2005年07月04日(月)

「マラソン」

テーマ:韓国映画  ま行

マラソン  見る側の予想を、いい意味で裏切って、最後まで「幸せな気分」で見せてくれる、

そんな作品ですね。「ラブストーリー 」・「フー・アー・ユー ? 」などでお馴染みのチョ・スンウが、終始体当たりの演技で、ひとりの人間を力強く演じた力作です。よかったですよ(^^)


 ただ普通に、「頑張って!」と、涙する感動映画ではなく、誰もが持ち得る、自分の理解できないものへの、剥き出しの感情や、それでも愛する人を必死で理解しようとする、周囲の人々の現実的な苦悩・葛藤も見事に描かれていて、作品として迫力がありましたね。


 内容的には、シンプルな構成ですが、それが最後まで焦点をぼかさずに、ひとつの「愛のかたち」を浮び上がらせて、見る側に投げかけ、引き込んでくれます。


  また役者がいいです(笑)。チョ・スンウは、表情を出さずに終始演技する、という難しい役を、そしてそれを補うように、激しく人間らしい表情を母親役のキム・ミスクが見せてくれました。このふたりの演技は見事でしたねー。大鐘賞映画祭で主演男優・主演女優賞候補にそれぞれノミネートされたのも、納得できますね(^^)


  話題作といわれている映画は、見る側の期待感もあって、評価は難しいかもしれませんが、実話を元にして作られた、素晴らしい役者達が見せてくれる、「幸せ」について考えさせられる瞬間を、感じてみては、いかがでしょうか。 見てない方は是非どうぞ。



タイトル: マラソン   評価:★★★★★



▼追記 この映画「マラソン」のセリフが、「最も記憶に残る韓国映画の名台詞は?」  という記事で紹介され  

      てますよ。よかったらこちらもどうぞ(^^)



「大鐘賞『マラソン』が最優秀作品賞などで、7部門受賞!」 2005・7・8 朝鮮日報


 韓国のアカデミー賞といわれる、大鐘(デジョン)映画祭で、「マラソン」が最優秀作品賞・主演男優賞など


 7部門を受賞しましたね。   いい映画でしたから、素直に嬉しいですね(^^)


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年05月23日(月)

「Mirror  鏡の中」

テーマ:韓国映画  ま行

 ユ・ジテはいいですねー。イケメン俳優陣と比較すると、そんなにかっこいいとは思いませんし、顔ももの凄い個性的!って訳でもないですけど、何かひとつひとつの演技が丁寧で、安心できますね。


 「オールド・ボーイ 」「春の日は過ぎゆく 」のユ・ジテが、人間が自分のトラウマと直面した際の苦悩を、「ホラー」という味付けの中で、上手に料理して見せた作品です。こういうジャンルの作品は、なかなか鑑賞後、すっきりしないのが多いですが、意外と最後まで見ると、「なるほどね。」と思えますよ。


 「ホラー」といってもそんなに怖くありませんから(笑)、映像をうまく使った、心理スリラー的な要素が見られますし、日常生活にかかせない生活用品(鏡)を題材にしている分、恐怖心を一層身近に感じられる程度ですね。


 暑くなるこれからの季節、ちょっとだけヒンヤリしたい時に、安心できる役者の演技で「ホラー・心理スリラー」が見られる作品です。最後まで気を抜かずに(笑)、見てない方は是非どうぞ。


タイトル: Mirror 鏡の中   評価:★★★☆☆
   
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。