まさまゆ父さんの卓球ブログ(中国式ペン裏面打法の技術向上)

卓球歴約30年。
これまでの卓球に関する出来事や今取り組んでいることなど、のんびりと書きたいと思います。

戦型:前陣ドライブ型
ラケット:7P-2A.7t (ダーカー)
ラバー:フォア 水星2レッドスポンジ
     バック ボンバード(極薄)


テーマ:

先日、久しぶりに試合参戦しました。


その際に、あまりにもナーバス(緊張状態)になってしまったため、良い試合が出来ませんでした。


その時の無様な状態を教訓にして、練習する時の心構えを見直しました。


それは、・・・


もっと緊張感をもって練習する


ですビックリマーク


そんなことは良く耳にするフレーズですが、


実際に練習で緊張感を作りだすのはなかなか難しい叫び


そこで少し考えてみました。


【考察】

 本番の試合ではどうしても力んでしまう。(特に、初戦の立ち上がり)

 ↓

でも、練習をする時は最初からリラックス状態で始めている。

 ↓

 悪く言えば、貴重な練習時間を「緊張感なし」の状態で無駄に始めているという事ですプンプン


そこで、練習の時に、試合の緊張状態をイメージして、敢えて(わざと)力んだ状態でやってみました。


すると悪い試合をしている時のように、ミス連発です。


なるほど、自分は先日の本番の試合ではこんな状態で試合をしてしまったのかと実感出来ました。


更に、本番の試合の翌日は普段の練習後に無いほどの、筋肉痛で苦しむのですが、普段の練習の後も本番の試合後のような筋肉痛を再現できました。(表現が変かな?)


私の現時点の結論としては、


試合で、練習時のリラックスした状態のプレーをするのは無理だと思っています。(近づけることはできます。)


ならば、練習を緊張状態でプレー(特に練習開始直後)して、普段の練習のプレーの方を、試合の状態に近づける。


という手法をとることにしました。


私の場合は、練習の序盤を本番の試合と思って、思い切り力んでプレーすることにしました。


当然ながら、試合に出来る限りリラックス状態で入っていけるように、一般的な工夫(呼吸法など)もやります。


昔、試合に良く出ていた頃は、試合序盤は緊張感をほぐす為に、全てのプレーでわざと力んだ状態で、フォアハンドドライブをフルスイングしていた事を思い出しました。


昔の私のほうが、よっぽど自分の緊張感と向き合って工夫をしていました。


これからも本番の試合で緊張した状態でも、良い試合が出来るよう努力するぞビックリマーク




にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近、試合で心掛けていることがあります。


本当に基本的な事ですが、レシーブ時に、


自コートで2バウンド目が台から出たら、しっかりとフォアハンドドライブでレシーブを狙うことです。


この基本事項をしっかり守るとメリットがあります。


【メリット】

相手は、長いサーブを出すとレシーブから攻め込まれてしまう

短めのサーブを出すようになる

短めのサーブを出すためにサーブの回転量が落ちる

裏面チキータレシーブがしやすくなるチョキ


裏面チキータレシーブは、台上の短いサーブを返球するのに適しています。


2バウンド目が台からでるサーブをしっかりドライブすると、短いサーブ出すように相手を誘導(コントロール)することができますニコニコ


積極的なレシーブは、裏面チキータレシーブを更に活かすことになります。


最近は、裏面チキータレシーブを自信をもって使えるようになっていたので、その他のレシーブ技術である


・フォアハンドドライブレシーブ

・ツッツキ

・ストップ

・フリック


といった技術を使う意識がかなり薄くなっていました。


一つの技術に固執すると、単調なプレーになり、相手も対応し易くなってしまいます。


裏面打法は、私にとって大切な技術です。


ですが、固執することなくバランスの良いプレーを心掛けたいと思います。




にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日の試合で惨敗したことで痛感したことがあります。


それは、ここ1年間は裏面打法にこだわりすぎてフォアハンドが疎かになっていたことです。


裏面打法にこだわりすぎた結果、


①レシーブでサーブが2バウンド目が台から出る時は、積極的にフォアドライブで攻めるという気持ちが薄れていたこと


②レシーブが単調になり、裏面チキータレシーブを狙い撃ちにされたこと


等々、色々と悪い点が浮き彫りになりました。


当然といえば当然ですが、ある技術に偏った練習は、卓球の全体のバランスを崩してしまいます。


という訳で、本日は『フォアハンド』と『裏面打法』をバランスを考えて練習に取り組みました。


私の最大の武器は、粘着ラバーの特性を活かした『フォアループドライブ』だと思っています。


ですが、これだけではレベルが上がるほどに直ぐに慣れられて劣勢になります。


そこで私は、『裏面打法』に活路を見出しました。


『フォアハンド』と『裏面打法』をバランスよく駆使することで、ペンドライブ型のプレーの幅が、大幅に広がると実感しています。


これからも、フォアハンドによる積極的な攻めの姿勢を保ちつつ、バランスを崩さぬよう『裏面打法』を少しでも極めていきたいと思います。




にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、約1年ぶりに試合(団体戦)に出場しました。


結果として、1勝3敗と惨敗でしたドクロ


負けるのは相手があることなので、仕方がないです。


でも問題は、久しぶりの本番の試合で緊張してしまい、自分が出来るとイメージしていたプレーが全くできなかった事です。


情けないほど無様な試合をしてしまいました。


私は、実戦ではかなりナーバスになるタイプなので、実戦の試合に出る時は、なるべく普段どおりのプレーが出来るよう、自分で決めたルーティンを必ずやるようにしていました。


私が実践している試合前のルーティンについては、「卓球とイップスについて②(ルーティンを取り入れる) 」で記載しています。

http://ameblo.jp/wan-hao/entry-12064493647.html


しかし今回は、全く何の準備もなしに試合に臨んでしまいました。


良いプレーが出来なくて当たり前です。


なんて愚かなんでしょうプンプン


今更ですが、リラックスした状態の練習試合でどんなに良いプレーが出来ても、意味がないと痛感しました。


また、リラックスした状態のプレーをいつでも出来ると勘違いして試合に臨む。

それが、どんなに危険な事かということもも忘れていました。


また、逆に緊張状態だからこそ試合に集中しきって、信じられないほど良いプレーが出来る事もたまにあります。


8月は私にとって、大事な試合があります。


その前に本番の試合の緊張感を思い出すことが出来ました。


今回の大失態を二度と繰り返さないよう、しっかりと準備して自分の納得のいく試合をしたいと思います。



にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

当選したDVD「水谷隼のサービス・レシーブ」が、なかなか見れませんガーン


なんとか今週末に見て、私なりの感想を近いうちに書きたい・・・


さて、以前のブログで裏面打法を積極的に使うために、サーブの位置を以下の箇所から出していることを書きました。


詳細は、以下のブログをご覧ください。

http://ameblo.jp/wan-hao/entry-12162635379.html


このサーブ位置からサーブを出すようになって約2か月が経過しました。


強制的に裏面3球目攻撃をする以外に別の利点も発見しました。


それは、通常の①から出していたサーブを④から出すことによってサービスエースや三球目攻撃に有利な甘いレシーブが増えたことです。


④からサーブを出す人は滅多にいないので、相手は戸惑っていたと思われます。


私はサーブの構成として

A:YGサーブのフォームから逆横下回転と横上回転

B:フォアサーブのフォームから゙からの横下回転と横上回転

C:ナックルロングサーブ(横回転ロング、逆横回転も混ぜる)

D:試合流れが悪い時に使うバックハンドサーブ(横回転、横下回転、横上回転)


A~Cをメインに出して、同じサーブを続けて出さないように気を付けています。


ですが、レベルが同程度の選手と試合した時にフルセットになったときなど、次に出すサーブがなくなってしまうことがあります。


ですが、サーブ位置を変えることによって、サーブのバリエーションが増えて出すサーブの選択に迷うことが激減しました。


サーブの位置変更は、対戦相手が嫌がることが多いのでおススメですよニコニコ

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

ここ最近、出張(東京・神戸)が続いたため、久々に練習が出来ていませんガーン


出張は嫌いではないのですが、宿泊を伴う出張は、生活のリズムが崩れてしまいがちなので苦手ですドクロ


練習が出来ないので、最近の自分のプレーを振り返ってみました。


サービスが効かない相手に対して、勝率がかなり悪くなる。


というのが、今の私の最大の課題だと言えます。


サービスが効かない時にも、なんとか工夫して良い試合がしたいのですビックリマーク


と考えている時に、久々に懸賞の当選品が届きましたチョキ


なんと、DVD「水谷隼のサービス・レシーブ」でした。





まだ、時間がなく観てませんが、なんとタイムリーな当選なんだと思いました。


機会があれば、DVDの感想など書きたいと思いますニコニコ




にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ウィンドウズ10の自動アップデート(ホントに迷惑だ!ドクロ)を拒否したら、不具合が生じました叫び


パソコンを再起動しても意味不明の英語による表示のみで、「もうだめだビックリマークハードディスクのデータもなくなってしまう」と思っていました。


ですが、昨日、ある方に見て頂いたら直ぐに復旧ニコニコ


なんとお礼を言って良いかビックリマーク本当に感謝です!!


パソコンも無事復旧し、一安心したところで本日も練習に行けました。


練習の終盤では、必ずゲーム練習をします。


私の場合、試合でのレシーブは、少なくとも50%以上は、裏面チキータレシーブを使います。


その際、対戦相手の大多数が裏面チキータレシーブを打たせまいと、フォア前にサーブを出してきます。


そのフォア前のサーブをツッツキやストップしてしまうと相手の思うつぼなので、私はフォア前も裏面チキータレシーブで対応します。


その際の、パターンは以下の通りです。↓





私の場合、このパターンでは、主に相手のバック側(右利きの場合)を狙います。


それは、フォア側を狙うとカウンターで狙われる可能性が高くなるからです。


その際のポイントは、②のチキータレシーブを打つ際に・・・


・球速を抑えて、ゆっくりとしたボールを送る


という事を念頭に置いています。


何故かというと、相手は③を広く空いたバック側を確実に狙ってくるので、


チキータレシーブをするために、フォア前に移動した身体を戻すための


時間を稼ぐためです。


スピードの速いチキータをすると、相手のブロックも球速が速くなるので戻りが間に合わないのです。


このように、チキータレシーブに限らず、あえて遅いボールを送った方が、自分にとって良い展開となることが多々あります。


卓球という競技は、奧が深くて素晴らしいスポーツだと思いますニコニコ




にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日、裏面打法で三球目攻撃を狙うためのサーブを出す位置について書きました。


そこで、本日の練習(試合)5試合で、サーブをどの位置からサーブを出せば、自分にとって裏面打法で3球目攻撃に繋げやすいかを検証しました。


結論としては、以下の通りの位置で出すのが最も、スムーズに裏面打法で対応し易かったです。



注:サーブを出す位置とは、サーブのワンバウンド目を落とす位置とします。


結果、上記の④がベストの位置だと判断しました。


⑤は、当然ながら殆どの3球目をバックハンドで対応することになりますが、流石に偏りすぎでバランスが悪かったです。

但し、流れを変えたい時など、たまに出すのであれば⑤はアリだと感じました。


③は、バランスが良くフォアハンド、バックハンドを同じ比率で対応する感じでした。


今の私は、とにかく3球目裏面ドライブを実戦でどんどん使って、経験を積んでいきたいので今後しばらくは、④のサーブ位置をメインに試合に挑む予定です。


また、サーブ位置④・⑤は、意外性があり対戦相手が慣れていないせいか、甘いレシーブが増えたように感じました。


これまで、『裏面打法で3球目攻撃をやるぞビックリマーク』と考えていたものの、一般的なサーブ位置①や②から出すことが多かったように思います。


今後も、色々と考えて裏面打法がもっと上達するようなプレーを模索していきますニコニコ




にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

私は、通常サーブはバックサイドから出します。


ですが、バックサイドからサーブを出すと、3球目は必然的にフォアハンドで対応する場面が増えます。


そこで、私は3球目を裏面打法で攻めたいときは、


サーブを出す立ち位置を「ミドル」又は「フォアサイド」


から出すようにしています。


特に「フォアサイド」からサーブを出すと、大抵は裏面打法で対応することになります。


なので、裏面打法を試合でも使えるまでになりたい方は、練習試合等では、全てのサーブを「フォアサイド」から出して、強制的に裏面打法を使うしかない場面を作るのも良いと思います。


裏面打法を使える人は私の周りにも大勢いますが、試合(実戦)で使える人は、ほとんどいません。



それは、裏面打法を使ってミスして失点するリスクを避けてしまうからです。


裏面打法を実戦でも使えるようになれば、プレーの幅が広がり、もっと卓球が楽しくなると私は思っています。


でも、無理に練習しすぎて手首の故障にだけはご用心をビックリマーク


にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日より、粘着性ラバー『金星2極薄』を試していますニコニコ



昨日、今日で約6時間ほど練習(主に試合)で使用したので大分慣れましたニコニコ


そして、結論から言うと・・・


『ボンバード極薄』に戻しますビックリマーク


「金星2極薄」も良いラバーでしたが、個人的には「ボンバード極薄」が自分のプレーに適合していると判断しましたグッド!



【理由①】

ラバー(スポンジ)の厚さに違いがある。

「金星2極薄」⇒1.3mmぐらい

「ボンバード極薄」⇒1.0mmぐらい


極薄とは言え、全然違います。

ちなみに1.3mmは、バタフライの基準だと「薄」に分類されます。

「ボンバード極薄」は、ラケットの木材で打っている感覚がありますが、「金星2極薄」だと、ラバーで打っている感覚が強くなります。


結果として、フラット打ちに関して比較すると(個人的な意見では・・・)


「ボンバード極薄」:ナックル性の球質になる。

 ⇒ 相手にブロックされてもネットミスで得点できた。


「金星2極薄」:やや上回転の球(いわゆる棒球)になる。

 ⇒ 比較的、簡単にブロックされて得点率が下がったように感じました。


【理由②】

台上チキータにおける回転量の差があった。


台上処理における「ひっかかり」は、ボンバードが良いと感じました。


【総 括】

「金星2極薄」は、球持ちが良くなり、コントロールも向上したように感じましたが、上記の理由のとおり、極薄特有の『嫌らしさ』がなくなり素直な球質になった印象を持ちました。


昨日のブログで書いたように、上級者と対戦した時に感じる「ボンバード極薄」の限界については、以下のように工夫したいと計画しています。


① 「緩急つける」

  裏面ドライブを打つときに、「ゆるい球」「速い球」を混ぜる。


② 「打法を組み合わせる」

  裏面ドライブ、フラット打ちを組み合わせて単調にならないようにする。


裏面打法については、スピードを追及するのではなく、主力打法であるフォアハンドにつなげるための打法として、変化を意識したプレーを目指したいと思います。


以上、「ボンバード極薄」 と「金星2極薄」の個人的な感想でしたニコニコ



にほんブログ村





いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。