2013-04-18 23:12:01

高級感と気品が漂う手漉き和紙の活版名刺

テーマ:和紙活版名刺

名刺の印象は、見た目と感触で決まります。

それが印象的であればあるほど、相手に覚えてもらえます。

その点、和紙の名刺は、洋紙の名刺には無い、高級感気品が備わっております。



職人の手仕事によって、一枚一枚丹念に漉かれて生み出された手漉き和紙。

和紙そのものの美しさが、見るものの目を魅了するのです。


あなたも伝統と気品のあふれる、かっこいい和紙の名刺で、ご自身のこだわりを表現されませんか?

手漉きの和紙名刺は、とても高級感があるので、名刺でご自身の品格を演出したい、経営者や店主の方などに特にオススメしております。

名刺に用いられる和紙は、島根県八雲町(しまねけんやくもちょう)にて古代より生産されている、出雲民藝紙(いずもみんげいし)という和紙を用いております。

人間国宝:安部榮四郎(あべえいしろう)が、研究に研究を重ねて確立させた和紙です。



名刺台紙は、雁皮紙(がんぴし)と三椏紙(みつまたし)の2種類の台紙をご用意しております。

雁皮紙(がんぴし)は別名「和紙の王」とも呼ばれ、人工栽培が不可能なことから大変希少性の高い紙です。

日本最高級の紙といってもよいでしょう。

安部榮四郎は、この雁皮紙(がんぴし)の製造技術保持者として、1963年に人間国宝に認定されました。

出雲民藝紙(いずもみんげいし)の代名詞といえる和紙が、この雁皮紙(がんぴし)なのです。

ぱりぱりとした地合、紙肌は表面が平滑で光沢があり、下のものが透けて見えるような透明感が特徴です。


雁皮紙(がんぴし) (無地)

また三椏紙(みつまたし)は、日本紙幣にも利用されている材料として知られ、やわらかくふんわりとした質感が特徴です。

三椏紙(みつまたし)については、本来の色である無地色に加え、ピンク・青・緑・黄の5種類の台紙をご用意いたしました。

そのときの場面によって、お好みの色をご指定いただけます。


三椏紙(みつまたし) (無地)


三椏紙(みつまたし) (ピンク)


三椏紙(みつまたし) (緑)


三椏紙(みつまたし) (黄色)


三椏紙(みつまたし) (青)

当店の名刺は、印刷にもこだわっております。

当店では、活版印刷(かっぱんいんさつ)という手法で、名刺を印刷します。



活版印刷は、合金でつくられる活字、もしくは、樹脂で作った凸版を、はんこのように紙面に押し付けて写し取る印刷手法です。





それぞれ、活字活版印刷(かつじかっぱんいんさつ)、凸版印刷(とっぱんいんさつ)と名づけられております。

活字組版印刷(かつじかっぱんいんさつ)は、書体や大きさに制限がありますが、和紙に現れる活字ならではの凹部が味わいがあっていいという方が多いです。


活字活版印刷(かつじかっぱんいんさつ)

凸版印刷(とっぱんいんさつ)は、活字組版印刷ほど凹部はくっきり現れませんが、データ入稿が可能なので、イラストなども版にすることができます。

もちろん、活字にない筆文字のような書体も、凸版なら制作可能です。


凸版印刷(とっぱんいんさつ)

活版で印刷できるのは、シンプルな文字やイラストに限られますが、表現力豊かな手漉きの和紙に、活版の印字が施されると、なんともいえない味わいと風情が演出されるんです。

この和紙と活版印刷のコラボレーションで、ご自身の印象がアップすること間違いなしです。


また、箔押しやプレスから押しといった、オプションサービスもご用意しておりますので、デザインに関しても、とことんこだわりをもって作っていただけますよ!

当店の和紙名刺サービスには、以下のような特徴があります。

・高級感と気品の漂う、手漉き和紙の名刺を作っていただくことができます。
・書体や文言の配置など、すべてお客様御自身でご指定できます!
・デザイナーによる詳細なヒアリング、複数回の原稿の修正により、納得がいくまでデザインを工夫できます!
・お持込みいただいたデータを用いた名刺も作成できます。
・箔押し(はくおし)、プレスから押しなどのオプションもご選択いただけます!
・同じデザインの場合は、2回目以降は特別価格にて、お作りいただけます。
・和心工房特製オリジナル名刺箱もお付けいたします!


和紙名刺は、以下のようなお客様に特にオススメしております。

・名刺に高級感とや品格を演出したい、経営者や自営業者の方
・医者や弁護士など士業の方
・和の趣を大切にされる和風のお店(お茶・小料理店)を経営されている店主の方
・ホステスなどの水商売をされている方
・会社の重役や役員の方
・名刺で信頼感を得たい方
・活版名刺を作りたい方
・最高級の紙で名刺を作りたい方 など



お申し込みからお名刺到着までの流れ

1. 商品をご選択の上、ご注文ください(クレジット、銀行振込、BitCashがご利用いただけます)。

2. 購入完了メッセージに添付されているURLをクリックし、名刺デザイン記入画面 に必要事項をご記載ください。

3. ご記入内容を確認の上、名刺作成の開始の旨をご連絡させていただきます。

4. 必要に応じ、デザインデータ(文字データ・ロゴデータ・箔押しデータ等)を送付ください。

5. 印刷会社より、名刺デザインの初案を提出させていただきます。

6. 初案をご確認のうえ、修正箇所を印刷会社にご連絡願います。

7. 名刺デザインについてご了解いただけましたら、印刷に要する期間をご連絡させていただきます。

8. 直ちに印刷を開始いたします。

9. 発送準備が整いましたら、発送通知メールを送付させていただきます。

10. お名刺お引渡し (発送から1~3日)




和紙名刺のお値段

お支払い方法は、クレッジトカード・銀行振り込み・BitCashの3通りとなっております。

基本印刷は文字、ロゴ、イラスト等の印刷がすべて含まれます。

基本印刷のほかに、箔押しやプレスから押しをご希望の方は、基本印刷+箔押し(もしくはプレスから押し)をご選択ください。

データ入稿をご希望の方は、別途デザインデータを送付願います。


活字組版印刷の活字は、楷書体(かいしょたい)のみを取り扱っております。

活字は以下のサイズを取り扱っております。

6号≒8pt
5号≒10.5pt

4号≒14pt
3号≒16pt
2号≒21pt

それ以外の書体や、イラストを含むような印刷は、すべて凸版印刷となります。

あらかじめご了承ください。


箔押しの色は、金・銀・赤・青・緑・ピンク・水色・レインボー・黒・朱の10色をご用意しております。

お好みの色をご指定ください。


商品は100枚と200枚のセットがございます。

下記の4種類の商品よりご選択の上、ご注文ください。

初回お申し込みの場合 (送料・消費税込み)


100枚 基本印刷 初回注文 ・・・ 18200円



100枚 基本印刷+箔押し(プレスから押し) 初回注文 ・・・ 24200円



200枚 基本印刷 初回注文  ・・・ 28300円



200枚 基本印刷+箔押し(プレスから押し) 初回注文 ・・・ 35300円




2回目以降ご注文(ただし初回と同じデザインをご希望)の方は、別途お見積もりさせていただきますので、こちらよりご連絡ください。


対応決済サービス




ご注文のキャンセルについて


ご注文のキャンセルは、デザイン工程、印刷工程いずれの段階でも承ります。

ただし、印刷工程に至った際のご返金は、基本的に受け付けておりませんのでご了承ください。

尚、キャンセルのご連絡は、弊社までメールもしくはFAXにより、ご連絡ください。



いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

和紙名刺の専門家:たかはま(人間国宝の和紙で名刺作ります)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

9 ■無題

読者登録いただきありがとうございます。
出雲の和紙を使っていらっしゃるということで、島根出身なので嬉しく、思わずコメントしてしまいました。

8 ■Re:無題

>歌のステージ奮闘記☆Kiraraさん
ピンクは女性に人気だよ~。素朴で力強いことから男性的な和紙って言われているんだけどね^^

7 ■無題

ピンクかわいいね☆
ピンクが似合う和紙って感じがする☆

6 ■Re:無題

>偉人の教えをビジネスに活かす@平山公威さん

こめんとありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします^^

5 ■無題

こんにちは^^
記事拝見させて頂きました。

和紙の名刺ってとても品があって素敵ですね!
今の名刺がなくなったらかんがえます^^

更新楽しみにしています。
ではまた覗きに参ります。

平山公威

4 ■Re:はじめまして

>翼羽さん

コメントありがとうございます。
ありがたいお言葉ありがとうございます。
ネットを通じてだと和紙の感触や肌触りを味わっていただけないのが残念です。
今後ともよろしくお願いいたします。

3 ■はじめまして

私は、和風のものが大好きです。
だから、和紙はとても興味がわきました!
しかも、印刷がとにかく好きで、(フェチ?)
活版印刷が合わさった和紙を考えるだけでも、めまいがしそうです(^∇^)
ぜひぜひ触れてみたいですね≧(´▽`)≦

2 ■Re:はじめまして

>中学英語も不安なあなたへ(瀬利善郎)さん
コメントありがとうございます。微力ながら出雲文化の橋渡しに貢献できればと思います。今後ともよろしくお願いいたします

1 ■はじめまして

島根県の安来市で18才まで生まれ育ちました。兄は出雲に住んでいます。故郷に誇りを持てる芸術に嬉しく感じました。

コメント投稿