GOLDWIN WEB STORE




2016-03-06 18:58:06

3・5 スイミングマスターでロクマル

テーマ:バス
初釣り以来のマイミクS氏のアルミで出船。

なんだかヤマハのエンジンがちょっと調子悪いみたいで不安を抱えながら少し遅目のスタート。

放水が80トンに落ちて、気温も上がり、魚の位置が変わりそうな雰囲気です。

水温が10度を超え始めた2mレンジを徹底的に叩いてみる。
スイミングマスター3/8オンス、シャロークランク、スピナーベイトなどでローテーションするが各エリア、完全ノーバイト。

それでもしつこく「ヤマハ前をチェックしよう」と南へ向かって疾走していると、突然エンジンが止まってしまう。

その後何度セルを回しても掛からない・・・

奇しくもエンジンが止まったのは沖の4mラインで湖流が巻いてベイトもいていい感じ。
しかもこのエリアはボトム付近に朽ちたエリが沈んでいてコンタクトポイントになっているので、「ここでとりあえず投げるか・・・」で、スイミングマスター5/8オンスでいつもの釣りをやると「コン!」とアタリ。

そのままリトリーブを続けていると「グン!」と反転したのでトルクフレックスでフッキングを叩き込む。
トルクフレックスはその名の通りロングロッドで結構しなやかに曲がり込む竿なんだけど、珍しく限界まで絞りこまれたので、「デカイな」と感じ、またまた珍しくボート際でクラッチ操作をしながら慎重にランディング。




60センチ、3800グラム。
カッコええ魚体でした。

その後マイミクS氏も57センチ3700グラムと52センチ2000gをキャッチ。

僕の方も一本45を追加。

3800+3700+2000+1000
ということで4本で10キロオーバー。

口に出すと恥ずかしい表現をすると「春爆」でした。




日没まで粘り倒して、終了後にマリーナで撮影会。

ルアーは全てスイミングマスター5/8オンス。
2mラインを散々叩いても何もないのに、ちょっとエリアを変えると一瞬で10キロ超える辺り、やっぱり春のバスは素直だなと思いました。

思い返してみると、ロクマルを釣るのは人生で3回め。
一本目は2008年11月のバクラトスイマー。
二本目は2012年12月のブレードマスター。

僕のロクマルは「オリンピックイヤー限定」のようです(笑)

願わくば4年後はディープクランクで獲りたいです。
そしたらロクマルを剥製とまではいかなくても、写真を額に入れてヒットルアーをその横に飾っておけるんですが。
ソフトベイトだとルアー自体にそこまでの思い入れを持てないですよね(笑)

それでもプリスポーンのロクマルは人生初めてでした。
やはり風格が違いました。

このサイズになってくると流石に技術だけではどうにもならなくて、運の要素も大きいなと感じます。
あのエリアでエンジンが止まらなければ掛けてなかった魚ですし、先週ラインを巻き替えていなければブレイクしていたかもしれないし。

まあ、今年は1月から通いこんで、冬の間も魚の動きをそこそこ追えてて、場所とルアーと食わせ方まではだいたいわかっていたので獲れたというのはあると思いますが。




タックルデータ
ロッド:FXNC-75H
リール:レボIB5
ライン:FCスナイパー16ポンド
ルアー:スイミングマスター5/8オンス、スイングインパクトファット4.8
AD

あーりーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。