2017.5.21(日)

 昨日の来客Hさんが正義感メラメラで取得して持って来てくれた書類。

夜、落ち着いてみた

ある会社の登記書。

障害施設○○○○株式会社、設立年月日

平成28年12月1日。

取締役会設置会社。

「うわーーー偶然ね。うちの開所日と一緒」

なんて言ってられないのだ!!!!!!!

8人の取締役の中に、知ってる名前が4人

しかも峠では「悪質業者集団」として定着しているもえぎ、育援会の人間にまざってなんと衆議院議員

「水戸将史」

の名前があるではないか。

 

国会議員が会社をやっていけないってことはないだろうが。私たちとしてみれば、議員がどうのこうのという問題ではないのは当然のこと。

なるほど。

だから10日にだした心血そそいだ(オーバー!!)手紙に何の返事もないはずだと納得。

最初から峠をつぶすつもりだったのか、あの集団の一味だったのだと確信できる資料である。

峠工房の今の金銭的苦境を充分に見とおした上で、仕掛けてきた案件だったのだ。

白旗かかげるのを待って傘下に収める計画だったのだろう。

 

お金もない、今にも潰れそうな峠工房が以外に頑固で、参ったとならなくて、むこうも計画が狂ったかも知れないが

これから、我々は、何をどうしようか、どうしてくれようかと思う

AD