2017.5.27(土)

金策に追われ、まだ手立ても少なく、右往左往しているうちに1週間たってしまった。

その間援軍もあって今月は何とかなり、とりあえずは首の皮1枚でつながってホッとした矢先、またKたろうの母からの早朝電話

「Kに逃げられました」

 

「逃げた」って?どういうこと?

 

朝5時頃 目が覚めたら居なかった。(そこで笑いをこらえきれなくて大笑い)どこに行ったかわからない。心あたりはない

 

峠にきてくれればいいのだが、来るかもしれない。

とも思ったが今回は来なかった。

 

結局近くをうろつきまわったり、運よくやっている小学校の運動会の昼食に、顔見知りの人のところへ行っておねだり。

親へ知らせが入り、お父さんが自転車で駆けつけたが逃げられなどのドタバタをいくつかくり広げ、最終的に小学校時代からの友達の家は行き、その子のお母さんの計略で、おまわりさんによって確保(補導)ということになったそうだ。

 

日曜日につれてくるようにいったのだが、親の都合が悪いので日曜日。だが聞けば火曜日は中学の運動会だとのことで、それじゃ運動会休ませて、朝から連れてくるように伝えた。

じっくりKたろうの話をききたいと思っているけど、つれてくるかなぁ

AD