2006年09月05日(火)

グエムル 漢江の怪物

テーマ:韓国映画  か行
スーパー3枚目役、ソン・ガンホら超ビックな共演者らがお届けする、いい意味で、全然怖くないSFパニック映画です。平凡な日常の風景に、突然怪物が現れたら・・? どうしても怪物ばかりに目が行きそうですが、あくまでも怪物に焦点を当てずに、描かれた泥臭い、そして美しい人間模様の、秀作ですよ(^^)いや~面白かったです。

主演は、何でもヒットしてしまうのが、欠点でもありますが(笑)、韓国映画界のミスターオトボケ!、ソン・ガンホ。

誰よりも愛する我が娘を救おうと、決して器用でない一生懸命さが、見てる側をも巻き込む演技で、魅了してくれますよ。さすがですね~(^^)ホントよかったです。


また共演者が凄い(笑)ごく普通のダメダメ家族(笑)をひっぱる、ダメおじいちゃん役にピョン・ヒボン。味のあると言ってしまうと、それで全て、言い表してますが、ホントにいい演技を見せてくれます。全て受け入れてくれる愛情が、そこにはありますねー。韓国映画のおじいちゃん役は、ピョン・ヒボンか、キム・インムンで決まりですね(笑)


そして、ダメ兄貴ソン・ガンホを貶しながらも、クールな役所を、少しボケを入れながら、家族感を上手く演技したのが、パク・ヘイル。強烈な共演者全体のバランスを、このパク・ヘイルがいる事で、上手くまとめているような印象でした。


しんがりは、ソン・ガンホの印象をも薄めてしまいそうな、強烈な女優、ペ・ドゥナ。私はペ・ドゥナ出演作はほとんど観ていますが、今回ほど、あまりしゃべるシーンが少ない映画は始めてです。

しかし!しゃべらなくても、かっこよく、これ程存在感のある演技も、実に見応えありましたよ~(^^)


他にも、さらわれた娘コ・アソンが、共演者の演技を邪魔しない(結構これだけの凄い共演者だと大変ですが)、落ち着いた演技を見せてくれます。監督は「殺人の追憶 」 ・「吠える犬は噛まない 」のポン・ジュノ監督。演出がホントよかった♪


怖~い、SF映画として見ると、イマイチかもしれませんが、肩に力が入らない、でも一生懸命さが痛いほど伝わってくる、日本映画には、中々出来ない家族愛を、韓国映画のエッセンスで上手く料理した作品です。オススメです。



「グエムル 漢江の怪物」   評価 ★★★★☆


グエムル

***** 追記 *******


約半年ぶりのレビューになりました。お無沙汰しております。

また更新していきますので、遊びに来てくださいね(^^)    wasewaseより。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

wasewaseさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。