『道』Blog

道下和彦=Guitaristのブログです。
音楽ネタ中心に、思いついたら何でも書きます。


テーマ:

2017年もありがとうございました!

2018年もよろしくお願いします。

{C370EB47-6A83-4E89-9640-2B601389E189}

オルガン!ギター!ドラム!のクレイジーファンキーユニット!ØrgaNeckStickです!

{CF109C88-C174-43FF-83A6-CA4E457EF137}
新たなアルバムの予定もあります!?

こちらは
黒瀬カナのポップオリジナル集

音楽やるしか能のない私ですが、少しでも聴いてくれた人達に幸せな時をプレゼント出来るように日々精進します!ギターを弾き、曲を書き、本も書いて皆さんにお届けしていく所存です。


ルンルンルンルンルンルンキラキラキラキラ

道下和彦ライブスケジュール↓


1/12

関内ルタンベルジェ

彩木香里(vo)

道下和彦(gt)


1/15

千葉クリッパー

平山恵勇(d)トリオ


1/16

関内カモメ

平山恵勇(d)

グレッグリー(b)

道下和彦(gt)

竹中俊二(gt)

鈴木よしひさ(gt)



1/19

仙台ジャズスクール

高橋徹トリオ

高橋徹(d)

安田智彦(ts)

道下和彦(gt)



1/20

山形オクテット

高橋徹(d)トリオ

若林美佐(b)

道下和彦(gt)


1/21

鶴岡加茂水族館

高橋徹トリオ

高橋徹(d)

若林美佐(b)

道下和彦(gt)


1/23

関内メグスタ

寝占友梨絵Vo

道下和彦(gt)


1/26

関内メグスタ

ちほわたなべ(vo)

道下和彦(gt)


1/27

飯田橋ホテルグランドパレス

ちほわたなべ(vo)

道下和彦(gt)


1/27

六本木ソフトウインド

中西俊博(vl)

道下和彦(gt)


1/30

銀座コントレイル

市川美鈴(vo)

道下和彦(gt)


弾き倒し系教則本「ギター無窮動トレーニング」シリーズ絶讃発売中です!











AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
皆さまの暖かいご支援を受けて、無窮動「基礎」トレーニング、おかげ様で好評をいただいております。自分自身が修行の身なのに人を教える仕事をやってきて、苦悩し、自問自答しながら、なんとか色々な人に支えられて私の日々が続いております。
最初は「こんなもん作って誰が買うんかな?」と思って書き始めた無窮動シリーズも、かなり狭い範囲で少しはお役に立てたかな?と思う今日この頃であります。

いつも素っ気なくスケジュールばかり載せて手前勝手な記事なので、今回は「私のお気に入り教則本」という記事を書いて見たいと思います。


音符音符音符音符音符音符音符
私が最初にやった教則本はこれです。
{63D3CAB9-1331-4FF7-8732-236667ADE872}
この本は1.2.3と三部作に分かれていて、特に1.2は大変優れた初心者用教則本です。2は最初のページからメージャースケールの「5つの運指」から入るのが秀逸です。タブ譜が無いので読譜の練習になる上に、ポジショニング、フィンガリング、シフト、スライド、ミュートなどのギターを綺麗に弾く為の技術解説を練習課題の中にさり気なく忍ばせているところなどは、作者のウイリアム・リーヴィット氏の匠の技だと思います。
私は実際にリーヴィットさんのレッスンを受けていました。かなり御高齢なのに、本の中にあるデュエット小曲を一緒に演奏して頂いたのが嬉しい思い出です。私は2を結構長い事やりました。今でも生徒に勧めております。


音符音符音符音符音符音符
3は応用編
より深くギターフレットの構造と音楽理論をシンクロさせる為の基礎が載っています。
{E1A1AF0F-A659-446F-8B8E-EF7DAD3D0439}

{25E9D1FB-7C2B-406B-B986-1B5D895EA14A}
ギターのフレットの上に、色々な音楽用語(トライアド、インヴァージョン、インターバル、スケール、ダイアトニック…)をアプライさせていくのが目的の本です。かなり難しいですが…


音符音符音符音符音符音符音符音符
続いて読譜関係
私の若い頃は練習というのは読譜の事でした…
{127A965A-CF62-4158-9601-F937A60A3949}
{65B80D12-DA27-478A-A246-DBC16D8D65F8}
これらはバイオリンの教則本、カイザーとクロイツェルです。バイオリンは最低音がGまでなのでギターにとって丁度いい感じの読譜の練習が出来ます。譜面が読めない頃に、心斎橋の今は無き都楽器の楽譜売り場で読譜用の教則本を物色してる時にこれを見つけて買って見たのです何故ならばめっちゃ安かったので…(当時400円)


音符音符音符音符音符音符
そしてこれ!これ!
{BC169527-1669-4E8C-871D-9B50C9BCB51F}

{A9987CAE-44C9-4D77-A39B-9E22A9EB637C}
バッハの無伴奏バイオリンSonatas and Partitas です。読譜の練習用に買ってきて少しずつ超スローでやってる内に「これは凄い物かもしれない?」と思ってハマっていきました。美しい音の動かし方のバイブルです…
今でも思い出した時にがむしゃらに弾く事があります。生徒と一緒に練習することもあります。誠に癒されます…


音符音符音符音符音符音符
クラリネットの教則本は実はギターにとってもいいんです。
{0479E4AD-BCF5-46E5-8C42-1A1CF2119141}

{22D6134E-51C0-438C-9677-19B901E48937}

Fritz Kroepsch〜なんて読むのか未だにわからん…クラリネットは最低音がEで、表記上の音域がギターと同じなのでそのまま弾く事が出来ます。上記の本は読譜というよりメロディパターン又はアルペジオの強化用教則本という感じで面白いエクソサイズがたくさんあります。



音符音符音符音符音符音符音符
続いてはリズムを鍛えよー教則本シリーズ!
{9A33B626-AEAA-40EB-B900-621378D956B3}
これはジョン・ラポルタ先生(バークリーの先生でした)の素晴らしいデュエット小曲集。有名スタンダード曲のコード進行を使ったいわゆる変えメロの教則本ですが、リズムが大変面白く作られていて二人が対位法的に別々のメロディを弾くというものです。相手の旋律を聴きながらつられないようにリズムキープを楽しむ?中々飽きない教則本ですよ。一応管楽器用です。


音符音符音符音符音符音符
同じ感じの教則本にはこんなのもあります。
{20A1E461-0297-4C4A-80B5-5DB0C55E1E77}

{C0E0A132-1037-4CAD-B79A-1DDF7034AAD4}
こちらも管楽器用の教則本ですが、レッスンやアンサンブルでいまだに使わせてもらってます。音使いがギターにとってかなりキツいのも出てくるので燃えますよ。萌えませんけどね…


音符音符音符音符音符音符
ドラムの教則本もいいですよ〜
{AFDA5315-C1B5-41F2-8E33-F898B3249C49}

{DF85DCB0-CD4F-4CB8-BE49-6EA89EE52EA4}

ドラマー用のリズム読譜の教則本です。音程もコードもメロディもありません。ただひたすらにリズムの色々な読譜用練習曲が載っています。それらにスタンダード曲などのコード進行を付けてギター用リズミック教則本に変身!というわけです。右手を鍛えよー!…的な?
ずーっとやってると無になれます。



音符音符音符音符音符音符
そしてすんばらしいこれ!
{FC7733E2-CECA-44FE-B446-ADC6F9F1586E}
チャーリー・パーカーオムニブックです。私はこれはリズムの教則本だと思っています。パーカーは演奏する全ての音にハーモニーとリズムの要素が含まれていました。しかもそれらのフレーズがビートの中のどの場所から飛び出すかわからない⁈自由自在とはまさしくこのことです。初めてビリーズバウンスを弾いた時に感じた「不安定な気持ち良さ」これはなんじゃらほい?と思った私は音の悪さ?にもめげずにパーカーを聴きまくりました。
ギタリストが他の楽器を練習教材にする意味というのは運指の問題だと思います。ギターにとって不可能だと思われるフレーズをどうすれば実際のリズムに近く表現できるか?時には全部弾かない方がそれっぽい場合もあります。
その後サックスやトランペット奏者のトランスクライブをやる様になったキッカケの本でした。
これをチャーリーさんの音源と合わせて弾く努力をするとリズムの「何か」がわかってきます…


私も教則本大好き少年?なので他にもお勧め本があるので又紹介いたします。



音符音符音符音符音符音符
私の本も宣伝させてください。
ギター初心者向けというよりも「ジャズ・インプロヴァイズの入門書」あるいは「弾くことによるイヤートレーニング」という趣きの本だと思っています。コード進行に対してどんなアプローチしたらどんな風に聞こえるか?という事を弾きながら学習することができる教則本。
シンプルですが、色々な使い方が出来るのでDIY教則本(無窮動シリーズ全般に言えること)だと自負しています。これの様々な使い方を又後程紹介したいと思って準備しています。













AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
出た〜〜〜!?ガーン
1996年に発売され、そのまま幻の廃盤となった迷著!インプロビゼーション・テクニック・フォー・オールギタープレーヤーズ!
{04BA416D-140B-4379-8650-7D206EA48749}

{CDB84A1D-F214-46A7-A1FD-D28585CB17F5}

{C1C1E397-F5F1-4ADF-A907-562CEB6A888B}

普通にマニアックな本です。メージャー、メロディックマイナー、ハーモニックマイナーの三つのスケールを使って、フレーズやコードに対してどの様にアプライするかという本です。タブ譜は一切書いていません。内容的にはいいと思うのですが…全く売れなくて…おまけに出版社も潰れてしまい…(僕のせい…?)その後の十数年間にわたり私の執筆に対するモチベーションを全て奪い去った黒歴史…
今は手元に一冊しかない禁断の書です…

ちなみに私は、
マニアック&ストイックな本が大好きです。


音符音符音符音符音符音符
ニコラス・スロニムスキーのシソーラス(辞典)オブ・スケール・アンド・メロディック・パターンです。
{2C9B611D-F1A9-47A9-B82C-71FAB69DA874}

{6209206D-9C2B-46E6-B9EB-20C9F7D3D1F2}
シンメトリックなパターンの作り方が載っている本です。そもそものコンセプトは、1オクターブの間に均等な音程を配置して出来る様々なパターン、例えば(CとF#)そして(F#とC)の2音間に1音、2音、3音、4音、5音を、等しい音程で加える事によって出来るパターンを全て網羅していく。というシンプルなルールです。シンメトリックなパターンが次々と出てきます。これらを弾いて行くと、どこかで聞いた事のあるパターンがヒョイっと出て来て、あーなるほど、となるのです。シェーンベルクやラベルやショスタコビッチのメロディパターンが出てきたり、バイトーナル・アルペジオという2つの異なるコードによるアルペジオ(ヘキサトニック)も載っています。やはり現代音楽と呼ばれる音楽にはこれらの要素がかなりある事がわかります。
ニコラスさんが何の為にこれを書いたのか?って言う事に興味があります。だって大変でしょ?辞典にしては見る人を限定しますよねー?
ニューヨークのタイムズスクエアの近く?にあったColonyという店で買ったのですが、店員さんが「これは何の本か知ってるのか?」と聞いたので「あなたは?」って聞き返したら「Coltrane’s favorite book!」と自慢気に?言ってたのが印象に残ってます。

「網羅系教則本」って面白いですね〜



音符音符音符音符音符音符
網羅形で凄いのはこの本です…ミック・グッドリックのAlmanac of Guitar Voice Leading…アルマナックって暦っていう意味でしょ?どんなタイトルやねん…因みにアルムナイのことアルミニって発音してバカにされた…ことを思い出した(ムカつく!)
{582EBF70-7E19-425F-9133-DC351792E043}

{39ACA97F-45C7-4DB8-8F59-F436766B567F}
この本はタブ譜どころか、音符すらありません。ヴォイスリーディングというタイトルの通り、コードの動かし方のみの本です。例えば「次のコードに進行する時は必ず」→「5度は3度に」「3度は1度に」「1度は5度」に動かさなくてはいけない(又はこれの逆)…というルールを守って内声を動かします。内声を機能的にかつメロディックに動かす、ギター和声学…という事ですね…
たまにこういう事に興味がある生徒と一緒弾いて見たりするのですが、暗闇の中をさらに眼を閉じて40分くらい歩いている様な…?気分になります。
私は一度、作者のミック・グッドリックさんのご自宅にお邪魔した事があるのですが…あの日に彼と過ごした時間はいまだ私の心の中で止まったままです…
又機会があれば、その話もしたいと思います。



音符音符音符音符音符音符
私の古くからの友人である青柳誠さんが「向こうの人はなんでもとことんやりはんな〜」ってしみじみ言ってた事を時々思い出すのですが、ボストン、バークリー界隈にはカリスマ先生の方達が何人かいました。チャーリー・バナカスさん、ハーブ・ポメロイさん、そしてジェリー・バンガージさん…
{C16171F1-B8C1-424C-83A5-048D7AF802AF}

{F15AB9E0-5E2D-4557-8334-8A03893B26B4}
バーガンジーは上記の2つの本以外にも、たくさんインプロビゼーション・トレーニングの本を沢山出されています。彼の教則本の特徴は一つの手法をいかに理解し、適用させるか?というコンセプトだと思います。例えば、ペンタトニックのパターンを網羅する練習をし、それらをコード進行にどうやってアプライするか?という解説をする。同様のプロセスを、ヘキサトニックの場合、ビバップスケールの場合、テトラトニックの場合、インターバルパターンの場合…etc…という風に各一冊の本にまとめています。上記の「シソーラス・オブ・インターバル・メロディ」は音程に法則を持った面白いフレーズ・パターンが沢山あります。アドリブというより作曲のアイデアてんこ盛りですね。
ジェリー・バーガンジー(sax)ミック・グッドリック(g)ゲイリー・チャーフィー(d)ブルース・ガーツ(b)全員ボストンのカリスマ先生達の4人でCon Brio(コンブリオ)というバンドを組んでいて(1983年当時)先生達の演奏は観ないとあかん!という事で良く足を運びました。あまりに理路整然としていて毎回「イェー!」っていうより、「イエス…!」という感じのライブだったのを覚えています。


音符音符音符音符音符音符
ミック・グッドリックのレッスンで勧められたゲイリー・チェイフィー(d)の「パターンズ」という本です。
{6E2DFC25-F978-4FAE-A14A-5B7A5EC2FDB2}

{ED8CDBDE-242A-4FF4-924D-CB51A2396E58}
これもかなりの鬼畜度です。ドラムの教則本なので、最初にスティックの角度とダイナミックス(pp〜ff)の関係とか、右手左手の順番の解説?とかドラマーが何を考えているのか、垣間見えるような事が書いてあるので興味深いです。4分音符から7連符までの様々な悪魔のようなリズムエクソサイズが載っています。



音符音符音符音符音符!!
網羅系というわけですではないけど、変わった教則本ですよこれは。パウル・ヒンデミットの「音楽家の為の基礎練習」という本です。

{52C7D95A-DCBB-45F1-8FAE-37E4D48F88D1}

{1E858017-9A99-4841-8F21-2D708C6358A2}
ヒンデミットは「画家マティス」というシンフォニーが有名なドイツの素晴らしい作曲家です。私の印象は「マジメでイカツイ」バルトーク?という感じで彼のバイオリンコンチェルトは弾いてみたい(無理ですが)フレーズが多数あります。
この本に出てくる練習課題はいちいち「へー、こんなやり方があるんやなあー」という、目からウロコの教則本です。私的にはサブディバイドというか、同じテンポで2つのことが同時に感じられた方がいいよ…見たいな部分が参考になります。これは内容を見てもらわないと伝わらないと思いますので、興味がある方はご一読を… 


ルンルンルンルンルンルンルンルンルンルンルンルンルンルン
いつものように私の本の宣伝を(^-^;
ギター無窮動トレーニングは3冊あるのですが、その中で「2」は私にとってなかなかのスペシャルな存在です。私も練習しています^_^
もちろん「1.3」も好きですしオススメです!
何故「2」がスペシャルかと言いますと…
無窮動トレーニングは「窮する事無く動く」ということがコンセプトになっています。コードが進行する様をシングル・ノートによって表現するという事を窮する事無く続けます。実は、フレーズを作るときにコード進行が沢山ある方がフレーズを作りやすいのです。コード達が助けてくれるから。しかし「2」は1発物!即ちコード進行が少ないのでフレーズ集を作るのが大変なコンセプトの本なんです…なんか自慢してる見たいですが、言いたいことは一発物というコンセプトでいいなあーと思う本が無かったんですよ。じゃあ自分で作って自分で練習しよう!と思って頑張って書き下ろしました!内容が難しいので出版社の編集の方が、無窮動「匠」というタイトルにしたらどうですか?と勧めてくれたのですが、「タイトルなんかどうでもいい、内容が良ければ!」いちびって「2」にして大変後悔しています(^-^;

タイトルがこれほどまでに売り上げに関係あるとは…

私はまだまだ素人です…


無窮動トレーニングシリーズ今後とも宜しくお願いします!






2018/2/7水
オルガネックスティックのライブです〜
ようこそお越し^_^
{C370EB47-6A83-4E89-9640-2B601389E189}
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。