GOLDWIN WEB STORE




2014-11-13 12:49:28

2014-11-12 146本キャッチの湖北

テーマ:バス
11/12、Truth平村教授のガイドで湖北へ。
お世話になっているN氏師匠のお宅から奥琵琶湖のファイブオーシャンまで約二時間のドライブ。

1415762492449.jpg


今日のテーマは数釣り。
「一年分のバスを一日で釣っちゃおう!」
という企画です。

午前8時スタート。

ベイトフィネスに仕立てたウェーブモーションの5gダウンショットを水深12mラインに落ちるブレイクに投入。
一投目からアタリ。

で僕の2匹目の魚がやたら引く。
「いきなり251ですわw」とボヤイテいると、

「うわ、デカバスやわ(平村教授)」

そこから慌てて真面目にファイトするも強烈な突っ込みで口切れフックオフ。

「こんなデカイの釣れるって聞いていないんですけどw(あーりー)」
「10日に一回の奇跡やったのに~(平村教授)」


そこからもまあ飽きない程度に釣れ続いて、午前中に30本ほどキャッチ。

1415762482565.jpg


しかしあまり魚が浮いていないようで、シャッドやアラバマでは不発。
色々なルアーで遊んでるというのもあるけど、イマイチ数が伸びない。

ちなみに、前日は254本釣れたらしい。
それが翌日の僕らの時は50本程度まで落ち込んだとなるとTruth株がストップ安になる可能性がある。
もしくは「今日のゲストさんはスキルがイマイチだったので数は伸びませんでした」なんてTruthブログに書かれかねない(笑)

ということで午後からは本気モードのスイッチオンで釣りまくる。
とある漁礁に入ってからはワンキャストワンヒット


その後、日が傾いてからはシャッドとアラバマが爆発。

1415779506443.jpg

1415779491216.jpg


一回投げたらワラワラとバスが湧いてくる状態で午後2時半には100本達成。

使ったのはウルトラスレッジ、ISワスプカットファスト、マーゲイ。

1415847429720.jpg


最初はスピニングでウルトラスレッジを投げていましたが、ベイトフィネスのほうが距離が出せるしジャークも簡単なのでワスプとマーゲイに変更。
ドハデなチャートでもガンガン喰ってくるあたりが面白い。

これまで早春の琵琶湖といえば西岸のインサイドでこういったシャッドかネコリグだったわけですが、国保ガイドや黒須ガイドでスイムジグやクランクベイトを教えてもらってからは春でもフィネスを使うことが一切なくなりました。
久しぶりにシャッドの釣りをやったので逆に新鮮でした。

ラスト一時間は「トップやりましょう」ということでレッドペッパーベイビー
これも一回投げれば3,4回は魚が当たってくる

1415779523221.jpg




で、最後に細長いのが後ろについたので分かってたけど誘いを掛けたら「ドバーン!」と。

1415779567608.jpg

5ポンドで上げてくるのはなかなかのスリルでした。

そんなこんなで最終的には146本釣りました。
「数の湖北」を堪能。

でも、いくら湖北といえども魚がいるところいないところはハッキリしているわけで、沖のど真ん中の漁礁やウィードが生えているブレイクなんかを的確にガイドしてもらえるからこその釣果だったと思います。

今回数釣りをしてみて分かったことのひとつ。
「フィネスに関してはフックの違いがものすごく大きい」ということです。
最初に使っていたのがD社のダウンショット用のフック。
これが乗らない・・・乗っても抜けるとか。
まあそれなりには釣れるんですが、どうもミスが多い。
その理由を平村さんに教えてもらい、フックポイントがしっかり計算されているF社のフックに変えてからはほぼミスなく取り込めました。

もうひとつ、水深が10m超えてくるとロッドの感度の差は物凄く大きい
水深13mの漁礁のエッジを感じて、漁礁の穴にリグを落とし込み、下から喰い上げてくるバイト(シンカーのウェイトが無くなるだけのアタリ)で即座に掛けれるロッドが無いと数が伸ばせない。
そのあたりは流石テクナGPというところです。
2万と5万のロッドの差はこんなところで出てきます。

そんなこんなで数釣りを堪能しましたのでラスト三回の琵琶湖は0覚悟でひたすら巻きます。

ちなみに昨日の最後は風が強くなってきてこんな感じでした。
湖北は海ですね。
風が無くてもウネリが出るし、湖流はわけがわからないくらい速いし。
ひとたび荒れると波のパワーが南湖の比ではありません。
ちなみに本気で荒れたらこの動画の5倍は波が大きくなるらしいです。
荒れたレイクに強いというチャンピオン20フィートに200馬力のエンジンを百戦錬磨のガイドが操船してもこれです。


最近南湖が釣れないのでスモールボートやフローターで安易に湖北に行こうとする方が多いようですが、そんな装備で沖に出るなら生命保険の増額と遺書の用意をおススメします。

タックルデータ
ロッド:TAV-GP65CLJ
リール:LTX-L
ライン:R18フロロリミテッドハード8ポンド
ルアー:ウェーブモーションダウンショット、シャッド

ロッド:ELT64SULJ
リール:ダイワ2500
ライン:フロロ6ポンド
ルアー:ウルトラスレッジ、レッドペッパーベイビー

AD

あーりーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。