犬の血尿で膀胱結石が判明!その治療法と費用についてのブログ

愛犬チワワが突然の血尿!慌てて病院で検査をすると、膀胱結石と判明。最初の結石の成分はストルバイト。再発後はシュウ酸カルシウム結石を繰り返し、3度の摘出手術。発症から5年。これまでの治療方法の内容と費用についてのブログです


当ブログにお越し下さり有難うございます♪m(__)m

私にとって初めての愛犬が結石になり、その再発を防ぐために色々と勉強しています!

また、ワンちゃんの結石の症状に気づかない飼い主さんが意外に多い現実を知り、
少しでも犬の結石について知ってもらえたら良いなと思い、このブログを立ち上げました。

にほんブログ村 犬ブログへ

愛犬にいつまでも元気でいてほしいと思うのは、飼い主としての願いですよね♪

そのためには、日々の健康チェックや食べ物、そして飲み水だってとっても大事です。

特に結石症のワンちゃんには、間違ってもミネラルウォーターや井戸水を飲ませては、絶対にダメです。フツーに水道水で大丈夫なんです☆

もっとお水にはこだわりたいという飼い主さんには、↓こちらがオススメです。(*^_^*)

ペットの為に作られた水素水【ペットの贅沢水素水】


テーマ:

普段から水をあまり飲まない犬は結石予備軍かも!?

 

 

あなたの愛犬は普段からお水をよく飲む子ですか?

それともあまり飲まない子?

 

ワンちゃんにも一日のお水の適正摂取量というのがあります。日ごろお水をあまり飲まない子は、結石ができてしまう可能性大です!結石予備軍かもしれませんよ!?

 

水分が足りない子は、おしっこの濃度が上がってしまいます。すると、おしっこが膀胱にとどまりやすくなってしまい結石の元となる結晶ができてしまいます。その結晶がおしっこと一緒に排出されないと、結石になってしまいます。

 

なので、ワンちゃんが水分をきちんととることはとても大事なことなのです。

 

あなたの愛犬の水飲みの量は体重から計算しよう!

 

 

でも、愛犬の一日の水飲みの量ってどのくらいなのかわからない?

 

適量の算出法は実際には2つあり、そのどれもが様々な数字がでてきてしまいます。まずは、計算してみましょう。

 

【犬の一日の水分摂取量計算式】

  1. 「(体重)g×0.05~0.07」
  2. 「132×(体重)kgの0.75乗」

 

例えば、私の愛犬6キロで計算してみます。

 

【①の場合 → 「(体重)g × 0.05~0.07」】

 

  • 6,000g × 0.05 = 300ml
  • 6,000g × 0.06 = 360ml
  • 6,000g × 0.07 = 420ml

 

【②の場合 → 「132 × (体重)kgの0.75乗」】

 

6kg × 6kg × 6kg = 216√√ = 3.833…

132 × 3.833 = 505.956ml

 

②の計算方法は、ちょっと複雑なので解説しますね。

 

この計算は、「√」のある電卓を使うと簡単ですよ!

 

(1)「(体重)kgの0.75乗」から先に計算する

 

(1-1)(体重)kgを3回掛け算する

    6kg × 6kg × 6kg = 216

 

(1-2)「1-1」の答えに「√」ボタンを2回押す

    216√√ = 3.833…

 

(2)「1-2」の答えに「132」を掛け算すると

    132 × 3.833 = 505.956ml ← 6kgの子の一日に必要な水の量です!

 

では、本題に戻りますね。

 

算出された数字をもう一度見てみましょう。

① 300ml,360ml,420ml

② 505.956ml → 506ml

 

300~506mlと、ちょっと幅がありますね。

 

これでは迷ってしまう方もいらっしゃると思いますので、私の愛犬が通院している動物病院にて聞いてきました♪

 

愛犬の適切な水の量は、「300ml」とのことです。

となると、①の「(体重)g×0.05」が適切と判断しました。

 

 

愛犬が適切な水飲み量を摂取できているのか?ペットボトルを使ってみよう!

 

あなたの愛犬がどれだけのお水を飲んでいるのかわからない?

どうやって確認したら良いのか?

 

一日の必要なお水をペットボトルに入れておくと良いですよ!

 

例えば、私の愛犬に必要な水分は300mlでしたね。

500mlのペットボトルを2つ(仮に①と②にして)用意します。

①に500mlのお水を入れ、②には空にしておきます。

 

愛犬には、①のペットボトルからお水を汲んであげます。

我が家では夜、または昼と夜にお水を汲みなおしていますので、残ったお水を②のペットボトルに入れておきます。

そして、①のお水を注いであげましょう。

 

一日、これを繰り返してみて、最終的に残ったお水が200ml未満であれば適量の300mlを飲んだことがわかりますね。(*^_^*)

 

こんな風にして、だいたいのお水の摂取量を把握することができますので、気になる方は試してみて下さいね♪

 

ペットの為に作られた水素水【ペットの贅沢水素水】

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。