2011.1.6

テーマ:
去年12月23日に、ケーイチの万引き疑惑? 事件に関してスーパー本社に送った手紙に呼応して、瀬谷店店長、契約セキュリティ会社社長と保安員の三氏が説明したいと来園。
年末、私が疲れ果てて「もうこんなところにいたくない!」とばかりに県外逃亡していた31日に電話があり、翌1月1日の再度の電話で、今日来てもらうことにしたのだ。

副理事に同席してもらった。
当事者は敢えて同席させず。
やった、やらないの泥仕合をするつもりは全くなかったし、そうなったら困るのは向こうだろうから。

保安員氏の説明によれば、「最初にヨーグルトを選んでポケットに入れた。外へ出た時点で声をかけたが、見たところポケットがふくらんでいなかったようなので、すみませんとわびた。ポケットを探るようなことはしていない」

これ、そのまま鵜呑みにはできないよね。
どんなコートを着ていたかしらないが(見当はつくけど)ヨーグルトのパックをポケットに入れるかね?
実際にその場面は見ていないだろうと思う。

われわれの推理は、こうだ。
ケーイチと弟さんはくっついて行動していない。
かごも持たず、品物を選んで持って、弟を探してウロウロ、キョロキョロ。見失ったのだと思う。
再度見かけたときは手ぶら。
注目してるとまた何か選んで、キョロキョロ、ウロウロ・・・・・・怪しい。
レジに並ばずに外へ出た。
「さてこそ!」と思い、呼び止めた、というところだろう。
だが、ポケットに手を入れたのは多分本当だと思う。
彼の知能から考えると、あったことをないと言うのは単純なウソだから可能だが、なかったのにこうだったと言うのは作り話となり、はるかにレベルが高いから無理、というか話が不自然で追求されれば、しどろもどろですぐバレる。

でもいろいろ考えあわせると、彼の行動は確かにへんだし、保安員氏も不運だったと言えなくもない。
きちんとした印象の人だったし、やったやらないは、最初からするつもりはないのだから、「不運だった。こちらも挙動不審と印象付けるような行動派とらないよう、よく注意しておく」ということにした。
でもやっぱり、ケーイチが普通の人だったらなかったこと。
そしてその注意は
1.スーパーへ行ったら必ずかごを持て。
1点だけの買い物でもかごに入れ、全部終ったらまとめて弟のかごへ入れる。
やたらウロウロキョロキョロ(弟を探して)するな。
2.絶対にポケットに手を入れるな。
3.前かがみになるな、姿勢をよくしろ。
以上。

社長氏は、「万引きもさることながら、思いもよらない犯罪が増えている昨今、それらを未然に防ぐのも私たちの使命」と言っていた。
それはまったくその通り。
ぜひぜひ頑張ってね。

AD

2011.1.5(水)

全身筋肉痛。
どこが、でなくて、文字通り全身。
新年会。
どうしても1日も早いうちにやりたかった。
実績作り、というか、自分に「今年はもっとやります」と約束するようなものかな・・・・・・。
いつも後手後手となり、結果として、手抜き、いいかげん(自分が一番よくわかってる)になるのを、なんとかしなければ、というアピールかもしれない。

予約に反して20人以上の参加者。
10人程度だろう、みんな忙しいから、が大ハズレ。
うれしいけど、予定がズッコケ、時間も延長。

でもうれしい
長いつきあいの、高校生、中学生。
将来頼もしい女児たち。
追い回されるモテモテのH君。
いつのまにか本気でまき作りをはじめた女児たちのジイジ。
女の子がかわいくてしょうがないH君ママのまったりぶり。
チョーいいかげんで、名ばかりかっこいい光の塔の意外な人気。

無理かも・・・・・・と思いしり込みする気持ちもあったが、やってよかった。
忘れん坊のメモ帳-光の塔2

忘れん坊のメモ帳-光の塔1



AD