ミシンの買い方、選び方!

ミシンって選ぶのが大変ですよね。ネットにあまり情報がないし・・・
ひょんなことでミシン業界を垣間見た記者が、業界の常識(世間の非常識)を交え、買ってはいけないミシン、お買い得ミシンを紹介していきます。(個別の相談には応じておりません)


テーマ:
自分自身がふところいためて買うなら、安物買いの銭失いは勘弁願いたいところだが…

贈答品として贈るなら、見た目機能が揃っていて安いに越した事はないので…(ΦωΦ)フフフ…

ミシンを贈答品として贈るって事は…お子さんの出産祝いとか入園祝いとか、そういう類だと思われるので…文字縫い機能は喜ばれます。ヽ(=´▽`=)ノ






聞いたこと無いメーカーですよね…
多分…ヤマザキ辺りの安物作っているメーカーのOEMだと思うのですが…

初心者が手荒に扱えば、良くて布噛み専用機下糸毛玉量産機最悪一発でぶっ壊れる自爆機能付きマシンになると思いますが…

まぁ、贈り物ですから…壊した奴が悪い使い方が下手!と言うことで…(´・ω・`)
(おそらく製品精度が低いので、稀に「アタリ」マシンに遭遇すれば、そこそこイケるかもね)



Amazonだと↑コチラ
(贈答品なら、アレコレおまけ付くより単品で安いが一番なので、値段でソートされるAmazonで安い出品者探すのが良いと思われ…)


自分自身のミシンとして、これらの安物を選択するのは…絶対にやめましょう。

使用頻度がちょっとしたお直し程度で少ないから…って話なら、お直しをプロに頼んだほうが安上がりで確実ですしお寿司…(・∀・)


だいたい、信頼ある(売りっぱなし系ではない所)様々な店舗の勧め方が…なんか、こう…奥歯に物が挟まった様な言い方で…www

あぁ、そーゆー事ね…ってwww

自分自身がふところいためて買って使い倒すなら、文字縫い機能が入った現行のオススメのミシンは



このへんだと思いますよ(・∀・)ノ




左側がブラザー機種、右側がシンガー機種による文字縫いです。ブラザーに比べて格段にきれいです。




銀行振込の場合、楽天よりコチラのサイトの方がお安いようで…

(記事掲載時の話、どこでどういう買い方が一番安いか?ケアが厚いか?は、その時々で変わってくるので悪しからず…なんせこのブログも長いんで…)

コンパクトミシンとか安物ミシンと、キチンとしたフルサイズミシンの使い勝手の差って、多分、知人のを使わせて頂いて比べてみれば良く分かると思うんですが…

丁寧に、そして多少の不具合も愛情と工夫を以って対処するなら…何を買ったって良いと思うんですけど…やはりミシンは道具ですから…ミシンそのものに愛情や手間暇を注ぐよりは、ソーイングそのものに愛情や手間暇を注ぐべきで…そうすると、どうしても道具の良し悪しってのは気になる点になってくるんですよね。(´・ω・`)
これはミシンに限った話じゃないと思うんですよ。

もちろん、私だっていろいろな覚悟を決めて安物を買うことはあります。
大抵は「改造のベース機」だったり、カスタマイズの覚悟とその面倒くささを楽しむ覚悟でね。(・∀・)
バイクだって事故車2台を自分で分解整備して1台に仕上げたり…

でも、そんなつもりはないでしょ、普通の人は…(´・ω・`)
(その辺の苦労や七転八倒っぷりはブログネタにすれば、結構面白いと思いますが…)


尚、安かろう悪かろうミシンを贈答品として贈って、その方との関係が悪化しても、当方一切の責任は取りませんのであしからず(ΦωΦ)フフフ…
AD
いいね!(10)  |  リブログ(0)

テーマ:
ちょっとジャノメが変なことやりだした。
おそらく、ネット販売に実店舗販売が押されて苦肉の策なんだろうけど…
同型機種で、様々な品番を乱発して散らしているようだ…

(今更ネット販売の流れは止められないし、店舗販売にかかる人件費を打開するなら、そういう品番乱発よりもミシンの使い方やソーイングそのもののノウハウを商品化して、教える事に価格をつけて行くことが打開策だろうに… 本気で思うが、同じくネット販売に押されるデジタル一眼レフカメラ販売業界の、ヨドバシカメラ新宿西口店カメラ館2F以上のフロアにいるスタッフの爪の垢を煎じて飲ませたい。あそこはデジカメのネット販売価格より高いが、充分売れているし、買った後も何度も行く価値がある店で、行くとついつい色々小物やら何やら買ってしまう店。)

とりあえず、ここで紹介しているJP510JP610やらJP710になったり、はたまたPやらNやらMやら後番(色やオプション変更したもの)が乱発している。

とりあえずJP510は予算4~5万円程度の家庭用ミシンとしては、秀逸なミシンなのだが、なんか色々出てきたみたいで…わけわからん。

昆虫採集みたいに集めてみたが…
JP510シリーズ JP610シリーズ JP710シリーズ 全て
ミシンの基本的な性能(パワーや性能)に違いは全くなかった。


パネルの色違い、付属品の違い、本体に貼られるシール違い(各ボタンの機能名称表記等)…
そんな所である。

例:JP710N
メジャー(定規)シール
ミシン本体に脱着可能な粘着性の定規シールが付いている。

$ミシンの買い方、選び方!-メジャーシール


ワイドテーブルにはメジャー目盛りがついているんだが、小さいものを縫う際はワイドテーブルを付けたりはしないので、これはこれで便利だと思うが…
オプションでシールだけ販売すりゃいいんじゃないの?
と思う。
だって、粘着力が落ちたり、シールが破れたり…色々あるでしょう…

とは言え、シールだけ売ってくれるようでもないので…
シールがついたJP510であるJP710Nをオススメします。

ジャノメ JP710N





送りジョーズという、上送り押さえのアタッチメントがオプションでありますが、これは便利です。

上送り装置として機能する押さえ金アタッチメントなので、下から7枚送り歯で布を送ると同時に上からも押さえ金に付けた送り歯で布を送るので、上下2枚の布を合わせて縫う場合、布のズレが起きにくくなり縫いズレの発生が抑制されます。

視覚的に説明すると、こういう事です(ビデオはシンガーの上送り押さえ)







【送りジョーズ(2100円)全員プレゼント中!】 2013年の最新モデルがついに発売!人気だった前モデルのカラーをベースに、機能・性能は最新型のJP710N!!発売当初から大好評のため、追加生産の嵐!誠にありがとうございます!



とりあえず、ミシンの基本的なパワーや性能に違いがないなら、真っ当な店同士の販売価格に大きな差なんて出るわけもないので、PやらNやらMやらが付いていて、一番番号の大きいのを調べたら案の定、一番お買い得の内容だった(・∀・)





ちなみに、JP510の劣化コピーであるJP310は、サイズがほぼ同じであるにもかかわらず、致命的に重量が軽いので(JP710 8.3kg → JP310 5.5kg)やめといたほうが良いでしょう。

「コンパクトじゃないのに、充分な重量がない」というミシンです。
ミシンは回転を上げると振動したり、内部部品の慣性モーメントで暴れるので、ミシンの重量は価値ある性能の一つ(安定性に寄与)と考えましょう。

確かに安いのですが…安物って事ですねw


つまり…
最近人気のJUKI HZL-G100が、これまで鉄板機種だったJP-510(JP-710 JP-610)とあまりに同一路線で頭ひとつ抜かれていてジャノメは焦っている。
って事ですね(・∀・)
AD
いいね!(41)  |  リブログ(0)

テーマ:
今までBOX送りと言えばスイス製ベルニナミシンが有名でしたが、ついにJUKIが水平釜でBOX送りを実現しました(・∀・)

と言っても、これ少し前の話。
発売後1年以上経って、特に問題もないようなので、ようやくここでも紹介
(結構革新的と思いきや実は結構保守的に記事書いています)

で…BOX送りって何よ?(・∀・)


$ミシンの買い方、選び方!-BOX送り ミシン


図に乗って(・∀・)図に描いてみた(・∀・)

写真だとこんな感じ
$ミシンの買い方、選び方!-楕円送り JUKI


$ミシンの買い方、選び方!-BOX送り JUKI



で、安定するのは分かったけど…実際どうなのよ?



`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!
すげぇぢゃん…デニム何枚重ねだよ…
モーター出力もデカイのね(・∀・)ノ



上位機種JUKI HZL-F600のBOX送り機能説明
(2分半辺りから説明してます)



で、この素晴らしい機能が
なんと…
高級機(HZL-F600)だけでなく、入門モデル(HZL-G100)にも搭載されているんですねぇ(・∀・)ノ




JUKI HZL-G100 お得なセットはコチラ




性能や価格を考えると
JP-710にするかHZL-G100にするか?悩むところです(´・ω・`)
という位置付けね(・∀・)
(つまり4~5万円の価格帯)

JP-710



家庭用ミシンの鉄板機種
それまで多機能化に進んでいた他メーカーとは違い、ひたすら縫い目の綺麗さや信頼性を追求してきた名機。

そのジャノメJPシリーズの王道に「BOX送り」と他細かな工夫で真っ向からチャレンジしたJUKI家庭用ミシン!
これは凄いことです。



HZL-G100




色違いで

HZL-G100W




HZL-G100P






個人的には、このHZL-G100って革命的に一段上に進化したミシンだと思ってます。
(それゆえ、信頼性の様子見を1年ほどしてました。問題ないようです。)
BOX送り以外にも、細かな使い勝手、モーターパワー等が頭ひとつ飛び抜けたな。って感じです。
でも、お値段は横並びwww(←ココも大事ですね、値段だけは飛び抜けないで欲しいのでwww)

より使いやすくなってます(・∀・)

作業スペース
HZL-G100




参考 JP-710
$ミシンの買い方、選び方!-JP-510


もちろん
7枚送り歯





針基線は37段階変更可能




布をずらせば同じ事…ではないんです。押えを下ろしたまま布をずらさずに針の位置を微調整できるから、縫い代の幅を変えても縫い目が汚くならないんです。生地の巻きこみ防止にも対応出来ます。(JP-710だと14段階)


下糸巻き用の別モーター内蔵




縫うためのモーターと下糸を巻くモーターが別に内蔵されています。下糸を作る際の大きな音がなく、準備段階もスムーズにできます。細かいけど嬉しい(・∀・)


LEDランプ




熱くならない\(^o^)/
火傷しない(・∀・)
ランプ切れしにくい(^m^;)

とにかく、現代の使える新技術をてんこ盛り(・∀・)






でもって、収納はハードケース(・∀・)イイネ!!


ジグザグ縫いなどは、20種類




大事なものは抑えつつ、使用頻度の低いものを削ってお値段抑え目(・∀・)

参考までにジャノメJP-710のジグザグ縫いは以下の通り
$ミシンの買い方、選び方!-JP-510 縫い模様


ジグザグ縫いの種類は、何を縫いたいか?に影響するので「本当に必要だったら、上位機種にするか?BOX送りにこだわらず、他メーカーを選択しましょう」

ボタンホールや数種のジグザグ縫いが出来ていれば、そんなにたくさんの種類は必要ないんですけどね(・∀・)


高級機はコレね(・∀・)
いわゆる「キルスペ」って言われるすげぇミシンです。



JUKI キルトスペシャルF600JP(略して キルスペ) お得なセットはコチラ




CKシリーズほどお金は出せないけど、入門機じゃ物足りない
添付品も多いので、追加費用も少なくてOK
構造、縫い性能は、CKが上だが、そこまで性能を求めない人

いわゆる「趣味人」「ハイアマチュア」向けですね(・∀・)

フットコントローラーとワイドテーブルは必須ですよー
$ミシンの買い方、選び方!-フットコントローラー&ワイドテーブル



他、同価格帯の家庭用ミシンとの比較をまとめると


       
JUKI HZL-G100 ジャノメ JP-510 ブラザー LS700
サイズ(幅・高さ・奥行) 44.5cm×29.2cm×22.3cm 39.0cm×28.0cm×18.0cm 43.5cm×28.7cm×20.1cm
重さ 9.0Kg 8.3Kg 7.5Kg
ステッチ数 20種類 30種類 16種類
ボタンホール 4種類 6種類 9種類
縫い目長さ表示 あり あり なし
振り幅表示 あり あり なし
送り歯枚数 7枚 7枚 6枚
送り機構 BOX送り 楕円送り 楕円送り
針基線変更 37基線 14基線 14基線
糸立て棒前面配置 あり なし あり
下糸巻き(独立駆動式) あり なし なし
下糸巻き(自動停止) あり なし なし
LEDランプ あり なし あり
モーター出力 65W 50W 50W
縫製スピード(毎分) 900針 850針 850針



HZL-G100





HZL-G100W




HZL-G100P








という事で、今回はJUKIのBOX送りに注目した記事を書いてみました(・∀・)
こういう技術革新を追いかけるのって結構好きなんで(^O^)
AD
いいね!(12)  |  リブログ(0)

テーマ:
リーズナブルなミシンの紹介ね。

リーズナブルなミシンと言っても、単に安物買いの銭失いじゃしょうがない。
キチンとした理由があって、これ以下はやめとけ!って意味ね。

リーズナブル reasonable
納得できる/妥当である/理にかなった
不当業者が連呼するせいで、安いという間違ったニュアンスが横行しているが、英語の綴りを見れば意味は明らか

reason:理由/訳/根拠/理性/(名) + able:出来る(形)
→納得できる



想定する使用用途に、ミシンでは最も性能を要求される「雑巾縫い」を入れておきます。
雑巾縫いが如何にミシンにとってハードな難関であるか?は過去記事参照のこと
雑巾ほど縫うのが難しいものはありません。タオル地で厚手で… 安物ミシン&未熟な腕じゃ歯が立たない難物です。(絶対縫えない訳じゃないが、高度なテクが必要で初心者にはほぼ無理)


十分な性能と安定性と使い勝手を考慮した上でリーズナブルなミシンは現在の所、これでしょうね(・∀・)

なんか販売店オリジナル(OEM?)みたいなんで、どこでも売っているわけじゃなさそうです。
オリジナルと言っても、単にジャノメの鉄板機種JP510の色違い。
ジャノメJP510N(鉄板機種ジャノメJP500のカラーをしたJP510)



新商品移行でリンク先をJP710に変更してあります(2013/05/18修正)


ただし、単なるJP-510の色違いじゃない。
下記オプションが最初からセットになっている。
これは( ・∀・)イイ!!

ワイドクリアテーブルも標準装備(・∀・)




押入れに収納しても安心!
ハードケース標準装備




7枚送り歯で薄地も厚地もしっかり送れる(・∀・)





後は好みに応じて(と言っても推奨)
フットコントローラーを追加して買えば完璧!(・∀・)
(特に初心者はワイドテーブルとフットコントローラーが両方あると重宝する)

$ミシンの買い方、選び方!-フットコントローラー&ワイドテーブル


重量も8.3Kgあるので、高速縫いしている最中にミシンが暴れだすことがありません。
(軽いミシンは持ち運びこそ便利だけど、この点要注意の事。ミシンを普段持ち運ぶ人はPS205
推奨)


まぁ、このBLOGでJP-500やJP-510の良さは過去散々書いてきたので、細かいことは過去記事参照の事。
ジャノメから良い機種が出ましたね!ジャノメJP-510
安物ミシンを買うという事
ジャノメミシンを買うなら

とにかく、シンプルで信頼性重視。故障率は極めて低く、パワーと仕上がりは価格以上


なんか、男っぽい宣伝文句ですね(・∀・)
トラックの宣伝みたい(;・∀・)

まぁ、オシャレな感じのミシンですが、あくまでも道具ですからね。(≡^∇^≡)

【参考1】
ミシンの鉄板機種
(一般的な用途を想定した場合の選定2012版)

一般向け家庭用ミシン
ジャノメ JP-710
(旧鉄板機種JP-500の後継機)
シンガー モナミヌウプラスSC207


・名入れ等で文字縫いがどうしても必要な場合
シンガー モナミヌウアルファSC307
(文字縫いがどうしても必要な場合、以前はブラザーPC-8000を奨めていたが、流石にそろそろ年代的に限界か?)

ハイアマチュア向け家庭用ミシン
ジャノメ CK1100・CK1200
(CKはコストパフォーマンスに優れた高級機種なので、JP-510より高い。過去記事参照
購入の際は焦らず店舗に問い合わせが吉

ロックミシン
ベビーロック 衣縫人BL5700EXS


職業用ミシン
JUKI シュプール30DX TL-30DX

ブラザー ヌーベル450 TA637


鉄板とは、「間違いない」「確実な」という意味の言葉。
『鉄板』の解説
鉄板は「硬い」ことから、「堅い」にかけ、ギャンブルや芸人の世界で「間違いない」「確実な」といった意味で使われる。特にお笑いの世界では確実にうけるネタ・ギャグ(主に大御所芸人の定番ギャグ)を『鉄板ギャグ』という。また、これを略して鉄板ともいう(例えば、ビートたけしの定番ギャグであれば「たけしの鉄板」という)。
※鉄板はギャンブラー(主に競輪競馬、ボート)の間で、昭和時代(中後期)には既に使われていた言葉ですが、お笑い芸人を通じて一般(主に若者)にも広く浸透した言葉ということで、芸人から広まった年、2006年の俗語と設定しています。
日本俗語辞典より



【参考2】
ネット掲載禁止機種の購入

知る人ぞ知るツウの購買テクニック
(知っている人にとっては当たり前だが、知らない人にとっては目から鱗)

ミシンの情報をネットで探っていると、CKシリーズ等ネットに値段が出ていなかったり、情報そのものが掲載されていない機種があります。(メーカーと直取引の無い2次販売店の場合は掲載されちゃったりしてますが、ちょっと高めです)
たいていは、ちょっと高級で非常に優れたミシンであることが多いです。
こうなっている事情をココに書くと色々問題があるので(書くとしたらサイゾーとか、そういう告発系の媒体)ココでは、そういったミシンの購入方法を紹介(・∀・)
(堂々と掲載されている店はメーカーとの情報交換が期待できないので、販売価格が高いだけでなく、アフターもちょっと心配なのだ、なので通はあえて掲載されていないサイトで買うべし)

その1)欲しいミシンの機種・メーカーをネットで選定する。
その2)使用用途と惚れた理由を明確にする。
その3)お店に上記事項を記載して値段と購入方法を聞く
その4)買う

文章が苦手な方向けにテンプレ(・∀・)ノ

新しいミシンを買おうと思いましたが、値段・お取り扱いの有無が分からず質問させて頂きます。

欲しいミシン:
メーカー:
使用目的:
選定した理由:

上記ミシンの値段だけでなく、私の使用目的に合った他のオススメ等ありましたら、どうぞ宜しくお願い致します。


【以下例文】

新しいミシンを買おうと思いましたが、値段・お取り扱いの有無が分からず質問させて頂きます。

欲しいミシン:イノヴィス5000 刺しゅうプロ NEXT
メーカー:ブラザー
使用目的:家庭用ミシンは持っているので刺繍メイン
選定した理由:刺しゅうプロ NEXTを使って、販売目的でオリジナルの刺繍をしたい。尚、当方のPCスキルはフォトショップ・イラストレーター等DTPの経験があり、メーカーHPにて刺繍プロの体験版で操作も問題ないと判断しました。

上記ミシンの値段だけでなく、私の使用目的に合った他のオススメ等ありましたら、どうぞ宜しくお願い致します。(なるべく安くお願い致します)


【例文以上】

まぁ、最後の()で「私はネットで調べて、大体の値段は知っているんだよ」という雰囲気を匂わせておけば、大丈夫でしょう。
「色々なお店に聞いても分からず、また回答も遅いため御社にご質問させて頂きます。」
などという文言もあいみつを匂わせるので効果的です。

基本的に関西圏の販売会社は商売の過程を楽しむ文化があるのか?
最初高めで徐々に値切ったり色々仕掛けてきますが、
関東圏の販売会社の場合は営業効率重視なのか?
最初から一発勝負で値段提示してくる傾向があります。
なので、関西人が関東圏の販売会社に対しどんなに値切り要求をかまして頑張っても、せいぜい死在庫品をプレゼントされる位でしょう。
もらったプレゼントも使い道のない物が多いですw






きれいに縫うための基礎の基礎

新品価格
¥1,680から
(2012/2/18 05:30時点)


パターンから裁断までの基礎の基礎

新品価格
¥1,575から
(2012/2/18 05:31時点)


はじめてのミシンソーイング―ミシンの基本操作から作品づくりまで、詳しくレッスンします!

新品価格
¥1,365から
(2012/2/18 05:32時点)


Rick Rack ロックミシン基礎BOOK ~いちばんわかりやすい&いちばんていねい!~

新品価格
¥1,680から
(2012/2/18 05:34時点)


主婦のミシン---人気No.1手芸ブロガー“主婦のミシン”さん直伝「簡単!100均リメイク小物」&「便利なアイディアグッズ」

新品価格
¥1,260から
(2012/2/18 05:36時点)


いいね!(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
気が付いたらブラザーのネット掲載禁止機種が解禁されていました。結構良い機種ですので、ご検討下さい。


ブラザー アデッソ2




詳しい説明は動画をご覧下さい。




前からこのBlogで勧めている
・大きな作業台(ワイドテーブル)
・フットコントローラー
・7枚送り歯
が、標準で付いています。
特にワイドテーブルは収納式ですので、とても便利です。


エクストラテーブル




ブラザーの中では、必要な機能を絞ってキチンと作ったミシンです。
店頭販売での実績もありますので、信頼性も抜群です。o(^-^)o










*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


あとがき…余震の中で更新(ノ_・。)

すごい地震がありましたね。皆様無事でしょうか?
こういったサイトの更新、少し躊躇っていたのですが…
以下の事を伝えたかったので更新しました。

中部以西及び北海道等、被災を免れた皆さんは、
遠慮なく働いてお金を稼ぎ、遊んでお金を使って下さい。
東日本の分まで日本を盛り上げて下さい。経済を回して下さい。
西日本まで意気消沈したら、僕達はどうしていいかわからない。・°・(ノД`)・°・


被災を免れ、計画停電が予定されていない地域のミシンを楽しむ余裕のある方々は、
我々の分までどんどん楽しんでください。(・ω・)/


都内、非常に揺れましたがほとんどの企業は稼働可能です。(若干の配送遅れはある模様です)('-^*)/
全国で自粛ムードが高まってしまうと、景気が後退し多くの企業が倒産してしまい、東北復興も遅れてしまいます。


献金も大事ですが、可能であれば都内のミシン屋からミシンを買ってもらえると助かります。
以上、どうぞ宜しくお願い致します。


東京のいちブロガーよりm(u_u)m

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

追記 
下記店舗ではミシン購入の売り上げの一部が日本赤十字を通じて被災者に届くようです。
大体当サイトで紹介しているミシンは、義援金対象の機種になっていますので、ご検討の程宜しくお願い致します。





クリックすると、東北関東大震災義援金プロジェクトの概要ページに飛びます。
いいね!(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ミシンの選び方ミシンの買い方、つまりミシンを買おう!と言う趣旨のブログではあるけど、今回は「無理して買うな」という趣旨のお話。

よく聞こえて来るのが、以下のような話…

「保育園の面接に行ってきました。シーツとか色々入れる袋とか、手作りで、と言われる。手作り・・。ミシンがない場合は手縫いなんだろうか。てぬい・・・」

心配無用!
ほとんどの親は既製品でスルーしてますよ。
(でなきゃ、ミシン業界がここまで斜陽産業になったりしませんから)

「手作りじゃなきゃ子供に愛情が伝わらない」
なんてありえませんから!
そんな科学的根拠もデータもありませんからご安心を!

でもね…
なんで、保育園や幼稚園でそういう話になるのか?
それは考えてみてください。

ミシンを買って、いざ何かを作り出すと…
モノを作る工程を家庭で親が経験できる。
これは、何にも代え難い体験なんです。

まずは直線縫いで、主に雑巾を作ったりしますが、「周りを縫う」「バッテンに縫う」たったこれだけの事なんですが非常に手間のかかる作業です。
過去にも記事で書きましたが雑巾縫いと言うのは、布地が柔らかく厚手となる為ミシンにとって最も困難な縫い物の1つです。


この動画のミシンだと、見るからに困難です(機種選定が間違ってますから…)

的確なミシンの選択、そのミシンに合った布地の選択、縫い方の工夫…
そして、出来上がった既製品との比較を通じて「お買い物をする際の見る目を養う」訓練になります。
もうちょっと腕が上がって、祭り縫いなんかにチャレンジすると、安かろう悪かろうな衣服を見抜く目が養えます。




この動画の4分8秒辺りに、ジグザグ縫い、たち目かがり縫い、ロックミシンによる縫い目の3つが出ていますが、実際にロックミシンや家庭用ミシンを持っている人なら、それぞれどれだけ縫い目が強いか?生地を引っ張ったりすれば実感できるはずです。

かといって、手間や必要経費の問題から皆が皆、高価なロックミシンと高価な家庭用ミシンを買うわけにはいかないのは自明です。

参考:私が考えるベストチョイス(2台必要)



ベビーロック 衣縫人BL5700EXS




ジャノメ JP-510
新商品移行でリンク先をJP710に変更してあります(2013/05/18修正)

(本当は、ジャノメCK1100が良いのだが、ネット掲載禁止機種なのでJP-510を紹介)

だから普通の家庭でしたら、そこまで買わなくとも一部理解すれば充分だと思います。
その一部が、どの程度?って話で

・「ミシンを買わなくてもOK」かもしれない
・「家庭用ミシンだけ買えばOK」なのかもしれない
・「ロックミシンも必要」なのかもしれない

大事なのは、これから十数年間(子供が自分の判断でお買い物をするまで)お子さんを育てていく上で様々な家庭のお買い物は、ママさんが判断していく訳で、幼稚園・保育園の入園を期にその目を養って欲しい。という事なのです。

そしてそれは別に手縫いをしなくても、ミシンを買わなくてもママさん達が自覚して子育てをしていれば充分達成可能な事でもあります。


さて、ここまで読んで、このサイトを訪れる大方のママさん達
「ロックミシンまでは要らない、でも普通のミシンは欲しい」
という方々だと思うので、入園入学に適したミシンの話をしてみようと思う。

どうしても女性は感情的に直感的に考えて、ミシン屋に騙される傾向にあるので…
男性目線で、まずロジカルに必要とされる要求定義をしてみよう。

・雑巾を縫う
先にも書きましたが、ある程度のパワーがあるミシンが必要です。

・小物入れを縫う
・かばんを縫う
最低でも数種類のステッチが内蔵されている必要がある。サイドカッターがあれば尚便利。細かい切返し作業があるのでフットコントローラーやワイドテーブルはあったほうが断然便利。

・洋服等を失くさない様に名入れ
最悪名前をマジックで書いた布を衣服等対象物に縫い付けられれば、無理して必要機能に加える必要はない。

これらを全て満たしたミシンは、刺繍機能の内蔵されたミシンになってしまうのだが、いかんせん高価である。



ブラザー イノヴィスM200
(10万円コース)




ブラザー ファミリーメーカーFM800
(7万円コース:比較的オススメ)

特に刺繍機能は、突き詰めていけばお母さんの趣味の沼!
止めてくれるなおっかさん!とは言え…非常に危険です(財政的に)

だから文字縫いを刺繍ではなくステッチ(ジグザグ縫い)で実装したPC8000というミシンが、発売開始から相当年数経っているにも関わらず、製造中止にすることも出来ないくらい売れちゃっているわけです。




ブラザー PC8000
(6~7万円コース)

予算の都合上、文字縫いを諦めて「名前をマジックで書いた布を衣服等対象物に縫い付ける」となれば




ジャノメ JP-510
(4~5万円コース絶対オススメ)
新商品移行でリンク先をJP710に変更してあります(2013/05/18修正
でOKとなります。

つまりミシンを買う・買わないの境目は、この45,500円(JP-510DX)が出せるか?出せないか?
置く場所があるか無いか?

になります。
これ以下の選択肢は、安物買いの銭失いになりますので排除する事をオススメします。





余談
音楽が子供の情操教育に役立つのは自明の話ですが
自宅に楽器、例えばピアノを買いますか?
買うとして、グランドピアノが最高なんですが、そこまで買いますか?
お母さん、弾き方練習しますか?
という事です。
ピアノがなくても子供はスクスク育ちます。
買うと決めた人でも(持っている人でも)
電子ピアノで充分という選択肢だってあります。
YAMAHAのギター(FGの安い奴)で充分という選択肢だってあります。
CDでも聞かせときゃいいだろ!ごもっともです。w

とにかく
幼稚園・保育園で言われたから!
と、強迫観念に囚われる事の無いように…


そして、やっぱり買う!なら、後で後悔しない機種選定とお店選びをして頂ければ幸いです。
いいね!(9)  |  リブログ(0)

テーマ:
またまたしばらく更新していなかったら、色々新しい機種が出ましたね。今回はロックミシンのお話。
過去ロックミシンの記事をいくつか書きましたが、だいぶ改良されたマイナーチェンジモデルが出ていましたので、それらを比較しながらちょっと書いてみました。

基本的にはベビーロックさんから出ている衣縫人シリーズがオススメです。
糸取物語は糸調子が自動ですが、ロックミシンの場合細かな調整が必要になるシーンが多いので、手動糸調子の衣縫人シリーズの方が綺麗に縫える確率が高いです。

以前の記事で、メスと針の距離に関して書きました。
この距離が短いほどカーブに強く直線に弱い。逆に長いほどカーブに弱く直線に強い。という記事なんですけど…

どうも最近、カーブに強く直線に強い機種が出た模様です。

まず、メスと針の距離に関しては短くして(EXシリーズ仕様)カーブの際の最小回転半径を小さくしています。そして直線縫い(曲線でも生じ得ますが)そこで生じるシワ等の処理を抑え金を長くして解決しています。



衣縫人BL5700EXS

こちら販売サイトへ飛んでいただければ、詳しく書いてありますが




特製押さえ金
$ミシンの買い方、選び方!
この押さえ金の長さを長くすることによって、直線での安定性の確保だけでなく、押さえ金のTOPを押し上げやすくし、縫っている途中に発生するシワ・ズレを管単に修正出来ます。テコの原理なので、支点からの距離が長いほど楽に持ち上がります。(従来品だとかなり力が必要となります)


縫い終わりの生地の上下をピタリと合わせたい時は
$ミシンの買い方、選び方!
このように押さえ金の先端を押し上げてやればOK。

シワ・ズレ・ネジレの修正のテクニック

カーブでも、シワ・ズレ・ネジレが生じたら
$ミシンの買い方、選び方!

差動を利用を利用しながら、押さえ金の先端をちょい持ち上げればこの通り
$ミシンの買い方、選び方!

フットコントローラーも、通常と違い大きく

$ミシンの買い方、選び方!

2段階(HIGH・LOW)のスピードコントロールスイッチが付いているので
$ミシンの買い方、選び方!

カーブ縫いの時にゆっくりなスピードにセットすれば、とても奇麗に仕上ります。
巻きロックを縫う時はHIGHで一気にすそ引きは、LOWでゆっくり縫うのがコツなんですが、このスイッチが付いていないと、カーブ縫いの際に微妙な踏み加減を維持しなければなりません。足、疲れます…
LOWにセットしてべた踏みした方が、手元に集中出来るので便利ですよ。
巻きロックをする時はスピード切替をHIGHにすると密度の濃いきれいな縫い目となります。


基本的な構造は衣縫人BL-57から大きく変わっていないのですが、細かいマイナーチェンジをすることで、より使いやすくなっています。

類似機種に衣縫人BL-57EXSという機種がありますが衣縫人BL-5700EXSとの違いは、

BL-57EXS:通常の押さえ金 左側サイドカバーが開く フットコントローラーが小さく無段階
BL-5700EXS:押さえ金が長い 左側サイドカバーが開かない 2段階大型フットコントローラー

となります。

サイドカバーの開閉の有無ですが、開閉することで確かにちょっとした掃除は便利になりますが、左側サイドカバーが開いただけでは掃除できる部分が針下だけに限られてしまうのと、その分強度不足開閉装置そのものが壊れる弊害もありますので、一長一短です。

ロックミシンの掃除の方法は、こちら様のBlogに詳しく書いてありますので、既にお持ちの方は一度キチンと掃除してみると良いでしょう。
http://mishin-hos.com/2008/01/post_24.html

元々の機種 BL-57が優れたミシンなので、年々マイナーチェンジを繰り返し型番がややこしくなっています。

この型番の読み方ですが
BL-5700EXS
BL:ベビーロックの略
57:シリーズ名
00:店舗オリジナル仕様番号(サイドカバー除去 オリジナル抑え金、大型フットコントローラー)
EX:メスと針の距離が短い機種に付加される記号
S:糸取物語系の針穴糸通し仕様 及び 針板部材質をスチール素材にしたモデル
という事になります。

BL-57EXSも良いロックミシンなのですが、BL-5700EXSの方がより使う人のアイデアが生かされた仕様であることが伺えます。

一応念のため
BL-57やBL-57EXやBL-E1S(輸出仕様のBL-57)をお持ちの方、わざわざ買い換える必要はありません。
ただ、修理不能なまでに壊れたならBL-5700EXSをオススメします。(‐^▽^‐)
初めてロックミシンを買う方や、1本針3本糸のロックミシンからのバージョンアップを狙う方は、ぜひオススメします。基本的な構造はBL-57と殆ど同じなので(若干部品が違う部分があるだけ)購買後のメンテナンスも、どこでも出来ます。(基本的には保障期間中は買ったお店で修理するんだけどね)

特に初めての方は、そんなに高くならないので、ベビーロック・衣縫人・糸取物語用アタッチメント6点セットを一緒に買っておくと便利です。(途中から揃えようとしても、なかなかお店に在庫がありませんからね)








いいね!(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
ミシンを贈答用に送る方も多いと思います。
ぶっちゃけ「自分で使う訳じゃないし、使い勝手なんてどうでもいい。予算だよ!予算!」なら、洋裁の専門学校で使われることの多いブラザーB300辺りでどうでしょう?




30,000円を少し切った価格で、御祝儀価格で丁度良いかも知れません。
専門学校で使う程度には、しっかりした品ですが…ある意味学校で使うと言う事は、キチン技を教えてくれる先生がつく環境でミシンを習う場所なので、自学自習でやる自分の為の買うミシンだったら、ジャノメJP-510を勧めます。もう鉄板機種と言って良い位、高い評価が確定してきる機種です。





メンテナンス性に優れ、縫い目も抜群に綺麗、使いやすい…鉄板機種です。

ただ贈答品としては4万円を超えてしまうので、ちょっとキツイかもしれませんね。

ちょっと話は反れますが、贈答品と言えば花です。

$ミシンの買い方、選び方!-ミニ胡蝶蘭

ミニ胡蝶蘭「アマビリス」2本立ち
これだと、3.5号鉢なので鉢の直径105mmと小さく、卓上に置ける可愛いサイズです。
8,000円なので、御祝儀レベルが1万円前後ならこれが良いです。
間違ってもこの価格帯のミシンを贈ってはいけません。
使い物にならなくてクレームになりますから…
(19,800円も駄目)
贈答用ミシンに30,000円の予算が出せないなら、花を贈りましょう。

またまた裏話ですが、胡蝶蘭を売っている店は多いのですが契約農家は通常3~4か所に絞られます。
つまり、ミシンと一緒で「どこで買っても同じモノが来る」訳です。
だからミシンと同じで「評判の良い店」で買う事が大事です。
(つまり第一園芸か日比谷花壇で買っておけば間違いないって話になります)






だからミシンもちょっと検索すれば、し○は高いがしっかりしている。とか、オ○はヤバいとか、色々出てくる訳。
だから、1,000円ケチってハズレを引くか? 逆に10,000円多く払って安心を買うか?
そこそこ安くてしっかりした所を探すか?
色々選択肢は多い訳です。



こちらのお店のレビューを読みまくって、安心出来たらいいですね。(楽天のレビューだと、買物そのものの感想しか書いておらず、使った感想が書いてあるレビューは中々少ないです。なぜならほとんどの店がミシンを売っておしまいだから。使いこなす事、そこから始まるビジネス~教室等~を視野に入れているお店は客のレビューが違いますね。)
いいね!(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
以前紹介した、ブラザーのBC-6000がほぼ廃番になり(価格崩壊したため) 全く同じ部品と全く同じ性能で、LM-700がリリースされましたが、またまた価格崩壊しています。(笑)

$ミシンの買い方、選び方!
$ミシンの買い方、選び方!

同じぢゃん。
で税込4万3千円? 完全に価格崩壊してますな。





BC-6000(LM-700)の説明は、以前した通りだけど、これを買うくらいなら、ジャノメ JP-510を買った方が良いと思うよ。

大きな違いは
抑え圧調整 LM-700:なし  JP-510:3段階
送り歯   LM-700:6枚  JP-510:7枚
ステッチ数 LM-700:16種  JP-510:30種

だったら、ジャノメJP-510のSFセットを42,500円で買った方がいいよ。








フットコントローラーもワイドテーブルも付いて素人でも綺麗に縫えるもん。

別にLM-700も悪いミシンじゃないけど、JP-510の方が性能も縫いやすさも上で、かつ安い!

前にも書いたけど、このBC-6000やLM-700は39,800円が適正価格。だけどJP-510 安すぎるぞ!! ジャノメ本気出したな!

修理現場から見た、安くてしっかりミシン
それがJP-510です。






後は5年保証の店で買えば、尚お買い得。
上記の店のHPの横にある「ミシンの病院」(ミシンの修理日記)も合わせて読んでおくと良いよ。

まぁ、あくまで冷静に性能とサービスを検討した話で、「キャー色が可愛い!」とかミシンの性能や、買った後のアフターサービスと付属品等とは別の次元で欲しいと言うなら、別に構いませんよ。
確かにブラザーのミシンのデザインは洗練されてますから。

でも、ミシンは道具なので… と私は思います。

モデルの写真を撮るんで、背景のオブジェに!という話なら迷わずLM-700を選びますけどね。(笑)

今日はここまで!
いいね!(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
いつの間にか、刺繍ミシンの販売制限が変わってますね。



ブラザーイノヴィスDC3500

へぇ・・・
現行モデルをネット販売出来るようになったんだ。

つまり、ネットと店舗で価格を比べる事が出来るようになったって事で、インチキ商売する輩にとっては、この機種は対象外にされちゃったんだ。(笑)

前の記事にも書いたけど、この刺繍ミシンは

1)プリセットされたキャラクターの刺繍だけで満足できる人
2)ブラザーの刺繍パターンダウンロードサイトからデータをダウンロードして、ミシンというプリンターにデータを移しプリントする事が出来る人。(既成のデザインで満足できる人)
3)フォトショップやイラストレーター等のDTPソフトを使いこなしている人が、刺繍プロを使って自分でデザインした刺繍をプリントして楽しむことが出来る人。(デザイナーレベルの人)


が楽しむミシンです。

もうひとつ

箱、デカイです。巨大な箱に入ってます。

それなりに収納スペースが必要ですので、家の狭い人は買う前に充分な掃除と整理をお勧めします。

緩衝材なんかが入っているからですが、修理の際、ミシンの搬送にどうしても必要になります。(言っておきますが丈夫なミシンはあっても、壊れないミシンなんてこの世にはありません。使い手の間違った操作で多くのミシンが修理に回っています。)

それに、この写真は刺繍用のテーブルを装着していない状態なので、イメージ的にはこの倍の幅があると思ってね。

さて、刺繍ミシン買って、刺繍糸を買って、布を買えば良いかと言うと
そうではありません。
布地によっては、刺繍用接着芯(伸縮性のある布地に必要) 刺繍用水溶性シート(毛足の長い素材に刺繍する際必要で、生地の毛足を抑え刺繍の仕上がりを美しくします。水溶性なので刺繍後洗濯すれば洗い落とせます) また下糸は刺繍用のものを使います。

詳しくは、以下のサイトに色々書いてありますし、メールや電話で質問すれば丁寧に答えてくれます。





つまりミシン本体以外にも、もろもろ小道具が必要になりますので、それなりに敷居の高い世界だと思ってください。

お父さんがデジカメに凝って、やれレンズだストロボだ三脚だ… とか、ゴルフに凝って、アイアンの何番はこれじゃなきゃ駄目だとか、そういうのと同じ世界なんです。素人カメラマンが、そういった道具を揃え腕を磨き、最終的に作品の差を決定付けるレンズにはまる事を「レンズ沼にはまる」と言いますが、刺繍ミシンも同じです。

「刺繍ミシンはお母さんの趣味の沼」です。
どっぷりはまって下さい。
通常の家庭用ミシンの沼より、遥かに深い沼ですが、それゆえハマリがいのある沼です。

赤の他人から見れば、なんて馬鹿な…と思われますが、出来た刺繍は間違いなくうらやましがられます。でも、製作過程やその設備投資費用を話すと「ドン引き」されること間違いなし。

そういう物なのであまりお金に余裕がない場合、無理をせず既製品の衣類で我慢してください。
本気で衣類を縫うなら、ロックミシン+職業用ミシンに投資しましょう。刺繍ミシンはデジカメ&プリンター&デザインといった領域で、ちょっとクラフトとは違った領域であることを心に留めて、沼に入っていってください(^ω^;

私は、沼ウェルカム!な人です。実際、別の趣味のカメラでは100万円以上投資しているレンズ沼の住人です。だから良心的に、否定的な文章を書いています。(ハイ、馬鹿です。認めます。一緒に馬鹿になりましょうよ!)

その点はご容赦ください。(夢を壊して御免ね)
いいね!(1)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。