1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年11月18日(土)

熱海ビリーフチェンジ・セラピストスーパービジョントレーニングに参加してきました②

テーマ:セミナー

合わせる生き方と

サヨナラして自分を生きる。

 

福岡市内でビリーフチェンジを主とした

心理セラピー、リーディング(占い)メニューを提供しています。

心理セラピストの苑田 稔(そのだ みのる)です。

 

 

熱海ビリーフチェンジ・セラピスト

スーパービジョントレーニングに参加してきました①の続きです。

 

前回改めて

”在り方”の大切さを

実感したことをお伝えしました。

 

何故なのか。

 

それは

心理セラピーは

心の深い部分を扱います。

 

とても繊細な部分なので

丁寧に取り扱っていく

必要があります。

 

特にビリーフチェンジは

 

●結果が出る

●戻らない

●変化が続く

 

という特徴があります。

 

パワフルなツールなんです。

 

だからこそ

余計に

扱う者の

”在り方”が問われる訳です。

(セラピストが定期的にセッションを

受ける理由のひとつです)

 

今回

『声明に奉仕する』という

テーマであるが故だったのか

普段以上に

”在り方”をまざまざと

見させてもらえた感じがしました。

 

セッションを行う側の

みなさんには

 

根本に

確かに

 

自分の持つ全てのものを注ぎ込み

眼の前のクライエントに対し

チカラになりたいという想い

溢れていました。

 

それは

クライエントに伝わっていました。

 

だから

クライエント自身が

その本来の力を

取り戻して

変化の糧としていくのが

見えたんです。

 

”在り方”って

鞘のようなものかもしれません。

 

抜き身の刀は

只の凶器と成り得ますが

収める鞘があれば

必要なときに

その鋭さを存分に振るえます。

 

それが

何らかの形で

ぶれてしまったとき

知らぬ間に

傷つけることになる。

 

誰しもが

鞘を見失う

可能性を秘めている。

 

だからこそ

 

何度も

 

問いかけることが

必要なのでしょう。

 

自分はどうなのか、と。

 

ここに

書くと同時に

僕自身に

投げかけてます。

 

講師陣の先生方の

フィードバックも

本当に温かかったし

ビリーフチェンジ創始者:棚田先生

 

宮岡先生

 

拓洋先生

 

日程や行程等で悩みましたが

行って良かったなって思います。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。