明るいワラビネーゼの生活

自称ご近所に住む漫画家北川玲子/きたがわれいこが、毎日のちょっとした出来事や楽しみごとを書いて見ました

ななたん2


漫画家北川玲子のブログへようこそ!!!!
(一部表記は北川怜子)


ただいま電子書籍祭り
個人的に開催中!!


ただいまイチオシは

泣ける戦争漫画
「戦火の中の子どもたち」

まんが王国で発売中!!



 


シーモアと
キンドル
でも買えます

 
NEW !
テーマ:



本日は神奈川県民ホールへ
東京バレエのウィンターガラ
見に来てます。

きたがわが好きな
「中国の不思議な役人」

実は東京公演で
もう2回見ているのですが

今日が一番よかったかも

弾さんの首領、初日より
今日のほうがノリノリ

詳細はまた後ほど

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



 

「ベルサイユのばら」を読み直しています。

 

なぜかというとフェイスブックには書いたのですが

先日六本木でやっている

「マリー・アントワネット展」に行ってきました。

 

この展覧会はすごくよくできていて

マリー・アントワネットを多角的な視点で

評価しながら関連グッズを展示し

歴史的な事件と事実を追いながら

彼女の人生を一覧できる構成になっています。

 

特に解説のイヤホーンは

ただの展示物の解説だけではなく

お芝居もはいっていて

ベルばら的な世界を再現してくれてます。

 

会場にはたくさん肖像画が並んでいて

ああ、こんな名前の人、ベルばらにでてきたなあ

と、まんがの中でちょっとした脇役だった人たちの

肖像画があったり

 

幼くして亡くなった王太子の肖像画が

あまりにも可愛らしかったり、

展覧会の終わりに出てくる

革命後の弟王子の哀れな運命に

涙流したり・・・

 

 

でですね、

 

きたがわはばりばり、

べるばら世代なんですが

ベルばらのファンだった人のほとんどが

そうだったと思うのですが

 

オスカルが死んだら、もう読む気なくしてしまって

あんまり最後のほうは覚えてなかったんですよ。

 

展示会で見た、かわいそうな弟王子について

まんがではどう描かれていたか

記憶がなかったので

ちょっと確かめるつもりでYUTAYAに借りにいったのですが

同じような人がいるのか

なぜか、文庫版の最後の巻だけない。

 

なのでせっかくなので、1から4巻まで

借りて読み直したら・・・

 

これが本当におもしろいんですよね。

おもしろすぎる。

 

あたりまえだと言われれば

それまでなんですが

 

漫画もいろいろあって

萩尾望都先生のように

最初から一般的な少女漫画とはちがう、

というところで評価される作品や

 

少女時代の一時期の感性で読むというか

昔読んだ時は夢中になったけど

大人になって読み直すと、なつかしくはあっても

もうおもしろいとは思えない漫画も

あったりするんですよね。

 

でも、山岸涼子先生の

「アラベスク」なんかもそうなんですが

「ベルばら」は

子供の頃は子供の心で読んで面白かったけど

大人になってから読んでもほんとうに面白くて

また新たな感動ができるんですよね。

 

しかも自分が漫画家になって

漫画家の目線で見ても

すごいなと

あらためて思わされるところがたくさんあります。

 

やっぱり基本的に物語の力がすごい。

 

そして今読むとテンポがとても速い。

 

昔は少女まんがも週刊連載で一話が16ページぐらいで

その中でアンケートをとらなきゃならないので

必ずドラマチックな展開があって

次はどうなるかと強い引きがないとだめなんですよね。

 

そのせいか

文庫版はかなり厚いのですが、あきることなく

話が濃いのにあっというまに読んでしまいます。

 

で、構図もすごい

 

このへんは漫画家目線なんですが

 

3段ぶち抜きのロングとか、ふんだんでほんとうに華やか

でもちゃんとわかりやすい。

見やすい。動きあるし。

 

人物を華やかに見せるアップやロングなんかもいわずもがな、なんですけど

文庫では4巻目のオスカルが貴族の身分を捨て、民衆側につく決意をして

衛兵たちを率いていくシーンなんかすごい迫力ですよ。

 

きらきらの少女まんがにみせかけて

実はすごい骨太の歴史漫画なんですよね。

 

昔大学の漫研の男の先輩に

「少女漫画には社会性がない」っていわれたことがあったけど

この漫画には正義とか人としての生き方が描いてあるんですよね。

 

大人の目線で見て、しみじみと感動。

やはり池田先生はすごいな。

 

萩尾先生の単行本は

中学生の時に買った初版の本がそのまま

とってあるんですが、

「ベルサイユのばら」はあんなに夢中になったのに

いつのまにか捨てちゃったんですよね。

 

また買い直そうかなあ。

 

で、話は戻りますが

かわいそうな弟王子

 

母のマリー・アントワネットが死刑になった後は

日のささない塔に閉じ込められ

世話もされず、食べ物も満足に与えられず

衰弱してわずか10才でなくなったそうです。

 

かわいそうすぎる!!

子供には罪はないのに!!

 

まだ父親のルイ16世が生きていた間は

塔に閉じ込められながらも

父親と一緒に遊んだボードゲームというのが

展示されていました。

それを見て

きたがわ、もう涙涙

 

やはり涙ぐんでいる女性の方がいましたよ。

 

漫画ではどうなってたかというと

史実とはちがって

弟王子は母親のマリー・アントワネットと引き離されて

庶民として育てられ、母親のことを忘れてはしまうものの

そんなに悲惨な運命には描かれていませんでした。

 

たぶん少女漫画なんで

あんまり悲惨にしたくなかったんじゃないかな。

(今だったらそれぐらいやるかもしれないけど。)

 

ところでフェルゼン伯の肖像画もありましたが

眼がくりっとしていて

わたしはやはり池田先生の描く

切れ長目のフェルゼンのほうがいいなあ

 

マリー・アントワネット展は今月26日(日)まで

行きたいと思ったけど、行きそびれている方

ぜひぜひ行ってみて下さい。

 

ただ入場規制していますので

長時間並ばされるます。

時間に余裕を持っていいくのをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 
漫画版「明るいワラビネーゼの生活」がなくなってしまって淋しいので
遊びでこんなまんがが載っているブログを作ってみました。
 
いつまでつづくかわからないけど
よかったら遊びに行ってみて下さい。
 
「引越し姫」
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



たまには
ドトールではなく
スタバでもなく

エクセルシオールカフェ


ただいまエクセルシオール水道橋駅前店

バレエ仲間からもらった
テーブルウェア展最終日に
すべりこ

会場内の喫茶コーナーは
高いので
ここで休憩

頼んだのは
国産リンゴのアップルパイ

まあまあの味かな


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



春節猫展無事終了‼

似顔絵も小雨の中を決行‼

今日はそんなにお客さん来ないかな~
と思ったら
比較的まんべんなくお客さんがいらして
ほどほどの忙しさで引けました。

いらしてくださったみなさん
ありがとうございました。
きたがわはこれからも精進します。

感謝をこめて
最終日のお客さまの似顔絵
イッキ公開‼






















最後のラブラブカップルの女性は
実は7枚目の色紙の女性です。
わかるかな?
 
きたがわが描いた似顔絵をとても気に入ってくれて
彼氏を連れて来て
ツーショットをリピートしてくれたのです。
 
ありがとう!!お幸せに!!ドキドキドキドキ
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。