1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
テーマ:ブログ
2005-05-31 22:25:18

お昼は、グリンピースのオムレツでした。

 昨日、豆ご飯を作ったお豆がまだ残っていたので、お昼にオムレツを作ってみました。買ってまでは、多分、作らないと思うのですが、お豆があったので、作ってみようと言う気になったのです。沢山あると、色んなことにチャレンジしてみようかな、と思いますよね。


 まず、太ってしまったサヤエンドウからお豆を出して、さっと茹でます。後は、溶き卵に混ぜて、オムレツにするだけの簡単料理です。


 でも、意外なことに、これがまた、おいしいのです。


 まず、彩りが綺麗。黄色い卵に、緑のお豆-この組み合わせは、すごくいいですね~。お味のほうも、お豆の甘みで、とてもおいしかったです。


 お昼は、昨日の残りの豆ご飯に、お豆のオムレツ、蕗の煮物、でした。何だか、とってもヘルシーで、春らしいご飯でしたね。


 私は、麺類が好きで、お昼は麺類のことが多いのですが、ご飯におかず、お味噌汁、と言った「ちゃんとしたご飯」はやっぱりいいですよね。お昼は、自分だけなので、ついつい残り物や麺類で済ませたりしがちですが、きちんとした食事は、やっぱり大事だな、って思います。


 朝にはまだ降っていた雨も、午後からは上がったので、夕方、畑に収穫に行って来ました。例によって、サヤエンドウとスナックえんどう、空豆です。豆ご飯がおいしかったので、太ってしまったお豆はそのまま残しておくことにして、サヤエンドウは、痩せた(?)のだけを収穫することにしました。この分だと、あと何回か、豆ご飯が楽しめそうです。これも、家庭菜園ならではの楽しみかな~。


 スナックえんどうも、去年に比べてずっと上手に出来ているし、収穫量も多い気がします。主人の野菜作りも、年々、進歩してるんですね~。きれいに立てられた支柱や、沢山なっているお豆を見て、しみじみそう思いました。


 私の方も、収穫のときだけでなく、育つ過程も気になるようになって来ました。何事もそうですが、やっぱり、都合のいいときだけ、って言うのはダメですよね~。生き物は、特にそうですね。


 今晩は、スナックえんどうと空豆を食べました。サヤエンドウは、明日、仕事から帰って来て、ベーコンと炒めてみようかな~。毎日食べているお豆だけど、全然飽きないです。自分の畑で採れた、採りたてのお豆だからでしょうか。おいしいものを食べているときって、本当に幸せな気分になれますよね。主人が家庭菜園を始めて、ほんとに良かったな、と思います。今日も、いい1日でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
テーマ:ビデオ・ドラマ・テレビ
2005-05-31 01:25:07

象物語を観ました。

 放送されたのは、もう先々週になりますが、録画しておいた、織田裕二 アフリカ大自然スペシャル 象物語 を観ました。象さんは、やっぱりいいですね~。


 象さんには、アフリカ象とインド象がいますが、インド象が、荷物を運んだり、背中に乗ることが出来たりと、おとなしい印象なのに比べて、アフリカ象は、どちらかと言うと「凶暴」なイメージがありましたが、この番組を観て、アフリカ象に対する印象が変わりました。


 象さんは、意外に古い哺乳類で、自分の身体を大きくすることで生き延びてきた動物なんだそうです。大きな身体は、表面積が広いために、身体の大きさの割には、エネルギーが少なくて済む、と言うのも意外でした。


 「象さんの鼻はなぜ長い?」-誰もが感じる疑問ですが、織田さんは、この疑問に答えるために、イギリスの博物館へ飛びます。


 象は、最初から鼻が長かったわけではなく、身体を大きくする過程で、あごが伸びたりした時期もあったのですが、骨を伸ばすにも限界がある、と言うわけで、鼻が伸びて来たのだそうです。長い鼻がないと、エサを食べることも出来ないから、と言うことでした。なるほど~。


 象は、自分の身体を大きくすることで「平和的に」生き延びて来た、と言うところが、なんだかいいな、と思いました。大きいって言うことは、やっぱり強いですよね。大きさと重さで圧倒することが出来ます。


 番組では、象以外にも、草食動物や肉食動物、弱肉強食の世界なども取り上げられていましたが、あまり残酷な感じではなかったので良かったです。目をそらすべきではないのかも知れませんが、やっぱり、あんまりむごい映像は、ちょっと苦手ですね。肉食動物の中にも役割分担があって、ハイエナがむしった後をハゲタカが食べる、と言うのも、自然ってうまく出来てるんだな、と思いました。


 ライオンなども、お腹いっぱいのときは、ゴロゴロして、目の前に草食動物が居ても、襲ったりしません。お腹いっぱいでも余計に取っておこうなんて思うのは、人間だけなんですね~。そう言えば、野生の動物には肥満なんてないし…足ることを知らない人間が、実は、一番貪欲なのかも知れないですね。


 象は、血の繋がったメスのグループで生活し、リーダーも当然メス、なんだそうです。象同士のコミュニケーションはランブルと言ううなり声みたいな「言葉」です。人間の言葉とは違うけれど、面白いな、と思いました。


 動物園の象さんのことを考えても、象って長生きだな、とは思っていたのですが、大人になるのが20~30歳くらいで、オスは50歳くらいまで成長し続けるそうです。すごいですね~。オスとメスの大きさが極端に違って、オスと比べるとメスはまるで子どものようです。


 象は、象牙目的の密猟のために、大きなオスは特に狙われがちだし、大人の象は象牙だけのために、殺されてしまうのです。象牙は貴重かも知れませんが、そのために、殺してしまうなんて…むごいことですよね。


 母親が殺されてしまった子どもは、まだ独りでは生きて行くことが出来ません。そこで、作られたのが「動物孤児院」です。母親の代わりに子象を育て、自然に帰してやるのです。


 人間もそうだし、どんな動物でもそうだと思うのですが、子象を育てるときも、キーパーさんは、精一杯の愛情を注ぎます。子象も、とてもよく懐いて、甘えたり、やきもちを焼いたり…その仕草がまた、とってもかわいいのです。鼻に「ふっ」と息を吹きかけて、匂いを覚えさせると、その人のことが判るようになるそうです。動物は、やっぱり、匂いが基本、なんですね。


 しかし、動物の赤ちゃんと言うものは、かわいいですね~。大きなタンクのような哺乳瓶でミルクを飲むところなんか、もう文句なしの可愛さです。グイグイと身体を摺り寄せてくるところなんかも、動物好きにはたまらない感じ。いいな~。お仕事とは言え、こんな貴重な経験が出来た織田さんを、うらやましいと思いました。


 織田さんも、また、笑顔がたまらなく素敵なのです。きっと、動物が大好きなんでしょうね~。服を泥だらけにしながら、象さんと遊ぶ姿は、とても印象的でした。


 キーパーたちは、子象たちを、まるで自分の子どものように、愛情をたっぷり注いで育てています。夜も一緒に寝るのです。ほんとに、すごいですよね。そうすることで、お互いの信頼関係が築かれて行くんでしょうね、きっと。


 孤児院では、マディバと言う子象と仲良くなった織田さんですが「きっと織田さんのこと、覚えてるよ」と言われ、2週間後に戻ってみると、本当に覚えていて…これは、たまらないですよね。自分のほうにトトトと走ってくるマディバ-織田さんも、本当にうれしそうでした。気持ちって、やっぱり、伝わるんですね。そして、象さんって、ほんとにお利口なんだな、と思いました。


 プレ番組の方は、織田さんの歌のこととかも取り上げられていましたが、本番(?)の方は、象さんのことを中心に、アフリカの動物のこと、象さんに近い哺乳類など、動物のことがいっぱいでした。特に、織田さんに興味が無くても、楽しい番組だったと思います。そして、笑顔の素敵な織田さんは、この企画にぴったりだな、と思いました。


 象さんは、平和的で、社交的で、民主的-象って、色んなことを、群の中で話し合って決めるのだそうです。話し合いで物事を決め、大きな身体で、不必要に争わない…凶暴なイメージのあったアフリカ象ですが、本当は、平和的なんですね。象さんみたいな生き方っていいな、そう思いました。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
テーマ:ブログ
2005-05-30 22:48:09

今日は、豆ご飯でした。

 今日は、またまた「月曜日の雨」でした。朝、「雨降ってるの?」と聞くと「降った方がいいんだよ」と主人。確かに、週末の畑仕事の後の雨は、とってもうれしいですね~。でも、週明けに会社に行くのには、ちょっとまずい気も…でも、主人は、そんなことも気にならないみたいです。おかしいですね。


 朝、雨の合間に、畑を覗いてみると、主人の週末の仕事の成果が。ナスに支柱を立てたり、苗床のレタスを畑に植えて寒冷紗を掛けたり…ミニかぼちゃの寒冷紗は、外してありました。かぼちゃも随分大きくなったな~。里芋のところも草むしりがしてあって、なかなか綺麗です。


 主人に寄れば、「いつも大体予定の9割だな」-週末に予定していた仕事の、大体9割は出来ている、と言うことのようです。「残りの1割は何?」と聞くと、「やっているうちに、予定以外のことをやってしまうから」だそうです。なるほどね~。でも、そう言うことってありますよね。


 今年は、初挑戦のサヤエンドウがとても良く採れて、毎日採っているのに追いつかず、ついにグリンピースのようになってしまったので、今日は、豆ご飯にしてみました。


 夕飯の支度をしていると「得意のサヤエンドウはどうしたんだよ?」と主人。「豆ご飯にしたの」「へぇ~」-もう、さすがに主人も「サヤがもったいない」とは言わなくなりましたね。この1ヶ月の間に、一年分のお豆を食べてしまった感じです。でも、まだまだ食べますよ~。


 太ってしまったサヤエンドウを剥いてみると、小さいのもありますが、大きなものは、まさにグリンピースみたいな感じです。グリンピースって「実エンドウなんですよね?だから、太目のサヤエンドウでも、全然問題ない(?)ですね。


 お塩とお酒を入れて炊いた豆ご飯は、ぷ~んと春の香りがしました。お豆って、やっぱり春の食べ物と言う感じですよね。今年初めての豆ご飯が、自分の畑で採れたお豆で作れるなんて…こんな風に、自家製の野菜の献立が増えてくると、楽しいですよね。


 週末に買ったフリージングの本に寄れば、グリンピースもさっと茹でて冷凍出来るそうです。でも、冷凍保存するほど採れるかな~。毎日食べてるので、あんまり残らないかも…まあ、でも、おいしいうちに食べちゃうのもいいかな、と思います。


 「次はモロッコだな」と主人。我が家は、これからも、まだまだ豆づくしの日々が続きそうです。枝豆も、早くならないかな~。ほんとに、楽しみですね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:ブログ
2005-05-30 00:59:55

保存食に挑戦、です。

 昨日、買った保存食の本を眺めていて、「こう言うのに挑戦してみたいな~」などと思っていたら、今日、スーパーでラッキョウが売っていました。じーっと見ていると、主人が「漬けてみたら」と言ってくれたので、挑戦することに。「梅はないのか?」と言うので、探してみたら、梅もありました。これは、梅酒用ですね。


 実は、私は、まだ独り暮らしをしているときに、ラッキョウを漬けてみたことがあるのですが、「甘さ控えめで」なんて思って砂糖の量を減らしたら、甘さ控えめ過ぎておいしくありませんでした。


 それ以来、ラッキョウは漬けていなかったのですが、今回、リベンジです。とりあえずは、本に書いてある通りに遣ってみようと思います。自己流のアレンジはそれから、ですね。


 スーパーには、生(?)のラッキョウのほかに、塩漬けしたものもありました。ラッキョウ用の甘酢も売っているので、容器に塩漬けラッキョウと甘酢を入れたら、ラッキョウ漬けが出来るわけです。でも、それだと、「自分で漬けた」感じがしない気もするので、今回は、ラッキョウから漬けてみることにしました。


 帰ってから、ラッキョウを洗って、根元と先端を切り落として皮を剥くのですが、これが、ものすごく時間がかかってしまって…1時間以上はゆうにかかりましたね。見ていた主人が「ラッキョウ漬けの値段は手間賃だな」なんて言ってましたが、ほんとに、そんな感じです。


 全部剥き終わると、手がラッキョウの匂いに…お風呂に入っても取れない感じです。まあ、いいんですけどね~。


 梅酒の方は、これまでに何度も作ったことがあるので、楽チンです。まあ、これは、ビンの中に、なり口を取った梅と氷砂糖を交互に入れて焼酎を注ぐだけですから。後は、時間がおいしくしてくれます。我が家は、甘めが好みなので、氷砂糖は1袋全部使いました。まあ、これは、好みですね。


 「将来は、ラッキョウも、自分でつくったのでラッキョウ漬けを作れるようになるといいね」と言うと「やろうと思えば出来るさ」と主人。保存食も、自分の畑で採れた野菜で作ることが出来たら、ほんとに素敵ですよね。


 以前から、主人は、「果実酒のビンをずらっと並べたい」などと言っていたので、「それだったら、この辺を片付けて、棚を作ろう」などと、そんな話ばかりしていました。


 次にホームセンターに行ったときには、棚の材料を見てくるつもりです。まあ、こんなことをきっかけに、家の中も整理して、もうちょっとシンプルな生活を心がけたいな…そんな風に思います。


 これからは、夏野菜が沢山採れる予定(?)なので、色んなお料理に挑戦してみたいです。楽しみですね。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
テーマ:ブログ
2005-05-30 00:31:31

今朝も、病院に行って来ました。

 今日も、朝一番で、風太の病院に行ってきました。すると、もう患者さんが…風と同じシーズー犬です。


 先生と飼い主さんの話す内容から、どうも風太と同じ病気のようです。心配そうな飼い主さんは、先生に色々聞いたり、相談したりしていたのですが、先生は、そのひとつひとつに丁寧に答えていました。


 ワンコの場合、自分の症状を言葉で伝えることが出来ないので、飼い主が、小さな変化を見逃さないで、先生に伝える必要があるのです。


 私も、最初はそうでしたが、初めての症状って、すごく不安ですよね。だから、どうしても、先生に根掘り葉掘り聞いてしまって…でも、風太の先生は、それに、きちんと答えて下さるので、すごく信頼出来るのです。


 まあ、自分がそうなので、待っている時間が多少長くなっても、それは仕方がないと納得出来ますね。自分が、その飼い主さんの立場だったら、やっぱり、細かい質問にもきちんと答えて欲しいと思うので。


 後で、待合室で飼い主さんと話したのですが、そのシーズーちゃんは14歳で、2年前から眼が見えなくなったんだそうです。


 「眼が見えないと怖がったりしないですか?」と聞いて見ると「最初の2ヶ月くらいはそうだったけど、その後はそうでもないですよ」とのことでした。風太も白内障なので、やはり気になります。


 「心臓ですか?」と聞いてみると、やはり、そうでした。発作のとき、緊急薬を飲ませるタイミングがわからなくて、先生に色々聞いていたようです。「まだ良くわからなくて…」と言うことでした。最初は、やっぱり、そうですよね。高齢のワンコを抱えていると、やっぱり、心配になります。


 これは、人間の病院でも同じなのですが、大きい病院だと、すご~く長い時間待った挙句に、ほんのちょっとで診察が終わってしまうこと、多いですよね。まあ、それはそれで仕方が無い面があるのですが、もうちょっとじっくり話を聞いて欲しいな、と思うことがあります。


 おじいちゃんが、以前、通っていた病院がそんな感じで、何か症状を訴えても「検査の結果は異常無いです」「加齢によるものです」「お薬出しときます」-検査結果で異常が無いと言っても、本人は「痛い」わけだから、いつもとても不満そうでした。


 その時は、確かに「異常なし」だったかも知れませんが、その後すぐに悪くなったわけだから、家族としては、納得行かない部分がありますね。そうすると、どうしても別の病院に…と言うことになってしまいます。


 今、おじいちゃんは、近所の先生に往診に来ていただいているのですが、とりあえず、本人の言うことを「そうですか」と聞いてくださるので、そう言う「心理的効果」と言うのも大きいと思います。聞いてもらうだけで気が済む、と言うこともあるので。「異常ありません」と言われてしまうと、本人は、やっぱり納得行かないですしね。


 風太のほうは、今日も注射をしてもらって、この1週間様子を見ることになりました。「だいぶ、いいですよ」と言うので一安心です。「これから暑くなるので、風を入れてやって、涼しくしてあげて下さい」とのアドバイスを頂きました。もっと暑くなるとクーラー生活になるのですが、今からクーラーでは「身体が冷えてしまう」とのことです。心臓が悪くて血行が良くないので、冷やしすぎにも注意、だそうです。なかなか難しいですよね。


 今は、風太もまいこも、伸びて寝ています。風太も、このまま良くなってくれるといいんだけどな~。私も、頑張りたいと思います。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
テーマ:家庭菜園
2005-05-28 22:03:53

じゃがいもを掘ってみました。

 葉っぱの方は、もうだいぶ大きくなったじゃがいもですが、今日、始めて、お芋を掘って見ました。家庭菜園の場合は、一気に収穫して長く保存すると言うよりは、まだ小さいうちから食べ初めて、おいしい時期を長く楽しんだ方がいいよ、と畑仲間に教えてもらったのですが、本当に、そうだと思います。それもまた、家庭菜園ならではの楽しみですね。


 夕方、お豆を収穫して、ピカコーを撒き終わった頃、主人がスコップを持って来て「どれくらい要る?」と言いながら、じゃがいもの根元をさぐって、掘り出してくれました。


 本当は、株が倒れて、葉っぱが黄色くなって来たら、引き抜くようにして収穫するのですが、今回は、まだ収穫時期ではないので、大きなお芋だけ掘って、小さいのは残しておこうと言うことなのです。なるほど。


じゃがいも  これが、そのお芋です。 まさに、「初物」ですね~。「小さいのも採れちゃったよ。」と主人。でも、結構、大きくなってますよね。これから、まだまだ大きくなると思うと、楽しみです。


 掘り立てのお芋は、タワシで洗っただけで、もう、するっと皮がむけて行きます。洗ったお芋を、圧力鍋で蒸かして、バターで食べました。ホクホクで、甘みがあって、本当においしいお芋でした。


 たとえば、どっちの料理ショーなんかの究極の素材でも、スタジオに運んでくるまでには、やっぱり何時間かはかかりますよね。でも、我が家のお芋は、本当に、今掘って来たばかりの「採り立て」なのです。時間もご馳走、と言う感じですね。


 以前、会社の上司で、北海道出身の人が「おいしいと思って、宅急便で送るんだけど、その間にもう、味が落ちるんだよね」と言っていました。その意味が、本当に良くわかります。採り立てに勝るご馳走なし、と言う感じです。


 じゃがいもは、何にしてもおいしいですが、素材のおいしさを楽しむなら蒸かし芋、ですね。圧力鍋で蒸かすと、とても柔らかくて、おいしく出来ます。


 我が家の食卓には、じゃがいものほかにも、空豆、スナックえんどうの茹でたものが並び、ステーキの付け合せも、サヤエンドウの炒めたものでした。自分の畑で取れたお野菜が沢山並んだ食卓は、とても楽しいですね。これから夏野菜の時期になると、もうイヤと言うほど採れるので、毎日、食卓に並ぶはずです。楽しみですね。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
テーマ:ブログ
2005-05-28 21:28:55

週末は、朝から大忙しです。

 ここのところ、週末は、いつも、忙しい感じなのですが、今日は、特に、大忙しでした。


 主人は、朝5時半から、畑に出ていたそうです。私は、主人が起きるときに、一瞬、「私も起きようかな」と思ったのですが、また寝てしまいました。昨日、ワンコたちをお風呂に入れたりして疲れたので…長毛種のワンコを2匹お風呂に入れるのは、結構大変で、その後の掃除が、更にまた、大変なのです。まあ、言い訳ですけど。


 一仕事終えた主人と、朝ご飯を食べて、それから、風太の病院へ。土日は、朝早い時間の方が空いているので、今朝は早めに出かけました。本当は、ワクチンの予定だったのですが、体調があまり良くないので、見送りになってしまいました。ここのところ、暑くなってきたので、バテ気味なんですね。例年、この時期は、調子が悪いです。暑くなってしまえば、クーラー生活に突入なので、いいんですけどね~。


 お腹の調子を壊している風太は、注射をしてもらって、お薬をもらい、また、明日も、診て頂くことになりました。頑張れ、風太!


 風太の病院から戻ると、今度は買出しです。今日は、ガソリンスタンドによって、本屋さんに行き、近くのホームセンターに行ってから、スーパーと言う、強行軍です。主人の畑仕事があるので、いつものホームセンターに行く時間が惜しくて、近所のホームセンターに行くことになりました。この辺は、ホームセンターは、結構沢山あるのです。


 本屋さんでは、フリージングの本と、保存食の本を買いました。夏野菜の収穫に備えて、です。まだ、実がなってもいないのに、何とも気の早い話ではあるのですが、収穫までの時間に、色々眺めて楽しもうという魂胆なのです。やっぱり、何事も、楽しまないとね~。


 まだ、ちらっと眺めただけなのですが、お野菜も、工夫すれば、色んなものが冷凍保存できるんですね~。キュウリやナスも、塩もみしたり、揚げたり茹でたりして、冷凍出来るそうです。へぇ~。


 保存食のほうも、梅干や漬物、ジャムや果実酒からお味噌、ケチャップまで…これは、なかなか楽しめそうです。わざわざ、遠くの本屋さんまで行った甲斐がありました。


 本屋さんの次は、すぐ隣のホームセンターへ。この地区は、本屋さん、電器屋さん、ホームセンター、スーパーがまとまってあるのです。だから、同じ方向で、すべての用事が済んでしまうので便利ですね。ホームセンターは、いつも行くところよりは小さいけれど、でも、品揃えは結構豊富です。ホームセンターでは、黒土と、モロッコの種を買いました。


 ホームセンターで主人が土などを見ている間、私は、苗コーナーを見ていたのですが、「沖縄野菜コーナー」みたいなのがあって、ずんぐりしたゴーヤや島ラッキョウ、島唐辛子、島オクラなどの苗がありました。今、沖縄野菜はブームなんですかね~。いつものホームセンターとは違った品揃えで、見ていて楽しかったです。


 ホームセンターの次は、スーパーへ。主人は、最近、畑仕事をしているせいか、お肉が食べたいと言うので、夕飯のおかずはステーキにすることにしました。「じゃがいもを掘って、蒸かして食べたい」と主人。なるほど、ステーキにはピッタリですよね。


 買い物を終えて家に戻ると、ワンコたちが怒っていました。病院に行って、注射をされた上に、お留守番…イヤなことばかりされたので、当然ですね。


 午後からは、ちょっとのんびり。アイスノンを出してやったので、風太はぐっすり眠れたようです。一休みしてから、主人は、また、畑仕事です。私も、夕方からは、収穫や、ピカコーを撒いたりするお手伝いをしました。


 お隣のおうちにお孫さんが来ていたので、またまたお裾分け…我が家も、もちろん、豆尽くし、です。


 朝早くから、草むしりに水遣りと頑張って、午後からも、あれこれ遣っていた主人は、もう寝てしまいました。最近、すこぶる健康的です。私の方は、いくらなんでも、まだ早すぎるので、もうちょっとゆっくりしようと思います。今日も、充実した1日でした。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
テーマ:家庭菜園
2005-05-27 11:40:54

昨日の収穫です。

 ここのところ、サヤエンドウばかり食べていたのですが、昨日の夕方、収穫に行ったら、スナックえんどうも食べごろになっていました。サヤエンドウにスナックえんどう、そして空豆…ほんとにもう、豆づくしです。


スナックえんどう  まずは、スナックえんどう。結構、収穫出来ました。豆類は、やっぱり、採れ出すと次々に採れますね~。


 まず種から植えて全滅、苗を植え直したものの成長が遅く、そのうちハモグリバエが出たりと、 色々あったスナックえんどうですが、ついに、こんなに収穫出来るようになりました。感無量(?)です。


 去年は、初めてだったので、苗と苗の間隔が狭く、支柱も細くて強風で傾いたりと、あまり良い環境ではありませんでした。


 そのため、豆も、サヤに傷が付いたり、黒くなったりして、出来が良いとは言えない感じでしたが、それに比べて、今年の豆は、とてもいい感じです。


 勝因(?)は、やはり、最初にハモグリバエが出たときに、薬(コロマイト乳剤)を撒いたことと、その後も、ピカコーをまめに噴霧してやったことだと思います。ピカコーについては、これまで、正直、効果のほどはわからなかったのですが、出来上がった豆を見て、やっぱり効果があったんだな、と思います。


 スナックえんどうは、やっぱり、茹でてそのまま食べるのが一番、ですね。主人は「サヤエンドウよりうまいな」と言いながら食べていました。スナックは、旬が短いので、これから、せっせと食べたいと思います。


さやえんどう  サヤエンドウは、 一度にこんなに採れました。大きめ・太目のものを選んで採ってこれだけ、です。畑にはまだまだ沢山実がなっているのです。そう言う意味で、サヤエンドウは、効率がいいですね。


 太ったお豆は、中身はグリンピースの小さいのみたいな感じでした。サヤのお味とお豆のお味の両方を楽しむことが出来て、一粒で二度おいしい感じです。


 これだったら、もしかして、もう少し太らせたら豆ご飯に出来るかも知れないですね。でも、そう言うと、主人に「サヤがもったいない」と言われてしまいました。確かに。


空豆  空豆も、 だいぶ大きくなって、このところ、毎日食べています。


 「量の多さが伝わるかな~」と言いながら写真を撮っていると、「伝わる、伝わる」と主人。何だか、写真に撮ってしまうと、少ない感じがするのですが、結構採れました。


 こんな風に、1日でバケツ1杯の収穫があったのですが、これを全部食べるわけではなくて、実は、会社でお裾分けしようと思って、収穫して来たのです。


 最近では、居酒屋さんなどでも、スナックえんどうの茹でたのがメニューに載っているので、「食べたら病みつきになった」などと言う声があるらしいのです。そこで、金曜日に持って行けば、週末、家族で楽しめるかな、と思って、ちょっとずつですが、お裾分けすることにしました。喜んでもらえるといいな~。


赤たまねぎ  赤タマネギも、一つだけ収穫して来ました。主人は「葉っぱが倒れてないからまだ大きくなるぞ」と言いましたが、待ちきれずに一つだけ採って来ちゃいました。


 昨日は、さらしタマネギにして、馬刺しと一緒にニンニク醤油で食べたのですが、おいしかったです。さらしタマネギは、カツオのお刺身やたたき、牛のタタキなんかにも、良く合いますね。これからの季節には、ぴったりな感じです。


 これからしばらくは、サヤエンドウ→空豆・スナックえんどうで、その後は枝豆、そして、枝豆が終わる頃には、今から植えるインゲン…我が家は、まだまだ豆づくしの日々が続きます。楽しみですね。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
テーマ:ブログ
2005-05-27 10:22:57

時間が経つのが早いです。

 最近は、朝、明るくなるのが早くなって、夕方、暗くなるのが遅くなっているので、1日の稼働時間(?)は増えているはずなのに、何だか、とっても、時間が経つのが早い感じです。とりたてて何かしている、と言うわけでもないのに、時間だけがドンドン過ぎていく感じ。年齢のせい?


 もちろん、年齢のせいもあるでしょうが、多分、畑に行く時間が長くなっているからじゃないかな~。朝の見回りに始まって、お天気の良い日は、夕方は必ず水遣りだし、収穫もあります。ほんのたまに、草むしりをしたりすると、もう「一仕事終わった」ような感じです。暑くなって来ると、体力を消耗するので、尚更です。


 以前の自分を振り返ってみると、平日は、仕事以外の日は、一歩も外に出ない日もあるくらい、ずっと家にいました。買い物も、週末のまとめ買い以外は、主人に頼んだり…もともと、あんまり外に出るのが好きじゃないので…でも、それにしても、極端でしたね。


 最近は、家の前とはいえ、畑に行くようになったので、お日さまにあたることが出来るし、水遣りなんかで、多少は運動になっているかな~。ほんのちょっとだけ、健康的になったような気もします。って、今までが不健康過ぎたんですけど。


 昨日は、朝、まいこを抱っこして、畑に行った後、めずらしく庭に出てみたら、梅と蜜柑の木が虫だらけ…草むしりのときは、下しか見てなかったので、全く気が付きませんでした。畑ばかりに注意している間に、庭の方が大変なことに…早速、薬を撒きました。


 しかし、あれは、何という虫なのでしょうか?アブラムシに似ているけど、色が灰色です。それが、枝と言う枝にびっしり付いているのです。ちょっと、気持ち悪くなってしまいました。


 お野菜に限らず、植物と言うのは、やっぱり、いつも気に掛けてやらないとダメなんですね~。しみじみ、そう思いました。これからは、植木のことも、ちょっとは気にしてやらなくちゃ。


 元気だった頃は、おじいちゃんがお手入れをしていたし、おばあちゃんも、手伝ったりしていたのですが、最近は、おじいちゃんは、寝ていることが多くなったし、おばあちゃんは、そのお世話で、それどころではない感じです。


 主人も、週末は畑で手一杯なので、庭の植木たちのことまでは、なかなか…みんなの気持ちが向いていないと、こんなことになっちゃうんですね。反省です。


 今日は、お天気もいいし、風太の体調も良さそうなので、午後から、お風呂に入れてやろうと思います。急に暑くなったので、バテたのか、ここ数日、またお腹を壊していたのですが、今日はどうやら大丈夫そう。


 今日の午後は、ワンコたちのお風呂で終わってしまいそうですが、頑張りたいと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:ブログ
2005-05-25 23:28:09

今日は、仕事でした。

 今日は、仕事の日だったので、朝早く出かけて、戻って来たのは、暗くなってからでした。


 それでも、主人は、懐中電灯を持って、畑に収穫に行き、空豆とサヤエンドウを採って来ました。そう言えば、昨日は、私も、雨の中をサヤエンドウの収穫に行ったっけ…以前なら、考えられなかったことです。この時期、せっせと採ってやらないと、どんどん大きくなって、硬くなってしまいます。


 今日は、空豆は茹でて、そして、サヤエンドウはベーコンと炒めてみました。私は、サヤエンドウやインゲンも、茹でてボリボリ食べるのが好きなのですが、会社の同僚がおいしいと言っていたのと、主人が、「ニュースでおいしいと言っていた」と言うので、今日は、ベーコンと炒めてみました。予想以上のおいしさに、びっくり。色も、炒める事で、緑がいっそう映える感じです。これは、いいな~。これから、我が家の、定番メニューになりそうですね。


 我が家は、今のところ、サヤエンドウと空豆が収穫時期なのですが、スナックえんどうもそろそろな感じです。スナックえんどうは、時間が掛かる割りに、収穫時期が短いのですが、お味のほうは格別ですね。


 そして、スナックえんどうの次は枝豆です。枝豆も、今年は3週間ずらして植えているので、長く楽しめるはずです。更に、これから、インゲンも植える予定です。「普通のとモロッコとどっちがいい?」主人が聞くので「う~ん、どっちもおいしいけど、普通のよりモロッコの方が、あんまりない分、良いような気もするね~。半分ずつって言うのは?」「出来ないことはないけど、そしたら、種が余っちゃうな」-最近、我が家の会話は、こんな風に、食べることばっかりですね。


 お豆以外にも、タマネギはそろそろ食べられるし、ジャガイモも、もうすぐ…そのうち、夏野菜も出来るはずです。本当に、楽しみですね。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。