1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
テーマ:ブログ
2005-08-30 14:52:25

「せっかく」と「もったいない」

 どちらも、私の「得意な」(?)言葉です(笑)


 少し前 、ほとんど全部、収穫してしまったし、葉っぱも枯れて来ているので、「もういいかな~」と思っていたミニかぼちゃですが、その時、まだ、小さい実が、いくつかついていたのです。


 「もしかしたら、これも大きくなるかも…」なんて思って、片付けずにそのままにしておいて(放置?)、トマトなどを収穫に行ったとき、たまに、蔓を引っ張り上げては、「うふふ、まだある、ある」と、チェックしていたのですが、今日、見てみたら、だいぶ大きくなっていました。


ミニかぼちゃ  もう、草むしりもしていないので、雑草だらけですが、その中にかくれるように、こぶしよりちょっと大きいくらいの実がなっています。ミニと言うより、ミニミニですね。


 でも、こう言う小さなかぼちゃは、仏壇に供えるには、かわいらしくて丁度良いので、もうちょっとして、付け根がしおれて来たら、収穫しようと思います。


 もうダメかと思っていたけど、ミニミニとはいえ、かぼちゃらしく成長していて、何だか、とっても得した気分。置いといて良かった。


ミニかぼちゃ  もう一個は、何だか、形もいびつですが、 それもまた、味があっていいかな~。かえって、家庭菜園らしい感じです。


 場所をとるから、と、畑の端っこに植えたのですが、それでも、広がりすぎて、周りの休耕地(草むらみたいになってます)にまで広がっているので、もしかしたら、まだ、どこかに、こんな風にチビかぼちゃが、なっているかも…そう思ったら、うれしくなってきます。宝探しみたいな気分ですね。


 主人が丹精した野菜なので、「せっかくなってるのに」とか「もったいない」とか思って、「普通、こんなの、もう食べないでしょ?」みたいな野菜でも、何とか、食べられないかな、と思います。


 しおれたナスなんかも、「皮がちょっと硬いけど、でも、干しナスみたいなもんだし」 と、お味噌汁に入れたりして…食べるのが追いつかないので、おいしいうちに食べる、と言うのが、なかなか難しいんですよね。その点、冷凍保存出来るものは、いいですね。お豆とか。


 最初のキュウリは、もうそろそろ、本当に終わりだけど、地這いキュウリが、そろそろ、採れ始めたのですが、「今度は、小さいうちに採れよ」と主人。最初のキュウリは、「収穫するとダメになるから」と、食べる分だけ採っていたら、常に、ヘチマキュウリを食べる羽目になってしまいました。今度のは、逆に、うんと小さいうちに採って、もろきゅうにしようかな。


 夏野菜と言うのは、採れるときは、それはもう「どちゃっ」と採れるので、収穫するのも、なかなかむずかしいですね。でも、それでもやっぱり、「たくさん」って言うのは、いいものですよね。バケツいっぱいとれたトマトを、洗い桶に入れて、「沈んでる~」なんてやってるときは、ほんとにしあわせな気分です。洗いながら、ちょっとツマミ食いしてみたり…採れたてのトマトは、甘くて、何もつけなくても、すっごくおいしい。至福のひととき、ですね。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
テーマ:ブログ
2005-08-28 18:00:59

いつかなんてない

 台風が過ぎて、何だか、蒸し暑かったですが、今日は、ようやく、涼しくなったみたいですね。夕方は、クーラー無しでも大丈夫な感じです。


 実は、身内に不幸があり、今日は、お葬式でした。その間、ワンコたちはお留守番です。クーラーをつけっ放しで出かけたのですが、心配なので、申し訳ないのですが、私だけ、先に戻って来ました。こう言うとき、お留守番の出来ないワンコは、困るのですが、いつもおじいちゃんとおばあちゃんが居て、お留守番なんかしたことがないのですから、仕方がありません。それでも、おじいちゃんのときは、ワンコたちも、気配を察したのか、頑張ってくれたので、助かりました。


 帰り、一人で、駅からのバスに乗って、窓の外を眺めていると、「ほんとに、『いつか』なんて無いんだな」と思いました。「いつかこうしよう」「暇になったら…」「その内…」-普段、こんな風に、色んなことを先延ばしにしがちですが、でも、もし、やりたいことがあるなら、今、やったほうがいい、いつかじゃなくて今やったほうがいい-そう思ったのです。出来ることは、出来るときにやっておいたほうがいいんですよね、きっと。


 まだ亡くなるような歳ではないので、家族の悲しみ方も違っていて、いっそう悲しい感じでした。お葬式と言うのは、どうしても、気持ちが弱ってしまいますよね。


 家に着くと、ワンコたちが、玄関で、お座りして待っていました。今日も、お利口で、お留守番が出来たみたいです。ころがるようにしてお迎えする風太とまいこを見ていたら、ちょっと優しい気持ちになれたような気がします。


 暑さがひと段落して、涼しくなったり、また、暑くなったり…この時期、身体の調子の悪い人は、こたえるんだろうな、と思います。気をつけたいですね。 

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
テーマ:ブログ
2005-08-27 21:20:45

スパゲティナポリタン

 ここのところ、トマトがたくさん採れているので、トマトソースを良く作っているのですが、「こんなに甘いソースなら…」と思って、ナポリタンを作ってみました。


 最近でこそ、色んなパスタがありますが、私の子供の頃は、スパゲティと言えば、ナポリタンか、ミートソースでした。しかも、ナポリタンは、茹で麺に粉末ソースのついた「ママーナポリタン」でしたが、それでも、とてもおいしかったのを覚えています。土曜日のお昼に多かったですね。


 ミートソースは母の手作りで、友達に「いいね~。うちは缶詰…」とうらやましがられました。大好物のメニューでしたね。母のミートソーススパゲティは、茹でたスパゲティを、一旦、炒めて、ミートソースをかけたもので、今思えば、茹で過ぎな感じでしたけど、当時は「アルデンテ」などと言う言葉は一般的でなく、そんなものだと思っていました。ソフト麺の食感に引きずられていたのかも知れません。


 母のもそうでしたが、昔のスパゲティは、麺が柔らかいのと同時に、ソースも甘めだったように思います。スマスマで、木村君が作っている「木村家のスパゲティ」も、そんな感じ…昔の「家庭のスパゲティ」って、ケチャップみたいな味、なんですよね。でも、洋食屋さんのナポリタンや、付け合せのスパゲティは、ケチャップとは微妙に違う味で、「どうやったらこの味が出せるのかな~」なんて思ったりしていました。


 そう言えば、イタリアには、ナポリタンと言うスパゲティはないんだそうですね。ケチャップも、ないんだとか。私が「懐かしい」と思う味って、どちらかと言うと「アメリカ発」の味なのかも知れません。


 自分でトマトソースを作るようになってからは、かえってナポリタンやミートソースは作らなくなっていたのですが、この間、作ったミートソースは、それはもうおいしくて、トマトだけで作ったのに、とても甘く、どこか懐かしい味でした。だから、うちのトマトで作ったソースは、きっと、ナポリタンにしてもおいしいんじゃないかな、と思ったのです。


 そこで、今日のお昼、ナポリタンを作ってみたのですが、大正解、でした。ベーコンと、うちで採れたたまねぎとピーマン、そして、今日はぶなピーも入れて、炒めて、トマトソースで味付けしたナポリタンは、ほんとにおいしくて、そして、どこか、懐かしい味、でした。茹で加減もやや柔らかめ-何となく、ナポリタンには、その方が合う気がしたのです。おばあちゃんも、「おいしい、おいしい」と食べてくれました。ナポリタンも、何となく、家庭の、「しあわせの味」って言う気がします。


 夕方、畑に出てみると、普通のトマトが、ようやく大きくなっていました。「大きいのは、やっぱり、ダメなのかな~」なんて思っていたけど、今頃になって、たくさんなっているのです。何だか、うれしくなってしまいました。台風が行ってしまった後、「暑くてやだな~」なんて思っていたけど、でも、トマトが赤くなるまでは、暑さが続いて欲しいような気もして来ました。勝手ですね。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
テーマ:家庭菜園
2005-08-26 23:14:17

沈むトマト

トマト  うちの畑で採れたプチトマトです。水に沈んでいるのがわかるでしょうか?そう、我が家のトマトは「沈むトマト」なのです。

 ここのところ、トマトが、それはもう「どっさり」採れるので、洗い桶で洗っていたら、水に沈んでいるのに気が付きました。最初は、そんなこと、気にしてもいなかったのですが、一旦、気付いてしまったら、妙に気になって…洗うたびに、沈んでいるかどうかをチェックしてしまいます。


 最初は、洗い桶で写真を撮ったのですが、どうも、「沈んでいる」のがわかりづらい感じだったので、パイレックスのボールに入れて、撮ってみました。しっかり沈んでいますよね~。


 ただ、全部が全部沈むか、と言うと、そうでもないのです。


調理用トマト  これは、調理用のトマト、ティオクックです。 こちらは、浮いています。







調理用トマト  こんな風に、 完全に沈まずに、プカプカ浮いてしまっています。


 我が家のトマトは、普通のトマト・中玉・調理用・プチトマトの4種類ですが、普通のや、プチトマトは、沈むのが多いですが、この、調理用トマトは、浮いてしまいますね。どうしてかな~。


 確かに、中玉やプチトマトは、色も濃く、とても甘いですが、調理用トマトは、色が薄めです。皮も硬くて、表面がひび割れてしまうことも多い気がします。


 普通のトマトは、なるものは全部ならせてしまっているので、あんまり大きくならないですね。皮も、ひび割れることがあります。


 主人は、「トンネルを作ってないから、雨に打たれるせいじゃないか」と言っています。普通のトマトは、今年、初挑戦なのですが、上手に作るのは、結構、難しいですね。調理用トマトも、同じ感じです。


 それに比べて、中玉・プチトマトは、たくさんなる上に、とても上手に出来て、おいしいので、大助かりです。そのまま食べるのはもちろん、トマトソースにしても、すっごくおいしいです。


 でも、トマトを作るからには、やっぱり、「大玉」はあこがれですよね~。いつか、大玉のトマトを、お店に並んでいるみたいに、綺麗に作れるように(作ってもらえるように?)なるのが、夢ですね。


 生で食べたり、トマトソースにしたりで、毎日、楽しんでいるのですが、それでも追いつかず、冷凍したりもしているのですが、最近は、冷凍庫も、いっぱいになって来ました。


 「プチトマトがたくさんあるんだし、ドライトマト、作ってみようかな」と思って、野菜作りの本を見たら、「オーブンで2時間」と書いてありました。う~ん、2時間…ちょっと考えてしまいますね。「本来は天日で干す」とのことですが、一体、何日で出来上がるのでしょうか?干しナスだって、結構大変だったのに、トマトは、水分が多いので、乾かすのは大変ですよね。多分、「買ったほうが安い」だろうな、と思います。まあ、今更ですが。


 プチトマトは、まだまだ採れそうなので、色々、試してみたいと思います。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
テーマ:ブログ
2005-08-25 17:53:32

鯵の南蛮漬けを作りました。

鯵の南蛮漬け  鯵の南蛮漬けです。 定番ですが、大好きなメニューです。たくさん作っても、日持ちするので、常備菜に最適ですよね。


 私は、「たくさん」作るおかずって、結構、好きなのです。何となく、「しあわせな感じ」がするような気がして…子供の頃、たくさん作って、作るそばから焼いて食べた餃子や、寿司桶いっぱいのばら寿司-そう言う、子供の頃の記憶が、よみがえるせいかも知れません。私のうちは、「おかずをたくさん食べるうち」だったので、今でも、ついつい、作り過ぎてしまいます。だから、日持ちのするおかずや、味がしみるとおいしくなるおかずは、うれしいですね。


 私は、鯵と言えば、この、南蛮漬けか、唐揚のあんかけを食べるくらいで、あまりお刺身などは食べたことがなかったのですが、主人のほうは、鯵のたたきやお刺身が大好きで、逆に、南蛮漬けなどは、新鮮に映るみたいですね。


 好みはあると思うのですが、私は、小さめの鯵を、カリカリに揚げて、甘めのお酢に漬けて、たまねぎをたっぷり載せるのが好きです。あんかけは、逆に、中くらいか大きめの鯵がおいしい気がします。今回は、うちの畑で採れた赤たまねぎを使ったのですが、お酢で、とても綺麗な色に仕上がりました。


 ほんとは、唐辛子なんかも入れてもいいと思うのですが、おばあちゃんが苦手なので、主人と私は、食べるときに、七味唐辛子をたっぷり振って食べています。


 作り方は


1.片栗粉をまぶした鯵をカリッと揚げる(2度揚げすると、なおいいですね)

2.砂糖・酢・白だしを火にかけて、酸味を飛ばす

3.2のお酢に鯵を漬けて、薄切りしたたまねぎを載せる


 です。ただ、揚げて、お酢に漬けただけなのに、ほんとに、おいしい。我が家は、甘めの味付けです。お出しに薄口醤油でもいいですが、今回は、白だしを使ってみました。「ご家庭で手軽にプロの味」と言うわけですね。白だし、とても便利です。「ちょっとだけお出しが欲しい」と言うときには大活躍です。


 カルシウムたっぷりの鯵に、お酢-とても、身体にいいメニューだと思います。作るのも、食べるのも、大好きなおかずですね。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
テーマ:ブログ
2005-08-25 17:18:13

台風が来ています。

 ここのところ、台風続き(?)ですね。こちらも、激しくなったり、弱まったりしながら、雨が降っています。この雨、少しは、四国にも降ったのでしょうか?気象情報 のサイトでは、四国地方は晴れマークが並んでいます。被害が出るのは困るけど、降って欲しいですよね。


 おととい、雷がなり始めたので、「今のうちに」と思って、お昼前、畑に収穫に行きました。これから台風だし、次の日は仕事なので、早めに収穫しておこうと思ったのです。そしたら…


 ちょうど、シシトウを採っているとき、滝のような雨が降り出しました。ほんとに、「修行」しているみたいな雨、です。もう、全身びしょぬれ…でも、今更、止めるわけにもいかず、とりあえず、採り頃のものを全部収穫し終える頃には、海水浴みたいな感じになってしまいました。雨に「打たれる」なんて、何年振りかな~。あたり一面、「雨の匂い」がしていて、「あっ、雨の匂い~」なんて、ずぶ濡れなのに、そんな暢気なことを思ってみたり…でも、かみなりが激しくなって、危険な感じになって来たので、急いで、家に帰りました。でも、雨の匂いって、ほんとは、何の匂いなのかな?


 家に戻ると、玄関には、おばあちゃんとワンコが待っていました。タオルをとってもらって、まずシャワーです。ほんと、ぐっしょり濡れてしまって、「濡れると体温って奪われるんだな」と実感しました。夏でなかったら、風を引いていたかも。


 お昼は、懸賞生活の当選品、熊本ラーメンを食べて、身体を温めました。暖かい食べ物って、やっぱり、いいな~。


 帰って来た主人は、濡れてしまったので玄関に置いてあった野菜を見て、「何で、こんなところに置いてるんだよ?」「何でじゃないよ!」-会社付近は、そんなに、降らなかったみたいです。


 最近は、台風が近づいてくると、まず、畑の野菜が気になります。主人が、丹精した野菜たち-支柱などは、しっかり作ってあるものの、実がなっていると、落ちてしまうし…


 でも、一方で、滝のような雨は、からからに乾燥した畑にとっては、「いいお湿り」にもなったようです。自分で撒くと、あんなに、満遍なく・十分には、とても出来ないです。自然の力は、ほんとに、すごいな、と思います。


 そんな風で、濡れてしまったのは「誤算」でしたが、おとといの雨は、うれしい雨でしたが、今、来ている台風はどうなんでしょう。この辺は、これからひどくなりそうなので、気をつけたいと思います。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
テーマ:ブログ
2005-08-22 08:28:35

いいことバトン

 最近、すっかり「バトン」づいて(?)いますが(って、まだ3個目だけど…)、私のお気に入りブログ、tottyさん から「いいことバトン」をいただきました。tottyさん のところには、ほかにも、色んなバトン が届いていて、とても楽しいですよ。特に、tottyさんDream Baton は必見(?)です。


 でも、「いいことバトン」って、何だか、いいですよね。おいしいレシピが満載のきょうも、いただきまーす! のtk18412004さんもいいことバトン♪ をUPされてます。「いいこと」だから、楽しいことを考えられるのがいいかな~。


 と言うわけで、私も、書いてみようと思います。


Q1.今日あったいいこと


・今朝は、さわやかで、とても気持ちのいい朝だったこと。

・風太&まいこ(シーズー犬)の調子がいいこと。

・ご飯がおいしいこと(?)-これは、大切ですよね~。ご飯がおいしく食べられるときって、結局、いろんな意味で「しあわせ」なときだと思います。体調も良くて、素材が良く、気分がいいから「おいしい」…昔、「おいしいものを食べているとき、不機嫌な人はいない」とかって言うCMがありましたが、まさに、そんな感じですかね。「しあわせ」なときに作った料理は、やっぱり「しあわせな味」がすると思います。不機嫌なとき作った料理は、「とんがった味」なんじゃないかな~。


Q2.ここ数ヶ月であったいいこと


 この2ヶ月くらいは、我が家は、バタバタしていましたが、お盆が終わって、今、思うのは、「うちのおじいちゃんは、ほんとに、いいおじいちゃんだったな」と言うことです。亡くなってしまったのは寂しいけど、でも、希望通りに逝けて、最後まで、おじいちゃんらしかったのは何よりだったな、と思います。そう言う気持ちになれたことが、「いいこと」かも知れないですね。


 後は、夏野菜が豊作で、保存食作りが楽しめること、ですね~。干しナスが出来上がって、次は、乾燥ゴーヤを作りたいのですが、この間、お裾分けに配ってしまったので、ゴーヤがない…う~ん。


Q3.こんなことがあったらなぁ~と思うこと


 毎日の「ささやかでもそれぞれの暮らし」を、心穏やかに過ごせることかな~。


 「ささやかでも それぞれに 暮らしなのね」って言うのは、SMAPの『たいせつ 』と言う曲の歌詞なのですが、私は、この言葉が大好きなのです。『たいせつ 』って言う言葉も、すごくいい言葉ですよね。


 小さなことを、大事にして行きたいな、と思います。


Q4.次に渡す5人


 これは、ほんとに素敵なバトンなので、ぜひ、皆さんにお持ちいただきたいですね~。「いいこと」を考えてるときは、ほんとに「しあわせ」な気分になることが出来ました(^^)


 tottyさん、素敵なバトンをありがとう!

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
テーマ:ブログ
2005-08-22 08:03:47

ものすごく暑い週末、でした。

 先週くらいから、「こんな風に、段々、涼しくなってくるのかな~」なんて思っていたら、とんでもない!この週末は、ものすごく暑くて、「今日、干しナスを作ったら、すごく良く乾くだろうな」と思うくらいの、カンカン照り、でした。気温も高くて、「朝から暑いな~」と思って温度計を見たら、30℃を超えていたり…主人じゃないけど「真夏に逆戻り」と言う感じです。


 でも、今頃になって、暑さに慣れて来たのか、風太は、とても調子がいいんですよね。まあ、暑さに慣れるといっても、毎日、クーラーに入っているんですけど。


 九州出身の私からみれば、この辺の夏は「過ごし易い」感じなのですが、この週末は、夜中まで暑くて、もうたまらない感じでした。田んぼや畑がたくさんある、この辺でもそうなのだから、都心は「灼熱」だったかも知れないですね。


 暑さのせいか、それとも、もしかしたらクーラー病なのかわかりませんが、土曜日は、ご飯を食べているとき気持ち悪くなってしまい、そのまま朝まで寝てしまいました。暑いので、冷たいものばかり飲んだりしているので、身体が弱っていたのかも…この時期、夏バテとか、出やすい時期ですよね。でも、1日寝たので、だいぶ、元気になりました。


 昨日は、買い物に行ったら、サンマがだいぶ安くなっていました。主人は、初物が大好きで、この間から、サンマを食べたがっていたのですが、私は、これからだいぶ続くだろう「サンマ生活」を考えると、「今からサンマ?」みたいな感じで、拒否していたのですが、昨日のは、安かったし、しかも、とても新鮮だったので、初サンマにすることにしました。


 サンマは、お刺身と、それから、定番の塩焼き。昔は、サンマのお刺身なんて、食べたことがなかったけど、お刺身も、すごくおいしいですね。畑に生えている紫蘇と、それから、ミョウガと一緒に、ショウガ醤油で食べると、とてもおいしかったです。


 昨日の晩ご飯は


・サンマのお刺身

・サンマの塩焼き

・きゅうりもみ

・マカロニサラダ

・キュウリとナスの糠みそ

・ナスとミョウガのお味噌汁


 でした。もう、すっかり「秋の味覚」です。我が家の場合、秋は食卓からやってくる、と言う感じですね。


 今朝は、だいぶ涼しくて、過ごし易い感じです。庭には、トンボが…残暑が厳しいとは言っても、秋は、確実に近づいている感じです。夏も、そろそろ終わりですね。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
テーマ:家庭菜園
2005-08-19 16:32:42

これまでで、一番おいしいトマトソースが出来ました。

 この時期、夏野菜は、毎日、追いつかないくらい、たくさん収穫出来るのですが、完熟トマトを使って、トマトソースを作ってみました。

トマト  普段は、湯剥きしてから、煮込むのですが、野菜作りの本に、「丹精したトマトは、皮や種も捨てずに、一緒に煮込みましょう」とあったし、 タライいっぱいのトマトを湯剥きする根性もなかったので、調理用トマトは、ヘタをとってざく切り、プチとまとはそのまま、煮込むことにしました。


 まず、オリーブオイルで、みじん切りしたニンニク(これも自家製です)を香りが出るまで炒め、トマトを入れて、煮込みます。


 煮込んでいるうちに、皮が浮いて来たので、それは、取り除いてやりました。


 しばらく煮込んで、残っている皮を食べてみたのですが、やっぱり、食感が良くなかったので、フードプロセッサーに軽くかけて、さらに煮込んで出来上がり。味付けは、お塩だけ、です。


 味見をしてみると、ものすごく甘い。何て言うのか、ケチャップに近いくらい甘いんです。これまでも、缶詰のトマトや、うちのトマトで、良く作っていたのですが、こんなに甘みのあるソースは、初めてですね。


 今回は、シンプルに、このソースだけを、ゆでたパスタにかけて食べたのですが、とてもおいしかったです。これまでで、最高の出来、だったと思います。完熟トマトは、そのまま食べても、甘くておいしいのですが、煮込むと、更に、甘みが増す感じです。


 我が家のトマトは、普通のトマト(サンロード)・中玉(レッドオーレ)・調理用トマト(ティオクック)・プチトマトの4種類なのですが、どのトマトで作っても、とてもおいしいソースが出来ます。熟れ過ぎて割れてしまったトマトでも、却っておいしいくらいですね。


トマトソース  パスタを食べた後のソースです。


 だいぶ減っていますが、タライいっぱいのトマトで、お鍋いっぱいのソースが出来ます。


 トマトは、採れたときに、ちょこちょこ冷凍しておくと、便利です。プチトマトはそのまま、プチ以外は、ヘタをとってざく切りにしてから、冷凍します。これまでは、湯剥きしてからざく切りにしていましたが、この分だと、そのままざく切りでも、大丈夫かもしれないですね。


 私は、湯剥きしてから煮込んだときの、まだ、トマトの粒が残っているようなソースも好きですが、今回、皮ごと煮込んでみて、味は、皮ごとの方が、断然良かった気がします。皮ごとのせいなのか、トマトの熟れ具合のせいなのかは、わかりませんけど。


 残ったソースは、小分けにして冷凍したり、次の日、冷たいパスタにしたりして、食べました。出来立てもおいしいけど、残ったのを冷たいパスタで食べるのも、また、おいしいです。


 プチトマトなんかは、長く採れるので、これからも、作りたいと思います。とっても、おいしい、トマトソースでした。

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
テーマ:ブログ
2005-08-18 17:15:28

灯篭流しに行って来ました。

 16日は、灯篭流しに行って来ました。地震の影響で、電車が遅れていましたが、何とか、時間通りに、会場に着くことが出来たので、良かったです。


 この日は、何だか、最近には珍しく涼しい日で、外に出ていても、むしろ、気持ちが良いくらい。心配された雨も降らず、ちょうどいい感じのお天気になりました。これも、おじいちゃんの人柄かな~。


 会場につくと、受付に行きます。灯篭の準備が済んでない人は、ここで、名前(戒名)を書いてもらったり、ロウソクを入れてもらったりするのです。我が家は、準備は出来ていたのですが、受付のお坊さんが「ロウソクが曲がっていると、途中で消えてしまうことがあるんですよ。だから、取り替えておきますね」と言って、取り替えてくれました。こう言う気配りは、うれしいですね。


 受付が終わると、流す場所に行って、灯篭を渡します。仏教会の主催、と言うことで、たくさん、お坊さんが居ました。ある程度、灯篭が集まると、お経を唱えて、お坊さんが、灯篭を流してくれました。

灯篭流し  最初のうちは、こんな風に、一緒に流してもらった灯篭は、集まって流れていました。中心の、赤い灯篭が、おじいちゃんの灯篭です。風も、そんなになく、ゆっくり、ゆっくりと流れて行きました。何となく、いい感じです。



灯篭流し  が、その内、 おじいちゃんの灯篭は、お堀のふちにひっかかって、進まなくなってしまいました。おじいちゃん…おうちが大好きだったから、まだ、帰りたくなかったのかな~。


 止まってしまった灯篭を眺めていると、「うちのおじいちゃんは、負けず嫌いだったから~」と言う声が聞こえてきました。その灯篭は、きっと、一番先に、進んでいったんですね。そんな風に考えると、他の灯篭に先を譲って止まってしまうあたり、いかにも、おじいちゃんらしいかな~。


灯篭流し  でも、いつまでも止まったままでは、帰れなくなってしまうので、落ちていた木の枝で、おしりを押してやると、ようやく進み始めました。ひとりで、みんなに追いつこうと、頑張っているところです。




灯篭流し  おじいちゃんの灯篭も、ようやく、みんなに追いつきました。 一番手前です。


 でも、こんな風だったので、追いかけていても、わかりやすくて、常に、手前を流れていったので、写真も、たくさんとれました。


 そう言うところも、何だか、とっても、おじいちゃんらしい気がします。


送り火  灯篭流しをしたら、送り火はしなくてもいい、と言う噂もあったのですが、せっかくなので、家についてから、送り火もしました。


 迎え火のときは、火付けの新聞紙が足りず、何だか、景気が悪かったので、今度は、たくさん入れたら、景気が良すぎ…まあ、でも、景気が悪いよりは、いいかな、と思います。


 送り火をしながら、おじいちゃんの灯篭が、いつまでも帰ろうとしなかった話をすると、「まだ、未練があるんだよ。みんなと一緒に居たかったんだよ」と、おばあちゃんは、涙ぐんでいました。


 今年は、初盆と言うこともあり、初めて、本当に『お盆らしいお盆』が出来た気がします。おじいちゃんは、無事、帰りつくことが出来たかな。


 これからは、我が家にとって、お盆は、とても大事な行事になりそうな気がします。いいお盆になりました。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。