心と身体のライフスタイル「漢方」

漢方は漢方薬だけでなく生活養生・食養生といった生活習慣を漢方の考え方から見直すことも含まれます。薬に頼るだけでなく生活習慣を見直すことで、体が本来の健康な状態に戻るお手伝いをしていきます。漢方は、特に冷え症、生理痛などの女性の体質改善に効果があります。

NEW !
テーマ:
こんにちは。
薬を売らない薬剤師・国際中医師の藤巻祥乃(よしの)です。



梅雨明けしたら一気に
猛暑になりましたね!


そんな夏の土用の丑の日の昨日
祐天寺スペースUさんで
午前中は個人カウンセリング、
午後からは「更年期と女性ホルモン」の
漢方お話会を開催しました。




今回はおふたりだったので、
それぞれにアドバイスするお時間たっぷりで
テーマ以外の話にも発展しました。

漢方では、体調を整える方法の1つとして
自然界(季節)からの影響を知って
調和して暮らすという事があります。



今回、始まる前に今、土用だから
五臓の「脾」(胃腸)の養生を
伝えたいと思っていたら
ちゃんとそれを伝えるように
五臓の「脾」の働きが弱い方が
参加されていて
そういう話しの流れになっていきました。


自分の中で「なぜなんだろう」と
不安が膨らんでいた事を
「だから、そうだったんだ」と
ご自分で気がつくことで
ふわっとその方の心が軽くなり
笑顔が見える瞬間があります。
その瞬間が私はとても好きで
いつも幸せを感じます。





私が教えようとするのではなく
流れに委ねることで
いつも不思議と必要な事が引き出され
そういう良い流れに繋がります。

私のちっちゃな頭で計画したことに
執着せずに「場」や起こる全ての事を
信頼するって本当に大切だと感じます。

同じテーマを開催していても
集まる方で本当に話の流れはさまざまで、
私が教えるというより
今まで何気なく自分で気づいていた事を
確認して腑に落としている感じがします。

やっぱり
奇跡のコースの言葉の
「先生とは、自分がもっとも
学ぶ必要があることを
人に教える存在である」ですね。




撮り忘れたので写真は前回のもの



薬膳スイーツも夏バテ予防に
おすすめの麹で作った甘酒の寒天よせ。

甘酒は「飲む点滴」というくらい、
豊富なビタミンB類、アミノ酸、
食物繊維、ブドウ糖などが含まれ、
夏に汗で消耗して不足しがちな
「気」を補うのにおすすめです。

夏に「気」が不足すると
夏風邪を引いたり、
内臓が働かずに食欲不振
月経不順や不正出血が
起きやすくなります。


土用と五臓の「脾」(胃腸)の関係を
書いた記事をリブログしておきますので、
夏バテしないように活用してください。

夏の土用が一番有名ですが、
土用は、春夏秋冬のそれぞれにあって
養生の仕方は、同じです。






いつも最後までお読みくださいましてありがとうござます。




お知らせ

祥乃の漢方塾(実践応用クラス)
6回コースですが、単発受講も可能です



祥乃の漢方塾(基礎クラス)
2016年8月開講(早期お申し込み受付中)



【7月漢方お話会】
【テーマ】子宮筋腫と卵巣嚢腫
8月  7日(日) 10:30~四谷三丁目
詳しくは、こちらから


kukunacafe主催  漢方講座 「秋の養生」
【日時】 8月25日(木) 13:00~
【場所】 kukunacafe (京王相模原線南大沢駅)



漢方お話会×フレンチ薬膳コラボ企画
【テーマ】エイジングと美肌(女性ホルモンの話)
【日 時】 9/1(水) 12:00~・ 9/3(土) 13:00~
【場 所】 ル・プティ・フール(東京・杉並区)


【9月漢方お話会】
【テーマ】更年期と女性ホルモン
9月  4日(日) 18:30~西荻窪ていねいに、
9月15日(木) 13:30~渋谷区のサロン



【9月開講】祥乃の漢方塾 基礎クラス@桐生
第1回 9月2日(金) 10:00~15:00





ご案内
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)