ウォーカーのブログ

  
世界の真実と、集団ストーカー情報をお届けします!
引用・転載はご自由に♪

NEW !
テーマ:

内閣情報調査室が集団ストーカー関与しているという仮説

 

本日、ネットサーフィンをしていたらたまたま、

賢者の剣 ~コトバと知恵と想像力~ というブログを見つけました。

興味深い記事が多くありましたが更新が2015年で止まっています。

 

その中で気になった記事があったので、紹介させて頂きます。

 

テクノロジー犯罪(=エレクトリック・ハラスメント)~CIAに設立された内閣情報調査室~


(引用)

 

内閣情報調査室の初代室長・村井順は
CIAエージェントだった


内閣情報調査室は1952年設立された日本初の諜報機関。
初代室長の村井順はJSOB総合特殊作戦本部にて
マッカーサーの部下として対日工作エージェントを
していたといわれる人物である。

その後、JSOB総合特殊作戦本部がCIAへ移管されたことから、
村井はCIAエージェントへ。
また、村井は同時に「綜合警備保障」も設立している。

さらに、村井と同じくCIAエージェントとして働いていた
斉藤昇は警視総監、国家地方警察本部長官、警察庁長官に就任。

このことから、内閣情報調査室と日本の警察が
CIAによってつくられた組織であることがわかる。

尚、村井や斉藤がGHQで所属していたJSOB総合特殊作戦本部は
日本において反米の市民を監視・摘発するための組織であったと
いわれている。


テクノロジー犯罪(=エレクトリック・ハラスメント)と
内閣情報調査室


内閣情報調査室の構成員は、2005年4月時点において、
内調プロパー約70人、警察庁より約40人、
公安調査庁より約20人、防衛庁(元・防衛省)より約10人、
外務省、総務省、消防庁、海上保安庁、財務省、経済産業省等より数名
の計約170人という。(衆議院安全保障委員会における次長答弁)

軍関係筋等からの情報などで、内閣情報調査室が
テクノロジー犯罪(=エレクトリック・ハラスメント)
に関与しているといった話は以前から聞いてはいたが
内閣情報調査室はもとより、上部の内閣官房副長官補が
警視庁や防衛省の役職を歴任しているケースが多く
警察や軍、民間警備会社etc.を総括して動かせる組織といった
観点からいっても、かなり正しい情報ではないかと思っている。

尚、内閣官房副長官補(安全保障・危機管理担当)は
近年、武力攻撃事態対処法、国民保護法など有事関連法制や
テロ対策特措法などの施策を推進する官僚職だ。

内閣府のホームページによれば、地震災害、風水害、火山災害等の
大規模な自然災害、航空・鉄道・原子力事故等の重大事故、
ハイジャック、NBC・爆弾テロ、重要施設テロ、サイバーテロ、
武装不審船や弾道ミサイル等の重大事件、新型インフルエンザの発生等、
国民生活を脅かす様々な事態に対し、
危機管理のためのマニュアルの整備や特異な事案も想定した訓練、
テロ対策の総合調整等を行う、とある。

普通の感覚で考えても、CIAがつくった日本の諜報機関や
その上部組織が、国内のテロや災害etc.の対策を行なっていること自体、
問題だといえないだろうか。

昨今、日本のインテリジェンス機能の強化などについて
語られることが多くなったが、
一国の諜報機関であるならば、国益や国民の利益・安全を
第一に考える組織であるべきだ。
ましてや海外の諜報機関によって設立された組織などは
論外である。

同じくCIAによってつくられた自民党は民意によって
与党の座を明け渡すことになったが
戦後、CIAによってつくられたこうした組織は
すべて解体されるべきだろう。


______________

斉藤昇関連 -警察による思想調査事件-
http://oohara.mt.tama.hosei.ac.jp/rn/28/rn1956-849.html

その他の参考文献についてはまた後日♪

 

 

(引用終わり)

 

賢者の剣 ~コトバと知恵と想像力~

検索 エレクトリック・ハラスメント

 

検索 集団ストーカー

 

 

補足

 

村井順 Wikipedia

村井 順(むらい じゅん、1909年(明治42年)2月5日 - 1988年(昭和63年)1月12日)は、日本の内務警察官僚実業家。初代内閣総理大臣官房調査室長綜合警備保障創業者で、社長・会長。

 

経歴・人物

 

東京出身。東京高等学校 (旧制)を経て東京帝国大学法学部政治学科を卒業。1935年(昭和10年)内務省に入省し、1939年(昭和14年)に福岡県警防課長から、汪兆銘南京政府を実質的に支配していた上海興亜院に転出し、中国大陸における特高警察活動や、思想文化統制に従事。敗戦後は、青森県警察部長を務めている最中に吉田茂に才気を見出され、第1次吉田内閣で内閣総理大臣秘書官に抜擢されるも、のちに内務省に戻り、廃止された特高警察の代わりとして設立された、内務省警保局公安一課(公安警察)の課長として、情報関係業務に従事。内務省がGHQによって解体・廃止されると、内事局第一局を経て、国家地方警察本部の初代警備課長に就任した。

 

吉田茂はG2のチャールズ・ウィロビーを通じて、キャノン機関の司令官であった、ジャック・Y・キャノン少佐と大磯の自邸で接触しており、吉田はキャノンに対して、緒方竹虎に対して情報機関設立に向けた助言を与えてほしいと依頼している。吉田の依頼を受けたウィロビーとキャノンは、緒方の下を訪れて、アメリカ中央情報局(CIA)・イギリス情報局保安部(MI5)・イギリス情報局秘密情報部(MI6)といった、西側の情報機関に関するレクチャーを行ってる。この際、キャノンは新たに設立される情報機関のトップには村井順が望ましいとして、彼を推薦している。これは、当時、国警本部警備課長であった村井がG2、CIC、CIDへの報告や連絡を怠ることがなく、キャノン機関が置かれていた旧岩崎邸に頻繁に出入りしていたためである。村井は新情報機関設立に関して「内閣情報室設置運営要領」という案を提出しており、吉田・緒方の2人の賛同を得て、1952年(昭和27年)4月、内閣総理大臣官房調査室が設置され、村井は初代内閣総理大臣官房調査室長に就任した[1]

その後、九州管区警察局長を最後に警察庁を退官。内務省・警察庁OBとして、後々まで黒幕として影響力を保持し続けていたという[2]

 

1962年(昭和37年)1964年東京オリンピック組織委員会事務局次長となり[3]1965年(昭和40年)に日本初の民間警備会社である綜合警備保障を社員40人で設立した[2]

1988年(昭和63年)1月12日心不全のため死去。享年78歳[2]

没後、2000年(平成12年)に村井順記念奨学財団神奈川県横浜市に設置された。

長男は、綜合警備保障元会長の村井恒夫[4]。次男は、警察官僚を経て綜合警備保障社長・全国警備業協会会長を務める村井温[5][6]

※綜合警備保障 = ALSOK

※吉田茂は麻生太郎の祖父。安倍総理の祖父である岸と吉田は満州人脈で繋がっています。

 

斎藤昇 Wikipedia

斎藤 昇(さいとう のぼる、1903年明治36年)1月28日 - 1972年昭和47年)9月8日)は、日本内務官僚政治家運輸大臣厚生大臣警察庁長官参議院議長を務めた斎藤十朗は子息。

 

経歴

 

三重県阿山郡東柘植村(現在・伊賀市)出身。父・角蔵、母・のぶへの長男として生まれる。

上野中学八高を経て、

大正15年(1926年)文官高等試験に合格[1]東京帝国大学農学部及び法学部を卒業後、内務省に入省。

終戦間もない昭和21年(1946年)1月15日に山梨県知事に就任。昭和22年(1947年)2月には内務次官として本省へ戻る。その後、昭和22年(1947年)10月に警視総監、昭和23年(1948年)3月には旧警察法施行と同時に国家地方警察本部長官に就任、旧警察法時代を通じて在任した。昭和29年(1954年)7月、新警察法施行・警察庁発足時に初代の警察庁長官に就任し、戦後警察制度の推移する中で現行制度を確立する。昭和30年(1955年)7月に退官。

昭和30年(1955年)8月、三重県選挙区の参議院補欠選挙で初当選。以後3期当選。自由民主党では佐藤栄作派に属し、昭和36年(1961年)7月に第2次池田内閣第1次改造内閣の運輸大臣として初入閣。昭和43年(1968年)11月に第2次佐藤内閣第2次改造内閣の厚生大臣に就任。昭和45年(1970年)1月に退任するが、昭和46年(1971年)7月の第3次佐藤内閣改造内閣発足で再び厚生大臣に就任。

昭和47年(1972年)9月8日に死去。正三位勲一等旭日大綬章。昭和33年(1958年)7月から死去するまで三重県遺族会の会長も務めた。

※警察の重要ポストにCIAの息がかかっている様です。

 

 

内閣情報調査室 Wikipedia

 


ツイッターより

 

ヘッセン派閥→MI6、モサド、CIA
CIA→内閣情報調査室
CIA→日本財団→防犯パトロール
CIA→一部の警備会社
CIA→一部の探偵会社

集団ストーカー被害者→防犯パトロールに嫌がらせされ、契約している警備会社が対応せず、探偵に相談しても高い金をとられて終わる。

 

 

 

コメント

 

今回の内閣情報調査室が集団ストーカーに関与しているというのは仮説にすぎませんが、新しく感じたので記載しました。

 

話変わりますが、私は就職活動に完全に失敗しました(とほほ)

そこで、とりあえず短期のバイトをしながら就職活動を続けることにしました。

明日から働くのでブログの更新が少なくなりますが、今後ともよろしくニコ音譜

 

 

関連記事

 

CIA(中央情報局)とは?

 

【殿堂入り】世界の組織 まとめ

 

【永久保存版】集団ストーカーの手法 まとめ

 

 

 

 

保留 ※阿修羅情報


日米の諜報組織による非合法活動とエシュロンについて

http://www.asyura2.com/0406/war57/msg/999.html

 

Re: 黒い手帖と集団ストーカーの考察
http://www.asyura2.com/08/cult6/msg/215.html

 

【DIH】防衛省情報本部【電波部】

http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/jsdf/1412625015/

 

※真偽不明の情報多し、注意。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。