35歳OL☆新米ママ戦線

旦那さまとは付き合って10年↑
2014年4月に卵巣嚢腫発見;ω;6月に無事手術完了!
2015年10月より体外受精開始。5回移植も陰性。
2016年4月に漢方&鍼後のAIHで妊娠!


テーマ:
長いようで短い1ヶ月でした!
先日無事に1ヶ月健診を終え、身長4cm、体重900g増で問題なくクリア出来ました。
桶谷式通ってるおかげで完母ながら体重も増やすことが出来て本当によかった!

母乳は溢れるほど出るわけではないので2時間に一度くらいはあげてて常に寝不足ですが親のサポートがあるので何とかなってます。
実家じゃなかったら詰んでる!!
深夜も授乳したら父が寝かしつけてくれて助かる〜がん患者とは思えないくらい元気に孫の面倒を見てくれてます。

1ヶ月経って大きくなったし寝てばかりもいないし授乳中に暴れて乳首がもげそうになったり、寝たと思いきや盛大にうんちして背中に漏れて着替えさせて授乳リセットなどなど、毎日息子を中心に世界が回ってますが何より息子がかわいい。
圧倒的に他の赤ちゃんよりデカイけど健診に行ってもうちの子がダントツで可愛い(親バカです

まだまだ意思疎通は完璧ではないし両親に甘えている部分も大きいですが引き続き頑張ります!!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
土曜日、訪問で桶谷式の方に実家まで来てもらいました!
訪問だと6000円かかるけど、1ヶ月検診まではなるべく外に出ない方がいいのかと思い。
桶谷式って調べると結構いろんな人がいるみたいで、厳しい人だったらどうしようと、田舎だから選択肢がなくてドキドキでしたが、とても優しくて極端なことは言わない方だったのですごくよかった!

いろんな話を聞かせてもらいながらマッサージをしてもらい、ホントに痛くなくてむしろ心地よかった〜。
右が一度ピュッと噴水になって感動。
もう十日経ってるのに初乳が残ってたらしく、ちゃんと赤ちゃんが吸えてなくて溜まっていると。
母乳自体は出るおっぱいだと言ってもらえてホッ。
授乳方法も改めて教えてもらいました。
ドナルドダックみたいな口にしなきゃいけないのね。
うちの子は上唇をまきこみがちでなかなか親指で出そうとしても出てこない...。

ピジョンの母乳相談室という哺乳瓶をおすすめしてもらったので買いました。
かなりスパルタな哺乳瓶で、私がやるとお母さん優しすぎてダメ!と言われ( ;∀;)
母が頑張ってスパルタでやってくれてます...。

授乳は最長3時間しか開かないように、一日12回くらいしてほしいと。
横抱きとフットボール抱きで、左右5分ずつ×二回。
しかしうちの子はすぐ途中で力尽きて寝てしまう。

心配事というのは、体重測ってもらうとなんと退院時と変わらず。
授乳前してミルクも80飲ませていたんだけど最近は疲れて残しちゃったりしてて。
とりあえず、授乳回数増やして、ミルクは60飲ませてまた明日、予約したので行ってきます。
聞くとうちから車で30分くらいなので母に送ってもらって。
だいぶ遠くから通ってる人もいるみたい。

まさか体重全然増えてないとは思わなかった...
昨日今日、ちょっと頑張ってるから、増えてますように。

一度、右を飲ませていたら左乳に母乳が滲んできて、一度は乳首つまんだらそのあと自動的に出てきたりして、分泌はマッサージで良くなってそう。
左の乳首を引っ張ったらピュッと飛び出たことも一度。
毎回じゃなくても今までなかったことがあると嬉しい!

食事制限もそこまで厳しくは言われなかったけど、ご飯をたくさん食べるのと、肉は基本鶏肉、魚は白身魚、和食。
妊娠糖尿病の食事と似たような...出産したら好き放題食べるぜ!というのは、先延ばしにしようと思います...。

母乳だけでイケるようになるかな〜〜母乳パッドとか使わないといけなくなれるのかな〜〜
母乳は当たり前に出るのかと思ってたからまだまだ私は勉強不足だな〜〜
しかしとらわれすぎず、新生児の時期を味わわなくちゃ!
こんなバブバブな時期は今だけだもんね(о´∀`о)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
9日に退院し、昨日お七夜を過ごしました!
入院中は4人部屋だったので赤ちゃんが泣くと気を遣ったものですが、今は実家で一軒家なのでその辺のストレスはなくなりました( ;∀;)

ミルクを飲んでもなかなか眠ってくれなかったりして、入院4日目はすこしだけおセンチになり涙が出たりしました...
赤ちゃんはかわいいし育児も頑張りたいのにおっぱい出ないし赤ちゃん泣くし...と、お昼ご飯食べながらメソメソしてました。
その前に、気を遣って助産師さんがご飯の間預かってくれたのも嬉しいやら申し訳ないやらで。

産んだ病院は完全母子同室で、小児科の診察があるとき以外はずっと一緒でした。
あまりにしんどいときは、助産師さんに預かってもらいましたが、2日目と3日目だけお世話になり、それ以降は頑張ったので常に睡眠不足。

退院してからは夜中、父と母がミルクを作って飲ませてくれて、私を寝させてくれるので本当に本当に助かってます。

沐浴は私も好きなんだけど父が嬉々としてやりたがるのでお願いしてます(๑¯ω¯๑)
父も、すい臓がんと戦いながら過ごしてますが、好きなもの食べてるしボーリングもするし赤ちゃんの世話もしまくりでとても元気!
一時期は父に孫を見せられないんじゃと絶望していたので、こうして沐浴させられるのは、親孝行だよなあと思ってとても幸せな気持ちになれます。

基本は幸せな日々ですが、とにかくおっぱいが出ません!!!
入院中は咥えさせるだけでも一苦労で何度助産師さんに泣きついたことか。
今は咥えるのは余裕になったものの、授乳直前のマッサージ(乳首引っ張るやつ)でじわーと滲んでくるのみ。
退院直後に一度ぴゅっと出たけど幻だったのかも。

なので普通にミルクも飲ませてますが、ミルクの前に左右5分ずつ咥えているので若干ミルクの時力尽きてる。
あとは、ミルクは三時間以上開けなきゃいけないので、その間に泣くとおしゃぶりがわりに咥えさせてます。
それで力尽きて寝ることも。
しゃぶってる姿はとてもかわいくて愛しくて癒されるけどたいして出てないかと思うと申し訳ない...。

噂の桶谷式、こんな田舎にはないかなと思ったら隣の市に奇跡的に1人いらっしゃるので、明日電話してみようかにあ。
産んだのとは違う病院に母乳外来があるけどそっちを受診するのもありなのかなあ。
でもまだ赤ちゃん連れていけないし、外出するのも一苦労だよね。

母乳はノイローゼになるとかよく言うからな〜
出来れば母乳で育てたいので、なんとかなってほしいものです。
母は退院した日にはジャブジャブに出ていたらしい...安産だし、母が羨ましいッ!
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
今年のお正月はおもちも食べ放題とはいかず、妊娠糖尿病で決められた個数(二個)でスタート!
2日の夜、お腹の張りを頻繁に感じ、臨月だからかな?と思う。
トコちゃんベルトをしてるのが苦しい感じだった。

3日、眠っていると何度も生理痛みたいな痛みで目が覚める。
4時ごろに起きて、間隔を測ってみると7分おきの等間隔だと気付いて慌てて入院準備。
もっと早く準備しておけばよかった...
お母さんを起こそうか悩みつつ顔を洗っているとちょうどトイレで起きてきたので陣痛ぽいと伝え、病院にも電話して車でGO!

6時前に到着して助産師さんに診察してもらうと子宮口が2センチ開いているので入院で良いでしょうと。
陣痛室に入ると、隣のベッドでも陣痛と戦っている人が...。
だんだん痛みが強くなってきて、3日が誕生日かなと思っていたものの...

10時半すぎ、先生の診察でも子宮口に変化なし。
隣の人はだんだんしんどそうになっていく。
先に破水をしたようで、痛みを逃すための吐く呼吸が上手だったので参考にさせてもらって、これはとてもよかった。
ありがとう誰だかわからないけど、先輩!

午後になっても間隔は変わらず、病室を案内されたので荷物を移動。
隣の人がだいぶ辛そうにしていたので場所が変わってよかったかも。
付き添いの母には状況が変われば連絡すると言って帰宅してもらう。

病室は赤ちゃん同室の人がいたので、夜は陣痛室へ。
隣の人は20時くらいに出産したようで赤ちゃんの声が!
初産だから少し時間かかったねーと様子を見にきた助産師さんが言っていて、私の方がかかりそうな予感が。

病室では五分おきくらいになっていた陣痛が、陣痛室でモニターをつけると7-10分おきに逆戻り...
横になると間隔が空くから、なるべく起きて耐えていたり、力尽きて眠ると痛みで飛び起きたりと、夜中はストレスフル。
寝起きの陣痛は特に痛い!

朝になり、間隔が変わらなくていつ終わるか分からないと助産師さんに伝えるだけで泣きそうに、というか泣いた。

9時すぎに医師の診察があり、そこで子宮口が5センチ開いていると言われて歓喜!
痛みに耐えた甲斐があったー!変化はあったんだ!

陣痛促進剤の点滴を使おうという話になり、どうぞどうぞと歓迎。
とにかく前に進みたい!!

点滴開始直後は大きな変化はないものの、少し時間が経つと間隔が5分おきになり、痛みも増してくる。
前進を喜ぶのもつかの間、痛みがヤバさを帯びてきて、必死に深呼吸。
とにかく長く吐く!
助産師さんに呼吸が上手だと褒められて嬉しい。先輩のおかげ。

子宮口の診察は陣痛がきたときにやるので痛い!でも頑張って耐える!
開いてはいるものの、赤ちゃんが降りてないと言われ、破水して欲しいけどなかなか破水せず。
助産師さんは陣痛がくると腰をさすってくれて有り難かった。

お昼頃、お尻を押されるような感覚があり、何か出そうな感じ。
陣痛がきたときに助産師さんにお尻の穴をぎゅっと押してもらうと痛みに耐えやすくなる。
この頃には痛みがかなり強く、LINEも出来ないくらいに。
お昼はパイナップルだけなんとか食べる。
陣痛の合間、母からもらってストローで水を飲む。
呼吸はとにかく喉が乾く。

12時半、破水させて分娩を進めましょうと、ついに分娩室へ。
父と妹に見送られフラフラの状態。
分娩室ではまず破水させて、医師によるグリグリ診察(痛すぎ)、点滴もかなり強めに設定。
子宮口は8センチまで開くも、そこからが全然変わらない。
痛みに耐えて診察してもらっても変わっていなくてあとどのくらい耐えたらよいのかと不安になる。

息を吐くときに「ふうぅ〜〜」と高めの声が出てしまう痛みに。
お尻をかなり強く押してもらわないとマジで何かが出そう!
助産師さんは基本、押してくれるけど、たまにカルテを書いていると押してもらえず死にそうになる。

ひたすら陣痛に耐え、診察の痛みに悲鳴をあげ、周りの看護師さんに「目開けて、息をゆっくり吐いて!!」と叱咤されながら頑張っても、医師は無情にも「硬いな〜」とか「全然降りてきてない」というような台詞を( ;∀;)
陣痛が痛すぎて、もう無理、と言ったけど流されました。

3時間ほど経ち、眠っていない中で陣痛と戦っていたため、陣痛の合間に寝てた。
どうやら陣痛が弱まっていたらしい。
強制的に分娩に入り、いきみ方のレクチャー。
陣痛がきたときに息を鼻から吸い、息を止めて、手すりを掴んで上体を持ち上げ、足は大きく開いていきむ!
この時息を吐いたり声を出したらダメ!

まさかこんなにアクロバティックな動きが最後にあるとは。
時計は16時15分くらい。
とても上手だと周りの人はみんな褒めてくれるけど、とにかく早く終わって欲しかった。

助産師さんにあとどのくらいか聞いてみると上手だから30分くらいかなと。
30分もこれをやるのかと思いつつもゴールが見えたので必死にいきむ。
なんか出ちゃいけないものも出たけどよくあることだと思う(たぶん)。

16時35分、医師より「よしっあと2回で出そう!」と神の一声。
この少し前に会陰切開されました。もう好きなだけ切ってくれという気持ち。
ついに!!と残り2回は元気に頑張ったけど、2回目は何度も連続でいきむように言われ、さらにいろんな人が集まってきて色んなところを押されるわ広げられるわ、
どこかを押されながら「お母さんここを押し返して!」と言われても何をどうしたらいいかわからない。

姿勢もすごいことになり、私も潰れたような悲鳴をあげる中、どうやら生まれた。
しかし泣き声が聞こえず...
そういえば少し前に、小児科の先生を呼んでと誰かが言ってた。
でも少し前だから、事前に待機していたんだと思う。
生まれてすぐに小児科の先生が診てくれて、助産師さんが横で「1分です」と時間を伝える。

なんだかコウノドリで見たみたいな、とぼんやり思う中で、ついに泣き声が!

ここで場の雰囲気も一気に柔らかくなり、おめでとうございます、よく頑張りましたね、とたくさん声をかけられる。
私もとにかく安心、やっと終わったという気持ちでいっぱいに。
出産は、16時38分。

小児科の先生も、ちゃんと泣いているので大丈夫ですよと声をかけてくれる。
なぜか不安はなかった。
コウノドリで小児科の先生のすごさを読んでいたからかな?
少ししてから赤ちゃんがきて、ちょっとだけ抱かせてもらった。
小さくてめちゃくちゃかわいい。
頭にキスをさせてもらう。

赤ちゃんは預けられ、私はひたすら股を縫われ、周りは後片づけ。
外で両親がうちの旦那や、旦那の実家に電話している声がする。

股を縫われてる時間はやけに長く感じた。
後ろで研修医らしき人が見てる。
なお、こんなに早く生まれるとは思っておらず、次の健診が5日だったので毛の処理などをしてなかったため、大変ワイルドな全身を晒すことになった。
私はとても毛深いので、研修医くんの心に傷が残っていないことを願うのみ。

縫った後は2時間分娩室で安静に。
両親、妹がやってきて、まず旦那に電話してあげてと。
電話で労ってもらい、家族も一安心。
兄弟のLINEは100件未読があった。

2時間後、起きるとフラついたけど、頑張って車椅子に乗り赤ちゃんに会いに行く。
なんと3875gあったと知り、そりゃ出てこないなと。
へその緒も首に巻かれていたらしく、それで強引な出産になったのかも。
いやー、ほんとに無事でよかった。

新生児室で見る赤ちゃんは、一緒に頑張ったから疲れていたけどとてもかわいく見えて、頑張ったねと声をかけた。
その後病室でも6時間安静、それからトイレに行ったけどフラフラで車椅子のお世話に。
夜は興奮やら股の痛みというか尻の痛みで眠れず。
翌日診てもらうとなんとイボ痔になっていた。
なんか、出てる。
頑張っていきむと痔になるのね、、

新生児は最初の一晩を過ごせるかが大切だと新生児室で言われて不安だったけど、翌日には無事に母子同室になり、私の元に来てくれた。
50.5センチの大きな男の子。
髪の毛はフサフサで、なんか耳とか肩にも毛が生えてる笑
ほっぺたがぷっくぷくでまんまるのおにぎりみたい。
とにかくかわいい、かわいい、かわいい!

37時間、
何度も心が折れて辛くて痛くてしんどかったけど、私と一緒に戦ってくれてありがとう。
元気な声が聞けて、顔が見られて、抱っこできる。
全然当たり前なんかじゃない、特別に幸せなこと。
本当にこの子には感謝!

1月5日、小さな頃から可愛がってくれた祖母の姉が施設で息を引き取りました。
晩年は重度のアルツハイマーになり、その前まではうちで世話をしてました。
最期は痛みもなかったのではないかと。
18時に夕食をとり、20時には亡くなっていたそうです。

子どものいない夫婦だったので、クリスマスはいつも七面鳥とケンタを持って来てくれて、すごくそれが楽しみだった。
我が家で葬式や告別式の手配をしたため、かなりバタついているけど、赤ちゃんが生まれた後で、退院する頃には告別式も終わっているので、気を遣ってくれたんだなあと。
じんわりとなりました。

命はこうして巡っていくんだなあ...。
待望の赤ちゃん、
大事に、元気に育つように、たくさん勉強して頑張ります!
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
予定日より2週間早く、
しかしながら陣痛開始から37時間という死闘の末、
なんと3875gのビッグベイビーを出産しました!

ほんとに何度も死ぬかと思った...
出産がこんなに過酷だとは思いませんでした。
母が安産だったし〜となんとなく安心していたら...
7分おきの陣痛は24時間以上、
分娩室に入ってから約5時間、
意識は遠のくは強烈な痛みで叫ばざるをえないわ、最後は10人くらいに体のあちこちを押されたり引っ張られたり広げられたりして産んだのでわけがわかりませんでした。

母子同室で、最初はおとなしかった赤ちゃんもあっという間にミルク欲しさでギャン泣き!
私の母乳がまだ雀の涙しか出ないので( ;∀;)
ミルクは三時間開けなきゃいけないから、お腹すいて口をパクパクさせながら泣いてるのかわいそう...
早くいっぱい出ますように。

泣いてる時はあやすのにずっと抱っこしてるけど、何せデカいので肩と腰にダイレクトアタック。
しんどさもありますが、赤ちゃんは、めっちゃくちゃかわいい!!!!!!!
ミルク飲んでご満悦な様子とかたまりません!!!
笑ってしまうかわいさ。

頑張って元気な子に育てたいと思います!
出産レポはまた後日詳細を残しておこう...
産んだら陣痛忘れるなんて安産の人だけだよ!笑
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。