こんにちは。


ウォーキング研究家・君塚です。



今日の【ウォーキングレシピ】は、



No.009 「競歩の歩き方について」です。



【検索結果:Google約20,400件



=====================================================



やはり最初は、


競歩競技の定義

押さえなければなりません。



【定義】


競歩とは、、、


チェックボックスいずれかの足が、常に地面から離れない

(ロス・オブ・コンタクトにならない)ようにして歩くことをいう。(~


チェックボックス前脚は、着地の瞬間から、垂直の位置になるまで、

まっすぐに伸びていなければならない(ベント・ニーにならない)。(<




以上が競歩の定義ですが、

「競歩の歩き方について」想像がつかない方は、

一度、ユーチューブYouTube(白背景)で【競歩】と検索してみてください。




歩く一見すると競歩の歩き方は独特で、

陸上競技の指導者のなかには、指導できないと

苦手意識を持つ方も少なからずいます。



しかし、


競歩は特別な能力がなければ出来ない競技ではなく、

単純に日常歩行をスピードアップし、走る手前ギリギリまで加速をし、

そこで持続力が生まれるように体を上手に使って効率よく歩くスポーツです。




つまり、、、


「早歩き・速歩」+「ルール」=競歩です。




とはいえ、競歩の定義(ルール)通りに歩こうとしすぎるのではなく、

どうしたら速く長く歩けるかを追求した先に、競歩の定義(ルール)がある。


というくらいのスタンスで取り組むのも有りだと思います。




また、競歩の練習メニューは、

基本的には【長距離・駅伝】と同じです。


競歩指導の実績がある指導者のなかには、

選手として競歩経験のない方が大勢いる理由も納得です。


だからこそ、苦手意識ではなく、好奇心を持って

積極的に取り組むことが大切だと常々思っています。



※具体的な導入方法やトレーニング方法は別のレシピでご紹介します。





【編集後記】



最近、


VolleyBoo世界陸上やオリンピックの

テレビ中継で競歩を見る機会が増えました。


ぜひ、一人でも多くの方に注目して見てもらえたら

プレッシャーというよりは代表選手の励みになると思います!!テレビ



世界陸上モスクワ2013は、8月10日開幕します。


男子20km競歩に2名、男子50km競歩に3名、

女子20km競歩に2名、メダル・入賞候補として多数出場します!!日本



走る人マラソン(長距離走)の頂点がトップランナーのように、

ウォーキング(歩く)の頂点はトップウォーカー(競歩選手)だと、

私は以前から主張しています。旗だからこそ、ウォーカーの憧れの存在になるよう

選手にしかできないカタチで競歩界を盛り上げて欲しいと思います!!



また私自身が競歩に

出会えたのも何かのです。


競歩経験があるウォーキング指導者の一人として、

自分にしか出来ないカタチで競歩界を盛り上げたいと秘かに思っています!!




それでは。パンダ


次回のレシピは、

立ち姿勢 ヒップ】です。



ウォーキング研究家・君塚正道


■□■運営サイト■□■


HP コチラhttp://www.salute.jp/

Blog コチラhttp://ameblo.jp/walking-mylife/

Twitter コチラhttps://mobile.twitter.com/salute_jp


■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■


AD

もてる歩き方

テーマ:

こんにちは。


ウォーキング研究家・君塚です。



今日の【ウォーキングレシピ】は、



No.008 「もてる歩き方」です。



【検索結果:Google約6,860,000件



=====================================================



チェックボックス「人気がある」


チェックボックス「人から好意をもたれ、よい扱いをうける」



このような『もてるの意味』を踏まえ、

”もてる歩き方”について考えていきます。




そもそも、


信じられますか?



「歩き方で本当に人気が出るのか??」


「歩き方を変えるだけで人から好意をもたれるのか??」




大前提として、


歩き方だけではなく、その人の内面とか他の部分も含めて

”もてる”かどうかの要素だし、自分を高めていくべきだと私は思います。


また、あえて意識して”もてよう”としないで、

自然体でいることが良いというのも一つの考え方だと思っています。




但し、、、


実際にはよく言われているように、

第一印象という意味で「綺麗な姿勢」

「カッコいい歩き方」は好感を得る理由になります。



入試の面接試験や就職活動、

仕事など初対面で大切な人と会う時。。。


日頃から服装など身だしなみを整えるように、

姿勢を整え!歩き方を整える!これが時々だと疲れちゃいますが、

習慣化されれば、お化粧をするように、歯磨きをするように苦にならないと思います。



私の場合は、10年以上前になりますが就職活動の時や、

今でもお仕事などで誰かと会う時にはとびきりの笑顔で接するように、

とびきりの姿勢や歩き方で相手に好感を得てもらえるように努めています。



今では、、、


それが私の自然体です。




さて、前置きが長くなりましたが、


実際に”もてる歩き方”とは、一体どんな歩き方なのか???



その答えは、、、


自分で自分の歩き方を、

よく客観視できているかどうかが鍵です。



例えば、鏡やガラスごしに映る自分の歩き方を客観的に見る癖をつけてください。



それが自分のなかにある美意識のなかで、

「変だな~」と思うのであれば、自分の美意識に近づくように

意識して直す。そして、それを繰り返し繰り返し続ける。。。



その過程において

変化する自分の歩き方に”自信”が生まれ、

その「自信が結果として相手に良い印象を与える」のではないでしょうか。




お出かけ前に、

一度は自分の顔を鏡で見ますよね!?


その時、目やにがついていたり、

鼻毛が出ていたり、寝ぐせがついていれば

多くの人は自分の美意識のため、清潔感を出すため手直しすると思います。



チェックボックス歩き方も同じように日々のチェックと、自分で自信が持てる歩き方になるまで自ら手直しすること。




また、図書館や本屋へ行き、

歩き方の様々なノウハウを手に入れることも

一つの手段ではないでしょうか。


しかし、出版経験のある私が言うのもおかしいのですが、、、

ウォーキング指導の経験上、多くの人は本に書いてある「基本の歩き方」を知らなくても、

どんな歩き方が綺麗でカッコイイかはなんとなくわかっています。



だからこそ、


100%ノウハウ頼みになることなく、

まずは自分のなかに持っている美意識を信じてみる。


そして、髪型を整えるように、

「姿勢」や「歩き方」を時間をかけて整える。


その数秒の積み重ねが、大きな結果、自信につながります!!



独りよがりじゃない客観視できた”自信”。


そういう姿勢で歩けることが”もてる歩き方”につながるのではないでしょうか。




それでは。パンダ


次回のレシピは、

競歩の歩き方について 】です。



ウォーキング研究家・君塚正道


■□■運営サイト■□■


HP コチラhttp://www.salute.jp/

Blog コチラhttp://ameblo.jp/walking-mylife/

Twitter コチラhttps://mobile.twitter.com/salute_jp


■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■


AD

現代人は運動不足

テーマ:

こんにちは。


ウォーキング研究家・君塚です。



今日の【ウォーキングレシピ】は、



No.007 「現代人は運動不足」です。



【検索結果:Google約642,000件



=====================================================



平成21年9月に内閣府が発表した

【体力・スポーツに関する世論調査】によると。。。


『この一年間に行った

運動やスポーツがあるか』聞いたところ、


チェックボックス運動やスポーツを行ったとする者の割合が77.7%

チェックボックス運動やスポーツはしなかったとする者の割合が22.2%、だったそうです。



つまり、


4人に1人は一年間のなかで

運動やスポーツを行っていないことになります。



歯磨き習慣のようにスポーツ習慣のある我々からすると、

運動やスポーツをしていない人(22.2%)は意外と多いな~と感じます。。。




また、


運動やスポーツを行ったとする人

77.7%の運動・スポーツの日数を見てみると…ダンベル?


・週に3日以上(年151日以上)と答えた者の割合が30.2%

・週に1~2日(年51日~150日)が28.1%

1~2日(年12日~50日)が23.4%

3ヶ月1~2日(年4~11日)が10.7%

1~3日7.3%となっています。



この結果から、、、


運動日数が年に1~3日という人は

地域や職場の運動会に参加した程度ということなので、

運動習慣がなく、また3ヶ月に1~2日という人も運動不足です。


そして、”運動習慣”という意味では、

月に1~2日でも運動・スポーツを行っていれば

運動習慣があると言えますが、この程度の運動頻度では、

”運動効果”を得にくいので運動不足の領域に入ります。体育座り



つまり、


一年間に運動・スポーツを行った人、行わなかった人をあわせると、

全体の50%程度の人が運動不足と考えることが出来るので…、

「現代人は運動不足!」と言えるのではないでしょうか。走る




それでは。パンダ


次回のレシピは、

もてる歩き方 】です。



ウォーキング研究家・君塚正道


■□■運営サイト■□■


HP コチラhttp://www.salute.jp/

Blog コチラhttp://ameblo.jp/walking-mylife/

Twitter コチラhttps://mobile.twitter.com/salute_jp


■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■■□■


AD