やさしいアメブロカスタマイズ!と女性タレント画像

初心者でも解る、アメブロカスタマイズの方法を書いてます。
時々、女性タレントの日常を追いかけます(笑)
そして、たまにブログ書評(書評の書評?)も書いています(備忘録として)。


テーマ:
$あんなこと そんなこと どうでもいいこと...-森下千里




硝子坂といえば、高田みづえちゃんのデビュー作にして代表作になった名曲なのですが、声も歌い方もアレンジも違います。
木之内みどりさんの元祖硝子坂なのだそうです。



作詞は当時業界では有名な音楽プロデューサーの島武実(しま たけみ)さん、作曲は宇崎竜童さんです。

木之内みどりさんのアルバム『硝子坂』が発売されたのが1977年2月25日。

高田みづえちゃんのデビューシングルの発売が同年3月25日。

ほとんど同時期といっていいと思いますが、木之内みどりさんのほうが1ヶ月先だったので、今では元祖「硝子坂」といわれているそうです。

高田みづえちゃんの硝子坂も気になるので聴き比べてみましょう。


高田みづえ - 硝子坂 投稿者 masanaotanaka

こちらもすばらしいですね。

ちょっと演歌調の歌い方を、当時たった15才だったデビューしたてのアイドルが歌っています。

ポップスと演歌をミックスしたような独特の歌唱法は「カタカナ演歌」とも呼ばれていました。

発売1ヶ月半でオリコンTOP10入りを果たし、シングル売上は31万枚を突破したそうです。

一方の木之内みどりさんのほうは、残念ながらレコード売り上げとしてはあまり伸びませんでしたが、ブロマイドは飛ぶように売れ、テレビドラマ出演や雑誌のグラビアなどでも人気がありました。

高田みづえちゃんは若島津関(現松ヶ根親方)とご結婚され、芸能活動を引退して
松ヶ根部屋のおかみさんとしてご活躍されています。


さて硝子坂についてですが、
どちらもすばらしく、甲乙つけがたいですね。

まぁ、甲乙つける必要なんてぜんぜんないのですが。w

あなたはどちらの硝子坂がお好きでしょう?

自分には懐かしいのであります。(笑)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード