お値打ちな価格でカミゲン黒木三線が沖縄三線 和於屋に登場!


岸本尚登 作 黒木(カミゲン)知念大工 最高級皮本張り

木目の良く詰まった黒木で最高級蛇皮本張り三線。

材はカミゲン黒木、製作は岸本尚登氏で型は知念大工。

塗は鏡面仕上げで評価の高い比屋根氏にお願いした。

お手頃な価格ではあるが、資質が高い逸品と言える。

AD
AD

岸本尚登 作 上質黒檀 塗なし南風原型 強化張り

上質な黒檀の材で棹に仕上げた。
塗はあえて施さず、塗なしとしている。

三線の音の殆どは胴から発する。
しかし、音だけではなく、振動も発生させる。

この振動が棹に伝わって、「響き」となる。

響きが胴から発せられた音に微妙なアクセントを加え、

それが三線の「音色」となり、結果として、
良い三線の条件としてよく響く棹が重要な要素となる。

沖縄三線 和於屋では塗をしない棹を定期的に提供している。
塗は棹を守る保護膜の役目が大きいが、半面、振動(響き)を

抑え込む副作用もある。



塗を施さないことで、胴からの振動が棹にダイレクトに伝わり、

塗をした棹では考えられないほど、大きな「響き」となる。

 

もちろん、良い事でだけではない。

保護膜がないと言う事は過酷な条件にされらされる事を意味し、

ごく限られた条件の棹だけが可能な手法だ。

AD