GOLDWIN WEB STORE




2013-08-07 12:53:40

ディープクランク考

テーマ:タックル
昨日実家にちょろっと帰ってまして、ついでにマックス上野芝に寄ってみました。
残念ながら個人的にワゴンに美味しそうなものはあまり無かったですが、あそこの魅力はワゴンだけではないことに気づきました。

まず、バグリー、ラパラ、ボーマー、ストライクキングなどマニアックなアメ物の在庫が充実している!

そしてラッキークラフトUSAのRCクランクやRTOクランクが各サイズ各カラー揃っている!!(これがワゴン行きになったら30個は買ってやる・・・)

ノーネームクランク、ハイフィンホッグバスターなどマニアしか使わないルアーをイチオシコーナーに展示!!!


恐らくですが、相当アメリカのトーナメントやトレンドに詳しいバイヤーがいますね。
量販店でありながら「ナイル」や「ファインルアーサービス」に匹敵する「痒いところに手が届く」品揃え。

アメ物コーナーから溢れ出るバス愛と見えざるバイヤーの殺気に「こ、コヤツ出来る・・・」と呟きながら店内を徘徊しておりました(ウソ)

さて、今日からしばらく「ディープクランク」について書いてみます。
ディープクランクというのは僕の中で「最後の聖域」といいますか、一番苦手な釣りでした。

まず、オカッパリで使う機会は皆無です。
琵琶湖に行きだしてからは、水深的にはベストなルアーなのは分かるのですが、何といっても「ウィードに引っ掛かる」のがうっとおしくて敬遠していました。

そもそも琵琶湖に行きだしてから最初にモノにした釣りが「ライトテキサスのスイミング」でした。
これはウィードに引っ掛からないです。
次が「スワンプのネコ」。
これもウィードの隙間をフワフワ出来ます。

でもこの辺のルアーは浅いことろでしか威力を発揮しません。
つまり春しか釣れないのです。
長年僕は秋の琵琶湖を苦手にしていました。
それで次にマスターしたのがバクラトスイマーとハイパーフットボールのスイミング。
この二つは3mより深いところを探れて、しかもウィードに掛かりにくいという特徴があり、結果的に秋の琵琶湖でロクマルを釣ることが出来ました。

しかし、この二つにも限界がありました。
まず、
・リトリーブ速度が遅い
・故にリアクション要素が弱い
・レンジキープが難しいので荒れると釣りにならない
・結局琵琶湖ってウィードに引っ掛かるのを嫌がっているうちは大きな魚が釣れない

やはり琵琶湖に強くなるにはディープクランクが必須であると感じる様になりました。
そんなこんなでここ2年ほど夏以外はディープクランクのタックルを積んでいます。

とりあえず今日は僕がメインに使っているディープクランクをインプレいたします。



まずディープクランクの中でも僕の中で4番バッター的存在がDUELのダブルエックス3+と4+。

{251832ED-A6B0-4B9E-8B49-6C2BD11D20C8:01}

琵琶湖でディープクランクやるならまずこれを買うと良いと思います。
とにかく「ウィードと仲良く出来る」ルアーです。
ウィードにコンタクトしても、それほど濃いウィードでなければリトリーブを続けていれば抜けてくれます。
しかもその抜けた瞬間のイレギュラーアクションでバスが喰ってきます。
濃いウィードにスタックしてもロッドを立てて軽く煽れば簡単にウィードから外れます。
当然その瞬間にもバイトがあります。
そしてもっとすごいのが何にもコンタクトさせずに中層をリトリーブしても喰ってくることがあります。
水深4mのエリアで3+を速引きして喰うことがあります。
先日の琵琶湖がまさにそれでした。

Walk on wateR@琵琶湖、東播の野池でバス釣り

バイブレーションがハッキリしてウィードコンタクトが分かりやすいし、リトリーブ抵抗も軽い。
チャート系とシャッド系の二つのローテーションがオススメ。

(DUELにしたらずいぶん強気の価格設定だけど、元は取れると思いますよ・・・)



メガバスのディープX300


{4986C898-E385-4380-A141-128FF0B308AD:01}

DUELが発売されるまでは最愛でした。
ディープクランクって潜っていくとどうしてもバイブレーションが弱くなってしまうんですが、このルアーはどのレンジも安定したピッチで泳いでくれる。
ただ、300というネーミングの割に4m近くまで泳ぐのがややこしいw
DEEPX 300 (Megabass/メガバス)

DEEPX 300 (Megabass/メガバス)
価格:1,499円(税込、送料別)





ファットペッパープラス


{44E358E7-3860-46E2-A130-5EA1E36D8061:01}

ティムコの名作、マッドペッパーマグナムとファットペッパーの中間的存在のルアー。
こちらはメガバスとは逆にあんまりバイブレーションを感じさせてくれないディープクランク。
使いこなすのが意外と難しいルアー。
最近は中層ファーストリトリーブ的な存在で使っています。
「深く潜るバイブレーションプラグ」と思うといいかも。



ショットオーバー5

{96361A85-5C50-437D-9012-1795AC97FC0C:01}

上記の3つのルアーだと届かないような深いレンジを探るときに登場。
12月から3月限定ですかね。
引き抵抗がやたら軽いので「そんなに潜るの?」と思うけれど、ちゃんと5mのボトムにタッチする不思議な感覚のルアー。
SHOTAクンがBRUSHで炸裂させて一時期プレミアだったのに年始のセールでいきなりマックス上野芝のワゴンに山積み。
そういう意味でも不思議なルアー。


次回はロッドについて書いてみます。




AD

あーりーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。