GOLDWIN WEB STORE




2014-01-26 22:40:47

2014初琵琶湖

テーマ:バス
1月下旬でありながら3月なみの陽気。

「今日は初ブラック釣るぞ!」と気合入れて出船。

今回は以前の職場の先輩、S氏のボート。
氏はこの時期でも毎週琵琶湖に浮く猛者である。

「先々週はノーバイト、実は先週末は先々週より水温が上がっていたので越冬場所でバイトが出た」とのこと。

僕は前回ノーバイトを食らっているので同じ負け方を二度もする訳にはいかない。

「倍返しだ!」


「0に何を掛けても、ゼロ www(大和田常務)


スイミングマスターで流す。

水温は7.4~7.6。

約三時間ノーバイト。
スイミングマスター、ディープクランク、メタルバイブレーションでローテーションする。

そして待望のバイトはやはりスイミングマスター。
しかし乗らない。

これがスイムジグの難しいところですね。
クランクベイトなら魚が触ってくれればフックがたくさんあるのでキャッチ率は上がるのですが、スイムジグは丸呑みしてくれないと掛からない。

それでもスイムジグでバイトが出たことはこの釣りに信頼を寄せるキッカケになりました。

一日のバイトが一回あるかないかの世界。
とにかく信じくれるルアーで押し切るしか無い。


そしてスイムジグというのは上手下手のはっきり出るルアーでもある。
水深4mを超えるレンジでウィードトップをきっちり引ける人って、はっきり言ってそんなにいない。
僕も沢山のアングラーと同船しているが、この釣りをしっかり出来ているアマチュアアングラーは数名しかみたことがない。
多くのアングラーがウィードコンタクトしすぎてモダルマになったジグを回収するだけか、もしくはウィードからどんどんルアーが浮き上がっているかどちらか。

同船させて頂いているS氏はこのスイムジグがとにかく上手い。
キモは「ローギアのリール」
コレに尽きる。
この辺はまたいつか。

残り三時間。
「そろそろノーフィッシュブログの言い訳でも考えないとね」なんて考えが頭をよぎりだす。

そしてS氏が「ちょっと〇〇漁港のミオ筋チェックしようか」と言う。
僕自身はこの時期滅多にやらないので少し意外に思ったのだが、当然ボーターの指示に従う。

そしてミオ筋のラインが3mだったため、少し軽めのバレッジスイマージグ1/2を選択。


そしてあろうことか、強烈なバイトは僕のTAV-GO70CHJのティップを叩いた。

1390698945181.jpg

45センチ程度の小バスだが、この時期ならではのクオリティがあると思う。


今年の初ブラック。
少し水深が浅かったのでやはりサイズは伸びなかったが、本命場所が完全沈黙の中S氏のヒラメキで獲らせてもらった一本。

この後S氏のスイムジグにもワンバイトあるも残念ながらバラシ。
そしてタイムアップとなった。

少し天気が良くて水温が上がったところでやはりまだ1月。
これが日照時間の伸びる2月ならプリスポーンの魚も動き出してくれるのかもしれない。

まあ、シーズンはまだまだこれからです。

最近思うこととして、
「ウィードがある」とか「地形変化がある」というのはもちろん大事なことなんだとは思うのだが、そういう次元を超えたプリスポーンのブラックを追いかける釣りをしてみたいな?と思っています。
この時期でもウィードが沢山あれば、そこに居着くバスというのは当然居るわけですし、そういう場所でダウンショットやったりスピナーベイトをベタベタに引いたりすれば真っ黒な越冬の魚は釣れると思います。
そして琵琶湖という特殊なフィールドではその魚が50センチを超えることもあると思います。
でもそういう魚を絞り出す釣りとは全然別次元の、「差してきた魚がコンタクトした瞬間」を射止めることが出来た時の破壊力というのを体験してみたいのです。
ウィードであったり地形変化であったりというのはあくまで魚がコンタクトするためのツールに過ぎなくて、変化があるから魚が釣れるのではなく、釣れる魚が変化につくという、そういうイメージで釣りをしてみたなと。

昨年、半日で50アップを8本出した時にそれを痛感しました。

まあこんなこと言ってても昼間でノーバイトだったらネコリグ握りしめて西岸のウィードフラットにかじり付いてしまうのが人情なんですけどね(笑)

逆に今の時期だから「ボウズ上等」でスイムジグで押し切れるのかもしれません。

今回は紙一重で釣らせてもらいましたが、ストロングゲームというのはそれだけリスキーでもありますね。

タックルデータ
ロッド:TAV-GP70CHJ
リール:レボIB
ライン:FCスナイパーBMS16ポンド
ルアー:バレッジスイマージグ+スイングインパクトファット4.8

AD

あーりーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。