2016.8.2

テーマ:

 もう1週間!!

やまゆり園の大量殺人事件から。

 

 ありえないでしょ、そんなこと、と最初に聞いた時、言った、というか叫んだ。

ネットは当然やってないし(だからデマとも無関係)、TVも見ないし(ヤラセとも無関係)、地震でもなければ朝はラジオもつけない当方。

施設に暮らしていて、世間サマに迷惑かけようもない人たちを、ありえないよ、そんなこと、が信じられない理由の主たるものだった。

 

 実は、峠工房から転園入園した人がいる。

1985年のこと。

本来なら峠工房で受け入れるような状態の人ではなかった。

自宅以外の社会を全く知らず、重度らしいが障害の重さもよくわからないその人、ここへ入園した時は38歳。

つてを頼って峠へ依頼に来た母親は、「ここで断られたら、もうあてはない。神奈川内はおろか、遠い地方の施設へも行ったが、全て受け入れを断られたから」と、たった1本のわらをつかむ様子だった。

 

 なんとかしてあげたくても、迷わざるを得ない。

相当な決心と覚悟を持って受け入れることにした。

見捨てられなかった。

1980年のことである。

 

 社会性はもちろんのこと、家庭内での自立性もゼロ。

でも行き場のない彼を、これから世の中で生きて行けるようにするためには、相当厳しい訓練が必要であることを納得してもらった上で、月曜朝連れて来て、土曜夕方迎えに来てもらう生活スタート。

 

 大変な人を引き受けちゃった、と公開したこと多々。

 

 親は、今まで自分が片時もはなれることなく、常に何でもやってあげていたから、1週間よそへ宿泊する生活を、心から危ぶんでいた。

それで面白いことが。

初めての1週間、「どんなに自分を恋しがっていることか」と迎えに来た母に彼は、他人を見るような態度で接した。

そして第一声、「ごはんホシイ」「あついお茶」

 

 私たちは笑いころげてしまったが、母の落胆たるや見るも哀れ。

でもそれでふっ切れたのだ。

 

 それから5年、思いがけずやまゆり園と言う所の面接をうけないか、と福祉事務所から声がかかり、それこそ望むことだったので、彼はやまゆり園に移った。

その間のスッタモンダ(役所との)は、「萌」25号に書いた。

2010年に、わがスタッフが見学に出向いたのを機に、「萌」95号にも再録してあるので、興味ある人にはお送りしても良いと思っている。

 

 で、その彼は今回無事だったと交流のあった職員さんが教えてくれた。

 

 この事件を防げなかったのはなぜか、とか園の責任とか、また私の嫌いなネットの書き込みに障害者をあんな山奥に収容するなど人権問題だと書き込みがあると聞くと、ああ、またバカ増殖中と腹が立つ。

何も知らないで、バーカ!!

 

 やまゆり園は入所者への対応も、地域との関係も良好だったし、今回の殺人犯の不穏な動きに対しての策も講じてもいる。

 

 施設の責任をウンヌンするよりも、尋常でない価値観の持ち主が、エライ議員様に、殺人計画を持って行き、1度は措置入院をさせたにも関わらず、野放し状態だった、ということが一番の問題だと思う。

治療が必要であり、見守り(監視)が必要な人物だったのだから。

一連のことが途切れたままになるようなシステム不備が問題だ。

人が殺されたから、何か改善されるのだろうが…。

 

 「どれだけ人が死ねば平和になるの…」という歌詞が、ボブ・ディランの「風に吹かれて」の和訳にあった。

AD

2015.12.11(金)

テーマ:
 野坂昭如さんが亡くなった。

 私の手元に、古い昭和50年9月発行の本がある。
「戦争童話集」。
なんと装丁は池田満寿夫。
童話に似合わない芸術的な絵。

 この本を、くり返し繰り返し8月15日が近づくと、ここへ来る子どもたちに読み聞かせて来た。
12話すべてが昭和20年8月15日から始まる。
わかりにく表現は言い替えた。

 最近は、15日近辺で峠工房も夏休みをとるので読まなくなったが、横浜市で使っている国語教科書3年生で、「ちいちゃんのかげ送り」という話が載っている。
音読の宿題があると、親たちがたまらなくなる。

 だからなのか、当時、皆よく聞いてくれた。
あまり「聞いて、理解」が得意でない子には、必ず第1話を読んだ。
いつも目次を見せて、どれ聞きたい?と選んでもらい、希望通りの話を呼んだが、4話の「凧になったお母さん」は拒否。
どうして?には、先生が泣いちゃうから読まないよ。
すべてつらいのだが、4話だけは声を出して読んだら、自分がグダグダになりそうだったから。

 野坂氏のファンというわけではなく、戦争童話集のファンというよりも、この本を宝物のように思っている。
AD

2014.12.1o

テーマ:

パソコンのモニターがこわれている間に、創立45周年記念年の行事1弾、2弾も終わり、いつの間にやら衆議院選挙なんかやってる。


どうして突然選挙なの?

と素朴な疑問を感じている人は多いのじゃないか?

多額の税金を使って、わけのわからない選挙やって、何が目的なのかわからない。



ところで、2012年10月に私は次のような 文章を書いた。


この私が個人的に無能だと思っている元大臣は、もう引退して選挙に出ないのだが、今朝の新聞に野党統一候補として出ている人のチラシが入ってきた。


あれ?

民主は引退した人の娘が出ているのではないのか、と不思議に思ったのだが、ウワサによれば、自分のスキャンダルをリークしたのはあいつだ、とこの統一候補を逆恨みして、足を引っ張るために、党の名を出さずに娘を出馬させたとか・・・


本当にそんなことできるのか?

信じがたい汚れた話だ。


県会議員のころからずーっと何年も変わっていない。

AD

2012,10,24(水)

テーマ:
 法務大臣が辞めるというのがトップニュースになっている。激務にカラダが耐えられないのだとか。

 県会議員から長ァーーーい時間をかけて、ようやく登りつめたちいを、なんともお気の毒だ。
年齢から見ても次のチャンスはない。
今の政権がいつまでもつのかもわからないし。

 私はこの人に好意を持っていない。
 この人が県会議員だった頃(民社党という政党があったっけなァ)、もうずい分昔のことだ。
県立I養護学校の先生で、峠の創立者を師とあがめる人がいて、たまに来てダベったり食べたり、のんだり。
「いつか自分も峠のようなことをやりたい」
と言っていた。

 その人がある年の大みそかの晩、ご夫妻でたずねて来た。
重大な相談。

 当時彼は、「学校林を作ろう」という、全学年を対象にした授業活動をしていた。障害が重い子にも軽い子にも、それなりの作業を用意できる、と張り切っていた。

が、保護者の中には、土運びだの、水運びだの、草木を植えるなんて、勉強とは言えない、と不満を抱いている人もいた。
そして、その一人だか、それとも何人かでだか、知り合いの県会議員さんに相談したのだ。
そこまではまァいい。

どういうわけか、県会を巻き込んだ問題となって、彼は呼び出され、転勤(リハビリセンターの訪問だか院内学級へ)か、やめるかどちらかを選ばねばならないところへ追い込まれた、という。
彼は少しずつ準備を進めていたし、教員をやめて椎茸作りをはじめたいと言い、奥さんは
「生活して行けるかどうかわからない」
と反対。

創立者は、彼の後押しをしたいような様子を見せていたが、私は断固として猛反対。
「これ以上、男に勝手なことをさせるんじゃネエ!苦労するのは家族なのだ」

 食っていくためだと割り切れば、お金は必ず入って来るのだから、食べて行けてこその仕事でしょ。

 彼はリハセンターに転勤した。

 それにしても、県立の養護学校の内部問題が、しかも死人が出たとか、ケガ人が出たとか、集団暴力事件があったなどというのでもないのに、どうしてここまで「大問題」にされたのか。どのような受けとめかたをして、どう結論を導こうとしたのか?

 当時も今も、その県会議員の解決能力に疑問を抱いている。

2011年4月9日(土)

テーマ:
雨が降り、SM君は
「ぬれると放射能がつくから出かけたくない」
と生活塾を休んだ。
さまざまな社会問題に広く関心を持つのは、とてもいいことなのだが、情報の発信源を考慮しないと、こういうことになる。

日本のマスコミ、特にテレビと大手新聞は、どうしていつも、というか、いつまでたっても、こうなのだろう。
何を伝えなきゃならないか、何を伝えるべきか、本当に必要な情報(受けてサイドに取って)は何なのか、をまったく考えていない。

もっと勉強しろよ!

もっとどう伝えるべきか学べよ!

自分が輝くための報道じゃ意味ないんだよ。
自分が酔っていてもしょうがないのよ。
もっと本当の仕事をしてもらえないものか、と思う。

峠工房の生活塾に来たほうがいいよ、といつも言っている。
話し方、表現のしかたも訓練するから、カンさんとか言う人も、何かが一段落したら、来るといい。

世間では、軽度発達障害の人は、空気が読めない、他者の立場を理解できない、突発的な変化に対処できずパニックになる、などと言われている。
まちがいではないけど、類型的な浅い知識。

たしかに、何が何だかわからないまま、過酷な状況の中に突然おかれ、障害特性ゆえに、さらに過酷な人たちの身の上を案じずにいられない。

だからなおさら、今のこの難関を切り開き、道筋をつける立場の人たちの、罪作りな側面にハラが立つのだ。

峠で、コミュニケーション教室もやってるよ!

2010年3月6日

テーマ:
天皇家の愛子ちゃんが不登校になっていると話題だ。
何よりもビックリは、通学しているのは私学でしょ、ということ。
今、私立の中学の受験生が増加しているが、親は無理して高い授業料を払っても、質の良い教育を、と願って私学を選ぶのだと思う。現実に、2月、3月は受験の季節で、フツーの子どもも、発達障害の子どもも、少ない選択肢の中から選んでいかなくてはならず、それぞれ大変な思いを抱えてがんばっている。
多少、お金がかかっても、より良い教育を求めて、親はがんばるのだろうと思っている。学習院といえば、皇室ご用達、と皆承知しており、そこへ入れた親ごさんたちは、それなりの期待を持ってのこと。そこでおきたことだから驚く。
テレビはないので、又聞きになるが、学校側で挙げた理由(と考えられること)のひとつに、「子どもの他愛ないいたずら」として、「授業中に縄跳びを投げたり」とあった。それって公立校でさえ、度重なれば「○○へ相談に行くように」と親は言われる。試験を受けて、入学金というものを払い、高い授業料を納める学校でも、そういう子がいるんだ。
へェー、ビックリしたなー。が、正直な感想。
他にも登校できない子、いるんじゃないかしら?学校はいいたくないことは極力いわないで済ませたいだろうし、なんで表ざたになるまで・・・・・・?と不思議だ。
気になっていたけれどちっともはかどらなかった機関紙がようやく出来上がった。
学校の夏休みは迫ってくるのに、暑くて頭がスカスカだとか、がまんするだけで疲れるとか、言い訳しつつ、やっとだ。
その間に、大分県で教員採用試験の贈収賄事件がつぎつぎと報道された。
「何を今さら・・・」とも思うのだが、明るみに出た数10年にわたる慣例には、腹立たしさがつのる。
私個人として、今つきあいのある子どもたちの教師の質に、著しい不満を抱いている例が2~3ある。
学校環境(運営?)に関しても、ある。
せがまれて、授業参観に出向いたり、わざわざ「しょうたいじょう」なんかくれるので、学校祭に出かけたり、見聞を広めている。
が、いいことも悪いことも、実際にこの身で見聞きするわけだから、気になるところは、ものすごく気になる。
子どもたちが話してくれることからも、気になる種が続々とこぼれる。
非常に古びた言いまわしで失笑を買いそうだが「月給ドロボー」とでも言えそうな例も実際ある。
学校現場が大変多忙な状況で、教育本来の事に専念できない、という話も聞く。
事実そのとおりなのだと思う。
それでも、教室内で子どもたちと向き合った時に出来ることを手抜きしているような教師は、仕事を放り投げているとしか思えない。
こういう人たちが、真剣にプロとして仕事をしている仲間の足を引っ張り、評判を落としているのだ。
ちゃんとやっている人たちに申し訳ないじゃないか!
日本の東北地方で大地震。
山好きな人間にとっては、なじみの深い地域であり、とりわけ私にはショックだった。
ケーイチの父の田舎は岩手県、母の田舎は宮城県で、母が元気な頃は。年に数回ケーイチをつれてお墓参りに行っていた。
おみやげの「萩のつき」や「ゆべし」が楽しみだった。
ある時、「くりはら田園鉄道」のパンフレットを持って来てくれた。
田園鉄道!?
一目であこがれてしまった。
だって、その名前にひかれない鉄道好きはいないだろうと思う。
ぜひ一度乗ってみたいものだ。
いつかは行ってみたいと思い続けたが、バブルの崩壊やら構造改革、長引く不況・・・・・・月末には100円のお金にも困るような時もあり、仕事関連以外の旅など思いも寄らない年月が続いている内に、とうとう昨年廃線となってしまった。
こんな暮らしを続けていくうち、私の思い残すことは山ほどたまるのだろうと、残念でしかたがなかった。
その栗原が大きな被害を受けたのだ。
栗駒山もわざわざ登山口まで行ったのに、三陸沖を台風が通過するとのことで断念して以降行ってない。
10年ほど前、石巻で、さっちゃん先生の親子展があって、オープニングに合わせて行った折、ケーイチの田舎へ、まるで、さらわれるようにして連れて行かれたことがある。
父の実家に一晩泊めていただき、めずらしいマンボウのさしみをごちそうになったり、で、びっくりした。
その時はじめてマンボウが食べられるのだと知ったのだ。
翌日、観光名所を巡り、厳美渓という美しい谷間を舟下り体験もした。
ニュースで、「厳美町で」と出てくると、あの美しい谷は無事だろうかとも思う。
そして、開拓農家の大きな被害、損害、心痛を知るにつけ、自分も小学生までをすごした、浅間山麓の開拓農家の人たちの過酷な生活を思い起こさせられて、心が痛い。
いつも自然災害を恐れて暮らしている身としてさまざまなことに想いをはせている。
昨夕のニュースで、エベレストから帰国した、「冒険家」三浦雄一郎さんの記者会見を見た。
快挙、快挙の総合唱の中、私は引っかかっていることがある。
5月28日の新聞のコラムで三浦さんを讃える内容。
見過ごせない1行があった。
この人は「冒険家」なのだから、自分の夢の実現のために、あらゆる努力をするのは当然だが、今回のために日々どんな努力を重ねたかを紹介する文中に、目を疑う1行。
「電車に乗れば、つり革で懸垂をする」。
もし事実を書いているのだとしたら、なんと恥かしいことをする年寄りだろうと思う。
私たちが公共の乗り物で子どもたちを連れて行く場合の禁止事項の1つだ。
もし、やったら、いや、やる直前に赤いバツ印のついた絵カードだ。
少なくとも、峠工房として私たちが責任を持つならば当然のこと。
社会の中で、ルールを学ぶと言うのは、とても大切なことで、100冊のルールブックを読ませるより1回の経験の方が身につく。
ちなみに、私は、泳ぎ方の基本だとか、どうすれば泳げるようになるか等の本を読んだけれど、泳げない。
高校の体育のテストで、なんとか25メートル行ったが、以後、練習らしいことのチャンスも作らず、日本沈没の時には、この列島と運命を共にするしかない。
横浜に引っ越してきたばかりの頃、商店街の大道芸人から、忍術の巻物を、乏しい小遣いで買った。
「これさえあれば」あこがれの忍者・・・・・・当時は、「忍術使い」・・・・・・になれる、はずだった。
素質もある、と自分では思っていた。
生きにくさをもつ子どもたちに世の中での、様々なことを想定して練習をつむのは当然必要なのだが、それ以上に、恐れず、ひるまず世の中へ連れ出す方が大切と思う。
社会は無限の教育の場だと思う。
特に昨今「反面教師」も増殖しているし。
良いも悪いも体験できる。
人をつきどばしても出入り口に立ちたいヤツ、バスの座席にすわることを拒否しているヤツ、決まりごとを守らない人(自分はいい)を許せないヤツ・・・・・・いろいろバラエティーに富んでいる者たちと行動を共にしているわけだから、あの手この手で対抗する。
もし仮に「つり革にぶらさがってはいけない」と注意したときに、「強くなるための訓練だ」とか「三浦さんなら良くて、どうして僕はだめなの?」などということがあったらどうだろう。
もちろん私は即座に、「あの人がまちがっているのだ」と言うが・・・・・・。
有名な人で、大きなことを成し遂げた人だったらよい、ということはない。
そういう人は、さかんに言われているように、「人に勇気を与え」、賞賛されているのだから、なおさら「ささいなことだ」で済まされないと思う。
コラムに書かれていた事が本当ならばとてもはずかしいことである。
記者会見で、次の目標を問われ、「80歳で登頂」とおっしゃっていたから、すぐにうまずたゆまず日々の鍛錬を努力し続けるのだろう。
お金も、時間も、サポートする人にも不自由はしない境遇だと思うので、ぜひ自宅に、吊り輪でも鉄棒でも設置してがんばってもらいたい。
「生き埋め」。
何とも恐ろしい言葉である。12日に起きた中国の信じられないような大地震のニュースでその数が何千人、何万人と伝えられるたびに思う。
 大きい国土のところでは、活断層も、けたはずれに大きいようで、伝えられていることは、きっと一部のことに限られているのだろうが、すごい。
 この前のビルマのサイクロンといい、時間をおかずに起きた、この自身といい、地球が怒っているとしか思えない。
でも、地球の怒りは、弱い立場の人々を痛めつけることが多い。
地球の意思ではないのだが・・・・・・。
 私は、地震にも台風にも、いつも恐れおののいている。
ニュース画面を見ては、「あんなことになったらどうしよう」「大地震がきたら絶対自力では再建できないよ」「暮らしていけるだろうか」などと、次々不安がつきあげてくる。
 数ヶ月前に、生活塾に来ているS君の、読書の時間に、山古志村のマリのこと・・・・・・映画化もされた、村に置き去りにされた犬が、生まれたばかりの子犬を守り育て、生き抜いて救出された実話・・・・・・を読んで、「これって本当にあったことなの?」と聞いた。
なんと彼は、新潟の地震のことを何も知らず、われわれは少なからず、ショックだった。
繰り返し繰り返しニュースで流れ、見ていないはずはないのに、社会への関心の無さがちょっとこわかった。
 ここへ集っているみんなには、子どもは子どもなりの社会への関心とか、よその国で起きていることとか、他者の身の上に思いを寄せるなどを育てていきたいものだと、いろいろ工夫している。
にもかかわらず、なんだヨー、Sくん。
 まだまだ私たちの努力が足りないのだね、きっと。
断片的な情報とか、偏った判断や独断的な人の意見に、ウワーっと流されないようになってもらいたいし、それが自分の身を守ることにもつながると思っている。
自分勝手な思い込みの判断ではく、よく見、聞き、時間をかけて身につけたことを、自分の一大事の時に「自分で考えて、どうするか判断する」ことを目指している。

 それにしても、災害大国日本で、地震に限らず、何かあった時、避難所となるのは、多くの場合学校だけど、今回中国で、その学校がいくつもいくつもペシャンコに崩れ、子どもたちが下敷きになってしまったのが、特に痛ましい。
 みんなには、2万とか3万とか、無機質な数字として、受け止めるのでなく、それを形作り、「1」という数字は、自分であり、親であり、友だちなのだという良識を持ってもらえるよう働きかけて行きたいと思う。