累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ

Once there was a way to get back ......♪


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2012年09月17日(月)

獅子祭

テーマ:日記
10年以上振りに、
地元の伝統的なお祭り、獅子祭りを観る。

今回は、

師匠が父、
笛吹きが兄、
弓立てが甥っ子、
メインの獅子も甥っ子、

ということで、
そりゃ、観とくでしょと。
この先もう2度とないかもしれない男子そろい踏み。


↓雄の2匹が、1匹の雌を争って舞いつつ、各神社を巡り、
1年の無病息災、豊穣を祈念するもの。
それでも私は右で打つ

獅子は小学高学年~中学生、
獅子を囲んで見張りをする?弓立ては小学生、
主役が地元の子供達で構成されるお祭りです。


小さい時、
相当獅子に憧れていたようで、
小さい太鼓を作ってもらい、
雨の日は部屋の中で一人で踊り狂っていた・・・
朧げながらそんな記憶もある、ボク。

獅子のお面を冠った時の感動は尋常じゃなく、
そして、小さい時から体に馴染んだ踊りは、周りから絶賛(自慢)。
祖父と父が師匠や囃子をする中で、
誇らしげに、年に1日だけの主役。

それは、未だに記憶にはっきりと残る。
計、3回の獅子経験。


そんな役を、
やはり誇らしげに演じる甥っ子。

早いもので自分が最後に獅子をしてから14年が経ち、
この前生まれたばかりと思っていた甥っ子は、
もう小学6年生になりました。

↓父、ボク、甥っ子。そりゃ、歳もとるわ。。
それでも私は右で打つ

↓ついでに甥っ子姪っ子9人全員集合。
それでも私は右で打つ
上は小学6年生から、下は5歳まで。

そりゃ、歳もとるわ。。


自分の原点はここなんだと、
改めて実感した弾丸帰省。


自分がどこへ行こうとも、
少しずつ変わって行く家族と景色が、
そこに変わらずに残っていてくれていることに、感謝。

AD
いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2012年09月04日(火)

星になれ、たら。

テーマ:独り言
ひょんな事から、
藍染め、なるものを体験しました。

$それでも私は右で打つ

Mっちに関係なく、
飲む飲まないに関係なく、
実はサッポロビールのスローガン?が好きなボクは、
迷わず、☆を選んだわけですが。

ヒトデさんになりました。
空に輝くどころか、
海でもあまりぱっとしない、あの。

え、これも本人のぽっちゃりが原因で?


でも、いいんです、
星と思えば、いいんです。


さて、
自分の実家のような過疎地で、
為替悪化と海外勢の攻勢に大打撃を受けながらも、
あくまでも国内生産を貫き、
ただひたすらに愛情と信念を注ぎ、
モノ作りを続ける企業に触れる。

海外に出ればどんなに楽だろう。

ただそれは、代々その企業を支えてきた多くの地元住民の職が引き換え。
言うまでもなく代償は大きい。


国内で生産を続ける最後の企業になるまで、
この土地を捨てない。


経営者が淀みなくそう答え、
国内外で着実に実績を積み重ねる。
まさに地元の星。


今の自分にはそんな覚悟も自信もない。
日々勉強。出会いに感謝。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年09月01日(土)

long time no see

テーマ:独り言
夏休みもあり、
少し落ち着いた8月最後の1週間。

今日から再び怒濤(なはず)の9月ですが、
その前に、土日休養。
久しぶりの完全オフ(勝手に)。
やっぱりこんな日がネクラには必要です。


半年も無言が続きましたが、
いろんな事があって、
いろんな変化もありました。

どんな変化って、まずは、体重が。

痩せるどころか、厚みを増したここ最近。
馬肥ゆる秋に向けて、ボク痩せます。


MacとAmebaの相性が悪くて、ついつい怠りがちですが。
日に何人か未だに訪れて下さっている有り難く希少な方へ。
書く頻度を少し復活させよう、と思う夏の終わり。


そんな夏の終わりに、陸前高田に行きました。

$それでも私は右で打つ

大阪では、橋本さんを囲み、
そんな岩手の瓦礫受け入れを反対する方々のニュースが流れる。


ブログを書かなくなった、
いや、書けなくなった理由としては、
中途半端な感情や知識で整理しきれない内容も多くなった、
というのも一つ。

このニュースに関する想いもその一つだけれど、

じゃあ、瓦礫の処理施設がない、もしくは足りない場所で、
堆く積み重ねられた瓦礫が今なお地面を覆う場所で、

その場所に、家や職場があった人たちは、
今なお離れた土地で、仮設住宅で過ごす人々は、

少しずつ減っていくだけの瓦礫が、
いつの間にか雑草に覆われて丘のように緑に染まった瓦礫が、
いつかなくなるのをただ待ち続けろっていうんだろうかと。
まずは純粋に、そう思う。
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。