2017.4.27(木)

助成金の報告書が2件重なって、しかも私が日々のあまりのめまぐるしさに、うっかり忘れていたからもーーーーーーー大変!!!!!

 

1件は、横浜市の「夢ファンド」。もう1件は県の財団「心身障害児福祉基金」

当然、申請内容は各々違う。

夢ファンドには、放課後デイサービス参入準備資金として申請したが、実際に行動し思いも寄らずいわいる「乗っ取り」に巻き込まれそうになったにも関わらず開所にこぎつけたことの報告。

 

県の財団は、「今まで通りの峠工房であって欲しい」と言う要望と、当然そうでなくてはならない私たちの方針に添ったもの。

 

神奈川県では、国が放課後デイサービス事業をスタートさせるはるか以前から、この財団を通じてわれわれ「民旧」でがんばっている団体を支援してくれている。

今回は峠が国事業に参入しても現峠工房はそのままの形でやっていくっということで助成してもらえた。

 

今回、この助成がなければ、峠はどうなっていたことかと大げさ

ではなく思う

 

信用していた仲介者が紹介したグループ(育援会・もえぎ)は、本当の悪質経営グループだったから、峠工房そのもの危機にさらされるところだった。

 

この助成金のおかげで何とか持ちこたえられたのかもしれない。

 

この先は、まだまだ心もとないけれど・・・

そんなこんなで、私と事務責任者は2人とも頭がヘンになって、いろんな資料がごちゃごちゃになって、必死で報告書作成に取り組み、何とか今日両方とも速達で郵送できた

 

あーーーーーーーーーー、疲れた!!!!!!

 

それにしても、今、国の事業に群がるカネの亡者どものニュースを見聞きするにつけ、神奈川県は先駆的であったなぁと感謝にたえない

AD