• 24 Jan
    • ライビュ 髑髏城の七人season月(下弦の月)※ネタバレあり

      劇団☆新感線の「髑髏城の七人season月」の下弦の月の方を見てきました!前回(風)はギリギリ東京にいたんだけど、今回は札幌なのでライブビューイングで。正直ライビュで見ることすごく抵抗があったんだよね…前ライビュ見たとき(別の作品)はあんまりだったので…しかし、宮野真守・鈴木拡樹・廣瀬智紀が出るとか!レアかよ!レアすぎかよ!!!というミーハー心に負けて見てきたよ笑前回のseason風とのテンションの差を是非感じでください→こちら札幌の大きな映画館の小さめな部屋で開催。どれくらいかというと、六本木ヒルズの映画館でやってたキンプラのハコくらい。それでもけっこうお客さんが入ってて、7〜8割は埋まってたので、なかなかなのでは。お客さんの会話聞いてると、声優フックで来てる人、舞台好き、などなど。まずね、鈴木拡樹やばい。存在感やばい。演技上手すぎ。確実に一番良かった。めちゃくちゃよかった。え???弱ペダの荒北さんですよね??刀剣乱舞の三日月宗近さんですよね??いやいやいやいや!!!!!もう!!いい意味で裏切られたよ!!!!最所誰かわからなかったよ!!!何その存在感!!!4時間通しての存在感やばすぎ!!!!「演技力」とかそういう言葉じゃ表せないよ!なに主役食ってんだよ!!!!さすがすぎですありがとうございます!!!そして廣瀬智紀。彼はホストちゃんとか男水!とかちょこちょこ見たりしてたけど、役柄はとにかくクールなカッコイイ感じが多いイメージだったんだよね。だから今回蘭兵衛なのは納得。で、なんとなく演技あんまりうまくないイメージがあって(いつもクールだから一辺倒な)だから大丈夫かななんて思ってたんだけどごめんなさい!!!!最高すぎました!!!!!!殺陣のキレも良いし、ドスの効いた迫力ある演技も、織田信長への心情や極楽大夫や無界の里への思い、こんなに表情豊かに、いや表情だけじゃないな、こんなに表現できるのかとびっくりした。season風の蘭兵衛よりめちゃくちゃ良かったと個人的には思ってます。特に、最期の撃たれるシーン。少し笑って死ぬんだけど、あの表情忘れらんない…くそ泣いたわ…廣瀬智紀最高かよ…!!!!!!最後の方とかもう最高すぎて叫び出したい気持ちを抑えるので精一杯でした!!!!!!!!!!!!極楽大夫もね、season風より今回の羽野晶紀がすごく良かった。色んな地獄を見てきて今の大夫がある、っていうのがすごく分かる。この人にも泣かされた〜〜めっちゃ良かった〜〜!!!!霧丸も良かった。season風までは女の子だったんだけど、私あのね何ていうか演技してる感満載の舞台の演技って嫌なのよ。風の時はそういうの感じたんだけど、今回の霧丸は最高〜〜!!!!とくに演じてた松岡広大が〜〜!!!かわいすぎて〜!!!!!!ぺろぺろしたいくらいかわいい!!!!!ありがとう!!!舞台上の華!!!!!くそかわいいかよー!!!!!マモはマモ感が強かった笑笑 キムタクみたいな。で、捨の助と天魔王が違う人だと、最後のシーンどう回収するんだろう?っていう疑問が残りますよね?そうですよね皆さん。髑髏城から逃げ出す〜家康に会うシーンまでね。そこはね、なんかちょっと無理矢理感ありました!!!!!!!それはねー残念。それまでのseasonでは「天魔王って…ええええ!?!?そりゃ追われちゃうよどうするの!?」みたいなのがありましたが、こちらの脚本はそこがちょっと弱くて、甲?を差し出すシーンの深みがもうちょっと欲しかったなぁなんて思いました。あとはちょいちょいミュージカル的なシーンがあって、それもわりと良かったなと。歌とダンスになることによって、結構テンポよく重くなりすぎず説明してくれた感があります。個人的にはかなりアリでした。いやーここまで書きましたけど、鈴木拡樹と廣瀬智紀の阿吽の呼吸感というかね、本当に最高だったな〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!やっぱりあれですか?舞台共演経験があるからですか??本当に息ぴったりというか、二人の空気感がすばらしいっていうか・・・・素晴らしいです!!!!!!!!!!!!!!!!!ライビュだからこそ細かい表情の動き、目線、までしっかり見られたんだと思うんだよね〜〜〜〜いやーライビュで全然いい。むしろ良い。最高。また明日もやってくれ〜〜〜〜〜〜!!!!!!

      NEW!

      テーマ:
  • 09 Jan
    • 【ライブ】HINAMATSURI

      HINAMATSURI(正式表記はこれだろうか…)に遠征しました。Nothing'sCarved In Stoneが好きなのと、去年見に行けず悔しい思いをした「Love Session」のメンバーに更にkenkenが加わってプレイすると聞きあとFULLARMORとYasei Collectiveもやるって書いててこれは見に行かなければならん!札幌から遠征じゃ〜〜〜〜〜!!!!!!!って思って航空券をポチりました。タイムテーブルは、ひなっちソロナッシングスヤセイフルアーマーセッションLITEテナーってかんじでした。歌アリは最初と最後だけで、真ん中の4つは全てインスト!(ヤセイはインストに入れていいのかな?笑)っていう硬派…というか、なんというか、音楽好きじゃないと楽しめないようなラインナップだなっていう。それもすごい。そして2000枚完売って!ひなっち一人登場し、ソロ曲『Depends』からスタート!これめっちゃかっこいいんだよ〜〜〜〜!!!!ベースだけでこんなにできる?って驚きと、ベースってこんなにかっこいいのか…!っていう驚き。驚きばっか笑で、2曲目やるのかなって思ったら、なんと、ナッシングスの『Gravity』が!え?Gravityをアレンジしてひなっちだけでやるの?とか一瞬混乱したらなんと下手からナッシングスメンバー登場〜〜〜!!会場のざわつき!演出に鳥肌!そうきたか〜〜〜〜!!!!!!生形さんが、ひなっちの後ろ通るときに肩をポンってしてて二人の関係性を垣間見たというか、どれだけひなっちのこと大事にしてるのか、今日という日を心から祝福しているように見えそこにもうグッとくるわけです。泣いたよね(ノーアルコール)で、過去3ヶ月、Gravityでライブ始まることなんて少ないのでいつもやってくれるお決まりの曲も入りつつもセトリが違うだけでこうも印象が違うのかと感動!!!で、7曲目に『Isolation』だったのね。私の調査によると、Isolationっていっつも最後だからさ、最後に何来るんだろう?って思ってたら、なんと、『November15th』!!!どえーっ!!!!!!やばいやばいやばい!絶対聞けることないと思ってたから超ウレシイんですけど!!!!ていうか11/15にやるLive on November15th行けなくて超悲しかったから遠征して2018年一発目のライブで聞けるっていうことがまじでほんとに嬉しくて!!!!本当に嬉しかったみたいで泣きながら聞いてました。(しつこいですが、ノーアルコールです)ヤバイ!かっこいい!嬉しい!涙!ヤバイ!かっこいい!みたいな繰り返し。いやもう忙しい忙しい。笑そんな感じでナッシングス終わりまして、ハケるときにメンバーがひなっちとハグしててそれ見て感動してまた泣いた。ナッシングス最高だったな〜〜〜〜端折ったけど他の曲も最高だったで。ひなっちと大喜多さんが目を合わせながらプレイしてるところとか〜新曲の生形さんのギターソロとか〜聞いた瞬間に引き込まれるたっきゅんの魅力的な歌声とか〜もうとにかく汗だくです。そんでさ〜〜〜〜この感動は絶対に書き留めなきゃいけないと思ったんだけど!セッションが!素晴らしかった!!お客さんみんな言ってた!!!メンバーも豪華だったが、それがすごいんじゃないのよ!それもすごいんだけど。私初めてセッションというものを見たんだけど、こんな感じなんだね。演奏している側の楽しそうな顔が忘れられない!お前こう来る?おれこうする!みたいな、喋ってるみたいなやり取り。音でコミュニケーションとってるみたいな、新しい言語みたいな。遊びっていうと、ちょっと違うんだけど、とにかくセッションって、音楽を心から自由に楽しむってことなんだな〜〜って思った!それを見ている観客側も、とにかく楽しくて楽しくて、みんなほんとに自由に音楽を楽しんでた!感動だよ〜〜〜〜〜〜〜こんな楽しさあるんだ!っていう。しかもいま奏でられてるこの曲が即興で作り上げられてるんだってのが本当に信じられないよね〜〜〜〜いや〜〜〜〜あれめっちゃよかった。最後に「このメンバーでまたライブやります!」って言ってて絶対行くことを決めたよね。ブログ書くの疲れてきたから割愛するけどHINAMATSUIRIはひなっちへの愛が溢れたフェスだった!ナッシングスとテナーって全然ジャンル違う(と個人的には思っているんだ)けどどちらにとっても必要不可欠な存在であるひなっちなのがすごいなって思ってたのだけどそれだけじゃなくて、なんていうのか、こんなにも愛されて尊敬されてるのってやっぱりすごいんだろうね〜〜〜〜細かいことは知らんけど。たしかにベースがひなっちの体の一部に見えてくるよね。なんかすごく行ってよかった。めっちゃ温かい気持ちになった。書けなかったけど、ヤセイもフルアマも超良かったです。LITE聞けなかったのが残念(疲れ切ってた)。聞きたかったんだよ…でも腰が砕けるほど立ちっぱなしなったんや…!テナーもすごく良くて、衝動的にプレイリスト作ってしまった。聞いてね

      13
      テーマ:
  • 05 Jan
    • 私は案外オタク気質なのかもしれない。

      もうすぐ、Nothing's Carved In Stone(以下ナッシングス)のライブを見に東京に行きます。9月の中津川以来なので、もう本当に久しぶりで嬉しくて嬉しくて…!!!嬉しさのあまり、ライブのセトリ予想を始めました。まず、過去3ヶ月程(12回)のライブのセトリを洗い出しました。これは私の行っていないものが含まれており、セトリサイトを漁っただけなので間違いも含まれるでしょう。それでもいいのです、傾向を知りたいだけなので。こうなりました。※スペルとか間違えてるかもですが気にしないでください自己満ですそこから、頻出度の高い順に、曲を並べ替えました。こうなりました。この2つのことから、以下のことが言えるなと思いました。①Sprit InspirationとOut of Controlは離しがち(同じ系統の盛り上がり系)②Like a Shooting Starは、Sprit Inspirationの前後で歌いがち(追い盛り上げ)③一体感のあるIsolationは最後に持ってきていい感じにしがち④しっとりMythologyの後にはMilestoneきがち(追いエモ)⑤Milestoneでエモくなった後はIn Futureで盛り上げがち⑥November 15thは、最後の方に歌いがちだが、最後ではない⑦The Poison Bloomは3~4曲目に入れがち⑧Shimmer Songはトリまたはトリ前のエモい感じに入れがち⑨Red Lightを入れるなら、Milestoneの前に入れがち(明るめと切なめで対比?)⑩In Futureの歌う頻度が12月になってから減った⑪ドラムが見せ場の曲が、11月まではYOUTH Cityだったが、12月からは白昼に…?⑫Shimmer SongとBrotherhoodは9~11月結構やったな~って感じあるから12月は避けていた?※スペル間違えあるかもですが雰囲気でということはですね、だいたい想像がつくわけです。そして、HINAMATSURIでのタイムテーブルを見ると、ひなっちソロの直後、バンドとしては一発目!ってことは、全力で盛り上げてくるよねってことで、1曲目はSpirit Inspirationでしょう。過去の傾向から、2曲目はLike a Shooting Starですね。そうなると、Out of Controlはセトリに入れない選択肢はないと思うので、この2曲から話した位置に置くので、7曲目。そして、8曲目はIsolation。これは確実ですね。最近の傾向からは、3曲くらい盛り上がったあとに、「それじゃあ新曲です。聞いてください、Mythology」という流れで4曲目にMythologyが来がち。ということで、ここまではおそらく決まりでしょう。1曲目Spirit Inspiration2曲目Like a Shooting Star3曲目4曲目Mythology5曲目6曲目7曲目Out of Control8曲目Isolationここからが難しいわけですね。頻出頻度的には、MilestoneかIn Futureです。最近では交互に歌われています。12月最後のライブでは、Milestoneが歌われていたので、かつ、2018年最初のライブなので、きっとIn Futureを歌うはず。In Futureを歌うのだとしたら、傾向的にMythologyの後です。直後に歌うことが多かったのですが、だがなんか今回は、何かを挟む気がする。In Futureから、Out of Control、Isolationでつながる方が盛り上がりまくるし盛り上がって終わると、次のバンドに繋げられるから、6曲目にIn Futureを持ってくるのでは。1曲目Spirit Inspiration2曲目Like a Shooting Star3曲目4曲目Mythology5曲目6曲目In Future7曲目Out of Control8曲目Isolation残るは2曲…う〜〜〜〜〜ん難しい!!!HINAMATSURIだからベースが印象的な曲がくるんじゃないかな〜〜〜と思ったが、全部かっこいいんだよね。なので、過去3ヶ月には歌ってないんだけど、私はGravityを…!歌うかな〜〜〜歌わないかな〜〜〜〜歌ってほしいな〜〜〜っていう願望も込めて。これは、Mythologyで新曲歌って、ちょっとしたMC挟んで、歌うイメージ。で、この流れだと、結構マイナーコードというのか分からんけどちょっとクール目が多いので、少し明るめでノリの良い曲がくるのでは?Red LightかYOUTH CityかBrotherhoodかな〜〜と思うわけ。Red Lightは12月最後のライブで歌ったので、選択肢から外す。YOUTH Cityは12月は1回も歌ってないんだよね…ん〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜悩むけど…最近個人的に生歌で聞けてないBrotherhoodかな!歌ってほしいという気持ちも込めつつ!ということで、HINAMATSURIでのナッシングスのセトリ予想は、こちら!1曲目Spirit Inspiration2曲目Like a Shooting Star3曲目Brotherhood4曲目Mythology5曲目Gravity6曲目In Future7曲目Out of Control8曲目Isolationで、ここまで傾向を出してそれを見ながら死ぬほど悩んだんだけど私キモいな。てかすごいキモい。何やってるんだろう。誰にも頼まれてないのにどうして当日のセトリ予想してるんだろう。せっかく今日は買った本を読もうと思って早くお風呂上がったのに。でも考えるの死ぬほど楽しいかった。すごく楽しかった。MVとか見まくって、ライブ映像とか見まくって、この流れだったらたっきゅんギター持ったり置いたり大変かもとか考えて。誰にも頼まれてないのに!!!!!私って案外オタク気質なのかもしれないと思った2018年の幕開け。

      6
      テーマ:
  • 03 Jan
    • みんな一緒に楽しく生きるって難しいんだね

      大学のときにとっていた社会学という授業で初めて耳にした「LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーの頭文字)」という言葉。最近は社会でも浸透してきていて時代はより、個性を認める流れになってきたなとSNSのタイムラインを眺めているだけでそう思います。今は、LGBTに当てはまらない人たちのことも含めて、LGBTQとも言うそうな。色んな人たちを認め合う、いい流れなのかなと思います。私は異性愛者(ヘテロセクシュアルのこと)なのですが、私の周りには、LとGとBの人たちが結構います。Tはテレビで見たことあるだけで、まだ会ったことがありません。私は自分とは違う指向の人と出会うことが多くありました。Job Rainbowという素晴らしい会社のCEOをやっている彼も私の後輩(って言っていいのかな)です。そんな彼が言っていたのは、インターン先での出来事。ーーーー例えば社員の方に「星君、彼女いないの?」とか聞かれて、「いないです」って言うと、「え、じゃあ最近別れたの?」ってなって。「今までいたことないです」って言うと、「え、もしかして同性愛者か…?」みたいになって。ーーーーhttp://todai-umeet.com/article/27598/から引用これ読んでて思ったんだけど、あれ?これ、私なんじゃないか?って思ってきて。私は聞いたとしても、そんな深い意図があって聞いているわけでもなく何気なく質問しているだけなんだけど彼にとっては、とても答えにくい投げかけだったんだと。この記事を読んで、すごく反省しました。で、こんなことは実は最近もあって。異性愛者が私ともう一人、同性愛者が数人いて、会話内で「ノンケ」という言葉が出てきて。私じゃない方の異性愛者に「ノンケってなに?」と聞かれたので説明しなきゃ!と思ってとっさに口から出てきた言葉が「普通の…」という言葉…。言った瞬間、しまった、最悪な言葉のチョイスだ、と思ったよね。普通って誰にとっての普通なのか。「異性愛者のことだよ」とか、ユーモラスに言うなら「オカマじゃないのにオカマバーにいく女性のこと」とか何かしら説明方法あっただろ!!!!!!!!と振り返れば思うのですが、普段から考えてないと出てこないよね、、、。後々、その場にいた同性愛者の人に謝罪しました。あああ〜〜〜〜〜〜私は、女性らしくとかそういう言葉は好きじゃなくて、ジェンダーに関して、一時期ものすごく敏感になっていたのに他人に対しては、「自分の当たり前」「自分がどうか」っていう基準で物事を考えてしまってどうしてこうも不快にさせる言葉を言ってしまうんだろうと大きく反省したのでした。たとえば、「彼氏・彼女」っていう性別を限定するような言い方じゃなくて、「恋人」とか「パートナー」っていう言い方だったらきっと良かったんだと思うし「私以外の人たちの当たり前は何か」って考えながらちゃんとお話できるようになりたいなって思いました。LGBTQであってもそうじゃなくても一緒に楽しく生きたいな〜〜

      2
      テーマ:
  • 31 Dec
    • 2017年振り返り

      今年1年とっても目まぐるしく過ぎていきました。命をかけてと言っても過言ではないほど頑張っていたプロジェクトからの異動、病気の発覚(実はね)舞台、特に2.5次元、いや特に黒羽麻璃央さまにハマり初めての事業責任者&メディアのリリース登山部で山登りし富士山も登頂し婚約、そして婚約破棄退職して住処を札幌に移してフリーランスやって、免許とって年明けからの就職が決まってなんだか生きてきた中で一番激動って感じな1年でした。一番の大きな変化は、会社を辞めたことによって、今までの価値観が大きく変わったことです。生き方の多様さに寛大になれた気がします。『フリーランスをやってみて変わったところ』このブログは、我ながらよく書けました。自画自賛です。環境の変化も大きかったです。都心から地方に来てみて思ったこともあります。『地方で気づいた働く女性の環境と介護のはなし』これも割りと反響がありました。さて2017年のはじめに立てた目標。なんだか小さいのが大きいけど、屋久島の縄文杉以外はちゃんとクリアできました!最後の免許が、とにかく焦りましたが…笑ーーーーーーーーーー・屋久島で縄文杉を拝む →未達成。2018年以降に持ち越し・富士山に登る →達成!フォトブログとレポートブログはこちら。・ダンスレッスンに行く(体験でもOK) →すぐに声かけてもらって行ってきた!ハードル高すぎぃ〜・テニミュを見る →テニミュはもちろんだがいろんなのたくさん見れた!最高!!!・FreeCycleにいく →行ったけど立地が悪くて入会はやめました。・車の免許をとる(2016年から引き続き…) →見事12/27に取得したよ〜〜〜〜〜やった〜〜〜〜〜・池田さんと会う(できればわたさんとキャンプ) →おうちづくりを手伝わせてもらいました!超楽しかった!・関東組で集まる →ディズニーまで行けてハッピー!・高校の同窓会を開く →3月に開いてもらった笑・周子さんに会いに行く →東京で最後会ってもらった!ーーーーーーーーーー「やりたい」と思ったことは、ちゃんと実行しようと思って年始に宣言して1年かけてやりきるのを始めてから3回目の年末。達成率は、90%くらい…まぁ良いほうかな?11年住んだ東京を去るときに、会いたい人たちに片っ端から時間つくってもらって会いにいったりしたことや、人生の大きな決断を話したときに「良いと思う」「おかひじきらしいと思う」と口を揃えて応援してくれた中学からの友人たち、離れてもちょこちょこ連絡とりあえる大学時代の友人たち、フリーランスになった私に仕事をくれる知り合いの起業家たち、札幌に帰ってきてからたくさんお世話してくれた友人たち、会社を辞めたにも関わらず良くしてくれる前職の同僚や、取引先の皆様など改めて、私、本当にいろんな人に助けられて支えられてきたんだなと思った1年でした。本当にラッキー、本当に幸せ者。私、人付き合い下手だし、マイペースだし、常識はずれなところがあって(直したいんだけど、ちょっとずつ良くなってるとは思うんだけど…直らない)自分でももどかしいなと思うんだけど大切な人を大切にできるような人になりたいなぁと思いました。2018年の目標は、また明日。2017年も、みなさま大変お世話になりました。良いお年をお迎えください!ーおまけーーーーーーーーーこちらは、Instagramを研究するために始めた私のアカウント。札幌で見つけたキレイなもの・美味しいものを記録していってますが2ヶ月で62ポスト、107フォロワー、1704いいね。この数字、どうなんだろう…。どんなハッシュタグが流入いいのか、どんな画像や時間帯が伸びるのか、知見が貯まるいいきっかけとなりました。お店やお酒や食べ物の投稿は、私が美味しい!と思ったものしか投稿しませんし、イマイチだったなと思ったらその旨もちゃんと書いてますので私と食の好みが似てる方だったら絶対に損はしないと思います!それくらいちゃんと投稿してます笑札幌観光に来られる方、食事のお店に困ったら連絡ください。フォローはこちらからどうぞ。 OKPさん(@sapporodiary)がシェアした投稿 - 12月 13, 2017 at 3:55午前 PST

      8
      テーマ:
  • 29 Dec
    • 2017年振り返り〜音楽たくさん聞きました〜

      誰得ブログは続きます。札幌に帰ってきてからは、本屋まで歩いて30分という過酷な環境に家があったので家で仕事しながら音楽をたくさん聞きました。今まで好きだった邦楽ロックだけじゃなくて、最近流行っているようなナウい系のポップス(って言うの?)とか洋楽も聞くようになりました。たくさんAWAでプレイリストも作ったし、ラジオも聞くようになったりね。東京にいたときも、音楽に助けられることって多々あって札幌に帰ってきてからもそれはあって多くの素敵なアーティストや、素敵な歌に出会えてよかったな〜って。相変わらず、詳しくないけど音楽は好きです。で、ラジオ聞いてたらね、「2017年の3曲を選ぶ」ってやつを、どこの番組でもやってるのね。で、私もやりたくなったからやります。AWAのリンクを貼るのでぜひ聞いてください。ほんと誰得だろう笑3位向井太一まじセンスフルだわ〜って思って聞いてたんだけど、そのうちMop pf Head の方にハマっちゃって。インストゥルメンタルもすごく良くて、なんかちょっとThe Chemical Brothersを思い出すよ!2位これまた向井太一かっこいいな〜と思って、聞いてた曲のレコメンドで出てきた曲なんだけど、すっごくかっこよくないか!?と思って笑イマドキの曲だなって思うんだけど、エモい感じが超好みでまじでたくさん聞いたな。1位やっぱり聞いた回数歌った回数だったらダントツかな〜〜札幌に帰ってから、フリーランスになって、心細くなった日は必ず口ずさんだ曲。サビの歌詞に、すごく励まされました。ちなみに、私が今年作ったプレイリストの中で一番Favoriteされたものはこちらです。やっぱり向井太一効果だろうな〜と思うけど笑聞いてたら、踊りたくなるような曲を集めました。今年はホント音楽に助けられたな〜〜〜ハナレグミ以来だな!それくらい結構たいへんだったのかもな!(特に後半)うけ来年はもっとたくさんライブに行こう。札幌は(東京に比べて)ライブが安いので、行かなきゃソンソン。

      6
      テーマ:
  • 28 Dec
    • 2017年振り返り〜チケットたくさん買いました〜

      今年は今まで生きてきた中で一番チケットを買いました。演劇、ミュージカル、イベント、映画、フェス、ライブ。たくさん見たので、2017年を振り返ろうと思います。で、整理してて思ったんだけど、「あれ〜〜?舞台も映画も、もっと見た気がするんだけどなぁ…」って思ったんだけど、わかった。同じの何回も見てた。笑熱海殺人事件は4回見たし、キンプラも6回見たし、キンプラ見てからキンプリをDVDで、レインボーライブは1話から最期までたぶん2回ずつ見てたからそこに時間割いてたっぽいな〜そりゃ、演目にしたら少なくなるよなって思った笑同じ映画6回見ておいてあれなんだが、映画よりも、ナマモノが面白いって思った1年でした。同じ演目でも見るたび違うのが面白いってことを知ったし、演出家によってかなり違うものになるんだなって思ったし、私が演出家だったらぐふふふふふ…って日々思ってたわ。札幌帰ってきてからは2.5次元は見れなくなっちゃったから、札幌で公演してくれるアーティストのライブ見に行ってたけどそれはそれでホント楽しかったな〜〜〜今まで見てきたアーティストやバンドなのに、改めてライブで心掴まれて号泣して良さを再度噛みしめる…みたいな。2016年から引き続き、いろんなコンテンツに触れた1年でした。■演劇&ミュージカル舞台「私のホストちゃん REBORN」熱海殺人事件 NEW GENERATIONミュージカル「さよならソルシエ」ぼくらが非情の大河をくだる時~新宿薔薇戦争~ミュージカル「スタミュ」SINGIN' IN THE RAIN 雨に唄えば歌舞伎(傾城反魂香、桂川連理柵、三代猿之助四十八撰の内 奴道成寺)舞台「里見八犬伝」舞台「男水!」舞台「ALL OUT!!オールアウト THE STAGE」舞台「黒子のバスケ」舞台『東京喰種トーキョーグール』〜或いは、超越的美食学を ...ミュージカル『テニスの王子様』青学vs六角舞台「夢王国と眠れる100人の王子様 ~Prince Theater~」超!脱獄歌劇「ナンバカ」髑髏城の七人 Season風数少ない中でランキングを付けるとしたら…1位熱海殺人事件(理由:まりおを筆頭に全員良くて泣けた)2位黒子のバスケ(理由:まりおの演技に泣けた&目が合った)3位雨に唄えば(理由:本場のミュージカルすげ〜まじ雨降ってきた!!)って感じですね。雨に唄えばも、私のまりおへの気持ちには勝てませんでした。それくらいまりおが美しかった。まぁでもえこさんに比べたら載せるの恥ずかしいレベルだな。■イベントRejet Fes.2017 CHANGE黒羽麻璃央DVD「STRAIGHT STORY 」発売記念イベント■映画沈黙-サイレンス-ラ・ラ・ランド名探偵コナン から紅の恋歌KING OF PRISM -PRIDE the HERO-君の名は。ゴッホ〜最期の手紙〜探偵はBARにいる31位キンプラ(理由:理由なんてない。ただただ素晴らしかった)2位コナン(理由:幼馴染サイコー!!!!)3位探偵はBARにいる3(理由:美しい顔した北川景子の汚い言葉使いがそそられた)まぁ全然映画は見なかったのでランキングつける意味ないけども笑■フェスARABAKI ROCK FEST.17Rising Sun Rock Festival 2017 in Ezo中津川 The Solar Budokan 2017■ライブ海の上のプールサイド@三軒茶屋HEAVEN'S DOORPyramid ACT ~Hand In Hand~サンボマスター 今年は何かとはっちゃけたい!〜2017全国ツアー〜ハナレグミワンマンツアー『SHINJITERU』宮内優里 演奏会「Concert」 at OYOYOLeyona acoustic tour 2017 "Coming Home"国民の叔母 清水ミチコのひとりジャンボリー RETURNSライブはね、全部良かった。どれか一つ選べと言われても甲乙つけがたい。そんなこんなで、2017年楽しかったです。あとは、ラジオみたいに、2017年のベスト曲を3つ選ぶという誰得なブログでも書こうと思います。お楽しみ〜チャオ

      1
      テーマ:
  • 11 Dec
    • 地方で気づいた働く女性の環境と介護のはなし

      私の祖母は要介護認定されてて、要介護1です。脳梗塞が原因で体を自由に動かせないのと、少し、物忘れが激しいです。アルツハイマー型認知症、ですね。祖母の初孫である私は、祖母から溺愛されてます。それは今でも変わっていません。でも、認知症の調子が良いときと、悪い時があって、悪いときは、私でも太刀打ちできません。同じことを何度も聞かれたり、同じような状況で何度も同じことを言ったりします。アルツハイマー型認知症は「経験すら記憶できていない」らしいのでその度、私は毎度同じリアクションをとります。「さっき言ったでしょ」なんて言うのは良くないみたい。同じことを言われるたびに「きっと祖母にとっては新鮮な経験なんだ」と思ってリアクションをとります。たまに、また言うのかと思って疲れることもありますが「また言わなきゃいけないの!?」と怒ったら負けです。「ボケたくない」という思いが強いのか、よく話を合わせてきます。過去こんなことをやったとか、経験を伝えてくることもあるしすぐに人の話に乗っかることもあります。過去こんなことやった話は、話が進むと全く正反対のことを言うこともあって正直、どれが本当の祖母だかわからなくなります。その時、その時が、きっと本当の祖母なんだけど、それでも適当なことを言われてるのかなと思うと悲しくなります。だけど、悲しく思っては負けです。「そうなんだ〜!」という驚嘆するリアクションを毎回とるのが重要です。どんどん、祖母の話の辻褄が、合わないことが多くなってきてこうやって話していることも忘れていってしまうのかなと思うとどうしようもなく悲しくなります。祖母の話を聞いて、「うーんこれは本当かな?」と疑ってしまう自分も悲しいです。死ぬときまで、私のことを忘れずにいてほしいと思うのは、私のエゴなのでしょうか。そんなことを、祖母を見ながら思います。東京のど真ん中では、「保育園落ちた、日本死ね」事件(!?)があってから働く女性の子育て環境について注目がありますよね。でも地方では、それよりも、働く女性の介護問題の方が重いのではないのかな、と思います。地方ではそんなに保育園の倍率すごくないもんね。介護をしている母を見ていると、やっぱりしんどそう。要介護1でも、しんどそう。食事のたびに薬を持っていく、祖母のお金の管理、お風呂の準備、その後の髪を乾かしてあげるとか、病院の送り迎えも。できるだけ母の負担を減らしてあげたいなと思って、出来ること(家事手伝いとか)ちょこちょこやったりするけど、私も仕事があるから、限界もある。専業主婦(といってもパートで働いている)でさえこれだけ大変なのだから会社に勤めながらの介護は正直イメージが湧きません。子育ても、とても大変だと思うけど、先がある。子どもの成長が、きっと嬉しさになる(やったことないから想像)。介護は、できないことが増えていく。時間が経つにつれ大変になり、やがて死ぬ。うーん、暗い。笑やりたいことを、やる。仕事に打ち込む。そういう環境って、もしかしたら若い(20代とか)の特権だったのかもしれません。地方に行かないとわからないことって、たくさんあるんだな〜。

      11
      テーマ:
  • 07 Dec
  • 28 Nov
    • さすが任天堂、さすがどうぶつの森。

      ずっとどうぶつの森への憧れはあったものの、DSを買うのが嫌でやらずに生きてきましたが、ついにスマートフォンアプリになって登場!!したのではりきってやってみたわけですが、一言で言うと、「さすが任天堂さま…!!!!」です。前職で、3Dの頭身が低いモデルを用いたゲームを作ったことがあるので余計に素晴らしさがわかります。誰かに話したくて仕方がないのでとりあえず書きます笑まずキャラクター。可愛さと、服の複雑さと、動きのバリエーションを考えてギリギリのところを攻めた結果の頭身(2頭身くらいかな?)になっている。可愛さでいうと、頭が大きい方が可愛いんです。赤ちゃんも、ねんどろいども、頭が大きい。それがかわいい。ただ、頭が大きい=手足が短い=動きに制限がかかるんですよね。頭が大きすぎると、顔にめり込んでしまうので手をまっすぐ上に上げられません。また、人間の頭身からかなり離れているため、人間で出来ることがこのモデルではできない、ということが非常に多いです。  たとえば、体の前で腕をクロスさせる、とか。  腕の長さが足りないので、重ねるくらいしかできないでしょう。  よくニコ動とかに上がっている、MMDで踊っている8頭身のキャラがいますよね。  その踊りを同じようにこのどうぶつの森のモデルにやらせようと思ったら、  頭身が違いすぎていろいろな箇所がめり込んだりしてしまうのです。  前職ではモーションキャプチャーでモーションを作っていましたが、  モーキャプの元は人間(7〜8頭身)→2〜3頭身に入れ込むと、  上記のようなことがよく起こりました。なので、モデルができる動きにとっても制限が出てしまうんですよね。そして、手足が短くあまりにもデフォルメしすぎてしまうと、洋服のバリエーションが出せない。おそらく、レベルが上がると自分で服を作れるようになるはずなのである程度の複雑さを残さねばならない。なので、可愛さと、服の複雑さと、動きのバリエーションを考えた結果のこの3Dモデルなんだろうな〜と思います。また、手も結構気になってまして、指がないドラえもんのような手になっていますがこれもまたよし。デフォルメ具合にプラスになっているし、ボーンも少なくて良いので一石二鳥なはずです。モーションも、指がないと成立しないようなものはなく、(カメラがアップになって、ピースするようなシーンがあるとか、そういうのがない)これは当たり前かもですが、私が初めて3Dに挑戦したときは知らなかったことなのでやはりノウハウがある会社は違うなと。キャラクターのバリエーションの出し方も、省エネだけどすごくいいなと思いました。話す内容(クエスト内容や、行動自体)は省エネ設計。みんなバーベキューしたがったり、貝をコレクションしたりしています。ファンシー、クールといった属性ごとのセリフもあるみたいですが、キャラ固有セリフは圧倒的に少なく、キャラ固有モーションはまだ見つけられていません。  補足ですが、3Dモデルのメリットの一つとして、  モーションやエフェクトを使いまわせることが挙げられます。  歩くモーションを一つ作って、キャラAとキャラBに対応させることが可能なので、  1つ使えるモーションを作れば、全キャラに対応させられます。  そのメリットを上手く駆使して、要領やモーション制作費を浮かすことを  制作側は考えなければなりません。しかし、なぜキャラの個性がしっかり出るのかと思ったら、ヒミツは「語尾」と「登場の効果音」に現れています。「おかぴーちゃんのキャンプ場、すてき!ダチョー!」ここでいう”ダチョー”が語尾ですがキャラごとに決められています。変な語尾なんだけど、あまり違和感がない。また、キャラに話しかけたときに流れる効果音がキャラらしさを非常に表しています。ゾウのエレフィンに話しかけると、太鼓のドンドコドンドコって流れるんだけどゾウだからやっぱりのしのし歩くイメージあるし、だけど女の子だから語尾が「ルン」になっていて、それだけで、エレフィンがどんな性格だか想像できてしまう。すごい。あとはゲーム性。これやっぱり女性向けかな?女性って、ギャンブルにハマる人は少なく、逆にハズレなしのおまけクジや、コツコツやって成果が必ず返ってくるものが好きなイメージがあります。つまり、確実にリターンがあるものが好きなのだと思っているのですが、どうぶつの森はしっかりとそういう設計になってるんですよね。たまに、カブトムシを捕まえようとしたら逃げちゃうんですけど基本的には何かをやろうとしたときに失敗しない。魚を釣るときや虫を捕まえるときに軽いタイミングゲームのようなゲーム性はありつつも普通に画面を見ていれば必ず成功するようなゲーム性。必ず糸を垂らせば釣れる魚。揺らせば落ちて拾える果物。その時ほしい魚が手に入らなくても、必ず数時間後のクエストで必要になる。すべてムダがない、何かをすれば何かに必ずつながり、それが非常にユーザーにわかりやすい。それが、「やれば返ってくるから、がんばろう」という気持ちにさせてくれます。素晴らしい。素晴らしいオブ素晴らしい。すごく語ったら疲れた…まぁこれはDSのどうぶつの森から変わらないことだと思うし何を今更言ってるんだコイツはって思われるかもだけど笑また続けて気がついたことがあったら書こう。札幌に来てから、こういうゲームの話をする人がいなくなって寂しいです。

      10
      テーマ:
  • 17 Nov
    • フリーランスをやってみて変わったところ

      札幌に帰ってきてからは、どこかの組織に属さず、フリーランスとして仕事を始めました。会社に行けば仕事があって、素晴らしい仲間がいて、大きな挑戦ができて大きな指針を立ててくれる上司もいて、助け合う同期もいて、組織に属するというのはこんなプレゼントをくれるのだと思いました。その反面、やっぱり会社に通勤する時間はムダだと思ったし会社に行かなくても仕事は出来ることも分かったし(もちろん職種によりますけど)拘束されないということは、とてつもなく自由で、自分で責任をとるということだと知りました。何かに拘束されない生活を送ると、びっくりするくらい思考がフリーダムになります。なんとなく、今まで優等生タイプだった私は、良い大学に行って、大きな会社に就職し、お金を稼ぎ、その会社に居続け、結婚をし、子どもを産み、育てながら仕事を続けるのが正しい道だと思っていたフシがあります。心のなかで、そういうものに大きく反発しつつも、それが正しいと思っていました。そうすべきだと思っていたから、それらを取り巻く実体のない何かと闘うんだと思っていたのかもしれません。そう、何かとずっと闘ってきたのです。だけれども、会社を辞め、住むところを変え、生活スタイルがガラリと変わったいま、闘うのもなんだか違うなって思ってきました。それって、本当に心の底から、いわゆるテンプレ的な生き方に固執しなくなったんだと思います。たとえば働き方も、フリーランスでもいいし、起業してもいいと思っている。起業するのが偉くて会社勤めは偉くないとか、そういうのじゃないと思う。またどこかの会社に勤めるのもいいと思う。それは何か(例えばジェンダーとか、女性の働き方とか…)と闘っているからではなく自分のワクワクを探すアンテナがピンと立った方に、全力で生きるのが今は一番かっこいいと思えるようになったからだと思う。仕事の考えは一例で、それ以外の「生き方」についてもかなり考え方が変わっています。いま、身の回りで起こっていることや経験したことを経て、変わっている最中。考え方のフリーダムさは、おそらく田舎で高齢者が多い札幌では受け入れ難い気もします。まだ自分の進路を決めきっていないけれど、今は変に焦らずに、新たに起こっている出来事からの化学反応をありのまま受け止めていきたいところです。

      15
      テーマ:
    • フリーランスという仕事。

      2
      テーマ:
  • 12 Nov
    • 札幌の暮らしは楽しいけれど、kitacaとsapicaに一言申したい。

      札幌に引越してきて1ヶ月が経ち、風景は思ったよりも田舎だけど、特に大きな不便もなく、自然がたくさんあって、やっぱり帰ってきてよかった〜と心の底から思います。1点を除いては。札幌はやっぱり車社会なので、JRや地下鉄は東京よりはるかに遅れています。まぁそれは仕方がないというか、東京が発達しすぎというか。でもね、でもね、やっぱり物申したいの。①kitacaは地下鉄に使えないし、sapicaはJRに使えないってやばくない!?JR北海道が発行しているKitacaは、JR北海道の一部しか使えません。全土じゃなくて一部。札幌市内にある地下鉄には使えません。逆に、sapicaはJRで使えないんですね。▼札幌ICカード協議会が発行しているsapicahttp://www.sapica.jp/▼JR北海道が発行しているKitacahttp://www.jrhokkaido.co.jp/kitaca/なので、地下鉄もJR使う人は、必然的に2枚使いになってしまうんです。え?????くっそ不便じゃね???????なぜパスケースに同じようなカードを2枚も入れなきゃいけないんだ。絶対にどちらかを選ぶぞ!と思って色々調べ始めると…②Kitacaオートチャージないのかよ!!!!!!suicaみたいなものだから、オートチャージあるだろうと思ったら、これが整備されてない。あのね、北海道の1駅の運賃って、東京都比べるとびっくりするくらい高いのです。新宿→新大久保まで1駅130円だと思うのですが、札幌→桑園まで170円。新宿→渋谷まで3駅150円だと思うのですが、札幌→新川の3駅で210円。広大な土地なので、運賃高いのはしょうがないって思ってるけどね同じ10000円チャージしても、消費が早いのはどっちだと思いますか?札幌です!!!なのでね、オートチャージが無いとめっちゃ不便なんですよ。③sapicaオートチャージあるけど申込みめんどくさすぎ〜〜〜!!!!そこで!オートチャージがあるsapicaを作ることにしました。元々、東京ではsuicaのオートチャージ使ってたので、そのノリで申し込めると思ったら、レベル違った。申し込み用ハガキを郵送して、更に窓口で身分証明書を提示しなければならなかった!!!うそでしょ!!!!!時間と手間かかる〜〜〜〜!!!!絶対申し込んでる人少ないよ〜〜〜フロー見直そうよ〜〜〜!!!!④さっそくsapicaをPASMOのように使おうと思ったら使えないコンビニ自販機多すぎ〜〜〜!!!どうやら、電子マネー決済できるコンビニはセイコーマートのみのよう(岡山調べ)仕方がなくKitacaで払おうと思ったらすぐチャージしなきゃいけない。しかも、セブンイレブンやローソンなど、セイコーマート以外のコンビニは多いです。セブンやローソンはKitaca使えるんですよね。電子マネーとしては、Kitacaはsuicaと大した変わらないので使用できる場面が多いです。ちなみにJRの駅に設置してある自販機はKitacaもsuicaも使えるけどsapicaは使えないし地下鉄の自販機はsapica使えるけどKitacaもsuicaも使えませんでした。⑤JRも地下鉄も行けるsuicaが最高だ!と思ったらオートチャージは仙台まで〜〜〜!!札幌も混ぜて〜〜〜〜〜〜〜〜〜^^ということで、結局私はsuicaとsapicaの2枚持ちを選択しました。※sapicaは使うたびにポイントが貯まるので、 札幌市内に住んで地下鉄乗るならお得なのです。ここは本当に不便だから解消してほしいな〜〜〜JR北海道さん、札幌ICカード協議会さん、ぜひとも協力してがんばってください!!!!!!!!!!!!!!!!

      6
      テーマ:
  • 11 Nov
    • ハナレグミ ツアーSHINJITERU

      ハナレグミのライブに行ってきました。24歳のときにハナレグミを知って、すごく好きになって、25歳のときはめちゃめちゃ助けてもらって(※1)、いつかハナレグミにこのときの感謝の気持ちを直接伝えたいと思ってるんだが前作も出て(※2)、すごく楽しみにしてた今回の『SHINJITERU』だったんだけどどんどん、どんどん、ハナレグミが洗練されていくというか。私は前作が出るまでに、いろんなことを見て聞いて感じて経験して住むとこも変わって仕事も変わって、っていう中でハナレグミもハナレグミで色々なことを思って、こういう曲にたどり着いてお互い進む道がちょっと違ったんだなって。そして私の嗜好はちょっと変わってしまったのかもしれないって、思って。すごくいいアルバムだなと思ったけど、前作『What are you looking for』のほどの感動はないって思っちゃって。だから今回、ライブ行くの、ホントはやめようと思ってたの。でも、友人からちょうどよく声かけてもらって、声かけてもらったからそれなら、と思って行ってきたよ。つい最近、サンボマスター&My hair is badを聞きに来たばかりのZeppSapporo。でも全然雰囲気が違って、ちょっとドキドキしちゃった。そう、ハナレグミのワンマンは2016年3月のNHKホール以来だったんだよね〜。中津川ソーラーでも見たけど、なんかワンマンってちょっと違って自分がハナレグミをどう受け止めるのかが心配だった。「やっぱり違う」ってなったら悲しいな、とか、思ってw1曲目、やはり新アルバムより『線画』から始まる!え、この曲から!?ってびっくりしたけど、久しぶりに聞いたハナレグミ、なんか、すごかったのよ。前回のワンマンのときは、生まれたてというか、いろんなアーティストの手を借りてようやく立ててる感じというか羽化したばかりでまだ羽が透明な感じがしたんだよね。『What are you looking for』以降ずっと『おあいこ』が中心になってる気がしてたし。でも今回は、なんていうか、全身から楽しさが伝わってくるっていうか、ハナレグミが生きてるって感じ。大きくてきれいな色の羽を手に入れたんだっていう。一人で手を離して、全力で音楽を楽しんでるって言う感じがして。『What are〜』から『SHINJITERU』までがつながってて、ようやくこれで大きな作品が完成したというか、ハナレグミの、長いスランプから脱した、スタートを切ったんだなって感じた。『SHINJITERU』の曲ってこんなに良かったっけ?って思ったし(アレンジがライブバージョンになってるものもたくさんあった)今のハナレグミが歌う『What are you looking for』以前の曲たちも『おあいこ』を歌わなかったのも、なんか嬉しかったし私的に数年ぶりの『光と影』も思わず息を呑んでしまったし、『レター』や『Wake Upしてください』『Spark』を歌ってくれたのも嬉しかった。今まで聞いた中で一番良かったんじゃないかくらい、新鮮に聞こえた。もうあれは別の曲な気がする。演出(照明)も、とっても良くって。ハナレグミの曲の良さを最高に引き出してくれてたと思う。特に弾き語りの『消磁器』のときの電球!あ〜〜〜〜〜〜〜ほんとに良かったよ〜〜〜〜〜!2時間があっという間過ぎて、え?????終わり????アンコール1時間くらいやるのかな???ってくらいの良さ。これでチケット4860円?安すぎない??1万円出しても足りないくらいの良さだよ!いやー本当にありがとうハナレグミ。これからもずっと応援してます。============※125歳くらいのとき、仕事が本当に辛くて辛くて毎朝ベッドの中で会社行きたくない、辛い、って泣いてたときがありましてそのときに一番聞いていたのがハナレグミでした。『光と影』『きのみ』『マドベーゼ』『心空』『そして僕は途方に暮れる』『家族の風景』あたり…ハナレグミを聞いて、ポロポロ涙流して、会社行くか…って出社してた。ハナレグミがなかったら多分会社は休職してたと思うwだから本当にハナレグミに助けてもらってた。※22011年のアルバム『オアシス』以降、震災があって、そこから長いことオリジナル曲が出なかった。カバーアルバムとかは出たんだけどさ、もちろんそれも買ったけど、なんか物足りないなって思ってて、2015年にようやく『What are you looking for』が出ました。本当に待ち望んだ新譜。野田洋次郎とか、池ちゃんとか、YO-KINGとか、色んな人の手を借りて、ようやくハナレグミが立ち上がったんだって思ってそれがめちゃめちゃ嬉しくて。これからも絶対応援しようって思ってた。============ SHINJITERU 3,240円 Amazon What are you looking for 3,240円 Amazon オアシス 3,394円 Amazon あいのわ 3,132円 Amazon hana-uta 2,571円 Amazon 帰ってから、歌いたくなってもいいようにと思ったのだ。 2,484円 Amazon 日々のあわ 2,484円 Amazon 音タイム 3,086円 Amazon

      2
      テーマ:
  • 19 Oct
  • 10 Oct
    • 移住5日目、近況報告

      神々しい富士山を横目に、東京から実家に帰ってきて数日が経ちました。▲飛行機から見えたよたまに、ふと、東京が恋しくなることもあるんだけれど、おおかた引っ越しの片づけは収束し、実家の生活リズムにも慣れてきました。▲急に東京が恋しくてエモくなった実家には私の部屋はなく、リビング隣の仏間に住まわせてもらっているのでとにかく生活音がすごい。笑みんなが起きてくる朝は、嫌でも8時には目が覚めます。朝ごはんを食べてから、掃除して洗濯して一息ついてから仕事モードに。祖母たちがいるときは昼食を作り、後片付けしたら用事を済ませ、夕食の手伝いをして夕食を済ましたら、家族が麻雀を始めるのでその間夕食の後片付けをしてお風呂に入ってそこからまた仕事。こっちに戻ってくる直前に、リモートでできるお仕事をいただいたのでちょこちょこやらせてもらってるのだけど集中するまとまった時間を確保するのは結構難しいことがわかりました。リモートって慣れるまで力の入れどころが難しいな。会社に行けば仕事があって、ちゃんとした環境があるのとは違ってこのタイミングしかない!!!ってときに、瞬発力を発揮してささっと片付けられるのが理想。ただ、相手の確認とかすり合わせが必要になってくるから、それを上手くやらないとダメなんだなぁと…。それに、自分の仕事の仕方も、反省の連続。う〜〜〜ん、難しい!これから、自動車学校に通いはじめるので、ますますそうなるのかな。今までの働きたかとは全く違った環境に、戸惑いはありつつも新しいことへチャレンジできていて、まだまだ緊張感、続いてるよ!でも、たくさん食べているから太りそう…気をつけよう。▲家事手伝いばかりやってたら気が滅入りそうだったので、 22年ぶりにピアノを引き始めました。メヌエットから笑そんな中、どうしても見たいバンドのライブがあって、年明けに東京遠征を決めました。笑東京行くの、はっや笑以上、近況報告でした。

      23
      1
      テーマ:
    • 舞台 髑髏城の七人season風

      札幌に帰る間に、どうしても見たかった舞台、「髑髏城の七人 season風」を見てきました!初めての360度ステージ…(豊洲遠かったな…笑)最初は、舞台が回っているのか自分が回っているのかわからなかったけど舞台転換のたびに風が吹くから多分自分が回ってるっぽくて慣れるまでに時間がかかりました笑だけど、そんなの気にならないくらいの圧倒的な演出!!!オープニングの霧に光当てた演出結構好きだった。うまいこと映像も使ってて、気がつけば自分が物語の中に入っているような…!殺陣のシーンでめちゃめちゃロックなBGMだったのが印象的。あと、松山ケンイチが、あれ!?いま松山ケンイチそっちじゃなかった!?みたいな…詳しく言うとネタバレになるから言えないけどえ!?え!?!?!?え!?!?!?!?!!!!!!!!!!っていう笑あと私、すぐ話のオチとか伏線とかに気づいちゃうタイプだったのですがまさかあの人があの役だったとは…みたいな…!!脚本にも一本とられました。休憩含めて3時間強?久しぶりに長めだなと思っていたけれど、そんな時間一切気にならないくらい、面白くて見ごたえのある舞台でした。13000円だして見る価値あり!あー東京いたらseason月も見たかったよう!!!!!!向井理も顔が小さくてびっくりしたけど演技がすごくよかったのはやっぱ松山ケンイチだな〜〜〜〜〜!!!!!迫真!!!!ありがたや〜〜〜!!!最後にいい思い出になりました!!!

      テーマ:
  • 09 Oct
    • 一人の空間が欲しいです。

      地元に戻ってきて、4日。とにかく思うのは、一人の空間(時間)がほしい!!!!!!!話しかけられないで作業に没頭できる空間がほしい。音楽聴きながらゴロゴロできる空間がほしい。ラジオ聞きながらゴロゴロできる空間がほしい。音楽聞いてたら、話しかけられる。仕事してたら、話しかけられる。そんな日々…まぁ私の部屋がそもそもリビングの隣の仏間っていうのもあるけどほんと、あれだな、人と住むのが向いてないんじゃないか笑いや笑い事じゃない。そして、音楽欲がふつふつと湧いてきて、衝動的に作ったプレイリスト。結構いい出来だと思うのです。片付けもぼちぼち落ち着いてきて、あと一息。週明けから、いろいろな手続を初めて、地元に根を張る準備。お金がどんどん減っていきます。もっと貯金すればよかったなぁ…

      3
      テーマ:
  • 26 Sep
    • 中津川 SOLAR BUDOKAN 2017 行ってきた〜

      中津川SOLAR BUDOKAN 2017に行ってきたよ〜23日の夜にどうしても行きたくなって突然決めた!だから24日だけ!しかもソロ参戦!なぜか写真は2013のを撮ってしまった…中津川、遠かった。笑品川から新幹線で名古屋へ(1時間半)名古屋からローカル線に乗って中津川駅まで(1時間半)そして更にバス!!!(バス自体は15分くらい乗ったらつきました)バスを降りたらすぐゲートでした!写真が微妙すぎるw会場に入って思ったのは「あ、意外と小さいな」ってことなのだけど、よくよく考えると、いつも行き慣れているのはライジングサンとアラバキというどう考えても土地が余ってる場所でやってるやつだからかとw(ライジングとアラバキは端から端までの移動で20〜30分かかる)そして整備された大きな公園で実施されているので砂埃もなく、いい感じにコンパクトで移動しやすく、きれいで、芝生が気持ちいい!という、非常に過ごしやすい会場でした!すぐ近くには山が見えて、とてもすがすがしい気持ち!こういう自然の中のフェスはいいよね〜〜〜!そして、「SOLAR BUDOKAN」という名前のとおり、ソーラーパネルがあちこちに!ランタンもソーラー!この2日間は、太陽から作った電気ですべて賄うというコンセプトらしい。そもそも中津川市自体が自然エネルギー発電に力入れてるみたいね。中津川市の日照時間が多いのかな?って思ったけど、特別そうではないらしいwステージは全部で5つあって、NEW ACOUSTIC CAMPくらいの大きさから、ARABAKIよりも若干小さい、みたいなくらいの規模。装飾が施されていて素敵でした!結構、アーティストとの距離が近いかも!あと、お店の種類がとっても多くて、食べ物もそこまで並んでおらずすごく楽しかったです!(私はずっと飲んでたのでほぼ食べなかった)全体的にすっごく良かったんだけど、唯一改善してほしいのがトイレ!子連れが多いフェスみたいだから、特にお願いしたいんだがトイレに列ができすぎてて、アーティスト我慢する人も結構いたみたい。仮設トイレも少しあったけど、アクティビティを減らしてでもトイレをもっと作って欲しい〜〜〜〜〜!って思いました!見たアーティストNakamura Emiを横目に見つつビールを買って微かに聞こえるcaravan聞きつつ腹ごしらえをし、UQiYOを見てからお酒を調達してNothing's Carved In Stoneへ!死ぬほど騒いでからお酒を調達して数年ぶりのハナレグミを拝んで最後は東北ライブハウス大作戦ステージでスターたちのコラボレーションを楽しんだよ!特にナッシングスは、直近2ライブが色んな理由で全然騒げなかったから全身で楽しみたい欲がたまりすぎて前の方陣取ってすっごーく楽しみましたよ!セトリも、途中で「村雨の中で」をやってくれてまじエモい!!!!!!!!!!エモい!!!!!!!!!!!!!って一人悶絶してました。笑手を振りすぎて翌日筋肉痛になりました!!!!!!いやーほんとに、フェスらしいフェスというか、フェスらしく楽しんだというか本当に心の底から楽しみまして!感謝感謝〜〜〜〜〜!!!!!行ってよかった〜〜〜〜!!!まとめ・中津川駅前のセブンが最後のコンビニ! バスのりばの近くにはコンビニがないので要注意。・会場はきれいで移動しやすいので重装備で行かなくて良さそう!・レジャーシートを広げられるスペースがあるので、 持っていくとラクかも〜・トイレが少ないので余裕を持った行動を…!・夜は涼しいので、上着はマスト・ビールはすべて黒ラベルだったので最高としか言いようがない

      8
      テーマ:
    • ウラバナシ

      テーマ:

プロフィール

おかひじき

誕生日:
1987年4月21日0時頃
自己紹介:
今日も元気に奮闘中。

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

月別

一覧を見る

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。