庵主について

テーマ:
$魚利庵【奥の間】

◆庵主は

Wally【魚利】と申します。

◆年齢は

お陰様で、
干支を3廻りする事が出来、
四十路が垣間見えて御座います。

◆出身地は

東北州の州都に御座います。

◆庵の在り処は

雷神山古墳の北麓で御座います。

◆普段は

上達の気配の無いトロンボーン、
誤魔化しだけは自慢出来るサキソフォン、
数分で音が出なくなるトランペット、
音は出るけど碌な演奏が出来ないフルートetc...
そして金銭の計算、
電子機器の修理と簡単な治具製造、
等で御座います。

◆庵では

庵人と二人で茶の湯を嗜んで御座います。
庵主は、料理を致すようになりました。
極く稀に晩酌を致します。
腰に持病があります故、床に物を置くべからず。

◆移動は

平成二十一年式、
日本産業製、角籠に御座います。
本日現在、製造後二万里近くを走破して御座います。

◆親類縁者は

庵人方共々、至近に居ります。
全員が、汁物の冷めない距離に御座います故、
煎じた一献と顔を見せに度々参じております。

◆健康状況は

腰痛に加え、肩首痛を持って御座います。
所謂「瓶底眼鏡」を愛用しております。
鼻紙が手放せません。

◆当庵にて一献を煎ずる写真機は

①F90X(日本工学工業製)平成八年~
今日の今日まで遂に使い熟す事敵わず、
一線を退いております。

②コニカⅠ(小西六写真工業製) 平成十年~
1950年製。解放f値=2.8。
古き良き沈胴式で御座います。

③D70s(日本工学工業製)平成二十四年~
流行り廃りの目まぐるしい電子世界に在りながら、
庵主に似た緩生(=感性)を持つ類稀な写真機に御座います。
現在は、主座をD200に譲り、
所謂"サブカット"の役割を主にして御座います。

④D200(日本工学工業製)平成二十八年~
此方も既に生産中止となって久しいかとは存じますが、
拙庵ではまだまだ主力に御座います。
連写性能と合焦速度の向上(あくまでもD70と比して)を
見込んでの投入に御座います故、
干支を一回りするぐらいは頑張って頂きとう存じます。

◆初めてシャッターを切ったのは

中学三年頃かと存じます。
当時、誰かに一献をご覧頂く事は
微塵も意識しておりませんでした。

◆単鏡胴写真機との出会いは

高校三年の春頃かと存じます。
日本工学工業製、FE2に御座います。
完全に父の影響で御座います。

◆庵主の知る鉄道用語・鉄道関連俗語

サイリスタ-チョッパ-VVVF・水銀整流器・
三相誘導機・弱め界磁・シリース-パラ-シリースパラ・
ノッチ・制輪子・ボルスタ・軸梁・ブリル・ミンデン・
力行・惰行・変-中-直・トルコン・機械変速式・
抵抗制御・間接制御・架線・饋電線・ビーム・架線柱・碍子・
弾直軌道・バラスト・犬走り・K荷重-S荷重・マルタイ・
カント・パーミル(千分率)・困ったら制動・第一エンド・第二エンド・
ウヤ・ウテシ・ノリホ・チッキ・マルヨ・ラッチ・ウヤ・レチ・ヘコ・ガセ・
ナナゴ・パーイチ・ロクサン・ロクヨン・
全速進行-進行-減速-徐行-警戒-停止・
遠方-中継-場内-出発・ATS-ATC-ATO-ATACS・
地上子-車上子・(特殊-)自動閉塞-スタフ閉塞・通票(-タブレット)・
ワ-コ-シ・ム-ラ-サ-キ・ナ-オ-ス-マ-カ・ロ-ハ・キ-モ-ク・
逆光番長(#逆光番長)

********

線路際で庵主をお見掛け頂きましても、
直ぐに其れとお分かり頂ける事は僅かかと存じますが、
現物と認識されましたら、
お声掛け頂けますと望外の幸甚に存じます。

AD