格安スマホで何がわるい②

テーマ:


先日、格安スマホを購入して何ら問題ないなぁと実感していたところ、気になる記事を見つけた。


料金の安さ以上にトラブルが増えていると言う。


 ◇料金は安いがトラブルも多発

 相談内容は、

「実店舗がなく、不明な点を問い合わせようとしても電話がつながらない」

②「修理中の代替機貸し出しがなかった」

③「端末にSIMロックがかかっていて使えなかった」といったものが挙げられてるらしいが…

❶「実店舗あったし、電話も繋がった」

❷「故障はまだしてないのでわからない」

❸「端末は今まで使用していたiPhoneだし、問題なし」

と自分にとっては今のところ問題なく使えているのだが…

確かに格安スマホはサポートにかかるコストを抑えて格安を実現しているので、DOCOMOなどの大手通信事業者と同様のサポートは期待できないということは、消費者側もあらかじめ知っておくと、この種のトラブルは防げるのではないか。

チェックしておきたい内容として

「料金・提供条件」「端末」「SIMカード」

「設定」「メール」「サポート」

「携帯電話会社からの乗り換え」「利用開始日」の8項目。


SIMカード(事務手数料)【楽天モバイル】 【送料無料】【SIMフリー】【iPhone・Android対応】【格安スマホ】


 もっとも、格安スマホは大手通信会社より料金が大幅に安く、最低利用期間を設けている会社はあるが縛りは緩い←
自分が契約した楽天モバイルの縛りは1年間。

消費者側もメリット、デメリットの両面を把握するようにして、その安さがなぜ実現しているのかを理解しながら使えば、節約につながると思うけどな。

実際に月7000円のコスト軽減は魅力的

格安とはそれ相応の価値である事を承知の上で契約し、トラブルが発生しても対応出来るように備えておけば問題ないと思う。


AD