石井一成 世界王者への道 KING OF MUAYTHAI

世界王者を目指しキックボクシングの練習に明け暮れる石井一成のオフィシャルファンサイトです

【メディア出演情報】

【CM出演】
2011・6~2012・5 スバルEXIGA 〝江口洋介さんの息子役として出演〟


【テレビ出演】
2009・08・12 KBC九州朝日 アサデス。九州・山口 〝天才キッズ大集合〟
2011・05・01 日本テレビ men` egg YOUTH ライブ出演
2011・05・10 日本テレビ スタードラフト会議 〝ポスト魔裟斗〟
2011・05・24 FBS福岡 めんたいワイド
2011・06・07 日本テレビ スタードラフト会議 〝博多の悪ガキ再登場〟
2011・07・19 日本テレビ スタードラフト会議 〝オールスター祭2時間スペシャル〟
2011・07・28 日本テレビ AKBINGO! 〝天才チビッコから学べ〟
2011・09・23 日本テレビ メレンゲの気持ち
2011・11・29 日本テレビ スタードラフト会議 〝最強スター21組勢揃い〟
2011・12・09 日本テレビ ZIP! 〝きてるね。〟

2016・12・22 フジテレビ めざましテレビ「キラキラハイスクールボーイズ」


【本掲載】
2009・10月号(NO509) ボクシングマガジン
2010・08月号voi19 Fight&Life 〝キッズ!キッズ!キッズ!〟
2011・12月号voi27 Fight&Life 〝キッズ!キッズ!キッズ!〟
2012・06月号voi30 Fight&Life 〝ジュニアキックのトップ選手名鑑〟
2013・10月号voi38 Fight&Life 〝キッズ!キッズ!キッズ!〟
2014・06月号voi42 Fight&Life 〝ザ・ゴールデンエイジ〟
2014・06月号vol319 チャンプロード


【新聞掲載】
2011・06・13 九州スポーツ 16面 〝いま話題の新ネタ満載 9チャンネル〟
2014・01・21 西日本スポーツ 17面 〝エンタメ〟
2014・04・22 西日本スポーツ 18面 〝エンタメ〟


【試合情報】


2017年5月5日(金)

タイ・ランシットインターナショナルスタジアム

ペッティンディープロモーション主催


イッセイ・ウォーワンチャイ(石井一成/現True4Uフライ級王者)

VS

センソン・エラワン(タイ/元True4Uミニフライ級王者)

TVデジタル/チャンネル24 true4u
http://www.adintrend.com/hd/ch23
http://bit.ly/True4Uwebsite
日本時間20:00~22:00放送


テーマ:

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


2017年4月1日(土) 東京・大田区総合体育館 〝KNOCK OUT vol.2〟

西の神童!石井一成が衝撃デビュー!!!

第2試合
”SUNRISE PRINCE”石井一成(タイtrue4Uフライ級王者/タイWMC世界フライ級1位)
vs
”ARROW STRIKER”矢島直弥(WPMF日本フライ級王者/蹴拳フライ級王者)

1R
ミドルキック、前蹴りで様子を伺う両者。矢島のパンチに合わせて強烈な石井のローキックがヒット。フットワークでリングを大きく回る石井に対し、矢島はボディーストレートに狙いを定めパンチのコンビネーションを狙う。

2R
開始早々に高速な左右のフックを連打する矢島。石井は冷静にガードし、一瞬の飛び込みでパンチとローのコンビネーションを矢島に叩き込む。フットワークでポジションをチェンジしながら、顔面前蹴り、ロー、パンチと多彩な攻撃で一気に石井が試合のペースを握る。矢島も負けずに飛び込んでのフックを狙うが、逆にヒジを顎に叩き込まれ後退。ラウンド中盤から矢島は口から出血。

3R
ボディーストレートから若干大振りのパンチを狙う矢島を、石井は前蹴り、組んでのヒザで迎撃。パンチでも矢島の顎を跳ね上げると、矢島は打ってこいとジャスチャーで気合いを入れる。手数を増やしパンチの連打を見せる矢島に、石井は冷静に動きながらカウンターをヒット。打ち合いに付き合わず、強烈なヒジを矢島にヒットさせ鈍い音が響き渡る。

3R 終了 TKO (タオル投入)
ラウンドインターバルに矢島陣営がこれ以上の続行は不可能と判断。タオルを投入し石井一成がTKO勝利に。

試合後のドクターの診断で矢島の顎の骨折が判明。さらに眼窩底骨折の疑い。深いダメージを受けながらも最後まで試合を捨てずに前に出る姿勢を見せ、気持ちの強さを見せた。

試合後マイクを握った石井は関係者への感謝の気持ちを述べた後、「もっと派手な試合を見せようと思ったんですけど、まだまだ力不足ですいません。またKNOCK OUTのリングに呼んでください。また応援してください。」と力強く語り、衝撃のKNOCK OUTデビューを飾った。

【KNOCK OUTホームページより引用】
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

4月1日(土)大田区総合体育館で開催の「KNOCK OUT vol.2」。超アグレッシブファイター同士の軽量級対決!”SUNRISE PRINCE”石井一成vs”ARROW STRIKER”矢島直弥の対戦が決定いたしました!

ジュニア時代からキックボクシングで活躍し、アマチュアで数多くのタイトルを獲得。福岡を拠点とし、タイを主戦場に戦う石井一成がKNOCK OUTに参戦!思い切りのいいパンチと、鋭いローキックを武器に、タイ人選手を相手に6連続KO勝利。2017年2月には、タイのTVマッチ、True4Uフライ級王座決定戦に抜擢されると、ルンピニースタジアムの上位ランカーを、アグレッシブに攻め続け判定勝利。現在18歳の高校生ながら、タイで価値あるベルトを獲得した。

対するは、”ARROW STRIKER”矢島直弥。WPMF日本フライ級王座、蹴拳フライ級王座と、2つのベルトを腰に巻く2冠王。パンチでがんがん前に出て、激しい打ち合いを展開するアグレッシブな選手として知られ、国内の軽量級トップ戦線で活躍する。

非常に好戦的な両者による、KNOCK OUT初のフライ級戦!軽量級のスピードに加え、相手をノックアウト出来るパワーを兼ね備えた選手同士による注目の一戦!

3分5R 51kg契約
石井一成 vs 矢島直弥

【4.1「KNOCK OUT vol.2」アグレッシブファイター同士の軽量級対決!”SUNRISE PRINCE”石井一成vs”ARROW STRIKER”矢島直弥が決定!】
http://www.knockout.co.jp/news/news/20170303_2328/

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【石井一成所属に関するお知らせ!】

平素より石井一成を応援して頂き誠にありがとうございます。
石井一成は、4月1日より大学進学を機に、日本での試合は株式会社KBAプロモーション(代表取締役 伊藤浩之)がプロモートし所属は東京KBA/石井一成として出場する事をお知らせ致します。
尚、海外での試合は変わらずウォー・ワンチャイプロモーション(会長 ティラチャラティピ・ワンチャイ/チャイ東京)がプロモートして所属はエクシンディコンジム/イッセイ・ウォー・ワンチャイとして出場する事をお知らせ致します。
今後も石井一成の応援よろしくお願い致します

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

石井一成、True4Uフライ級王座獲得。4月のKNOCK OUT初参戦へ弾み:2.17 タイ

2月17日(金)タイのランシットインターナショナルスタジアムで、高校3年生の石井一成がルンピニー認定ミニフライ級2位のセンソン・エラワンと、テレビマッチ「True4U」のフライ級王座を争い、ローを効かせつつミドル、パンチでも苦しめ判定3-0で勝利。連勝を8に伸ばし、4月1日のKNOCK OUT初参戦に弾みをつけた。

記事提供:早田寛/Photo & Text by Hiroshi Soda

 

True4Uフライ級王座決定戦 3分5R
×センソン・エラワン

(タイ/元True4Uミニフライ級王者・ルンピニー認定ミニフライ級2位)

vs
〇イッセイ・ウォーワンチャイ

(エクシンディコンジムJAPAN/True4Uフライ3位・WMC世界フライ級2位)
判定0-3 (48-49/47-49/47-49)
※石井が王者に

 東福岡高校3年生の石井一成がTrue4Uフライ級王決定戦を闘った。これまで石井が起用される事の多かったペッティンディープロモーション主催True4Uフライ級が空位ということで、これまでに6連続KO勝利している石井と、階級を上げてきたセンソン・エラワンとの間でTrue4U王座決定戦を闘う流れとなた。
 対戦相手のセンソンは、ソンクラー県出身の17歳。これまでにタイ南部王座と2つのテレビマッチ王座を奪取、そして現在もルンピニースタジアムのランカーでもある。石井にとっては、これまでにない強敵となるわけだが、石井のこれまでの6連続KO勝利という数字もタイ関係者からの期待も多く集め、試合前レートは11-8センソンと、ほとんどイーブンの形で試合をスタートすることができた。
 試合は初回、センソンはミドルキック中心に試合を組み立てるが、石井は早くもパンチからのローキック、そして自身の得意な技の一つである左ボディフックを見舞う。普通ムエタイでは初回は相手の出方を探り合うラウンドかもしれないが、石井の右ローの食い込みが良かったため、そのままローキックで圧しきった。
 2ラウンドに入り、センソンは地味ながらもミドルキックを蹴り続け、石井の反応を探ているようだっだが、石井がパンチやローキックで前進すると、その体圧に耐えられなかったのか、更に石井の攻撃が目立つようになる。
 3ラウンドに入り、石井は左ミドルと前蹴り、そしてその間にパンチを打ち込み攻撃を散らせた。本来センソンも打撃は重く、これまでに多くのKO勝利があるほどだが、初回でローキックを効かされ、さらに石井の幅広い攻撃の数々にミドルキックを返すのが精一杯のようだ。このラウンド、石井はこれまでのローやパンチの他に、ミドルやテンカオ、肘打ちなど多彩な打撃を見せた。
 4ラウンド、センソンは後がないと悟り、組んで石井を崩しにきた。石井がセンソンにこかされ、一瞬センソンの首相撲ペースにはまってゆくのかと思いきや、石井はすぐにセンソンを体勢捌きで倒し返し場内を沸かせる。この時点で試合の勝敗に影響するとされている賭け率は20-1で石井リード。あとは石井は最終ラウンドを乗り切れば、石井のタイトル奪取は間違いない状況だ。
 最終ラウンド、案の定センソンはパンチでの逆転を狙い石井に襲いかかってくるが、石井は前蹴りや足捌きでセンソンを複数回こかし顔面前蹴りなども決めた。この状態でも石井の判定勝ちは濃厚だったが、それでもセンソンは諦めず前に出てくるため、石井はさらに左ハイキックそしてボディフックを3連射すると、ここでセンソンは力尽きた。
 判定はジャッジ3-0で石井一成の判定勝ち(‪48-49 47-49 47-49‬)。石井はTrue4Uフライ級王座奪取に成功した。石井は、初回から自分の得意技であるローキックで、センソンに効かせるまで蹴り続けた事が良かった。この事でそれ以降の試合ペースを握ることができた。そして現地関係者らの石井への評価も高かった。日本人の石井が現地でレベルの高いタイ軽量級のトップと争い、一つのタイトルを奪取るだけでも凄い事だが、今回の石井の多彩な技の強打や、そしてセンソン・エラワンという実力者に圧勝した事など、この石井の飛躍ぶりには関係者らも驚きを隠せなかったようだ。
 今後石井は4月1日のKNOCK OUT vol.2参戦が決定している。石井一成より、試合後の声が届いている。
「今回の試合はタイトルマッチで過去最強の相手で、とても緊張しました。リングに上がりゴングが鳴るまで不安でした。ですが1発目のローキックが当たった瞬間に自分の距離を掴む事が出来ました!そこからいつも通りローからパンチのコンビネーションを当てることができ、後半はミドルを当ててポイントを取り勝つことが出来ました。7連続KOとはいきませんでしたが作戦通り戦えたので良かったです。ベルトを獲ったからにはこのベルトを防衛し続け、どんな相手でも勝たないといけません!今まで以上に気を引き締め、これからもっと大きなベルトを獲れる様に頑張ります!応援ありがとうございました!」

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。