GOLDWIN WEB STORE




2014-12-10 19:27:11

釣りのスタイル

テーマ:バス
フォレさんやばんばんさんが上記のようなタイトルで面白そうなことを書いておられたので僕もそれなりに色々考えてみました。

しかし、自分の釣りというものを振り返った時に特に「得意なルアー」があるわけでもなく、「得意なスタイル」があるわけでもないということに気づくのです。
ジグもやればキャロもやるし、トップもスピナベもクランクもやる。
別にどれが得意というのも無ければキライというのも無い。
アラバマと鉄板は苦手です。故にこれからのシーズンは絶望的です。

一番好きなスタイルは「ビッグレイクでシーズナルな魚を追いかける」ということです。
これはもう琵琶湖を愛して止まない理由です。
「大きな魚が釣れる」とか「たくさん釣れる」というのも琵琶湖の理由ですが、それが最大ではありません。
そもそも「大きな魚が釣りたい」だけならいずれ琵琶湖は飽きます。
同じ時間とお金をつぎ込んでジギング船に乗ればもっと大きな魚をもっとたくさん釣れるからです。

そしてもうひとつのこだわりは「同じ釣り場に通いこむ」です。
もちろん、見ず知らずの釣り場を開拓する楽しみもありますが、通いこみフィールドの変化を楽しむということと、前述の「ビッグレイクでシーズナルな魚を追いかける」ということがリンクしてくるのです。

そして最後に「釣ってナンボだから」です。
とにかく釣りに行こうと。
昔は年間150日は釣りをしていました。
でも今は仕事やらでおそらくその半分も行けていない。
でも、とにかくフィールドに出て竿を振るというのがモットーです。
極論を言えば、月に一回丸一日琵琶湖に行く人より、週に二回近所の池に行く人の方が上手くなると思います。
例えその一回が3時間とかだったとしてもです。


そんなこんなで寒くなって釣りネタも無くなってきたので自分なりの「ビッグレイクでシーズナルな魚を追いかける」という考えを書いていきます。

僕はよく「琵琶湖に通うならアクティバ前をやりこむといいよ」と言います。
(Akira君にも言いました。)
それは僕自身が西岸のアクティバ~カネカをホームにしているというのもありますが、個人的にアクティバ前には「南湖の全て、そしてバスフィッシングの全てがある」と言い切っても良いくらい素晴らしいポイントだと思っているからです。


そんなこんなを次回以降に書いてみます。
AD

あーりーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。