忘れん坊のメモ帳25

テーマ:
 8月が終る。学区の小学校は、今日からはじまった。各校、少しバラバラのようである。  7月が終った時、「なんと忙しく、なんと働いたことか」と自画自賛していたら、8月はもっと大変だった。設定した夏休みも、1日も休めず、それでもK1が来ない分少しは気楽かな、という感じだった。仕事の枠を離れて、ここに泊まりたくてウズウズしていたTAKATO君の願いを受け入れ、バーベキューと遅くまでの遊びで大盛り上がりしたのも峠の夏休み中のこと。  毎夏、最大のイベントであるキャンプが終るまでは、気が休まらない日が続き、終るとグッタリして、後1週間ぐらいは、だらーっと過ごしていたのだが、今年はその「だらーっ」の時間が全くなく、子どもたちの宿題の追い込みにつきあってしまった。おかげで疲れはてて、首が廻らず、頭もぐらぐらする。  それでも活版印刷体験が大人気で、それぞれすばらしい作品が仕上がったり、キャンプ参加者が子どもだけでも11人になり、特に初参加の子達全員が「今まで行った中で一番楽しかった」と言ってくれたりと、うれしい結果が出ているが、老体の疲れを「イヤす」ところまでは行っていない。9月になったらちょっと体勢を立て直さないと、10月には展覧会も予定しているし、疲労に押しつぶされるかもしれない。
AD