった。
そういえば以前、この季節には必ずと言っていいほど桜餅を食べていたものだ。
甘党の私はとりわけもちもちとした食感の道明寺が好きで、
ちょっと渋めに入れたお茶なんかがあるといくつでも胃袋に収まってしまった。
最近は桜といえば、まずお酒である。
酒好きゆえそれもたのしくて仕方がないが、そういえばここしばらくは
和菓子屋ものぞいていなのだとマグカップを抱えてぼんやりと思う。
お茶は、その香りのままに味わいもまさしく桜餅のそれであった。
桜の葉がお茶の苦みを和らげてふんわりと香り、
口に含むとほのかな塩の味が舌に残る。
舌に残る感じが決していやらしくない。さっぱりとした後味である。
気に入って、お湯を注ぎ足し2杯目までたっぷりといただく。


今日は買い物に出かけなければ行けないのだ。
目覚めの雨音を聴きながらやれやれと思っていたが、
のんびりとお茶など飲んでいるうちにだいぶ静かになったようだ。
春の雨は、ひと雨ごとに風があたたかさを増してゆく。
さて、天気予報によれば午後には晴れると言うが…
せっかくだから、何か季節のものでも見つけてこようか。
最後の一口を飲み干しながら、ちょっとだけ嬉しい気持ちになる。
AD

旅先の香りを湯舟に浮かべて

テーマ:
先日、会社の旅行で海外に行って来た。
日ごと寒さを増す日本を抜け出し、常夏のグアムへ。
なにしろ寒さは大の苦手。
海にこそ浸からずじまいだったけれど、
ここぞとばかりに日差しを浴びてエネルギーチャージである。

さて、お土産の定番マカダミアナッツやチョコレートを
土産話とともに味わって、旅の余韻を噛み締めるのはたのしい。
もうひとつ、私の楽しみは旅先のスーパーマーケットで探すバスグッズ。
免税店ではなく、普段着の感覚でスーパーマーケットというのが
自分なりのこだわりなのだけれど、種類も豊富なうえ
値段も日本で買うより安いので、たくさん買えて嬉しいのだ。
肌に残るくらい香りがはっきりしているところも気に入っている。
今回は香りの気に入ったバブルバスを2本購入。
旅先の香りたっぷりの泡に身を投げ出し、旅の疲れを癒している。

ALLUVIA

これは「ALLUVIA」という名前のバブルバス。
グアムの大型スーパーマーケット、Kマート で購入した。
ラベルを見ると、どうやらここのオリジナルブランドらしい。
「ALLUVIA」は辞書によると「堆積、沖積層」だとか。
ラベルの「Remember,Restore,Relive」という言葉は、
日々回復し生まれ変わる皮膚や細胞のサイクルのことを言っているようだ。
内側から滲み出るような健康的な美しさは
毎日のケアの積み重ねこそが大切といったところだろうか…。
まぁ帰国してからあれこれと想像をしてたのしんでいるのだけれど、
偶然アメリカで見つけたものが東洋的な発想の商品だったのはおもしろい。

ちなみに手前にある白いものが「White tea & Cilantro」
中国の白茶とコリアンダー(香菜)の組み合わせだ。
コリアンダーの果実の香りだろうか、甘い、甘い柑橘系の香りがする。
奥にあるオレンジ色のものが「Pomegranate & Ginger」
ざくろと生姜だ。
生姜は身体を暖める作用があるということでも興味を持ったのだけれど、
香り自体はザクロの甘みを強くしたものと言ったらよいかもしれない。

流行りのデトックスというのでもないけれど、
これで年末の疲れを押し流し、元気な身体で新しい年を迎えたいものだ。

それにしても、外国製に特有の甘い香りは気持ちをとろんとさせる。
毎晩お風呂で居眠りというのもちょっと困りものかもしれない。


KマートHP

AD
先日やっとLUPICIA のフレーバーティー「ライチ」の封を切ることができた。
この夏、アイスティー用にと買いだめをしていたうちのひとつなのだが、
戴きものの茶葉などを優先しているうちにもう冬になってしまった。
生で食べても大好きなライチは、きっと清々しい甘さが
アイスティー向きだろうと選んだのであったがうっかりしていたのだ。

これは中国烏龍茶のなかでも渋みが少なく飲みやすいとされる水仙茶を
楊貴妃も愛したという香り高い果物、ライチで香りづけしたもの。
鼻先へ持ってゆくと、烏龍茶特有の青くささを
甘くジューシーなライチがふんわりと包んで優しい香りがする。
ホットティーにしても柔らかい喉越しでおいしいのだけれど、
やっぱり冷たいアイスティーでたっぷりと飲みたかったなぁ…
などと未練がましい気分も捨てきれず、結局は冷茶ポットの登場となった。

この水仙茶、実際に入れると茶葉が大きく扱いやすいのも嬉しい。
私のように目分量で袋から直接ざくざくっと入れてしまっても平気らしい。
どうもそそっかしいもので、細かい茶葉などティースプーンを
使ってさえこぼす始末なのである。これは安心。嬉しくなった。


さて肝心のお味はというと、
アイスティーの方がよりまろやかな感じがして私の好みに合っていた。
冬に甘いアイスティーというのも、思ったほど悪いものではないようだ。
甘さのぶんよけいにさっぱりと感じられるので、炒め物の夕食にもいい。
実はこの夏、沖縄料理の本で覚えたチャンプルーがいたく気に入り、
わが家の食卓にたびたび登場するようになったのだけれど、
油多めのしっかりとした味つけでもこれならおいしく頂けそうだ。
そうだ、あつあつでこっくりとした中華もいいかもしれない。
手早さが要求される中華はハードルが高いけれど挑戦してみようか。
そういえば、そろそろ中華まんのおいしい季節でもある。
…などとまぁ、私の食欲だけは夏も冬も関係ないのであった。

このライチのお茶、あれこれと組み合わせを考えながら
まだひと冬くらいはたのしめそうな気配である。


世界のお茶専門店LUPICIA


AD
いつもよりゆったりとお湯に浸かりたい日は
泡風呂と決めている。
肌に柔らかにまとわりつく泡を眺めていると、
なぜだか気持ちがほっとするのだ。
冬の入口のこの時期には、そんな気分の日が多くなる。

そして、やはりこの時期に必ずのぞくのがTHE BODY SHOP。
ちょうどクリスマスの限定アイテムが出そろうのだ。
お目当てはもちろんバブルバス。
今年のラインナップは定番の「クランベリー」と
「バニラスパイス」に加え、新製品の「ゴールデンアップル」だ。
店頭で香りを確かめ、「ゴールデンアップル」を購入する。
これは優しい甘さで長く使えそう。
オレンジのボトルを傾けると、たっぷりと浮かんだシマーが
ゆるやかな曲線を描いてなんともリッチな気分になる。
シマーは、お湯に溶くとキラキラと輝いて綺麗なのだが、
肌にはそれほど残らないことも気に入った。
ゴールデンアップル
知らなかったけれど、THE BODY SHOPのサイトによれば、
りんごはヨーロッパのクリスマスには欠かせない果物なのだとか。
クリスマスツリーに飾ったり、パイにたっぷりと詰めたり。
ほかにも伝統的なイブのお祝いでは、夕食後、家族の長が
りんごを横方向に半分に切って翌年の幸福を占ったのだそう。
内側に美しい星形があり、種がふっくらとしているのが良いらしい。

星形というのはりんごの蜜だ。
黄金色に輝く、甘くておいしいりんごのしるし。
そういえば田舎の実家では私がまだ幼い頃、
みかんだとかりんごだとかのひと冬かけて味わう果物といえば
箱に入れて廊下で保存していたものだ。
寒さの厳しい北国で、昔ながらの木造建築。
火の気のない廊下は天然の冷蔵庫のようだった。
食後にひとつふたつ持っておいでと言われると、
どれが蜜入りだろうと、まるでくじ引きの当たりを狙うように
わくわくしたものだ。
切りたてを前歯でしゃくしゃくっと噛み砕くと、
冷たさが歯の芯まで伝わって思わず身震いした。
蜜入りのものは甘くたっぷりとした果汁が歯の裏側から
喉につたって格別においしく、いくつでも食べられそうだった。

りんごの柔らかく甘い香りは、そんな家庭的なイメージと結びついている。
泡のなかに身を沈めると、懐かしく温かな記憶が呼び起こされるような。
…何か優しい気持ちになれるような。


少し大きめの400mlのボトル、
この冬はたっぷりとたのしめそうである。


THE BODY SHOP
この10月は、なにかそわそわとして忙しい。
イベント続きで普段よりひとの行来が多いためだが、
さんざんはしゃいだ後に、ふっと疲れている自分に気づいたりする。

ひとりの時間がいつもより貴重に思えるのはこんな時。
一日の終わりには、緊張した精神と身体を
なるべくクールダウンさせて眠りにつきたいと思う。
例のごとく、長風呂に拍車がかかるというわけだ。

さて、最近の長風呂のおともは
無印良品で見つけたフレグランスキャンドルである。
お風呂の電気を消して、キャンドルの明かりだけで
バスタイムをたのしむというもの。
これは友人が教えてくれたリラックス法だ。

キャンドルはアロマテラピーでオイルを温めるのに使うような
ミニサイズのもので、ユーカリ&ラベンダーの香りがする。
ユーカリ特有の鼻を抜けるような爽快感のなかに、
ほんのりと甘くさわやかに香るラベンダーの
バランスがよくて気に入っている。
うっかり蛇口のレバーを焦がしてしまってからは、
キャンドルは火柱があまり高くあがらないミニサイズのものと
決めているが、これもガラスの器などに入れてあげると
ちょこんとしていてなかなかかわいい。

湯舟にお湯をはり、入浴剤をたっぷりと溶かす。
今日使うのは同じ無印良品のもので、ミルクの香りのものだ。
コンデンスミルクを溶いたようなその甘さが懐かしくて、
寒くなると決まって恋しい気持ちになるのだ。
寝る前のホットミルクの感覚と言ったらよいか。

電気を消してキャンドルに灯をともすと、
白いガラス越しの炎が暗闇のなかでほおっと柔らかな光を放つ。
ゆらゆらと揺れる白いお湯に身を預けて光を眺めていると、
ふっと肩の力が抜けるようでなんともよい気持ちである。
闇のなかで音楽を聴きながら、いつもより長めのバスタイム。
また新しい気持ちで明日を迎えるための大切な時間だ。

…ところでバスタイムの選曲はもっぱらその日の気分次第だが、
いかんせんカラオケのレパートリーになるのはご愛嬌と言うべきか。
お風呂で瞑想でもすればよいものを、忘年会の余興にしよう
などと考えて喜ぶあたり、どうやら私は生来の貧乏性らしい。
なんとも、まだまだ悟りの道は険しいようだ。


無印良品ネットストア

*記事に画像がなくてすみません…。
 ご興味をお持ちになった方はぜひネットストアから検索してみて下さい。
 ミニサイズのフレグランスキャンドルは見つからなかったのですが、
 ミルクの香りの入浴剤は出てくるようです。