GOLDWIN WEB STORE




2014-03-03 13:38:18

スイミングマスターの使い方-レンジコントロール考

テーマ:バス
昨日、「今の琵琶湖で確実に50アップ釣るなら間違いなくスイミングマスターが手堅い」とか書いてしまったのでちょっとだけ自分なりの使い方を書いておきます。

とりあえずこれを読んで、それでも「買ったけど釣れないんですけど」とか「お金を返してください」とか「ブログ炎上させるぞ!!」とかそういうクレームがある場合は消費者センターにお願いします。

まず今の琵琶湖の水深3~4mで魚探を掛けるとだいたいこんな感じです。


ちょっと背の高い残りウィードが殆どですが、4月にもなれば新芽も生えてくることでしょう。

スイミングマスターなどのスイムジグをロングキャストして一旦ボトムまでフリーフォールさせます。
フォールしたところが腐ったササバモの塊だったりした場合は残念ながら「死にキャスト」になってしまう可能性が高いですが、この時期はあまりそういうこともありません。

その後ゆっくりとリトリーブを開始します。
ボトムよりほんのちょっと上をスイミングしているイメージです。
するとそのうちウィードにコンタクトします。(1

「あ、なんかウィードに当たりそう・・・」と思ったらすかさずリールのハンドルを「グリグリ!!」と素早く1回転か2回転させます。
するとジグはウィードを「ブルッ」とすり抜けてウィードの上の位置まで上がります。

この時にやってはいけないのは、リールではなくロッドで「バシバシっ」とウィードをほぐそうとすることです。
これをやるとジグは水中で高く舞い上がってウィードから離れてしまいます。
もうひとつリールのハンドルを「グリグリ!!」とやる時でも、ハイギアのリールを使ってしまうと同じ事になります。
ハンドル一回転が60センチ以下、水深4mより深いところをやるのであれば55センチくらいのリールが良いです。

自分が使い込んだので自信を持っておススメできるのはこのリールです。


ダイワのSS-SVも良いと思いますが、ローギアのやつはハンドル90mmにしてほしかったな・・・

ジグが上手いことウィードを抜けてくれたらそれまでより少し早目のリトリーブ速度で巻いてきます(2

「あんまりウィードに当たらないな」と思えば少しリトリーブ速度を落としますし、「ちょっとザクザク刺さり過ぎるな」と思えばちょっとだけ速く巻きます。
この辺はその場その場でサジ加減するしかありません。

ローギアリールをおススメするのはこの「微妙なサジ加減」の調整がしやすいというのもあります。
一回転の巻取りが速いリールだと、巻き速度の微調整が難しいのです。

もちろん「俺はハイギアリールでもリトリーブ速度の微調整を5段階で付けれるんだぜ」というような方でしたらハイギアを使ってください。
魚を掛けてからはハイギアのほうが絶対に有利なので。
今江さんのようなめちゃくちゃ釣りが上手い人はスローロールでもギア比7とか8を使っています。

そして一番大事なのが3の位置までジグが近づいてきたときです。
この位置まで来ると一定のリトリーブをしているだけではジグは少しずつ上ずってきます。
ローギアの巻き抵抗の軽いリールを使っていれば、ジグの重みがダイレクトに乗っかってくるのでこの位置がわかります

しかしここでリトリーブ速度を落とし、ジグの浮き上がりを抑えます。
理想としては4の位置まで来たときに直角に近い角度でジグをピックアップすることです。

もちろん図のようにきれいには難しいですし僕も出来ないんですが、とにかくなるべく足元までキッチリと一定の層をトレースするように努力します

ロングキャストして、
「1、着底した近辺」
「2、ボートと着底した位置の間」
「3、ボートにかなりジグが近づいてきたとき」
とワンキャストで3回ウィードにタッチできればだいたいキッチリとレンジキープしてトレース出来ていると思います。

あと気を付けておきたいのが4の位置です。
この位置で喰うバスは絶対にデカイです。

ボート際まで気を抜かずにリトリーブしましょう。
でも気を抜いてる時に確実にキマす。

僕は「釣ってナンボ」と思ってる人間なので、使ったこともない道具をカタログスペックだけでインプレとかはしたくないです。
逆に釣れた道具に関しては自信を持っておススメ出来ます。


使い方さえと場所があっていれば絶対に釣れるルアーです。


・水深が深くてウィードが少なければスイミングマスター
・水深が浅くてウィードが多ければバレッジスイマージグ
・魚が完全に浮いていればデプスハイパーフットボールジグ

この辺りが自分の使い分けです。

あとは動画とかで研究してデカバスをゲットしましょう~~

AD

あーりーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。