テーマ:
ながすぎる髪をもてあましている
なにひとつまだ決められないままに…


襟足にふれた指さきがひんやりとして
おもわず身震いをする

風はもう、春をつげているというのに



わたしの優柔不断をきみが笑ったのは
いつのことだっただろう…


ひゅう、と
耳もとで風がないた気がした
AD

コメント(4)