生死一如

テーマ:

   しょう じ いち にょ

 生死一如 について

  

  生 と 死 は、


  関係ないこと と 思いがちですが、そうではない、と  

                          

                お釈迦さま は教えておられます。


   仏教に、 『 生死一如 (しょうじ いちにょ) 』 


                      と いう言葉があります。


  生と死は、「一つの如し」。


  どんなに薄い紙でも必ず表と裏があるように、

    生きること と 死ぬことは、 表裏一体、

             隣り合わせである ということです。


  生と死は、

  台所とトイレの関係に例えられます。

                                 
“すかたん”の法話 ー親鸞聖人のお話ー


  台所は、食事する所。 皆が好みます。


  一方、トイレは、臭くて暗くて、誰もが嫌う所です。


  しかし、

      「トイレは嫌だから、うちには要らない」

                という家があるでしょうか。


  トイレがなければ、食べる時から不安です。


  例えば、バスで長距離移動する時、まず、心配するのはトイレです。

                            
  しばらくトイレは使えない となれば、
飲食を控えざるをえません。


  毎日、台所で心置きなく安心して食事ができるのは、

      いつも安心して使えるトイレがあるからでしょう。   

  キライ、イヤ だから と 「死」から目を背けるのは、

     トイレを準備せずに 台所のことばかり考えているのと同じです。


   お金が儲かれば、

   財産が増えれば、

   社会的地位や名誉を手に入れれば、

   家族や恋人に恵まれれば、

   立派なマイホームを建てれば・・・・・と 


  どうすれば明るく楽しく生きていけるか、

                     ばかりを考えています。


  それは、しかし、生を前提に求めるもので、

     ひとたび死が来れば根底から崩れ去ってしまいます。

   

  まことに死せんときは、

     かねて、たのみおきつる妻子も財宝も 

      我が身には ひとつも相添うことあるべからず。

        されば、死出の山路の末、三塗の大河をば

                 ただ一人こそ ゆきなんずれ

                          (蓮如上人)


  いよいよ死んでゆく時には、

   今まで、たよりにしてきたもの すべてが

     我が身から離れて、たった一人で死んでゆかねばなりません。 


         金、地位、名誉、財産、妻子、友人・・・・・  


  すべてのあかりは、死を前にすれば、消えてしまいます。    


  その恐ろしい死が、

  いつも生の向こう側に透けて見えています。

  生は常に死の影に脅かされています。

                   だから、不安なのです。

  たとえ.、死を見ないようにしても、不安は解消しません。

         ごまかしに過ぎないからです。


  死は、私たちの100パーセント確実な未来です。

    死をまじめに見つめ、不安の根本を解決してこそ、

             一息一息が真に輝く人生となるでしょう。



          

“すかたん”の法話 ー親鸞聖人のお話ー


   


なん し     ぐ ぜい      なん ど かい ど       たいせん

難思の弘誓は 難度海を度する大船

      む  げ    こう みょう      む みょう   やみ   は        え にち      

   無碍の光明は 無明の闇を破する慧日なり

                      

                      (教行信証)

  

     弥陀の誓願は、私たちの苦悩の根元である

     無明の闇を破り、苦しみの波の絶えない人生の海を

     明るく楽しく渡す大船である。

           この船に乗ることこそが、人生の目的だ。     

 

     親鸞聖人は、

      死んだらどうなるか、

         わからない心、 ハッキリしない心を

                  無明の闇 と教えておられます。


      親鸞聖人は、この後生暗い、無明の闇こそが、

           全人類の苦悩の根元である、と断言され

                その解決の道を説き続けられました。





AD

コメント(3)