いつもお読みいただき、感謝します!

お読みの前に、こちらを一度クリック
頂けるととってもうれしきありがたき♪

(画面が変わるとポイントが加算されたことになります)

【本編法則一覧】

「喜びの法則」$出張整体で開業・経営するためのやさしい100の法則
「準備の法則」 
「覚悟の法則」$出張整体で開業・経営するためのやさしい100の法則
「リスク回避の法則」
「ご縁の法則」$出張整体で開業・経営するためのやさしい100の法則
「勢いの法則」
「きれいの法則」$出張整体で開業・経営するためのやさしい100の法則
「ゆるみの法則」
「つらさの法則」$出張整体で開業・経営するためのやさしい100の法則
10「絞り込みの法則」
11「出入りの法則」$出張整体で開業・経営するためのやさしい100の法則
12「カラー(色)の法則」
13「得して徳とれの法則」$出張整体で開業・経営するためのやさしい100の法則
14「0から始めるの法則」
15「切捨ての法則」$出張整体で開業・経営するためのやさしい100の法則
16「大好きの法則」
17「想いの法則」$出張整体で開業・経営するためのやさしい100の法則
18「人間関係の法則」
19「貪欲の法則」$出張整体で開業・経営するためのやさしい100の法則
20「コミュニケーションの法則」
21「守りの法則」$出張整体で開業・経営するためのやさしい100の法則
22「命の法則」
23「ごはんの法則」$出張整体で開業・経営するためのやさしい100の法則
24「内省の法則」
25「ケアの法則」$出張整体で開業・経営するためのやさしい100の法則
26「浴(よく)の法則」
27「数の法則」$出張整体で開業・経営するためのやさしい100の法則
28「環境の法則」
29「短時間の法則」$出張整体で開業・経営するためのやさしい100の法則
30「移動時間の法則」
31「がむしゃらの法則」$出張整体で開業・経営するためのやさしい100の法則
32「空の法則」
33「配信の法則」$出張整体で開業・経営するためのやさしい100の法則
34「空気感の法則」
35「微目標の法則」$出張整体で開業・経営するためのやさしい100の法則
36「ピラミッドの法則」
37「ワクワク感の法則」$出張整体で開業・経営するためのやさしい100の法則
38「運命の法則」
39「感謝の法則」
40「捨の法則」
41「不平均の法則」
42「無短所の法則」
43「他力の法則」
44「3倍の法則」
45「すでにの法則」
46「振動数の法則」
47「反応の法則」


【本編のみ】は、こちらやきね~!

読者登録大歓迎 登録はこちらからできます
ツイッター http://twitter.com/okabayashi1
フェイスブック https://www.facebook.com/balance.koubo
(よろしければ 「いいね!」 お願いします~)

★独自メルマガ配信中♪>>>

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-07-15 22:36:53

集客と○○の意外な関係

テーマ:メルマガ
こんにちは。岡林です。



今週のテーマは、
『出張整体の集客術』についてです。



今回は、集客について
衝撃的な事実をお伝えしますので
ぜひ最後までご覧になってくださいね。



では、早速本題に入りましょう。



冒頭でお伝えした
“衝撃的な事実”とは
いったい何なのか…?



まずはそこから
お伝えしたいと思います。



あなたにお伝えしたい
“衝撃的な事実”とは…

==============
『コミュニケーション能力と
 集客はイコールである』
==============

という事実です。



普段、患者さんと
電話や対面でお話をしますよね。



このときの
コミュニケーション能力の
高さと集客力の高さが、
実は密接に関係しているんです。



これは私の持論ですが、
コミュニケーションが上手な人は、
話しているときに相手の『目線』を
考えながら喋ることができます。



目線を考えるというのは、
「相手がどこに注目しているのか?」
を考えられるという事です。



これがうまくできている人は
集客するときも相手の立場に立って
集客対策をすることができます。



これはホームページで
例えると分かりやすいですが、

「こんな写真を載せれば
見ている人は安心できるだろうな」

など、相手の目線で
考えることが出来るんです。



また、こうした方のホームページは
ひとつひとつの言葉が丁寧です。
これも見る人の気持ちを
考えられているからなんです。



実はコミュニケーションにも
全く同じことが言えます。



ぜひ相手の気持ちに
立って考えてみてください。


感じが良く、丁寧であれば
良い印象を患者さんに
与えることができるのです。



では、
このコミュニケーション能力を
高めるにはどうすればよいのか?



実は、とても簡単で
すぐにできる方法があるんです。



その方法とは、
『挨拶』をすることです。



当たり前のことではありますが、
ご家族やご近所の方に

「おはよう」
「いってきます」
「ただいま」
「ありがとう」

など、普段からきちんと
挨拶をすることが大切です。



仕事と家は関係ないと
思われるかもしれませんが、

出張整体でお客さんと
コミュニケーションを取るときに
実は関係してくるのです。



想像してみてください。

「普段から挨拶している人」と
「今だけ頑張って挨拶する人」

って見ていて
何となく違いが分かりませんか?
私は何となく感じますよ。



例として紹介したいのですが、
先生は『こんまりさん』という
片付けで有名な方をご存じですか?



出版された本が世界中で
翻訳されている有名な方なのですが、
この先生が映像の中で
面白いことを言っていました。



整理整頓や無駄なものを捨てて
ときめくものだけを家に置いている人は
パッと見て、会ったときに分かるそうです。



たとえ家の中が汚くても
見られない限りバレないと
思われるかもしれませんが、

実はなんとなく分かるんです。
雰囲気が出るんですね。



これは
コミュニケーションも同じです。



普段からきちんと挨拶をしたり
礼儀正しく接することが大切なんです。



この基礎ができると
様々な場面で活きてくると思います。



まずは日常、
特に近しい人への挨拶や
礼儀正しさを心がけてください。



そうすることで、
人生が豊かになってきますし
驚くほど変わってくると思います。



ぜひ簡単なことから、
始めていただけるとよいかと思います。



もちろん、私も毎日修行です!
楽しみながら、自分を磨く修行です。
毎日楽しんでいきたいと思います。



本日も最後までご覧頂き
誠にありがとうございました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-15 22:22:03

成功者に共通した"とある感謝の気持ち"

テーマ:メルマガ
こんにちは。岡林です。



今日は、
【成功原則論】について
お話したいと思います。



今回の内容は、
非常にぶっ飛んでいます…



整体や経営などの成功とは
一見関係ないんじゃないかと
思うような内容なんです。



ただ私としては、
関係しているんじゃないかと
思っているのでお伝えします。



様々な成功者の方と
お話する機会があるのですが、
だいたい同じ考えを持っている方が
多いですからね。



もしかしたら私の周りに
そういう方が多いだけ
かもしれませんが…


よければ参考にしてください。



さて、
今回お伝えしたいテーマは、

『ご先祖様を大切しているかどうか』

ということです。



たとえば、
定期的にお墓参りを
しているかどうか?
といった具合ですね。



私たちがこうして
いま生きているのは
ご先祖様がいるからです。



一番近いご先祖というと
まずは両親ですよね。



たどっていくと
両親のそのまた両親、
さらに上にも両親がいて…


と、この連鎖の末に
生きているのは
事実じゃないですか。



だからこそ
ご両親を大切にして
親孝行できると良いですよね。



ただもちろん、
親のことが許せないという方も
いらっしゃると思います。



その方に
「許してあげてください」
と言ったとしても、
すぐに許すのは難しいでしょう。



許せない時は
許せないままで良いので、

まずは許せない自分を
許してあげてください。



自分を許せないと、
なんだか不思議とやる気が
出なくなるからです。



また、他人を許せないでいると
体が硬直して非常に疲れやすくも
なってきます。



反対に考えれば
他人とのことを許せていると

自分の体がほわっと緩んで
やる気も出るし、やりたいことが
次々と湧いてきます。



またそれが
雰囲気にも表れるので
頼まれごともどんどん
増えてきます。



もしなにか感謝の気持ちが
出来てないなと思ったときは

お墓参りでもなんでも、
ちょっとできると
良いと思います。



なぜ今回私が
この様な話をしたかというと

先日実家のある四国に帰って
お墓参りをしたからなんです。



そのときは、
とてもすっきりする
感覚がありました。



やはり目に見えないものに
手を合わすというのは
いい感じがしますね。



もし先生も何かピンと
くることがあれば、
やってみてくださいね。



本日も最後までご覧頂き、
誠にありがとうございました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-15 22:14:13

『クチコミが起こる法則』をご存知ですか?

テーマ:メルマガ
こんにちは。岡林です。



今週は、
【出張整体あるあるコーナー】
についてお話したいと思います。



出張整体で
よくあることといえば、
『クチコミ』ですね。



実は、
クチコミが起こる先生には
ある共通した考え方が
あることをご存知ですか?



『クチコミが起こる法則』
というものがあるんです。



どんな法則かというと…



出張整体を
される先生ご自身が

「出張整体は
 クチコミが起こりやすい」

と思っているかどうかなのです。



嘘みたいな話ですが
本当にそうなんですよ。



この様に考えている先生は、
サービスしているときに
クチコミが起こりやすい行動を
自然と取っているんです。



例えば、
ご家族の話になったときに

「腰痛で困っている方は
 いませんか?」

と一言声をかけたりします。



また、
ご自宅に伺ったときに
施術を受けられる方以外の
ご家族がいることは
よくあることですよね。



そんなときに
5分~10分ほど延長して
サービスをしてあげるんです。


そうすると、
よっぽど整体やマッサージが
苦手じゃない限りは
皆さん喜ばれて、

「次は僕も一緒に
 やってみようかな?」

となることが多いのです。



新しい患者さんを
獲得しようと思ったら
ものすごい労力と
エネルギーがかかります。



でも、ご自宅に行って
ご家族の方に提案するのは、
ものすごく簡単な方法です。



これをしないのは
本当にもったいないですよ。


・ひとこと何か声をかける
・5分~10分サービスしてあげる


これだけでも
クチコミはどんどん
広がっていきます。



そしてその広がった方にも

「困っている方いたら
 教えてあげてくださいね」

「~さんの紹介なら
 サービスを10分プラスしますよ」

など、一言添えるように
してみてください。



そうしていくと
ご新規さんの集客の
必要が無くなってきます。



もちろん、治療は
目の前の患者さんに
喜んで頂くことが一番です。



ただクチコミに関して言えば
その方が期待以上の満足度を
感じれば人に言いたくなります。

「こんな先生いるんだよ」
「自宅まで来てくれるんだよ」

といったようにですね。



先生もぜひ、出張整体は
クチコミは起こりやすいんだ
と思って対応してみてください。



とっても楽しいことが
起こってきますよ。



本日も最後までご覧頂き
誠にありがとうございました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-15 22:09:38

患者さんと長く良い関係を保つ秘訣

テーマ:メルマガ
んにちは。岡林です。



今週は、
【質問回答教室】について
お話したいと思います。



今回のご質問は、

「岡林先生は出張整体で
 ご自宅に伺ったときに
 女性のお客様から誘惑を
 されることはないですか?」

という、
素晴らしいご質問です(笑)。



たとえば、

・お食事に誘って頂く
・私が興味ありそうなイベントに
 ご一緒しませんかと声をかけて頂く

などなど、
これらを『誘惑』と
言ってよいのか分かりませんが、

こうしたお誘いを受けることは、
たまにあります。



おそらく先生も
似たようなお誘いを受けることが
あるんじゃないかなと思います。



こうしたときに
大切になるのは人と人の
距離感です。



私がご縁を頂いている
有名人の美輪明宏さんは
人同士の距離感について

===========
『人間関係は腹六分』
===========

とよくお話されています。



長い人生の中で
人間関係はとても
大事ですよね。



その上で、長い間
良好な関係を保つには、
腹六分でおさえておくことが
大切だというのです。



抑え過ぎじゃないかと
思われるかもしれませんが、


実際には
腹六分くらいの気持ちでいると
腹八分くらいになってきます。



腹六分くらいに
控えめにしておく位が

結果として良い距離感を
保つことができるのです。



たとえば、
「俺とお前の仲じゃないか」
と、なれ合いのように
なりすぎると

お互いの嫌な部分や
綺麗でない部分が見えてしまいます。



反対に、礼節を持って
心地よい関係を保てると

お互いにとって
プラスな関係を築くことが
出来てくるんです。



そのため、
特に患者さまが相手なら
あまりプライベートで
距離が近くなり過ぎるのは

控えた方が良いのでは
ないかと思います。



これは仕事だけではなく、
プライベートでもそうですね。



お互いに
近くなり過ぎないことが
長く良い関係を保つ秘訣です。



ただ、だからといって
距離が遠い方が良いわけでは
ありません。



遠くなりすぎると
今度は疎遠な感じに
なってしまいますからね。



『腹六分』を目安に、
適度な距離を考えて
お仕事されると


より良い関係をお客様と
保つことができるのでは
ないでしょうか?



本日はお客様との
距離感についてお話しました。



よろしければ
参考にしてくださいね。



本日も最後までご覧頂き
誠にありがとうございました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-15 21:59:18

目標を叶えるのに必要な2つの要素

テーマ:メルマガ
こんにちは。岡林です。



今日は、
【成功原則論】について
お話したいと思います。



おそらく先生にも、目標や
こんなことができたらいいな
という夢があると思います。



ただ、こうした目標や夢を
叶えるためにはどうしても
必要なものが"2つ"あることを
先生はご存知でしょうか?



まず、
目標を達成するために
必要なことの1つ目は、

『行動すること』

です。



一日を過ごしていると
沢山のアイデアや考えが
浮かんでくると思います。



もしくは、
「こうするといいんじゃない?」
と周りの方からアドバイスを
頂くこともあるでしょう。



実はこのようなときは
考えていても仕方がないんです。
どんどん行動していきましょう。



では、なぜ
行動が必要かというと、


それは行動することで
「答え」が出てくるからです。



実際に行動すると
成功したり失敗することが
あると思います。



行動をすると
成功もしますが
失敗もするんです。



行動したら
全部上手くいくかと言うと
そうはいかないんですね。



でも、
それを探すためにこそ
行動していきましょう。



何に成功して
何に失敗したのか?



これは目標を叶えるためには
絶対に欠かせないことです。



まず第一に行動する。
考えて動きが止まることがあれば
このことを思い出してくださいね。



次に、二つ目の要素です。



いざ、行動しよう!
としたときに多いのが
どの順番で行えば良いのか
わからなくなることです。



自分の持つアイデア…
周りからのアドバイス…



いったいどれを
優先していいのかわからず
結局また行動できなく
なってしまうんですね。



これを解決するのが
2つ目の要素です。



何か考えをひらめいたり
アドバイスを受けたときは、

『今すぐに行動する』

ことを心がけてください。



この2つ目が
とっても大事です。



たとえば先生が
一日を過ごしている中で

「これをやってみようかな…?」

とひらめく瞬間があると思います。



このひらめいた"瞬間"に
行動を起こしましょう。



たとえ他の人と
会話してるときにアイデアを
思いついたとしても

「ちょっと待ってください」

としてすぐに実行するんです。



もし行動に起こせないなら
書き留めたり、メールしたりと
ひらめいた瞬間に何かしらの
行動に移しましょう。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-15 21:57:07

「また診てほしい」と思われるには?

テーマ:メルマガ
おはようございます。岡林です。



今日は
『出張整体の集客術』について
お話をしたいと思います。



本日のテーマは、
「リピート」についてです。



リピートという考え方自体
よそよそしい感じがするので、
あまり使いたくはないのですが、


今回は分かりやすいように
あえてリピートとさせて頂きます。



本来であれば、

「どうしたらこの人に
 喜んで頂けるだろう?」

という視点で
考えるのが原則なんです。



そのような視点で考えていれば、

「先生に会いに行きたい」
「会いに来てもらいたい」

と患者さんから思って
頂けるようになりますからね。



これが原則ではあるのですが、
この更に先のポイントもありますので
本日はそちらをお話し致します。



今回お伝えしたいのは
『合わせる』ということです



何を合わせるのかというと、
話すテンポを合わせたり
呼吸を合わせたりするんです。



そうすることで、
相手の気持ちや立場が
分かりやすくなります。



例えば、
先生が営業の会社で
お客様に電話をかけて
いたとしましょう。


「もの凄く良い商品が
 あるんですよ」


とお伝えするときに
ゆっくり喋るお客様には
同じようにテンポを合わせて
ゆっくり話していると


なぜか相手の置かれている
立場や考えがこちらに伝わって
くるようになるのです。



反対に、
お客様が忙しそうに
早口でしゃべる場合、


こちらも少し早口で喋ると
テンポが合ってくるんです。



そうすると、
今こうした状況でお忙しいんだな、
長話にならないよう結論を
ぱっと伝えた方が喜ばれるだろうな
というのが分かってくるんですね。



そのため、
私はずっとこのスタイルです。



基本的には
相手に合わせるという
意識を持っておくと


多くの人にとって
居心地の良い人に
なれるのではないでしょうか?



一方で、我の強い方は
周りが自分に合わせて欲しいと
思うようになります。



もし合わせるのが苦手なら、
まずは言葉で「合わせる」と
言ってみてください。



口にした瞬間に脳が

「合わせるって
 どういうことだろう?」

と反応して、呼吸や口調、
テンポなどその状況に合わせた答えを
脳が計算して出してくれます。



是非やってみてくださいね。



また、合わせるときには
相手のことをしっかりと
見なくてはなりません。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-15 21:54:26

あなたにとって最適な成功の仕方とは…?

テーマ:メルマガ
こんにちは。岡林です。




さて本日は
『成功原則論』について
お話をさせて頂きます。



今回のテーマは
『振り返る』です。



おそらくですが、
先生は今まで様々な
成功原則や法則に触れて
こられたのではないかと思います。



そこで、一つ質問です。



それらの成功原則のなかで、
どの方法が一番成功確率が上がるか
考えたことはありますでしょうか?



今まできっと、
たくさんの本を
読まれてきたと思います。



たくさんの成功体験に
触れてきたと思います。



もしそのなかで
先生にとってどれが一番
良い方法なのかを知れたら、


『成功の道』を最短で
進んでいくことができますよね。



では、その一番良い方法を
知るにはどうすれば良いのか?



…と、考えた時に必要になるのが
「振り返る」という事なのです。



ではなぜ振り返りが必要かというと、
それは成功の法則が人によって
違うからなんです。



例えば、
A先生にとっては

・目標を明確に定める
・期限をしっかりと決める

とした方がワクワクして
やる気がみなぎってくると
しましょう。



しかしその一方で
目標や期限を作ってしまうと
途端にやる気がなくなってしまう
先生もいるんですね。



仮にこちらをB先生としましょう。



ではA先生とB先生、
どちらが正しいのかというと、
実はどちらも正解なんです。



誰にでも
自分にとってワクワクする
成功の法則があります。



それを見つけるのが
大切なんですね。



そしてそれを見つけるために
今まで生きてきた過去を
振り返ってみるんです。



些細なことでも大丈夫です。
何かを成し遂げたときや
上手くいったときのことを
思い出してみてください。



そのときの先生は
目標や期限を明確に決めて、
それに向かって
突き進んでいましたか?



それとも、
そういうのはあまり気にせず
目の前の人からの頼まれごとを
一生懸命取り組んでいましたか?



はたまた、
セミナーに参加して得た
知識を使って行動したときに
業績がグンと上がったりした
経験をお持ちかもしれません。



このように、人によって
一番ワクワクする成功の法則は
異なっているんですね。



その上で、
上手くいった人の意見を
素直に聞いて実践することが

多くの場合成功に
繋がっていると思います。



もちろん、アイデアマンで
ご自身で考えられた方法を
何度も考えて、繰り返し実践して
上手く人もいます。



さて、
先生はどんなタイプでしょうか?
過去を振り返って考えてみてください。



過去を振り返って、
一番ワクワクしていたことや
成功した方法がどれだったかを
考えるんです。



そうすることで
自分にとって一番効果の高い
成功法則が見えてきます。



それが分かれば
成功の確率が上がるので
ぜひやってみてくださいね。



また、私の今までの経験上、
『成功の癖』を持っている人には
学び癖があることが多いです。



たとえば、
成功者の音声を聞いたり
本を読んでいるなどですね。



成功にもいろいろありますが、


ご自身にとって
成功者と思える人の本や音声に
繰り返し触れている人には
上手くいっている人が多いと思います。



どんな偉人にも
やはり師匠と呼ぶ人や
尊敬する人物がいるものです。



本でも音声でも
なんでも大丈夫です。



自分にとって元気が出るものに
触れる習慣づけを行ってみてください。



そうした方には
上手くいっている傾向があるので
頭の隅に入れとくと良いかも
しれないですね。



本日も最後までご覧頂き
誠にありがとうございました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-15 21:35:58

良い先生が周りに集まる理由って...?

テーマ:メルマガ
おはようございます。
岡林です。



さて、今週は
『質問回答教室』について
お届けして参りたいと思います。



今回の内容は
グループが増えてきたときや
仲間を集めるときの参考に
なると思いますので、


よろしければ
最後までご覧になってくださいね。


………



先日、ある先生に
こういうことを聞かれたんです。


「岡林先生のグループには
何十人もの先生がいますが、
みなさん本当に素敵な先生です。


全員が素敵なのは
何か理由があるんでしょうか?」



うちの先生に会った
とある先生からのご質問です。



そう聞かれた私は、

「私が優秀なんじゃなくて
もともと皆さんが優秀なんです。」

とお答えしました。



その後もその先生から

「それって本当なんですか?」

と聞かれたのですが、
もちろん本当です。



ちなみにその先生は、
直接会ったうちのグループの
先生にも同じ質問をしていたようなんです。



「岡林先生のところは
 なんで優秀な先生が
 集まっているんですか?」

と聞いたんですね。



するとうちの先生は

「岡林先生が
 素晴らしいんですよ。」

と答えたそうです。



これはつまり、
お互いにお互いを
褒めているという事なんです。



ただ、これを私が
教育したのかというと
そうではありません。



先程も言ったように
元々こういう先生たちなんです。



うちのグループの先生の
特徴をひとつあげるなら
『みんな仲が良い』という事です。



相性の良い先生が
集まっているんですね。



相性が良くて仲が良い。
だから皆で助け合うグループに
なっているんです。



逆を言うと
助け合いたくない人は
うちのグループには
入れないんですね。



今回のように、
「素敵な先生ばかりですね」
と言って頂けるのはとても
うれしいです。



でもそれは、
私が特別素晴らしい
指針を示しているとか、
そういうことではないんです。



どちらかというと私は
自分がたいしたことない、
まだまだだと、ずーっと
思っているタイプですからね。



集まってくれている
先生が素晴らしいなって
本当に思っています。



そんなスタンスなんです(笑)



皆で助け合って
皆でいいアイデアを出して
皆で経験してシェアすれば、


一人で頑張るより
よっぽど成長できる!



そういう考え方なんです。



この考え方が先生の参考に
なるかはわかりません。



でも、たとえば先生が
最初のうちは一人で始めていたのが
人数が少しずつ増えていって
グループができてきたとき、


グループみんなの
仲がいい方が楽しいじゃないですか。



これが正しいかはわかりませんが、
そういう風にしてみるのも
一つの方法かなって思います。



事実わたしは今
とっても幸せだし、
いつも楽しく過ごせています。



グループを作るとき、
仲間を集めるときには
参考にしてみてくださいね。



今回も最後まで
ご覧いただきまして
ありがとうございました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-15 21:20:45

人生を好転させる患者さんへの『スタンス』

テーマ:メルマガ
おはようございます。
岡林です。



さて、今週は
ちょっと順番を入れ替えて、、
『出張整体あるある話』について
お届けして参りたいと思います。



※質問回答教室は
 次週お届けしますので、
 楽しみにしていてくださいね。



さて、今回は
出張整体のあるある話について
お届けしたいと思います。



ただ、探してみると
よくある話ってあまり
ないんですよね(笑)



どちらかというと、
あまりないケースだけど
『知っておくと役に立つ』
そんなお話の方が多いです。



ただ、先生にとっての
『あるある』にして頂ければと
思いますので、ぜひ最後まで
ご覧になってくださいね。



さて、今回お伝えしたいのは
気持ちの「スタンス」のお話です。



どのような心持ちで
お客さまや相手の方と接するか?



これは今後のお仕事や
幸福感にも影響するとても
大切なテーマですね。



今回、
特に考えて頂きたいのは
お客さまから『頼まれごと』を
された場合の対応です。



このような場合、
先生はどのようなスタンスで
対応をされていますか?



お返事をするより先に
断るための言い訳が頭の中を
駆け巡ってはいませんでしょうか…?



自分ならどんな反応をするか?
ちょっと考えてみてくださいね。



…ちなみに、わたしは結構
頼まれごとをされる方です。
ひょっとしたら
頼みやすいのかもしれません。



そんなわたしが考える
頼まれたときのポイントは
===============
『できる限り考え過ぎないこと』
===============
なんです。



なぜかというと…、


たとえば先生が誰かに
頼みごとをしたとしましょう。


このとき相手の方に、
「はい、分かりました!」
と答えてもらえたら嬉しいですよね。



その一方で、
「いや、あれがこうで、
 こういう理由で今回は~…」
なんていう答えは、
あまり聞きたくないと思います。



だからこそ、

『相手が喜ぶことをする。』

これはわたしが
とても大切にしている
考え方の基本です。



もちろん
人を殺めてくださいとか、
そういうお願いに「はい」って
応えたら駄目ですよ(笑)



自分にできる範囲のことで
人が笑顔になるようなことなら、
「やりますよ」って気持ちよく
返事をしてあげてください。



無茶をしては
いけませんけどね。



できそうなことなら
先に「はい」と言ってしまうんです。



そして、言った後で

「ではスケジュールは
 このくらい先になると思います。
 私でよければ頑張りますね!」

と言う訓練をするんです。



よく経営や戦略の話では
「5年先を見て考えろ」
というようなお話がありますが、、



5年先って
たいてい分かりませんからね。



そんなことよりも
目の前の人に頼まれたことに
「はい」って返事をしてやっていると、


気が付けばそれが
仕事になっていたりするんです。



~~~~~~~~~~~
『頼まれやすく居る』
~~~~~~~~~~~

これって結構大事ですよ。



この先生に頼んでも
断られそうだなっていう先生に
頼まれごとは来ませんからね。



実際のところ、
わたしの仕事は
全部頼まれごとから
発生してるんです。



以前もメルマガで
軽く触れたと思いますが、

「産後の骨盤矯正できませんか?」

と頼まれたことがあったんです。



かれこれ7年ぐらい前の
話になると思います。



そのときに
こうしたら細くなるんじゃないかって
頑張って開発したんですよね。



そうしたら、
その患者さまには
もの凄く喜んで頂けました。



そこから今では
のべ何万人も受けるように
なっています。



こうした経験からも
「できることはやりますよ」
というスタンスが一番大事だと
わたしは考えています。



たとえば、大病にかかると
命の有難みが分かるって
言いますよね。



ひょっとしたら
先生にもそんなご経験が
あるかもしれません。



生死の境をさまよった経験から

「健康って大事なんだな」
「何もないことが一番幸せなんだな」

っていうのが
深く心に響いてくるんです。



何が言いたいかといいますと...



「今の自分が幸せだ」
と、分かっていることが
とても大切なんです。



同じように
頼まれごとをされたら、
頼まれごとをされるって
いうことが幸せなんです。



私の知り合いに
病気になってしまった方が
いたんです。



その方は頼まれごとを
全部断って自分の治療に
専念されました。



その結果、
何とか治りはしたのですが、


頼まれごとを
全て断ったこともあり、

「自分は何のために生きているのか?」

という疑問が出てきて
しまったそうなんです。



ということはやはり、

「人に喜ばれる」
「人の笑顔を増やす」

こうしたことが
生きることの本質なのでは
ないかと思うんです。



私たちはいずれ
間違いなく死にます。



これは誰にでも
平等に訪れるものです。



死んだときに
「よかったな」って思える、

そんな人生に必要なのは
人の笑顔だと思うんですよね。



先生はいま、
何か頼まれごとを
されてませんか?



されてるんだけど
それを疎かにはしていませんか?



無理のない範囲で
頼まれごとに応えていると、
良い連鎖がいずれ先生に
かえってきます。



できそうなことなら
ひとまず受けてみる。



ぜひ、挑戦してみてくださいね。



今回も最後まで
ご覧いただきまして
ありがとうございました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-15 21:17:41

新規患者を集める『3つのポイント』

テーマ:メルマガ
おはようございます。
岡林です。



さて、今日は
『出張整体の集客術』について
お届けして参りたいと思います。



お客様を集めるには、
色々な媒体がありますよね。



なかでも私が
一番オススメしているのが
『ホームページ』からの集客です。



ホームページを作って
そこからお問合せを頂く。



ホームページを
自分で作成するのか
業者に頼むのかで
手間は変わってきますが、


この方法がいちばん
費用対効果が高いです。



さて、

ホームページについては
これから作る先生も
既にお持ちの先生も
いらっしゃると思います。



今回お伝えするのは
どちらの場合でも
役に立つ大切なポイントです。



ポイントは
全部で3つありますので、


「ご新規様にもっと
 足を運んでもらいたい。。」


と先生がお考えなら、
3つ目のポイントまで
必ずご覧になってくださいね。



それでは、
1つ目のポイントから
お話をして参りましょう。



1つ目のポイントは
ホームページの作成や改良時に
まず考えるべき大切なことです。



何かというと、
==========
『フォーカスする』
==========
という事なんです。



これからの時代、
この考え方は
特に大切になってきます。



フォーカスするとは
言い換えると『集中する』
ということですね。



集中するとはどういうことか?
分かりやすい例を挙げると…


「うちはアトピー専門の
 鍼をしています」


といったように
ホームページ上で
専門特化するという事です。



これは例ですが、
『アトピー専門の鍼灸院』
というのは非常に珍しいですよね。



絞り込んでいる分、
その悩みを抱えているお客様が
興味を持ってくれる
可能性がアップします。



症状が良くなって
喜んでもらえれば


口コミが口コミを呼んで
またさらに問合せが
増えてくでしょう。



ただ、実際のところ

「うちは腰痛も肩こりも治せます」

という何でも屋さんは
結構多いと思います。



このように間口が広いと
かえって相手に伝わらなくなる
ケースがあるんです。



だからこそ、あえて
『うちは○○の専門家です』
とホームページに書くんですね。



こうすることで
助かる患者さまは
きっと増えてきます。



また、特化することによって、
「私は○○の専門家なんだ」
と先生の意識が変わります。



そうなれば
特化した分野に
自然と精通していきます。


「私は専門家だから
 この位は知ってて当然」


と、本を読んだり、
ネットで調べるように
変わってくるんですね。



だからこそまずは
「フォーカスする」
という事です。



ちなみに
専門化するときは

「どうすれば世の中の人が
 もっと助かるのか?」

という視点を持って
考えてみてくださいね。




次に2つ目のポイントです。



2つ目のポイントは
先生がお住まいの
地域についてです。



先生がどのエリアに
お住まいなのか?



これによって
人口や需要のボリュームは
変わりますよね。



1つ目のポイントでは
フォーカスすることが
大切だとお伝えしました。



しかし、
人口の少ないエリアで
ニッチで珍しい症状に
絞り込みすぎてしまうと


これはこれで需要が
減ってしまうのです。



"どの程度絞り込むべきか?"



これは場所によって
変わってくるという事です。



今回覚えておいて頂きたいのは

~~~~~~~~~~~~~~
・フォーカスすること
・フォーカスしすぎないこと
~~~~~~~~~~~~~~

というこの2点です。



ぜひ、ご自身にあてはめて
考えてみてください。



そしてこの2点を
実行に移すとき…



このタイミングで
いよいよ3つ目のポイントが
大切になってきます。



3つ目のポイントは
===========
『挑戦し続ける』
===========
という事です。



自分が住んでいるエリアなら
どのくらい専門化すれば良いのか?
どうすれば喜んで頂けるのか?



こればかりは
やってみないと分かりません。



何度でも
テストを繰り返しましょう。



「一発で上手くいく」
なんて考えていると
失敗したときに大変です。



次の一歩が
踏み出せなくなって
しまいますからね。



一回目でいきなり
成功するとは考えず、
まずは行動してみる。



出来ることをやってみて
駄目だったらまた次に行く。



こうした考え方であれば
上手くいきやすいと思います。



ちなみに、
実践するときのヒントですが…



すでにホームページを持っていて
お客さまもいらしている場合は、


患者さまが先生の治療の
どこに喜んでくれているのかを
考えてみてください。



たとえば、、


腰痛で悩まれている方が多くて
治っているいないに関わらず
定期的に治療をお願いされている。



そんな風に先生のことを
慕ってくれる患者さまが
何に喜んでくださっているのかを
調べるんです。



喜ばれていなければ
ずっとお願いされることは
ありません。



もしそれが『腰痛』の場合には
腰痛に特化した専門店を作る
というもの一つの方法だと思います。



すでに腰痛に特化した
治療院が地域にあるのであれば
変えた方が良いかもしれませんが、


トライしてみる
価値はあると思います。



ただ、できればですが、
先生がお住まいの地域に
無いものを考えてみてくださいね。



以上、今回は
ホームページ集客に大切な
3つのポイントについて
お話しました。



これら3つのポイントを
実践して頂ければ、
ご新規様の集客は上手く
いきやすくなりますよ。



挑戦し続ける
気持ちを忘れずに
トライしてみてくださいね。



本日も最後までお読み頂き
ありがとうございました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。