わに通信

~元気な岐阜を応援する行政書士・社労士の徒然なるブログ~


テーマ:
わにです。

「ねーねー、あたし、なんか変わったかな?-」
突然妻が言い出しました。
「美容院行ったあと、夜の歌舞伎町寄ってきたんだけど、どうも付けられてる気がしたので、見たらホストっぽい人が一生懸命話しかけてきてたの」
「ん?耳に入れて聞いてた(注:iPodでガンガン聴くのが妻の趣味です)ので、気がつかなかったの」
「でね、一生懸命話しかけてるんだけど、何言ってるかわからんかったから無視した」
・・・まず、イヤホン外さないと、なにも聞こえないと思いますが。

結論としては、「可愛くなった」と言って欲しかったみたいです。
当然、その台詞を聞いたあとは、決め台詞とともにポーズ付きで大きく反応してくれましたが。。。

わに放談、面白いと思えた方は、、、応援クリック↓ よろしくお願いします!!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



今回は漫画ではなく、書籍の紹介です。

先日、「知的資産経営」について触れましたが、それに関する書籍です。

「無形の強み」の活かし方―中小企業と地域産業の知的資産マネジメント (現代産業選書―知的財産実.../中森 孝文
¥1,680
Amazon.co.jp

知的資産経営の分野での第一人者であり、先日ご訪問した中島先生の師匠でもある、立命館大学の中森教授の著書です。

「知的資産」とはなにか、なぜ「知的資産」に注目するのか、といった導入部分から始まり、「知的資産」を”見える化”することの難しさ、それをいかに”見える化”していくかといった概略を紹介しています。

「知的資産」とは、大雑把に言うと、競争相手に対する自社の”目に見えない強み”です。商品の開発方法だったり、人材の育成方法だったり、売り方だったり、事業ネットワークだったり、事業主の人柄だったりと、有形(設備や資産など)ではない、競争力を生み出す原動力となるものです。これを「無形の強み」と表現しています。
ただ、”なぜ”それが強みになるのか、その根源まで深掘りして分析しないと、表面的な特徴を押さえる程度にとどまってしまいます。

本書では、「知的資産」を”見える化”するにあたり、「商品」の”特異性”と”売り上げ”という軸に着目し、それぞれのタイプごとに”強み”と”弱み”を整理して分析を進めるという形をとっており、その手法が直感的で分かりやすいものとなっています。

中森教授自身、京都にて「知的資産経営」に関する様々な取り組みや研究をなされていて、本書の中でも事例という形で紹介されています。そのため、ともすれば概念的な紹介となりがちな内容にも関わらず、具体的にイメージできるのも、本書の特徴です。

本書では、さらに、見える化した「知的資産」を、目的別、対象別に効果的に”見せて”いくための考え方についても言及しています。

「知的資産」は、持っていること自体に意味があるのではなく、有効に活用することにこそ、その存在意義があります。新たな「商品」の開発・提供、事業資金の確保、提携、競争力の強化、従業員のモチベーション向上、その他様々な活用方法が考えられます。
そのために、誰向けにどういう部分を軸として「知的資産」を”見せる”ことで、その目的を達せられるかということを、事例も交えつつ紹介しています。


「知的資産」の”見える化”の手法については、経済産業省にてガイドライン 等公開されています。本書の内容もガイドラインに含まれていますが、より実践的な感じです。
もちろん、本書を読んだだけで即「無形の強み」がまとめられるようになる訳ではありません。
本書はあくまでも入門書という位置づけと考えます。

「知的資産経営」について興味のある方は、ぜひご一読ください。


本日のネタが良かったと思えた方は、、、応援クリック↓ よろしくお願いします!!
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

できることから始めましょう。

・資源を節約する。
・無意味な買占めはしない。(はっきり言って、自らの安心感くらいしか得られませんよ)
・無駄にテレビを観ない(資源と時間の無駄です。。。)
・普段の生活を大切にする。浮足立っていても何も生み出しません。
・ディスプレイの輝度を減らすと消費電力も半分程度に減らせます。目にも優しいです。

・そして、余力があれば安心できるところに義援金を。個人的に企業ベースはお勧めしません。
・義援金サギにもご注意を!なお某政党の義援金募集は、怪しいと噂ですので自己責任で。

↓↓↓こちらから義援金情報が入手できます↓↓↓
東北地方太平洋沖地震 義援金
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

わにさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。