GOLDWIN WEB STORE




2013-04-04 13:02:45

琵琶湖入門セット

テーマ:バス
なんか今週末も爆弾低気圧とか何とかで中止っぽいですね(笑)

さて、最近「琵琶湖で釣りしたいんですが、どんなタックル用意したらいいですか??」
と私ごときのようなものに尋ねられる方が増えてきました。

とりあえず、僕の中でのザックリとした琵琶湖入門タックルを書いておこうと思います。

僕の中で絶対必要だと思うのは、

1、7フィートクラスのヘビーロッド
2、6.6~6.10フィートのミディアムクラスのロッド


この二本です。
そしてこの2本があればまず琵琶湖南湖の7割は何とかなると思います。

1には16ポンドのフロロラインを巻いて、
・3/4オンスのスピナーベイト(ティムコ ブレードマスター)、
・スイミングラバージグ(デプス ハイパーフットボール + スタッガー)、
・普通のラバージグ&テキサス(ティムコ パワーグライドジグ、イマカツ モグラジグ)、
・チャターベイト(イマカツ モンスターモグラチャター)

などに使います。
これらは一年中使います。
ここに晩秋は
・バクラトスイマー(イマカツ)
が入ります。

2には14ポンドのフロロを巻いて
・5gライトテキサス(ティムコ マルチスティック、ZOOM オールドモンスター)
・ヤマセンコーのノーシンカー
・1/4のヘビダン(ケイテック セクシーインパクト)
・シャロークランク(ノリーズ ショットオメガビッグ)
・サスペンドシャッド(エバーグリーン フェイス、OSP ルドラ)
・バイブレーション(エバーグリーン ブザービーター、ノリーズ ラトリンジェッター)

などに使います。
主に、春と秋はシャロークランクやシャッドを多用し、ウィードが伸びる初夏から盛夏はライトテキサスやノーシンカーの出番が増えます。

あとは春の時期にジグヘッドで大きいのが釣れることがありますから、6フィートクラスのLアクションのスピニングロッド(これは野池で使っているものでOK)があれば安心です。

この3本かあれば一年間やり切れると思います。

あとはディープクランクとベイトフィネス用に専用ロッドがあると良いのですが、
これは個人の好き嫌いもありますし、出しどころも難しいので購入するのは最後で良いでしょう。

こうやってまとめてみますと琵琶湖だからと言って特に構える必要もなく、まずは普通の道具で始めれば良いということが分かります。
手持ちの道具にちょっと太い糸と大きなルアーをつけて、ボートで少し沖に出るだけで誰にでもロクマルのチャンスは平等に与えられるのです。

あとは嵌りこんでいけば徐々に自分の中で自分にあったなタックルが見えてくると思います。
「ウィードがあって魚がやたらデカい」という琵琶湖特有の雰囲気をどう乗り切るか、試行錯誤しだすと楽しくなります。

僕も「エバーグリーン」→「シマノ」→「フェンウィック」とタックルを乗り換えてきました。
ただ琵琶湖に特化しすぎると、「昨日のザヒット見て七色行きたくなったわ~」と思っても「ロッドもラインも太すぎるやん・・・」となってしまいますが(笑)


Walk on wateR_____blog
TF-GP71CHJ(中)とTAV-GP69CMJ(左)は絶対に外せない超一軍ロッド。


バス釣り ブログランキングへ
AD

あーりーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。