予定していた絵の教室がお休みになったので、
久しぶりに竹橋の東京国立近代美術館 まで足を伸ばした。
3月30日(金)から5月27日(日)まで開催されている
靉光(あいみつ)展 を観るためである。
以前テレビかなにかであったと思うが、
彼の代表作「眼のある風景」を目にして以来
いつかその作品を生で観たいと思っていたのだ。
今回は生誕100年ということで、
現存する作品が少ない画家でありながらも
「眼のある風景」を含め130点という作品を網羅した回顧展である。
混雑を覚悟していたので、平日にふいにできた時間をこれ幸いと、
今にも降り出しそうな雨空にも関わらず
そそくさと電車を乗り継ぎ、出かけたしだいである。

美術館はやはりこの天候のためか、
あるいは普段は毎月曜が休館であるためなのかもしれないが、
ほどよく空いていて、おかげでゆったりと作品を眺めることができた。
年代や傾向によって4つの章に分けられた展示と解説もまた、
初めて観る私などにとっても理解を助けてくれるありがたいものであった。


求める真実を探るべくひとり孤独にモチーフと向き合う「静」の部分と、
溢れんばかりの情熱を筆にのせて格闘し続ける「動」の部分。
彼の絵はたとえば弱さと強さ、生と死、そういった一見相反するものが
熱を帯びたその画面のなかに同時に存在し支えあっているように感じられた。
モチーフと自身の深い内面を行き来するような彼の作品は
決して観る者に容易な定義づけや解釈を許すようなものではないけれど、
その妥協を許さない揺るぎない眼差しの強さには何か
彼の画家として覚悟のようなものを感じずにはいられなかった。
思わず私は「業」という言葉を思った。
これが彼の画家としての業というものなのかもしれない、と。

戦前戦中の激動の時代、短い生涯を自らの絵と自分自身と闘い続けた靉光は
見つめ続ける眼差しの先に何を探していたのだろうか。
果たしてそれは見つかったのだろうか。
晩年に描かれたという3点の肖像画は、それぞれに異なる趣を持ちながらも、
いずれも前方を見つめる眼に強い意志を感じさせて興味深い。
ぐんっと前を向いて立ち向かうようなその姿に、
彼の絵は、やはり観る者にも覚悟が必要なのだと身が引き締まった。


展覧会の詳細はこちら

東京国立近代美術館HP

AD

ちひろ美術館へ―穏やかな休日

テーマ:
初春を予感させる好天に恵まれた日曜日、
久しぶりに電車を乗り継ぎ美術館へ行った。
練馬区下石神井にあるちひろ美術館 である。
西武新宿線上井草駅から徒歩で10分弱。
穏やかな住宅街の一角にある。
友人と待ち合わせの高田馬場でランチをすませて、
午後早いうちに西武新宿線に乗り換える。
学生たちが少ないぶん、今日は人の流れも緩やかなようだ。

私は上京して初めて住んだ町が荻窪、それから下井草になる。
美術館からはそう遠くないところに住んでいたはずなのに、
この美術館には、実は一度も足を運んだことがなかった。
6年ほど前に今の町に引っ越してからは
ぼんやりといつか訪れてみたいと思いながら、
わざわざ行くには遠すぎるように思い腰が重くなっていたのだ。
今回は友人が一緒に行ってくれるというので
思いきって足をのばすことができたのだったが、
なにしろもう何年も訪れることのなかった場所である。
近隣の友人たちともすっかり疎遠になり、
もしかしたらもう訪れる機会もないのではと思っていたのに、
こうして友人と電車に揺られ、また同じ景色を眺めることができるとは。

そういえば最近読んだエッセイに、
「旅とは、人生そのものだ」という一節があったことを思い出す。
しばしば耳にするフレーズではあるけれど。
こう言い換えてもいいだろう。「人生とは、旅そのものだ」
私はときおり、たとえば何か悲しい思いに取りつかれた晩などに、
もうこんなところまで来てしまった、
となかば絶望的に思うことがあるのだけれど、
本当はまだ、こんなところまでしか来ていないのかもしれない。
思い出のつまったこの場所が、
実は電車を乗り継いで1時間弱で来られる近さにあるのだと知って、
ふいに笑ってしまいたいような気分になった。
人生なんて、案外とそんなものなのかもしれない…。


…冒頭から、ずいぶんと脱線してしまった。
気を取り直して、話を美術館に戻したい。

上井草駅を降りて駅前の小さな商店街を抜け、
ゆったりと並んだ住宅街を奥へ奥へと歩いてゆくと
目的のちひろ美術館である。
道順は駅前の地図と角かどの電信柱に貼られた広告とが
案内役を努めてくれるので、初めて行くにも不自由がない。
周囲の住宅とほぼ同じ高さに建てられた美術館は
薄いワインレッドのような優しい色合いで、
たっぷりの緑とともに穏やかな住宅街に溶け込んでいた。
その姿はあたたかみを感じさせて、どこか可愛らしくもある。
一枚記念に、と思わず携帯電話を取り出し
写真を撮り始めた私に、友人が「いいよいいよ」とつきあってくれる。
友人は、美術館前に置かれた子馬と子どものオブジェに
心を惹かれたようだった。丸みを帯びたラインが愛らしい。

さて、2ヶ月ごとにテーマが変わるという展示室の
今回のテーマは「ちひろの子ども歳時記」(~1月31日)
というものであった。
5つの季語に見立てたテーマに沿って、
ちひろの描いた子どもたちの絵を彼女の言葉とともに紹介している。
友人も私も、彼女の原画を見るのは今回が初めて。
にじみの濃淡がつくり出す輪郭のなめらかさや表情の豊かさ、
柔らかな鉛筆でたっぷりとひかれた線の美しさに釘付けになった。
計算され尽くした完璧な線と色なのに、まったくと言っていいほど
その筆には迷いがなく、繊細でいながら実におおらかなのである。
季節の移ろいのなかで、風や光や音を大人以上に
敏感に受け止め、のびやかに育つ子どもたちの
表情がなんとも言えず愛らしく、自然と頬が緩んでしまう。
そしてまた、そんな子どもたちに向けられる
ちひろのまなざしの愛情に満ちてあたたかなこと。
アトリエを再現されたコーナーもあり、そこでは
ご子息が幼い時分彼女のアトリエを遊び場にして育たれたと
いうようなエピソードも紹介されているのだけれど、
実際に子どもをよく観察し描かれていることをあらためて感じた。

下手な感想を述べるのもおこがましいようで気が引けるのだけれど、
眺めるほどに感動の思いが込み上げて飽きるということがなかった。


再現されたアトリエから貴重な資料と絵本が集められた図書室、
企画展の「ノルテンシュテインの絵本づくり展」まで(これも素晴らしい)
ゆっくりと時間をかけて眺め、帰りにはミュージアムショップで
ずらりと並べられたポストカードや絵本の数々におおいに
悩ましい思いをしながら、近いうちにまた訪れようと心に決めていた。
今度はきっと、草の香りが濃さを増す気持ちよい春の日に…。


ちひろ美術館HP
AD
先日来、好きだというのでたびたび書かせて頂いているイラストレーター
松尾たいこさんの個展、「Twinkle Twinkle」 に行って来た。
南青山のギャラリーSPACE YUI
12月18日(月)から26日(木)まで開催されている。


今日はお天気が良かったので少し散歩をしようと思い、
一番近い外苑前ではなく表参道の駅で下車。
平日の穏やかな昼下がり、久しぶりの青山通りをのんびりと歩いてみた。
寒いのは苦手だが、晴れた冬の日のピンと張りつめた空気は好きだ。
なにか身が引き締まるような、そんな清潔感が感じられる。
頬にあたる風が気持ち良いのでぐんっと顔を上げ、
空とビルのてっぺんの境目辺りを眺めながら歩く。
普段は見過ごしている看板やビルのかたちなんかを
へぇ…なんて思いながら見たりして。
細い道をひょいとのぞき込んだり、気になるお店を見つけたり。
こういう気ままはなんだか楽しい。


さて、目的のSPACE YUIである。
ここはこじんまりとした佇まいが心地よいギャラリーだ。
2年ほど前の江國香織さんと松尾たいこさんのコラボ展をきっかけに知り、
たびたびお邪魔させて頂いている。
(後に「ふりむく」というタイトルで書籍化。本の感想はこちら
いくらかの緊張とそして期待に胸を膨らませて、
清潔感のある白い曇りガラスの扉を開ける。
ぐいっと引いた扉がゆっくりと冷たい風を切った、
その瞬間、あぁ…!と思った。思わず頬が緩んだ。
パステルトーンの暖かく柔らかな色彩が目に飛び込んでくる。
絵は場内の壁面に間隔をあけてゆったりと展示してあり、
中央のソファに腰掛けてぐるりと見回せる居心地の良い空間になっている。

平日でひとが少ないのを幸いとのんびり眺めてゆく。
HPによれば、今回の作品は身近な日本の景色をあらためて
見直して描かれたものだとか。四季を意識されたようだ。
こぼれんばかりに咲き誇る桜並木や伸びやかに泳ぐ鯉、
日なたでのんびりとまどろむ猫たち…
見慣れた景色のなかに、花や、結晶や、キラキラと輝くビーズといった
松尾さんならではのモチーフが散りばめられている。
細やかな筆にモチーフへのたっぷりの愛情が感じられて、
外の寒さも忘れるくらい暖かな空間になっている。

そういえば一枚だけ、なかに子どもの絵があって印象に残った。
姉弟らしい女の子と男の子の絵である。
お出かけらしくおめかしをして、ちいさな手を繋いで、
正月飾りのある玄関の前に嬉しそうに立っている。
松尾さんの描かれる子どもの絵は好きだ。
ふっくらとしあわせそうで、疑うことなく世界に守られている。
本来あるべき姿でそこにいるという感じがする。
その絶対的な安心感と幸福感は見るものの心も穏やかにするようだ。

しばらく眺めて、時間がとれたらまた来ようと思った。


今度は青山通りを渋谷に向かう帰り道。
往きと同じく気ままに景色を楽しみながら、
なにかふんわりと暖かな春でもまとったような気分だった。


個展の情報はこちら(SPACE YUIのHPより)



taikographic(松尾たいこHP)

AD

"Be Happy!"(Hanako 2006 HOROSCOPE)

テーマ:
イラストレーター、松尾たいこさんの原画展
「Hanako 2006 HOROSCOPE」 に行って来た。
11月22日(水)~29日(水)、渋谷パルコ のロゴスギャラリーで開催中。
今年の1月から11月まで「Hanako」の占いページを飾った
彼女のイラスト22点に未発表の12月分2点をプラスした計24点の展示である。

実は松尾さんのイラストは以前から大好きで、
南青山にあるギャラリー、SPACE YUI での個展には
毎年欠かさずお邪魔するのをたのしみにしているのだ。
今回はPARCOのクリスマス企画のDMで開催を知り、
一足早いクリスマスの贈り物のように心待ちにしていた。


ロゴスギャラリーは渋谷パルコパート1の地下1F、
リブロの洋書コーナーの奥にある居心地のよい空間だ。
まるで隠れるようにしてこじんまりとしたスペースなのに、
24点の作品が実にゆったりと気持ちよさそうに飾ってある。
また今回は、この展覧会に合わせてつくられたという
オリジナルグッズの展示販売も同時に行われているのだけれど、
Tシャツやトートバックが入口にモービルのように吊るしてあったり、
中央ではプレートやマグカップなどが食卓風にアレンジして
ディスプレイされていたりといった工夫が目をたのしませてくれる。
ギャラリーまるごと、松尾たいこワールドといった雰囲気。
端から1点ずつ、まるで惜しむような気持ちで見て回る。


この絵が好きだと眺める気持ちには理屈など必要ないのだけれど、
それでも松尾さんのイラストには、眺めるたび、
自分のなかにいる「女の子」を呼び起こされるような心地よさがある。
懐かしいような…。それでいてちょっぴりくすぐったいような…。
放課後のくすくす笑いやおしゃべりが聞こえてくるような親しさがある。
たっぷりと重ねられた色はひとつひとつがくっきりとしているのに、
柔らかくあたたかな印象だ。ほんわり心がほどけてゆくような。

しばし別れを惜しんでいると、
レジの前に今回の展示作品と同じ図柄のポストカードが8枚、
ちょこんと並んでいるのが目に入った。
パルコのクリスマス企画のテーマにも共通する、
女性のしあわせ「Be Happy」の要素をモチーフにしているものらしい。
以前に販売されているイラスト集や特集の雑誌は持っているし、
今回のプログラムといったものは特にないらしい。
せっかくだから買って行こうと手に取るとアドカードだった。
何か気恥ずかしく申し訳ないような気持ちになり、
目の前の店員さんに「いっぱいもらってごめんなさいね」と
声をかけ、でも結局は8種類すべてを頂いて帰ってしまった。
こういうタイアップ企画は、のせられつつもやっぱりたのしいのだ。
ウサギの図柄が愛らしいプレートもウチに連れて帰ることにして、
展示会限定のショッピングバックに入れてもらうとすっかりしあわせな気分に。
本当に、一足早いクリスマスのようだ。

松尾たいこプレート ←プレートのウサギ。トマトを食んでいる。

ホームページ によれば、来月12月18日(月)~26日(土)には
SPECE YUIで次の個展「Twinkle Twinkle」もあるとのこと。
いまから待ち遠しい。


今回の「Hanako 2006 HOROSCOPE」の情報はこちら

次回の個展「Twinkle Twinkle」の情報はこちら

taikographic(松尾たいこHP)

休日、そごう横浜店 6階にあるそごう美術館
「50years with miffy展」 を見に行く。
昨年東京の松屋銀座からはじまった、
ミッフィー50周年を記念する展覧会の最後の会場である。
友人と松屋銀座での会を見逃したことを残念がっていたので、
今度こそはと随分前から計画して出かけた。
こうしてまた見に行けるなんて幸運なこと。
お天気はあいにくの雨模様であったが、心は浮き立った。

今回の展覧会は、ミッフィーの初期から最新作までを
150点を超すスケッチや原画、印刷原稿などをもとにたどりながら、
その50年の歴史と世界的な広がりを振り返るというもの。
後半はNHK教育で2003年から5回に渡り放送された立体アニメ、
「ミッフィーとおともだち」シリーズ の撮影用人形やセットの展示、
作者ディック・ブルーナさんのスタジオの再現から製作過程の紹介まである。
見応えたっぷり、大人が見ても充分にたのしめる内容でありながら、
壁や床や天井といったそこかしこにミッフィーのポップや
イラストが貼られていたりするところなど
ミッフィーの世界そのままのぬくもりを感じさせて嬉しくなる。

ブルーナさんがお子さんのためにつくってあげたお話から生まれた
ちいさなうさぎの女の子がミッフィーなのだそうだ。
こうしてあらためて拝見してみると、
子どもを思う父親としての眼差しが感じられる優しい絵本だと思う。
子どもの手に収まりやすいようにと判型を正方形にし、
わかりやすいシンプルな線と色を探りながら描いてこられた過程、
また、1ページ1ページの絵を丁寧に、今も変わらず色紙を切り張りし
フィルムを重ねてつくっていらっしゃる様子などを映像で拝見すると、
このちいさなうさぎの女の子がますます愛おしく感じられる。
これが子どもならば、おばあさんに編み物を教えてもらったり、
おじさんの飛行機で空の散歩をたのしんだりするミッフィーと一緒に、
自分も空想の世界で冒険してみたりするのだろうか。

当日は子どもをベビーカーに乗せた親子連れが多く、
このボリュームでは子どもたちがすぐに飽きてぐずるのではないかと
よそから勝手な心配をしていたが、実際はそんなこともないようであった。
文字が読めない年齢の子でも、あちこちでミッフィーを見つけては
夢中で眺めたり、親に抱き上げられてじっと見入っている子もいる。
さすがミッフィー、と感心してしまった。

ところで大人の私たちもすっかり童心にかえってはしゃいでしまい、
立ち止まっては「かわいい」と言い合うのがたのしくてしようがなかった。

ミッフィーの魅力は時代も世代も軽々と超えてしまうのだ。


展覧会の情報はこちら