ヴォイニッチ手稿とは?

 

管理人のひまつぶしです。

オカルト要素が強いので、一般の方は読まない方がいいです。

 

ヴォイニッチ手稿 Wikipedia

 

ヴォイニッチ手稿

 

Voynich Manuscript-photo gallery

http://www.voynich.com/folios/

 

解読不能な謎の文書「ヴォイニッチ手稿」

http://www.nazotoki.com/voynich.html

なお最後はヴォイニッチ手稿の全ページを無料で閲覧、ダウンロードできるページがあるので紹介しておきたい。バイネッケ稀少図書・書簡図書館のページである。

ここでは、「Export as PDF」というボタンを押し、現れた「Entire Set」という表示をクリックすると、ヴォイニッチ手稿のフルカラーPDFのページが表示される(フルカラーなので時間はかかる)。ダウンロードは上部のボタンを押せばOK。(容量は100MB)

もしヴォイニッチ手稿の謎に挑みたいという人がいるならば、挑戦してみるのもいいかもしれない。ただし過信は禁物。「他の誰も解けない謎を自分だけは解ける」と思い込んで人生を無駄にした人たちは数知れない。健闘を祈ります。

※ダウンロードは自己責任でお願いします。

 

補足

 

解読不能の奇書「ヴォイニッチ手稿」の年代が特定される
http://abahen.blog129.fc2.com/blog-entry-118.html

発表されたその年代は・・・1404年~1438年

※発表された年代は大切→15世紀 Wikipedia

※補足→13世紀 Wikipedia 14世紀 Wikipedia

 

 

謎に包まれたヴォイニッチ手稿のこれまで判読不能だったページが修復される。だが内容は依然として不明

 

資料と様々な説

 

ハムレットの水車小屋

 

「悪魔には問題があるが,神についても疑問がある」

The Voynich Manuscript
(ヴォイニッチ手稿)

http://www.voynich.com/voynich2.htm

高橋氏はヴォイニッチ手稿のページというかなり無駄なことをされているようです。一般大衆が好まない.....つまり一般大衆に迎合しない作品創りに氏の真骨頂があるようです。

http://www.voynich.com/

 

 

煩悩君フルスロットル

 

ヴォイニッチ手稿

http://aioi.blog6.fc2.com/?pc

 

コメント欄の楽譜説

「ヴォイニッチ手稿はどうみても楽譜」
http://kuippa.com/blog/%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%82%A4%E3%83%8B%E3%83%83%E3%83%81%E6%89%8B%E7%A8%BF%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%BF%E3%81%A6%E3%82%82%E6%A5%BD%E8%AD%9C/

 

 

カレイドスコープ

 

最上位のイルミナティが初めて語ったこと

※私はバーバリアンイルミナティも信用していない。

 

「天使が地球を創造した?」-では天使とは何か?

 

大摩邇(おおまに) 

 

ブログ内検索 ヴォイニッチ手稿

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/search?q=%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%82%A4%E3%83%8B%E3%83%83%E3%83%81%E6%89%8B%E7%A8%BF

 

0の夢

 

最終氷河期以前の高等人類から、受け継いだ知識。

未確定要素は一つではない、複数の非現実的現実がこの世界に干渉している。

不用意にリスクを冒すシステムは、時の風に耐えられない。

不可侵領域に干渉するものに永遠の眠りを…。

 

 

解読キー

 

A.解読可能

B.解読不能

 

A.解読するための鍵があるなら、落書きでないなら、いずれ誰か解読の鍵を生み出すだろう。

得られた答えは本当に重要な法則のごく一部でしかないだろう。

暗号はこの世界を覆っている。人間が作り出した暗号を解き得られるものは僅かでしかない。

 

B.妄想は科学を発展させるカギだ。

解読が不可能だとしても、過程で新たな思考が開ければそれもまた良いか。

 

 

 

管理人がぼんやり考えたこと

 

私にはさっぱり、わからないが色々と関係のない妄想が広がったので、思い浮かんだことを書きます。

ヴォイニッチ手稿と関係あるかどうかは知りません(笑)

煩悩君フルスロットルの記事を読んで、ヴォイニッチ手稿に興味を持ち記事にしました。

本音をいうとヴォイニッチ手稿にはあまり興味がないのですが、それに対する人々の様々な思考に対して興味を持ちました。例えば、人間は人の形をした植物という説です。

私は以前体が勝手に動き、読み始めた本のページを思い出しました。

本の題名は忘れましたが人体のほとんどの細胞は元はウイルス(細菌)というものです。

確かに、目というシステムも植物から来ているという説があり、人間と植物の関係は深いですが、私は人間は水+鉱物 + 細菌+植物+aだと思います。

 

人体 =水 + 鉱物 + ウイルス + 植物 + a

 

人体は人型の植物という説が煩悩君フルスロットルに出ていたが、私は水 + 鉱物 + ウイルスもそこに関係すると思う。人類が植物や水の本質を理解していないのは確か。

 

偽宇宙人との強制旅行の最後ら辺で宮古島の謎の仮面がある博物館にいったが、そこで水に関するポスターをもらった。水に関する情報が色々書いてあった。今家を探したが見つからない、見つかったら載せます。

 

宮古島の博物館

http://eriugena.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-4814.html

 

また、水が情報を反映することはあまり知られていない。

南極の永久凍土などはどのような情報を留めているのだろう。

ある種の石も情報を保存するのではないか。PCもまさに鉱石だろう。

 

偽宇宙人との旅行の後、広島に帰って来て何故か宮島に行った。

アインシュタインを始め、意外と多くの著名人が宮島に来ている。宮島は1つの巨大の岩です。

モンサンミッシェルもまた、1つの巨大な岩の上に立っています。

 

http://panapon.com/kankoti/monsan-miyajima/

 

WATER予告編(日本語特別版) 

※放射能汚染が水に与える影響を私は懸念している。

 

 

世界支配層の貴族の悪魔儀式の科学的な影響

 

世界を支配しているのは、近親相姦を繰り返す一部の貴族です。彼らは悪魔儀式でたびたび集団的な乱交や、人肉を食べたり幼い子の血を飲んだりしています。

私は今回、これらの悪魔儀式にも外部から他者の遺伝子を取り込み近親相姦でリスクの高まった肉体のバランスを取っているのではないかと空想した。私の空想が合っているかは不明です。

 

【驚異の遺伝子学】昔セックスした男の遺伝子は女の体内に残り続ける!?
http://www.excite.co.jp/News/odd/Tocana_201508_post_6983.html

 

私はたびたび人為的な自称神聖血脈は基本的に嘘であると書いてきた。本当に神聖な血脈は超自然的に受け継がれる。近親相姦による一部の血脈の純化は自然の法則に反しており不可能です。

 

もし、私の空想通り悪魔儀式により世界支配者層の貴族が外部から他者の遺伝子を取り入れていたとすれば、彼らの純血が嘘なのがさらに明らかになるだろう。嘘と遺伝子スイッチのコントロールこそが人類支配のコツなのである。我々はそれを知らなければならない。

 

植物と人格

 

植物は人格にも影響を与える、恐らく科学的に遺伝子に作用しているのだろう。

植物が人体の遺伝子に与えている影響については今後解明されるでしょう。

 

貴族は何故肉食か。貴族といってもここでの貴族は人類を支配している一部の貴族です。

彼らは本当に肉ばかり食べているらしいです。野菜を本当にあまり取らないらしい。

彼らは支配者であり続けるために、特定の遺伝子スイッチが押されるのを避けているのだろう。

羊飼いであり続けるために、無意識に肉食に偏っているのかもしれません。

 

愛は世界を変えるといいますが、愛情により遺伝子が影響を受けセロトニンやオキシトシンなどが過剰に分泌されることを世界支配者層は無意識的に恐れているのかもしれない。悪魔儀式も、遺伝子を支配者と高級奴隷に適した合理と欲望を追求するプログラムにするために調整する役割もあるのだろう。

 

植物が少ない都市部ほど、養老猛のいう『脳化社会』が加速するのも興味深い。

確かに、植物は人間の自我にも関係しているのかもしれない。

 

 

 

補足資料

 

哺乳類の胎盤形成にはウイルスが関与しており、その遺伝子は順次置き換わることができる

http://www.a.u-tokyo.ac.jp/topics/2015/20151005-1.html

 

ヒトのゲノムにRNAウイルス遺伝子を発見
 4000万年前までに感染か 最初の「RNAウイルス化石」
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20100107/

 

カラパイア 植物・菌類・微生物

http://karapaia.com/archives/cat_50034582.html

 

人間はヒトの細胞と細菌から成る「超有機体」

http://wired.jp/2004/10/13/%e4%ba%ba%e9%96%93%e3%81%af%e3%83%92%e3%83%88%e3%81%ae%e7%b4%b0%e8%83%9e%e3%81%a8%e7%b4%b0%e8%8f%8c%e3%81%8b%e3%82%89%e6%88%90%e3%82%8b%e3%80%8c%e8%b6%85%e6%9c%89%e6%a9%9f%e4%bd%93%e3%80%8d/

 

生体鉱物

https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/story/newsletter/keywords/15/03.html

 

植物には知性や感情があると考える科学者が急増(各国研究)

 

「心」が変われば地球は変わる

http://min-voice.com/change-the-earth-5998.html

 

追記、

 

この記事の原稿を書いた後、昨日録画した番組を見ていたらライオンゴロシという植物が出てきた。

倒れたライオンの死骸を苗床にして繁殖するらしい。やっぱり、植物は動物より賢いかも(笑) 

また、拝火教と植物の関係性も気になってきた。

ヒクソス、ヒッタイトなど火と金属を司ってきた民族の、支配欲が強いのも何か深い理由があるかも。

 

オカルト演出小道具の1つ!?

 

結論としては、私もヴォイニッチ手稿は世界支配層の演出小道具だと考えています。

 

【イルミナティーについて教示いただけませんか?に関して】

ヴォイニッチ手稿にしても、薔薇十字思想の一部であり、オカルト性を持たせるための道具です。

すなわち、自作自演です。

※よければ元記事を全文お読みください。

 

コメント:ヴォイニッチ手稿を読むより自然の法則に耳を傾けたほうがより深い真実が分かる。色盲に色を教えることは出来ないが。

 

 

 

memo

 

折り紙 波の折り紙 四次元折り紙

 

人間をコンピューターウイルスに感染させる初の実験、英研究者が自身の体で

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/369790.html

※ナノチップやナノマシンは、不器用な人類のウイルスの真似事の始まりかな。あまりに幼稚で迷惑な話だが。

 

AD

リブログ(1)

リブログ一覧を見る