石井一成 世界王者への道 KING OF MUAYTHAI

世界王者を目指しキックボクシングの練習に明け暮れる石井一成のオフィシャルファンサイトです

【メディア出演情報】

【CM出演】
2011・6~2012・5 スバルEXIGA 〝江口洋介さんの息子役として出演〟


【テレビ出演】
2009・08・12 KBC九州朝日 アサデス。九州・山口 〝天才キッズ大集合〟
2011・05・01 日本テレビ men` egg YOUTH ライブ出演
2011・05・10 日本テレビ スタードラフト会議 〝ポスト魔裟斗〟
2011・05・24 FBS福岡 めんたいワイド
2011・06・07 日本テレビ スタードラフト会議 〝博多の悪ガキ再登場〟
2011・07・19 日本テレビ スタードラフト会議 〝オールスター祭2時間スペシャル〟
2011・07・28 日本テレビ AKBINGO! 〝天才チビッコから学べ〟
2011・09・23 日本テレビ メレンゲの気持ち
2011・11・29 日本テレビ スタードラフト会議 〝最強スター21組勢揃い〟
2011・12・09 日本テレビ ZIP! 〝きてるね。〟


【本掲載】
2009・10月号(NO509) ボクシングマガジン
2010・08月号voi19 Fight&Life 〝キッズ!キッズ!キッズ!〟
2011・12月号voi27 Fight&Life 〝キッズ!キッズ!キッズ!〟
2012・06月号voi30 Fight&Life 〝ジュニアキックのトップ選手名鑑〟
2013・10月号voi38 Fight&Life 〝キッズ!キッズ!キッズ!〟
2014・06月号voi42 Fight&Life 〝ザ・ゴールデンエイジ〟
2014・06月号vol319 チャンプロード


【新聞掲載】
2011・06・13 九州スポーツ 16面 〝いま話題の新ネタ満載 9チャンネル〟
2014・01・21 西日本スポーツ 17面 〝エンタメ〟
2014・04・22 西日本スポーツ 18面 〝エンタメ〟


【試合情報】


2016年11月16日(水) 
タイ・プラナコンシーアユタヤ県セーナー郡特設会場
ペッティンディ興行 テレビマッチ3ch SD
〝スックヨードムエタイ ハイラックス レボ〟 TVマッチ第1試合 111ポンド契約
スーパーニュー・ソージョーベンスパーチン(タイ) vs 石井一成(東福岡高等学校3年在学)
2R TKO勝利
応援ありがとうございました。



テーマ:
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

スックヨードムエタイ ハイラックス レボ ペッティンディー興行 テレビマッチ3ch
2016年11月16日(水) タイ・プラナコンシーアユタヤ県 セーナー郡特設会場

写真・記事 早田寛 Hiroshi Soda

 

111ポンド契約 3分5R
○スーパーニュー・ソージョーベンスパーチンブリ(タイ)
×石井一成(東福岡高等学校3年在学)
2R TKO

東福岡高等学校3年の石井一成が、タイ・ペッティンディープロモーション主催のテレビマッチに出場した。 石井は9月30日、ランシットスタジアムのテレビマッチでKO勝利したことで、 同プロモーションが主催するtrue4Uのフライ級10位にランクイン。 石井一成が目標とするタイ王座へ順調に駒を進めている。

今回の対戦相手、スーパーニューは戦績80戦65勝、バンコクのメジャースタジアムでも20戦ほどの戦績がある。 ムエタイでの経験値はスーパーニューの方が上かもしれないが、ここでしっかりと勝ち立場を逆転したいところ。

初回、石井はスピードある右ローキックを放つ。このローキックは、まだ初回ということもあり、石井としてはダメージを与えるよりは相手との距離感を探るようなローキックだたのだろう。 だがこのローキックの食い込みが良く、石井は早速右ロー主体の距離感をつかんだ。ここにスーパーニューは左ミドルで応戦してくるが、このミドルキックも早かった。それも、膝でとっさにカットできないような高い位置に来ることから、なかなかの試合巧者ぶりが伺えた。

 

2ラウンドに入り、石井は距離を詰めてスーパーニューにプレッシャーを与えてゆく。石井はジャブからのローキックでコツコツとダメージを与えていき、石井のローキックが当たる距離という事はスーパーニューの素早い打撃を食らう距離だが、スーパーニューは石井のローキックを警戒しているのか、自分のミドルキックにつなげずにいた。石井はそんなスーパーニューの腹の内を見破ったのか、一瞬の隙にパンチとローのコンビネーションで仕掛けた。石井はジャブからの右ローを浴びせると、今度は左ボディーフックを2連射。スーパーニューもボディーへ来ることは想定外だったようで、一瞬慌てた表情を見せたかと思うと、次の石井の右ローを食らい、マットに崩れ落ちた。スーパーニューは足の筋が切れてしまったのか、その苦痛の表情がテレビで流された。
 

石井はこの試合も2R TKO勝ちで決めた。石井の攻撃は相手を一度射程内に入れると、相手が怯むまでとことん続く。このテンポの速い攻撃がタイ関係者にも受けが良い。 「日本の福岡からやってきた、一成が、またもやKO勝ち。これで4連続KO勝利となった!」 とテレビアナウンスも入り、ますます自身の認知度を高めた。

試合後の石井一成の声が届いている。 「今回の試合は練習してきたローキック、パンチ、首相撲の対応がそのまま試合に出せた事が結果に繋がったと思います!絶対に気持ちで負けないと心に決めてました!狙い通りKOが出来て良かったです!また12月にテレビマッチが決まりそうなので気を抜かず次の試合もKOを狙って勝ちに行きます!応援ありがとうございました!」

石井は年内に、もう一試合タイでテレビマッチに出場し、タイでの認知度をさらに高め、現在ランクインしているtrue4Uのフライ級の王座にさらに近づきたいところだ。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

石井一成、ペッティンディー主催のテレビマッチ出場:11.16 タイ

 

  東福岡高等学校3年生の石井一成は7月30日のオムノーイスタジアム、9月30日のランシットスタジアムと、それぞれのテレビマッチでKO勝ちを収め、タイでの認知度も出てきた。そして前回のランシットスタジアムでの対ニッノイ・シックルーフェオ戦で2RTKO勝利を収めたことにより、ランシットスタジアムtrue4Uのフライ級10位にランクインした。(記事・写真提供:早田寛 Hiroshi Soda)

  絶好調の石井が出場予定だった10月28日のtrue4U興行であるが、タイ・プミポン国王が死去されたことにより興行自体が自粛延期となった。自粛期間があけた11月16日(水)に、ペッティンディープロモーシン主催興行に出場が決定。興行はバンコクの東に隣接するチャチュンサーオ県で行われる。
  石井の相手は、10月28日に対戦予定であったスーパーニュー。この試合も、タイ3chでテレビ中継されるとあり、更に認知度を高め上位にランクインするために、良い試合内容で勝利したいところ。
  試合を控えた石井一成より、意気込みの声が届いている。

「10月28日の興行が流れましたが、同じ相手と試合が決まり気合いが入りました。前回の試合が終わって気を抜かず、すぐに練習を始めいて、いつでも準備万端だったので早く決まって嬉しいです。相手は強いと聞いていますが今回もKOを狙います!応援よろしくお願いします!」

 

2016年11月16日(水) タイ・チャチュンサーオ県 特設会場

ペッティンディ興行 テレビマッチ3ch SD (日本時間23:00~01:00放送)

〝スックヨードムエタイ ハイラックス レボ〟
TVマッチ第1試合 111ポンド契約

スーパーニュー・ソージョーベンスパーチン(タイ)

vs
石井一成(東福岡高等学校3年在学)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
トゥルーフォーユー(True4U)ムエマンスワンスック
2016年9月30日(金) タイ・バンコク・ランシットスタジアム

第1試合 111ポンド契約
○石井一成(エクシンディコンジムJAPAN)
×ニッノイ・シックルーフェオ(タイ)※ ネオナー・シッソンラムから変更
2R TKO

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

トゥルーフォー(True4U)ムエマンスワンスック
2016年9月30日(金) タイ・バンコク・ランシットスタジアム

記事提供:シンラパムエタイ・早田寛 Hiroshi Soda

 

第1試合 111ポンド契約
○石井一成(エクシンディコンジムJAPAN)
×ニッノイ・シックルーフェオ(タイ)※ ネオナー・シッソンラムから変更
2R TKO

  石井一成がランシットスタジアムのトゥルーフォー・ムエマンスワンスック興行に出場した。同興行は8月末に開始したタイ・デジタルTV24チャンネルのテレビマッチでペッティンディー主催興行だ。まだ開始間もない興行だが、ペッティンディープロモーションが抱える主要選手の出場などで早くも話題を呼んでいる。今回の相手はニッノイ・シックルーフェオは戦績64戦のうち47勝という好成績。

 

  初回、案の定ニッノイの動きは良かった。石井のローキックを半歩引いてかわすと、素早いミドルを返し、そして距離が詰まった一瞬に肘打ちを仕掛けてくる。この動きだけでもニッノイの強者ぶりが伺えた。石井としては、初回からコツコツとローキックを決め、後半戦へつなぎたいところだ。


  2ラウンドに入り、石井陣営から「距離を詰めろ」という指示が出る。石井はローキックが軽快にヒットする距離まで近寄り打撃戦を挑んだ。2ラウンド目という早い回から打ち合うことによって、互いのスタミナ消耗も予測されるが、スタミナに自信がある石井にとってはそれも計算済みだったのだろうか。この回から相手のローを効かし、有利な状況で後半戦へつなぐ作戦だったのだろう。ローキックが当たる距離になれば、必然的にパンチも交差。石井は上下のコンビネーションを取り入れ、ニッノイのミドルキックを封じ込めたいところだが、石井はローキックの距離をつかんだところで、ここで一気にパンチで仕掛けた。回転の速い石井のパンチラッシュが、4発5発と続いたところで、ニッノイは石井の動きについていけず、顔をそむけた。石井はそこに左フックからの豪快な右ストレートを決めると、ニッノイはマットに崩れ落ちた。大の字になって倒れるニッノイにレフェリーは続行不可能と判断し、石井のTKO勝ちを宣言。石井は初のランシット・トゥルーフォー興行をTKO勝利で飾った。


  石井のTKO勝利に、会場は沸きかえったが、それ以上にテレビ放映での好印象もあったのだろう。早速会場にいた関係者らの目を引く。外国人でありながらムエタイの第一線で闘う事、またタイ選手には見られないような素早いパンチラッシュでの鮮烈TKO勝利。石井のこれらの好印象が重なり、この試合後すぐに次戦の試合オファーが来たほどだ。

一成から、試合後の声が届いている。

「今回の試合は初めてのTrue4Uのリングでとても緊張してて、序盤から駆け引きが続きましたが、2ラウンドに入り、自分の距離感でパンチを当てることが出来ました。今回の試合も絶対に倒そうと思っていたので実行できて良かったです。次の試合はもっと強い相手になると思うので、更に改善をしまた倒します。応援ありがとうございました」

石井の言う通り、今後も常に格上との対戦となるが、一戦一戦乗り越えていってほしい。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

石井一成(エクシンディコンジムJAPAN)が9月30日(金、タイ・バンコクのランシットスタジアムのトゥルーフォー(True4U)ムエマンスワンスック興行に参戦する。(記事提供:シンラパムエタイ・早田寛 Hiroshi Soda)

出場するトゥルーフォー・ムエマンスワンスック興行は、ペッティンディープロモーションが主宰。先月より開始されたテレビマッチ興行で、早くもBBTVムエタイやオムノーイスタジアム興行に並ぶテレビマッチとして話題を集めている。同興行では各階級のランキングやチャンピオンも選定しており、石井もまずはこの一戦で勝てばランクインの可能性も出てくる。負けられない一戦だ。
 また、同時期に和田拓飛(萬田道場)も9月25日のサラブリ・アディソンスタジアムに参戦予定だ。和田は先月もタイ合宿をを遂行しており、タイ・アディソンスタジアム興業にも参戦。その時は惜しくも判定負けはしているものの善戦が光った。今回のタイ遠征ではぜひとも勝利を収めてほしいものだ。

 

2016年9月30(金) タイ・ランシットスタジアム

タイTV true4uチャンネル24(日本時間20:00~22:00)
http://www.adintrend.com/hd/ch23
【トゥルーフォー・ムエマンスワンスック】
第1試合 111P契約
石井一成(東福岡高等学校3年在学)
 VS
ニッノイ・シックルーペアオ(タイ)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「スックジャオムエタイ」 2016年7月30日(土)現地時間 12:10~
オムノーイ・サヤームボクシングスタジアム

第5試合 112P契約
イッセイ・ウォーワンチャイ(石井一成/エクシンディコンジムJAPAN/東福岡高校3年)
TKO 4R ※レフェリーストップ(ローキック連打)
ペットナムヌン・シットジョムユット(タイ)

 エクシンディコンジム・タイランドの新規オープン記念遠征の初日、石井がオムノーイスタジアムでの試合に初出場。対するペットナムヌンは戦績50戦35勝でナコンラチヤシーマー県出身、16歳の中堅選手だ。

 1Rは互いの出方を探る感じで終了。2Rから互いの技が交錯した。ペットナムヌンが左右ミドルを蹴り込むと、石井は細かいパンチをまとめ、最後は左ボディーフックを見舞う。この石井の左ボディーが多数ヒットし、ペットナムヌンの動きが鈍ったところで石井は素早く左右のローキックにつなげた。

 オムノーイスタジアムのリングは、石井が普段戦うラジャダムナンスタジアムのリングよりひとまわり小さいからか、この接近した打撃を多用する。

 3Rに入り、打撃では不利と悟ったか、ペットナムヌンは首相撲で挽回しようと組んでくるが、ペットナムヌンが前進すればするほど石井の上下の打撃が決まり、ペットナムヌンは棒立ち状態に。石井はさらにローキックを見舞い試合は石井ペースとなる。


 レフリーが一瞬スタンディングダウンを取るかと思った矢先、石井の右ハイキックがペットナムヌンの鼻頭にヒット。さらにペットナムヌンがよろめいたところで、ここでレフリーはやっとスタンディングダウンを取った。

 ここまでは石井の攻撃が一方的に目立った展開だったが、4ラウンドに入ってペットナムヌンが反撃。前蹴りで距離を保ちたい石井だが、ペットナムヌンは必至の形相で襲いかかってくる。しかし、石井が初回からコツコツ当てていた右ローキックを蹴り込むと、ペットナムヌンの勢いが止まる。

 石井はチャンスとばかりに、細かいパンチからの強烈なローキックを3発ほど当てたところでペットナムヌンはよろめき倒れ、レフリーが試合をストップした。石井は初のオムノーイスタジアム出場をTKO勝利で飾った。

 試合後に石井は「今日は計量から違う雰囲気で試合までの合間も短く、常に緊張感を持って会場に入りました。地上波テレビ中継の入ったオムノーイスタジアムは第1試合から盛り上がっていて、自分も今日は絶対倒すという熱い気持ちになりました。2Rからローとボディが効いたのが分かったので攻めました。課題は沢山残ったけれどKOで勝てて良かったです」と語った。

 もう既に、タイでの次戦も決まっている。その時も是非今日の様な動きを見せてほしいところだ。

Photo&Text=シンラパムエタイ 早田寛

















いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
エクシンディコンジムJAPANの総本山であるエクシンディコンジム・タイ本部が新装オープンするにあたり、タイ・サムットサコーン県内にて記念興行を開催。
日本からも選抜チームを組み新装記念興行に参戦する。
遠征は7月30日31日の2日間に行われ、まず7月30日はエクシンディコンジムJAPANの代表格である石井一成(東福岡高校3年生)がオムノーイスタジアムに参戦。
今回石井はそれまでの110Pでの闘いから階級を上げ112P(フライ級)で挑む。
そして31日はエクシンディコンジム・タイランドにて、ジム新装オープン式典と日・タイ対抗戦が開催される。
この31日の興行名は『SUK WANCHAI LIVE IN BANGKOK・EXINDECON GYM THAILAND OPENING ANNIVERSARY』と題し、エクシンディコンジム・タイランドの新装オープンを祝う。
興行のメインインイベントに、7月13日にラジャダムナンスタジアムでの10万バーツの賭け試合に勝利した今村竜之助、そしてセミに滋賀県・レジェンドジムから星野梨衣智が出場。

その他の日本勢はエクシンディコンジムJAPANから東福岡高校に在籍する古村光、石井寿来、中村匠。
萬田道場からは田口由美子、松井蓮汰、中川一巨、櫻木克樹、和田拓飛。WEED GYMからは森山侑音らが参戦。
大規模な日・タイ対抗戦となるだろう。

この遠征に、まず30日のオムノーイスタジアムに参戦する石井一成から意気込みが届いている。
「今回の試合は初のオムノーイスタジアム参戦です。会場の雰囲気や選手の試合運びも、いつものラジャダムナンスタジアムとは違うので楽しみです。
何があっても絶対に勝ちます。応援よろしくお願いします。」
石井のいう通り、オムノーイスタジアムの試合は初回からハイペースな倒し合いの傾向にあり乱戦が予想される。

31日の日・タイ対抗戦も、久々の大規模な国際戦ということでタイ側でも話題を呼んでいる。
今回、日本からのファイターがどのように闘い、そしてタイ側関係者にどのような印象を残すのか非常に楽しみである。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【2016.7.3 RISE WEST.6】
▼第7試合 スペシャルエキシビションマッチ 3分2R
那須川天心(TARGET/RISEバンタム級王者、ISKAオリエンタルルール世界バンタム級王者、BLADE FC JAPAN CUP 2015 -55kg優勝)
花田元誓(リアルディール/RISEフェザー級王者)
vs
石井一成(エクシンディコンジムJAPAN/Phumpanmuangミニフライ級王者)
裕 樹(ANCHOR GYM/RISEスーパーライト級王者、元スーパーフェザー級&ライト級王者)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:
「Wanchai+Kingthong MuayThai Super Fight」
2016年6月19日(日)愛知・名古屋国際会議場イベントホール

▼第7試合 日・タイ国際戦 50kg契約 3分3R
○石井一成(エクシンディコンジムJAPAN/Phumpanmuangミニフライ級王者)
KO 3R 2分37秒 ※首相撲からの投げ
●タップナー・ソーワリッター(タイ)

ムエタイの本場タイを主戦場とする17歳・石井が日本凱旋試合。5月にはムエタイの殿堂ラジャダムナンスタジアムで、新人戦興行ながらメインイベントに出場し、勝利を収めている。

 対するタップナーもラジャダムナンで試合を行っており、石井と同じ17歳。しかし、戦績は60戦を超える。さらにパンチとヒジを得意とし、KO勝ちが多いという。

 1R、ミドルの蹴り合いでは互角の攻防を見せた石井だが、前蹴りで大きく吹っ飛ばされてしまうシーンがあった。

 2R、速いミドルの蹴り合いから首相撲になると、体格で優る石井が優勢。サウスポーのタップナーの左ストレートをもらうが、パワーのある右ローを叩き込む。前蹴りで転倒させ、足払いでもタップナーをマットに叩き付けた。

 3R、小柄なタップナーは胴タックルするように組み付いてヒザを繰り出す。パンチとローで攻める石井が、左ボディブローと右フックでタップナーを追い詰める。そしてヒジを入れ、胴に組み付いてきたタップナーを首相撲で回しながらマットに叩きつけると、タップナーは左肩をおさえながら悶絶。レフェリーはカウントを止め、石井のKO勝ちを宣言した。

【イーファイトから引用】









いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。