GOLDWIN WEB STORE




2014-05-21 12:00:55

5/20マルチウォブラーのキャロライナリグで連発の琵琶湖

テーマ:バス
第三回、びわこくらぶ。

今回は、アッキーさん、フォレさん、はりさんと4人で。
いつものフィッシングゲートでステーサー2台レンタル。

前日に天気予報見ると、「東の風7m」
これで一気にテンションが下がる。
「また早上がりか・・・」

全ての拘りを捨てて、「朝のうちに魚触っちゃおう!」大作戦。
あいさつもそこそこに、フォレさんと出船。
一気にアクティバへ。

とりあえずスイミングマスター。
「これで新しいプリが差してきたのが釣れたらな~」なんて思いながらもやっぱり釣れない。
と思ってたらいきなりフォレさんが釣る。

アフターだけど48センチクラス。

僕の方は釣れないので、「魚触るぞ大作戦」を決行。
レークマリーナに向けて「トゥルースです!」と大声で叫んだあと(ウソ)、「マルチスティックスライド+ブラッシュイージー」をセットしたスピニングタックルを手にする。
「これで連発確定(ウヒヒ)」とか思ってたら、アッキーさんとはりさんが乗った船が入ってくる。
何となくスピニング持ってるの見られるのが恥ずかしくて、ライトテキサスに持ちかえる(笑)

トゥルースに対してそんな中途半端な信念では釣れるはずもなく、「風のないうちに東岸見ておきましょう」と移動。
毎年エビモが生えてアフターが着くエリア。
でも今年はまだそのエビモが生えていない。
「これじゃダメだな・・・」と思ってたらいきなりフォレさんにヒット。

アノストネコ。

でも単発なので少し沖のエリアへ。
春先によく釣れていたライン、通称「国保ライン」

ここでいきなりフォレさん連発。




やはり「BMC」で上位を伺う人たちというのは何かが違う。
さすがネコリグのためにタックルを2セット用意する拘りです。
見よう見まねでマルチスティックのスライドを投げるも僕にはノーバイト。

そうこうしているうちに北風が強くなる。
「まだ8時やで・・・12時までは1mって言ってたやん」
と文句を言いながらも、「風が吹いたときのために」と用意していた必殺技を取り出す。

そう「マルチウォブラーのきゃろらいんちゃろんぷろっぷじゃなくてキャロライナリグ

これを風に乗りながらドラッキングする。
この時期のバスはどうしてもフリーフォールとポーズをさせないと喰ってくれないんだけど、風が吹いたときにルアーをしっかりポーズさせれるライトリグというのはキャロライナリグだけかもしれない。

で、このマルチウォブラーのキャロを使いだしてからは連発。

1400542346176.jpg

1400547632986.jpg

1400555994830.jpg

1400556022169.jpg


実はキャロとかスプリットショットでバスを釣ったのって15年ぶりくらいかも?
風に流されて、リグがウィードにスタックしても、しっかりアタリが伝わってくるのは良いことです。

ルアーも丸呑みされるくらいの強いアタリ。

1400547666350.jpg

1400556050566.jpg

ルアーを「ポイっ」と風上に投げて、リールから糸を引っ張り出す。
下野御大が言うところの「十ヒロだしてドラッキング」です。
で、ただ流されるだけというとても退屈な釣りです。
やることがないのでアメブロ更新したり、LINEでやりとりしたり、ASKAの取り調べのNEWSを読んだり、「はじまりはいつも雨」の替え歌の「N氏と琵琶湖はいつも雨」を熱唱したりしてると「コン!」とロッドが入ります。
で、クラッチ切って送り込んで思いっきりフッキングするだけです。

この辺の詳細はまたいつか書きます。

9時くらいまでに既に二ケタ近い魚を捕獲。
風が吹く前に西岸に戻ろうとすると、木の浜から帰ってきたアッキーさんの船が接近。

「どないです(あーりー)」
「全然釣れへんわ(アッキーさん)」
「これ釣れますよ、使ってください(あーりー)」
ということでマルチウォブラーを一匹手渡し、「国保ライン」の山タテを伝える。

そのマルチウォブラーでアッキーさんも連発したらしい。
「釣れすぎでワームが破壊された」とLINEが入ったので、
「良かったら一匹1000円、ワンパックなら5000円で現地販売しますけど???」と返信する。
まあ別のワームでも無事に釣れたらしい・・・

西岸でも同じような条件のラインに入ればそこそこ釣れました。



多分、お腹と背中で色が違うやつが良いかと。
ロールした時に明滅がはいるんで。

風のせいでエリアも釣り方も限られるけど、「このくらいの風なら5時までやり切れるかも?」という淡い願いもむなしく午後からは爆風。

1400640707585.jpg

あっさりと13時で終了となりました。

買捨て場も北山田も木の浜の浚渫も行けないような強風でしたが、まあその中で色々工夫して釣れたので良かったかな?と。
参加者全員魚を触れたようで安心しました。

多分、今の琵琶湖は○○と△△がリンクしてるエリアでないと良いサイズが上がらないと思います。
で、それがあいそうなエリアというのに昨日は行くことが出来ない強風でした。
○と△が何なのかを考えるのがバス釣りの楽しみなのでここでは言いませんが、海の釣りをやってる人ならすぐに分かると思います。

バス釣りというのは自分で考えて、自分で動けるというのが一番楽しいなと思います。
レアなルアーを買ったり、安いルアーをお得にゲットするのも楽しいですが、やっぱり「釣ってナンボ」です。
自分の船で場所を探して、自分の考えた釣り方で答えが出たらやっぱり面白いです。
操船も場所の見極めも使うルアーの選択も「全部自分で出来る」釣りって実はあんまりないんですよね。

次回びわこくらぶは「番外編・8/16七色ダムリアルファイト」になるとかならないとか・・・?

タックルデータ
ロッド:TAV-GP69CMJ
リール:REVO IB
ライン:FCスナイパー14ポンド
ルアー:マルチウォブラー 1/8オンスキャロライナリグ
AD

あーりーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。