2005年04月29日(金)

「ラブストーリー」 (原題「クラシック」)

テーマ:韓国映画  ら・わ行

 大ヒット作「猟奇的な彼女 」のクァク・ジェヨン監督がそのすぐ後に製作した作品ながら、あまり日本では大々的な宣伝がされていなかったのが不思議でした。地方ではあまり大きな映画館で上映が無かったです。誰の作品って事を除いて見ても、綺麗な映像と音楽、単なるラブストーリーには無い歴史的背景を感じさせる構成、これもまたよかったですねー。 

             

 大げさに言えば、戦争を知らない世代が「戦争」というものを、恋愛を邪魔するひとつの壁として、今の現代でもリアリティーを持って多少でも感じられる作品でしたね。まあ、多分作ったクァク・ジェヨン監督はそんな事考えてたかどうかは知りませんが(笑)。

 

 ヒロインのソン・イェジンは前回監督作「猟奇的な彼女 」と違って極めて日本的な女性を演じています。そこら辺が韓国映画らしくない作品で、今ひとつパッとしない印象になった原因かもしれません(興行的にという意味です)が、涙する展開への持って行き方は「どうだ!」と言わんばかりです。

 

 このソン・イェジンは次の作品「初恋死守決起大会」でコメディに挑戦してますが、やはり「演じる」というのは幅が広くないと出来ない事なんですねー、痛感しました(笑)。ちなみにこの「初恋死守決起大会」には「猟奇的な彼女 」の相手役チャ・テヒョンがまたも相手役で出てます。この頃は韓国映画界は役者がいない?って思ってました。

 

 この映画の邦画タイトルが「ラブストーリー 」なんですが、これは 頂けません。原作の「クラシック」方が遥かにわかり易いし、字幕も変わっていて残念でした。そのままだとわからない原題は直しても、無理に直されるのは、何か好きな子の名前を勝手にいじられるようで嫌でしたねー。

 

  内容的には障害を越えて恋愛するお話に非日常的要素が入って、意外と簡単なストーリーです。ただ作り方・構成力がよーく考えられていて、十分楽しめますよ。

 

 まだ見てない方は是非お勧めです。ソン・イェジンは今年(2005年)秋くらいに「私の頭の中の消しゴム」が公開予定です。レンタル作品では、ソン・イェジンと先日自殺してしまったイ・ウンジュとの共演「永遠の片想い 」が出てます(こちらもコメント予定です)。


タイトル: ラブストーリー     評価:★★★★★

2004年 春頃 鑑賞

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

wasewaseさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。