いやー、もうすぐ日本 VS パラグアイ戦ですね。


まっ、別にどーでもいいんですけどね。


それよりも、ドイツ VS アルゼンチン戦の方が気になります。


非国民再び、どーも僕です。


あっ、石は投げないでくださーい。



それはさておき。

ここらは少し真面目なお話。



HPの方ですが、再開して少しづつデータを打ち込みしたきたおかげで(8割は事務員さんのおかげドキドキ)で、ようやく、少しはHPらしくなってきました。


中には新しく出来たページもあり、その一つが「里親募集のページ」です。


このページには今まで、繁殖犬として頑張って来てくれた子達が、新しい第二の人生を送るにあたって、温かく家族の一員として迎えて頂ける里親様を募集するページになっています。


で、この「里親募集のページ」にも書いてありますが、誰もが里親様になれるわけではございません。


いくつか条件を設定させて頂いています。


まずはお迎えに来て頂くにあたって、必ず首輪とリードはご用意下さい。

(手ぶらまたはロープで迎えに来る人がいました。そんな人はお断りです!!)



はじめのうちは、今食べているのと同じフードを買ってあげて下さい。

(ただでさえ環境の変化に加えて、食事までいきなり変わってしまうとかなりのストレスになってしまい、体調を崩してしまいます。うちはずっと、味噌汁かけゴハンだ!!って言う方もおられましたが、そういう方もお断りさせて頂いています。)



当日のお引き渡しはお断りしております。一度家に帰って、本当にきちんと世話を出来るのかどうかゆっくり考えてください。

(目の前にいると、テンションが上がってしまい、すぐに連れて帰るという方もいます。

ちょっと待ってください。

本当に世話がきちんと出来ますか?里親になるって事は大変なことです。成犬なのである程度性格は形成されています。そのため子犬から飼うみたいにすぐに慣れてはくれません。慣れてくれるまでは根気と忍耐が必要です。

お家に帰って一度、冷静になって考えて、それでも家族に迎えて頂けるのであれば、お迎えに来て下さい。)



「里親なんだからタダだろ!!」とか「今すぐに欲しい!!」とか言う人達ががいますが、そういう人達にはお引き取りして頂いています。



あえてお金が少しかかるようにしていますし(もちろん必要最低限です)、あえて2度手間をとってもらうようにしています。


里親募集の子達だからこそ、より真剣に考えて頂きたいのです。


そんな中、今日2頭の子達が新しい里親様の所にに貰われていきました。


ワン牧日誌



ワン牧日誌


いっぱい、可愛がってもらうんだよ。


いっぱい、甘えるんだよ。


いっぱい、遊んでもらうんだよ。


今まで、本当にありがとう・・・。


ウェンディ、ハチ、どうか、どうか、幸せでありますように。







AD