スペイン日記 Gracias!

テーマ:

テーブル パラドール

ラウラと 前菜 サント・トメ マサパン トレド

アオコトレイン カテドラル前 シビラ

王宮 王宮から

タパスで 観覧車 朝食

サグラダ・ファミリア グエル別邸

海岸 夫

チョコラータ トカゲ

フラメンコ フラメンコ

夕暮れのカザ・ミラ エル・プラット空港

     サグラダ・ファミリア

      長い間スペイン日記におつきあいくださいまして

              ありがとうございました。

 まだまだ旅の夢の中を漂っているような気持ちになることしばしばですが

 ごくごくフツウの日記に戻ります。また遊びに来ていただけたら幸いです。

      スペインから持ち帰ったものもちょこちょこup予定です。

   そろそろ秋モノも溜まってきました(笑)ゆっくり更新していきます。。。


     今後もよろしくおねがいします!みなさまに愛をこめて。

AD

スペイン日記 Tablao Cordobes

テーマ:

フラメンコ

スペイン最後の夜はとっておきフラメンコディナー!


ガウディの建築に身もココロも思いっきり染まることと

フラメンコ それがわたしの旅の希望だったので念願成就デス♪

帰国を翌朝に控えいざタブラオへ!

タブラオ・コルドベス エントランス

『タブラオ』とはフラメンコを楽しみながらお酒が飲める場所。

わたしたちは観光客向けながら歌と踊りの水準が高いと評判の

『タブラオ・コルドベス』をチョイスしました(^-^)

アラビアン!な感じのエントランスがすてきです☆

乾杯  

ビュッフェ  カタルーニャプリン  

たっぷりカタルーニャ料理が楽しめるビュッフェスタイル。

サングリアと一緒にいただきます(^-^)野菜もたっぷり摂取♪
一番ココロに残ったのは赤ピーマンのマリネかなぁ☆

肉厚のピーマンが甘くてオイリーだけどとってもおいしい!

右はカタルーニャのデザートクレマ・カタラナ。激甘デス(=_=)

フラメンコダンサー  

お食事を堪能した後は。。胸が高鳴ります!

食事スペースから隣の洞窟風ステージへ移動していよいよ

舞台の幕開き☆なんとわたしはステージに一番近い歌舞伎

で言うところのかぶりつきのお席になってしまいまして♪

迫力あるステージを見上げるように観てしまいました(^-^)

しかもスペインワイン『カバ』を頂きながら♪

フラメンコ  

思い出しても鳥肌が立つほど熱く素晴らしいステージ!

踊り子さんの全身で感情を揺さぶってくるような踊りには

気迫を感じました!男性の歌い手さんの叫びのような歌声は

ココロに響き渡りました。

(男性ダンサーの汗が飛んでくる程至近距離なんですもの(笑))

フラメンコダンサー  

美しかった踊り子さん。


いつかまた青い空の下バルセロナを訪れたいって思います!

すてきな旅の締めくくり☆華やかな夜は更けていくのでした。


豆知識

フラメンコは魂の奥底から歌われるカンテ『歌』

指先からつま先まで表情豊かに感情を表すバイレ『踊』

独特の技法で哀愁を帯びた旋律を奏でるトーケ『ギター』

の3つの魅力が複雑に絡み合いひとつの世界を作りあげる。

AD

スペイン日記 Parc Guell

テーマ:

トカゲ

憧れの憧れの憧れの!オオトカゲ!


グエル公園に行ってきました☆

サグラダ・ファミリアとコチラは絶対に行こうと思ってました♪

街の中心部のカテドラルを見学した後バスに飛び乗って。

なのにバスを間違えて大騒ぎだったなぁ(笑)方向は合って

いたので親切なスペインのおば様にバスを降りてからの道を

聞いたのですがよくわからなくて。。
結局公園のある山を頂上まで登ってしまい公園の正門でなく

裏手にたどり着いてしまったんです(=_=)

本当にハプニング続きのわたしたち。しかし心細かった!

憧れのベンチ  

でも歩き疲れた後に目にしたこの景色!最高☆

色とりどりのタイルのモザイクが目を楽しませてくれます♪

ガウディが創り出そうとした田園都市。いわば理想郷。

グエル氏の逝去により夢は途絶えましたが現在は公園となって

市民に愛され憩いの場となっています♪すてきですよね!

こんな街にわたしも住みたいなぁ!

側面から  天井  

ベンチを側面から見たところ。波打つベンチのモザイク

感動すら覚える美しさです。→は広場を支える柱。モザイクが

埋め込まれていてギターの演奏をしている人がちらほら。

グエル公園 夢見た不思議な回廊

美しい曲線に息を呑むばかりです。。

夫  

夫もはしゃいじゃうわけだ(笑)

公園  

正門に位置するお菓子の家のような管理事務所をバックに。

こんな街が本当に出来上がっていたら楽しかったでしょうね!

ガウディのような人が今の時代必要な気がしています♪

公園事務所  公園事務所  

↓公園内にはガウディが晩年暮らしていた家は博物館になってます。

ガウディ博物館  花柄タイル  

ピンク色をした外観の家。とってもかわいらしいです(^-^)

愛用していたベッドや家具をみるにつけ曲線や自然界のモチーフ

を大事にしたガウディの信念が窺えるような気がして

すごくしあわせでした☆カザ・ビセンスを飾っているタイルと同じ

ものが飾られていましたよ♪素敵だったなぁ!


ガウディに染まった2日半素晴らしく有意義なものでした(^-^)


※実は旅行の間中ずーっとロストバゲッジの対応を余儀なくされていた

 のですがこの日からぱったり空港へ連絡がつかなくなってしまい八方塞に。

 ココロ休まる日々がなかった為に張り詰めていた糸が切れたかのように

 涙がとめどなくあふれて早く日本に帰りたいって夫を困らせました。。

 スペインは大嫌いになりかけて。。でもこの公園で青い空の下輝く建築や

 街や道行く人を見てやっぱり素敵な街だなぁ!って思えました。

 なんだかグエル公園には感謝の気持ちでいっぱいです♪

AD

スペイン日記 不思議なタワー

テーマ:

水道局

赤と青に光り輝く巨大なタワー


コチラなんだと思いますか??

バルセロナではきれいなニュータウンっぽいポブレ・ノウ

のホテルに滞在していました。カルフールがあったりして

重宝しましたよ(^-^)ZARAも入ってたし☆ファミリー連れたくさん!

ホテルの最寄り駅グロリエスの目の前にはコチラのタワー!

ものすごく光ってるんです。。コレハナニ?



はOPツアーで解けました。

ちょうどそばをバスで通ったとき現地ガイドさんが教えてくれて。

なんと!水道局だそうです!!



近未来的で美しくて評判の様子♪ポストカードにもなってました。

でも日本だったら税金の無駄遣いって言われてしまいそう。。

スペイン日記 Corrida de Toros!

テーマ:

モヌメンタル闘牛場

たまごが乗ったモデルニスモ建築の巨大な建物は。。


サグラダ・ファミリア聖堂を堪能した後は!

国技 闘牛を観にモヌメンタル闘牛場へ行ってきました☆

前回の旅行は冬で開催シーズンでなかったのが

ずっと心残りだった様子の夫のリクエスト!

場内  

闘牛場で  

3~10月の日曜・祝日の日没18時前後からの開催。

ということで本音はもう少し聖堂の地下の博物館をゆっくり

見たかったけど切り上げて走って闘牛場へ。

出店のお土産屋さんに後ろ髪引かれつつ明日また来よう!

とココロに決めたのに月曜は出店ナシ(T_T)ブレス欲しかった。。

今回の旅最高のがっくり。。要注意です!

ピカドール  

会場に入ると防具をつけた馬に跨ったピカドールが。

準備体操のようにポコポコ歩いています。

大きな馬に目を奪われました!

ムレタの場  

いよいよ始まる闘牛!闘牛は3部構成のオムニバス劇とご存

知ですか?1回の闘牛で3人の闘牛士が2回ずつ行い計6回の

戦いを観るのです。わたしは全然理解していませんでした。。

牛が死ぬまで闘うのをわかってなくて。。観といてって感じですが

ちょっとショックも受けました。(戦い弱り意識を失いつつある中

人間を淋しげに見あげる牛が忘れられません。。)


でも闘牛の4つの場面

カポーテ ピカドール バンデリリェーロそしてムレタの4場面

を通して戦いを観ながら周りの『オレ!』と言う掛け声に混じって

わたしたちも歓声!白熱してきました!

夕暮れのカザ・ミラ  

どうぶつのダイスキなわたしは帰り道少し複雑な気持ちに。

夫も同じだったみたい。。
21時 やっと夕闇に変わってきたグラシア通りを風に吹かれて

歩きました。昼間とは違う表情を見せる『カザ・ミラ』

ちょっとホッとしたりして。。。